ベージュ靴を合わせた、レディースの冬コーデをまとめた記事です。

肌馴染が良く、美脚・足長を叶えてくれるベージュの靴。今回はベージュのパンプスやブーツを合わせた冬コーデを、ファッション誌『Precious』から集めました。オフィスにはもちろん、プライベートでもベージュ靴を履きこなして、スラっと上品な美脚を演出しましょう。

【目次】

レディース冬のベージュ靴【パンプス】コーデ


【1】ベージュパンプス×ベージュカーディガン×白ブラウス×ネイビーパンツ

カーディガン(三喜商事〈マレーラ〉)、ブラウス(アクリスジャパン〈アクリス〉)、パンツ(レキップ)、ネックレス・ピアス(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious2月号』小学館、2020年
カーディガン(三喜商事〈マレーラ〉)、ブラウス(アクリスジャパン〈アクリス〉)、パンツ(レキップ)、ネックレス・ピアス(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious2月号』小学館、2020年

ベージュのカーディガンはパンツできりっと着こなすと、聡明なかっこよさが手に入ります。ウエストマークの着こなしで、はつらつとした美バランスに。カーディガンのボタンを留めて、女らしいくびれを演出。縦ラインを強調するセンターシームパンツが、全身のバランスアップを完成させます。

【2】ベージュパンプス×ベージュジャケット×ベージュシャツ×ベージュスカート

ジャケット・ブラウス・スカート・バッグ(三喜商事〈アニオナ〉)、靴(クリスチャン ルブタンジャパン)、ピアス(エストネーション六本木ヒルズ店〈ブランイリス〉) 撮影/赤尾昌則(whiteSTOUT) BY:『Precious1月号』小学館、2020年
ジャケット・ブラウス・スカート・バッグ(三喜商事〈アニオナ〉)、靴(クリスチャン ルブタンジャパン)、ピアス(エストネーション六本木ヒルズ店〈ブランイリス〉) 撮影/赤尾昌則(whiteSTOUT) BY:『Precious1月号』小学館、2020年

シングルブレストのジャケットにマニッシュなシャツと、ボックスプリーツのスカートを合わせて。シンプル・ベーシックなスタイリングも、上質な素材の放つ存在感と仕立ての美しさで、特別なオーラを放ちます。

【3】ベージュパンプス×白コート×白ブラウス×白スカート

コート・ブラウス・スカート・バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス・ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2018年 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2018年
コート・ブラウス・スカート・バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス・ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

肌にしっとりと吸い付く、アルパカ・ウールのホワイトコートは、これ以上ないほどの品格が漂います。シルクブラウスやウールのスカートも同トーンの白でまとめて、冬に映えるクリーミー配色を実現。主役のアウターは’80年代のマックスマーラのコートに用いられていた、素材を縮絨して保温性を高める「ビーバー仕上げ」を採用しています。

【4】ベージュパンプス×グレージュコート×白ニット

コート(三喜商事〈イレブンティ〉)、ベルト(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉)、プルオーバー(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SI X)、靴(クリスチャン ルブタン ジャパン)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/小池哲夫 BY:『Precious1月号』小学館、2020年
コート(三喜商事〈イレブンティ〉)、ベルト(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉)、プルオーバー(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SI X)、靴(クリスチャン ルブタン ジャパン)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/小池哲夫 BY:『Precious1月号』小学館、2020年

グレージュの女力の高い端正シルエットのチェスターコートに、ベルトを上から合わせた冬の装い。スタッズ付きグレーベルトを加えることで上品なグレージュコートが、軽快でメリハリのある印象に。

【5】ベージュパンプス×キャメルコート×白パンツ

コート(ストラスブルゴ〈マンゾーニ24〉)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、靴(JIMMYCHOO)、ピアス(ストラスブルゴ〈ソフィー ブハイ〉) 撮影/小池哲夫 BY:『Precious1月号』小学館、2020年
コート(ストラスブルゴ〈マンゾーニ24〉)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、靴(JIMMYCHOO)、ピアス(ストラスブルゴ〈ソフィー ブハイ〉) 撮影/小池哲夫 BY:『Precious1月号』小学館、2020年

上品なキャメルベージュのコートを、同系のベージュを含んだストールでよりリュクスにセンスアップ。ストールはラフに細く束ねてから首にひと巻き。一方の端は前のループに通し、もう一方の端はコートのVゾーンに入れて整えれば、気負いがなくておしゃれ。

【6】ベージュパンプス×ブラウンコート×白ブラウス×白スカート

コート(ドゥロワー 日本橋店〈ドゥロワー〉)、ブラウス(Vince 表参道店)、スカート・ガライズ ラブのピアス(エストネーション)、ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、バッグ(ジャンニ キアリーニ銀座店〈ジャンニ キアリーニ〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2018年 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2018年
コート(ドゥロワー 日本橋店〈ドゥロワー〉)、ブラウス(Vince 表参道店)、スカート・ガライズ ラブのピアス(エストネーション)、ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、バッグ(ジャンニ キアリーニ銀座店〈ジャンニ キアリーニ〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

淡い色調のショート丈のミンクファーは、アシメトリーのプリーツスカートなどの、フェミニンスタイルによく似合う冬アウター。洗練されたクリーム配色でまとめたら、モードな香りが漂う大ぶりピアスで、旬のアクセントを。

【7】ベージュパンプス×ブルーワンピース

ワンピース(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、バッグ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、靴(クリスチャン ルブタン ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2019年
ワンピース(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、バッグ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、靴(クリスチャン ルブタン ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2019年

フレッシュな印象を約束するロイヤルブルーのワンピースは、初対面の相手との会食時にも重宝。ウールクレープの凹凸のある素材を用いた一着は、肌当たりがよく、またシワになりにくいため、着席シーンでもスマートにふるまうことが可能に。ブルーのトーンと相性のよい、グレージュのバッグ&靴で洗練をプラス。

【8】ベージュパンプス×カーキワンピース

ワンピース(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオアルマーニ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO)、時計(パテック フィリップ)、ピアス(シャンテクレール 東京店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2019年
ワンピース(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオアルマーニ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO)、時計(パテック フィリップ)、ピアス(シャンテクレール 東京店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2019年

ひざ下丈のタイトシルエットで、ニット素材でも足さばきのいい、大人のニットワンピーススタイル。カーキのワンピースに、バッグと靴はベージュをセレクトし、上品配色を奏でて。

【9】ベージュパンプス×白ニット×カーキパンツ

ニット(ebure)、パンツ(Theory)、スカーフ(スローン)、時計(IWC)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious2月号』小学館、2019年 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
ニット(ebure)、パンツ(Theory)、スカーフ(スローン)、時計(IWC)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

白のラムウールのVネックニットには、カーキのパンツとグレージュの小物を合わせることで白が膨張せず、すっきりとした印象に。さらにアースカラー×ホワイトのシルクスカーフをふんわり巻いて、重層感のある色合わせを楽しみたい。

【10】ベージュパンプス×モカベージュジャケット×イエローニット×白パンツ

ジャケット(コロネット〈エアロン〉)、ニット(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、パンツ(マックスマーラジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
ジャケット(コロネット〈エアロン〉)、ニット(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、パンツ(マックスマーラジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

オーバーサイズのブルゾンに、落ち感のあるワイドパンツ…。淡いモカベージュが描くボリュームシルエットに、インナーの蛍光イエローが引き締め効果を発揮。表情をも明るく輝かせるビタミンカラーは、ほんの少し投入しただけでも気分が盛り上がり、インパクトは絶大です。

【11】ベージュパンプス×ブラウンジャケット×白Tシャツ×グレーンスカート

ジャケット・スカート(ブラミンク)、Tシャツ(マッキントッシュ青山店)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(イレアナ・マクリ/ザ・ショーケース バイ デルパン GINZASIX店〈イレアナ・マクリ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
ジャケット・スカート(ブラミンク)、Tシャツ(マッキントッシュ青山店)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(イレアナ・マクリ/ザ・ショーケース バイ デルパン GINZASIX店〈イレアナ・マクリ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

「目立つ色はボトムに!」は、色に苦手意識をもつ大人におすすめしたい攻略法のひとつ。インパクトのある光沢グリーンのスカートは、Tシャツやサファリ風ジャケットでさりげなく着くずすのがこなれて見せるコツ。

レディース冬のベージュ靴【エナメルパンプス】コーデ


【1】ベージュエナメルパンプス×黒ジャケット×黒ブラウス×ドットスカート

ジャケット・ニット・スカート・バッグ『シシリー 62』・靴(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2020年
ジャケット・ニット・スカート・バッグ『シシリー 62』・靴(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2020年

ボウタイニット、ドット柄スカート、パウダーピンクのバッグ…だれからも愛されるフェミニンアイテムに、さらりとはおって。

「テイストミックスしても揺るがない気品があるのが、黒の名品ジャケットの魅力です。責任ある立場で仕事に臨む大人の女性の着こなしに必要な、親しみやすさと一目おかれる特別感を両立させてくれます」(スタイリスト・押田比呂美さん)

【2】ベージュエナメルパンプス×グレーコート×ブラウンニット×ブラウンスカート

コート(HAUNT代官山/ゲストリスト〈イネス&マーシャル〉)、ニット(エイトン 青山)、スカート(コロネット〈エアロン〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ネックレス・リング(ポメラートブティック 銀座店)、バッグ(モワナ メゾンGINZA SIX)、靴(クリスチャン ルブタン ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2020年
コート(HAUNT代官山/ゲストリスト〈イネス&マーシャル〉)、ニット(エイトン 青山)、スカート(コロネット〈エアロン〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ネックレス・リング(ポメラートブティック 銀座店)、バッグ(モワナ メゾンGINZA SIX)、靴(クリスチャン ルブタン ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2020年

アイスグレーのムートンコートで、軽やかなラグジュアリー感を。寂しくなりがちなビターチョコ色のシンプルな着こなしを、アイスグレーのムートンコートでボリュームアップ。透明感のある華やぎが好印象の決め手に。

【3】ベージュエナメルパンプス×ライトベージュコート×白ブラウス×ピンクパンツ

コート(エスケーパーズ〈シーズンズ オテル パティキュリエ〉)、ブラウス(wb)、パンツ(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、ネックレス(日本橋三越本店 本館3階ミグジュアリー〈ドナテラ・ペリーニ〉)、ショール(MOGA)、バッグ・靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/唐澤光也(RED POINT) BY:『Precious11月号』小学館、2019年 撮影/唐澤光也(RED POINT) BY:『Precious11月号』小学館、2019年
コート(エスケーパーズ〈シーズンズ オテル パティキュリエ〉)、ブラウス(wb)、パンツ(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、ネックレス(日本橋三越本店 本館3階ミグジュアリー〈ドナテラ・ペリーニ〉)、ショール(MOGA)、バッグ・靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/唐澤光也(RED POINT) BY:『Precious11月号』小学館、2019年

ウール混のダブルフェース生地を使ったリラックスシルエットのトレンチコートに、パンツや小物でニュアンスピンクをなじませ、フェミニンな雰囲気にまとめたパンツスタイル。胸元には、ドナテラ・ペリーニのカラーストーンネックレスを。どうしても固く見えがちなトレンチコートを、優しく見せるテクニックです。

レディース冬のベージュ靴【ブーツ】コーデ


【1】ベージュブーツ×キャメルコート×白ブラウス×白パンツ

コート(三喜商事〈ストラネス〉) ブラウス(ビームス ハウス 丸の内〈エッフェ ビームス〉) パンツ(ストラスブルゴ) ピアス(ドレスアンレーヴ〈253ビジュー〉) ネックレス(カドー伊勢丹新宿店〈カドー〉) バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、ブーツ『ロージー』(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)  撮影/来家祐介(aosora) BY:『Precious11月号』小学館、2019年 撮影/来家祐介(aosora) BY:『Precious11月号』小学館、2019年
コート(三喜商事〈ストラネス〉)、ブラウス(ビームス ハウス 丸の内〈エッフェ ビームス〉)、パンツ(ストラスブルゴ) ピアス(ドレスアンレーヴ〈253ビジュー〉)、ネックレス(カドー伊勢丹新宿店〈カドー〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、ブーツ『ロージー』(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/来家祐介(aosora) BY:『Precious11月号』小学館、2019年

女らしさが香るテーパードパンツに、同系色のブラウスを合わせ、ストレートラインを強調した上下に、やわらかなキャメルのチェスターコートを合わせたスタイリング。上質なスエードだけに宿る豊かな風合いのブーツが、淡色ワントーンの装いを脱・地味に見せてくれます。

冬のベージュ靴コーデの関連記事

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。