黒では重たく見えてしまう、ベージュでは甘く見える…そんなとき注目したいのは、ブラウンです。コクのあるこの色の力を借りれば、おしゃれをリッチにアップデートすることができます。そこで、海外セレブのブラウンの着こなしを分析。取り入れやすい4つの代表例をご紹介します!

こなれたリッチ感と優雅さ十分!まろやかなブラウンが主役の着映えコーデ4選

■1:オリビア・パレルモは…ブラウン×キャメル+差し色のグリーンで気品ある大人のエレガンスに

大人コーデ_1
靴とバッグにグリーンを差して、落ち着きすぎず明るいポイントになるスタイリングを完成させています。

2019年9月末、パリコレクションに現われたオリビア・パレルモの着こなしです。

ブラウンのシャツワンピースにキャメルのコートをコーディネートして、女性らしく優雅な雰囲気に。

コクのあるブラウンは知的なレディスタイルを簡単につくり上げます。縦にラインが入ったデザインなので、縦のIラインで視覚的にスマートに見える効果も。

コンサバすぎないのは、靴、バッグに鮮やかなグリーンを差し色で使っているからです。アクセントになる小物の色味で着こなしに奥行きを与えて、地味に見えないように工夫されています。

■2:ケンダル・ジェンナーは…カジュアルなアプローチでつくるブラウンコーデはこなれ感が際立って新鮮

大人コーデ_2
足元はベージュと黒のコンビシューズでセンスよくまとめて。ポインテッドトウなので辛口のアクセントに。

シャネルのショーを後にするモデルのケンダル・ジェンナーは、シュプリームで人気のロゴTからブラウンをセレクトしていました。

合わせているのは毛足の長いファージャケットで、グラデーションになったブラウン系の色味が、インのTシャツとマッチしリッチさをアピールしています。

高級感のあるファージャケットに、ラフなロゴTというテイストミックスな合わせもこなれたセンスのよさを印象づけ、今っぽさ抜群です。

ボトムはデニムでなく、なじみのいいチノパンにして同系色でまとめていることも、大人っぽく仕上がる決め手になっています。

■3:ニーナ・ドブレフは…レオパード柄を取り入れると、着映え力アップ!品のいいインパクトでセンスよく

大人コーデ_3
ショルダーバッグと靴を黒でまとめています。黒で統一すると、全身がグッと引き締まってシャープな印象に。

アメリカのドラマシリーズ、「ヴァンパイア・ダイアリーズ」が大ブレイクして有名になったブルガリア出身のハリウッド女優、ニーナ・ドブレフ。

L.A.の空港でキャッチされたこの日は、明るめのブラウンのニットにレオパード柄のパンツをコーディネート。

ニットの色味をパンツの柄の中のブラウンから拾っているので、全身にまとまり感が出てトレンドど真ん中の着こなしに。

ブラウンが使われているレオパードは、辛口の女性らしさを十分感じさせてくれる柄なので、切れよく取り入れるのが鉄則です。

■4:ジャンヌ・ダマスは…ハイウエストのパンツならレトロかつ軽快さが漂うワンランク上の装いが完成

大人コーデ_4
バケツ型のバッグをボルドーで投入して、ベーシックなスタイリングに遊び心をプラスして。

パリを代表するおしゃれインフルエンサーとして人気のジャンヌ・ダマスは、シンプルをベースにしたリッチさが漂うスタイリングをよく好み、わたしたちでもお手本にしやすいので、チェックすべきセレブのひとりです。

N.Y.コレクションでSNAPされた日は、白のタートルニットと、ハイウエストのデザインが脚長に見えるコーデュロイパンツにブラウンをセレクト。

メリハリのある白×ブラウンは明るく着映え感がある配色で、新鮮な印象を生み出します。

上半身がさみしく見えないよう、長めのコインネックレスでリッチさを加味するところも、見習いたいテクニックに。


ブラウンを主役にした着こなしは、品のよさがベースにありながら、リッチな女性らしさを演出できます。レオパードに合わせるときも、黒よりきつく見えず、まろやかに仕上がるところが魅力です。

大人の女性のおしゃれを確実にクラスアップさせてくれるので、ぜひ取り入れてみてください。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀