この冬おすすめの大人の黒トップスコーデ集。黒ニットや黒ブラウスをおしゃれに着こなした冬コーデを、雑誌『Precious』から厳選してお届けします。大人かっこいいオールブラックコーデや、黒のトップスに合うズボン(ボトム)、アウターなどを参考に、着こなしのヒントを見つけてみてください。

【目次】

レディース冬の黒トップスコーデ


【1】黒ニット×グレースカート

ニット(トラデュイール)、スカート(ebure〈ebure〉)、ピアス(エスケーパーズ〈リジー フォルトゥナート〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、バングル(ebure〈キャッス〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) ブーツ(コール ハーン ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2020年
ニット(トラデュイール)、スカート(ebure〈ebure〉)、ピアス(エスケーパーズ〈リジー フォルトゥナート〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、バングル(ebure〈キャッス〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) ブーツ(コール ハーン ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2020年

揺れる華やぎロングスカートで、黒ベースの着こなしがドラマティックに。冬らしい暖かみのある素材も、優雅なムードを高めて。

「スカートにボリュームがあるぶんトップスはコンパクトに。足元は、スカートの分量感に負けないブーツが好バランス」(スタイリスト・大西真理子さん)

【2】黒ニット×ブラウンファージレ×黒パンツ

セブンティのファージレ・パンツ・ナインティーン セブンティのニット(東レ・ディプロモード)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、ピアス・ブレスレット
・バングル・
リング(ポメラート
ブティック 銀座店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2020年
セブンティのファージレ・パンツ・ナインティーン セブンティのニット(東レ・ディプロモード)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、ピアス・ブレスレット ・バングル・ リング(ポメラート ブティック 銀座店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2020年

リッチなファースタイルをジュエリーで盛り上げ、かっこよく女らしいオーラをまとわせたパンツスタイル。漆黒に輝くジェットも、濃厚で温もりのあるローズゴールドの煌きらめきも、冬の光の下でさらにドラマティックに。成熟した艶っぽさをまとうように身につけたい。

「大ぶりのピアスなどボリューム感のあるジュエリーを重ねると、こなれ感が生まれてカジュアルが粋に」(スタイリスト・大西真理子さん)

【3】黒ニット×グレーツイードコート×ベージュスカート

コート(イザ〈ヌメロ ヴェントゥーノ〉)、スカート(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、ニット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、靴(JIMMY CHOO)、リング(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/小池哲夫 BY:『Precious1月号』小学館、2020年
コート(イザ〈ヌメロ ヴェントゥーノ〉)、スカート(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、ニット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、靴(JIMMY CHOO)、リング(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/小池哲夫 BY:『Precious1月号』小学館、2020年

ウエストがゆるやかにシェイプされたモノトーンツイードのコートから、ベージュのプリーツスカートが軽快にスイング。プリーツがコートの動きに寄り添い、計算された重ね着風に決まります。

【4】黒ニット×黒ライダースジャケット×オレンジスカート

ジャケット(チンクワンタ)、ニット(スローン)、スカート(J&Mデヴィッドソン 青山店)、バングル(フラッパーズ〈シンパシー オブ ソウル スタイル〉)、バッグ(エリオポール代官山〈ザンケッティ〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2020年
ジャケット(チンクワンタ)、ニット(スローン)、スカート(J&Mデヴィッドソン 青山店)、バングル(フラッパーズ〈シンパシー オブ ソウル スタイル〉)、バッグ(エリオポール代官山〈ザンケッティ〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2020年

しなやかなラムレザーのジャケットに、シナモンオレンジのプリーツスカートを合わせたお仕事スタイル。ポインテッド靴、チェーンバッグで辛口なエッセンスを添えて。

【5】黒ニット×レッドコート×キャメルスカート

ニット(スローン)、スカート(アングローバル〈イレーヴ〉)、コート(マディソンブルー)、ピアス(ストラスブルゴ〈サイモン アルカンタラ〉)、バッグ(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ザンケッティ〉)靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2020年
ニット(スローン)、スカート(アングローバル〈イレーヴ〉)、コート(マディソンブルー)、ピアス(ストラスブルゴ〈サイモン アルカンタラ〉)、バッグ(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ザンケッティ〉)靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2020年

黒×キャメルの定番配色に、鮮やかなトマトレッドのコートを加えて特別感を演出したディナースタイル。バッグや靴、ピアスは黒でリンクさせてシックに。

【6】黒ニット×黒ジャケット×グレースカート

ベルト付きジャケット・ニット(MOGA)、スカート(ブラミンク)、ベルト(yoshie inaba)、ピアス(showroomSESSION〈マリア ブラック)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)靴(JIMMY CHOO) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious1月号』小学館、2020年
ベルト付きジャケット・ニット(MOGA)、スカート(ブラミンク)、ベルト(yoshie inaba)、ピアス(showroomSESSION〈マリア ブラック)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)靴(JIMMY CHOO) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious1月号』小学館、2020年

ノーカラージャケットにニュートラ気分を醸し出す、プリーツスカートの装い。ドロップショルダーのジャージージャケットのゆとりと、ボックスプリーツやブーツの存在感。すべてが今どきの量感をたたえるなか、細ベルト一本でメリハリをつけて、絶妙バランスに。

【7】黒ニット×キャメル&グレーコート×黒パンツ

和光のコート・ニット・バッグ・ピアス.リング・M・filのパンツ・リンドバーグのサングラス(和光)、靴/私物 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) BY:『Precious12月号』小学館、2019年
和光のコート・ニット・バッグ・ピアス.リング・M・filのパンツ・リンドバーグのサングラス(和光)、靴/私物 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) BY:『Precious12月号』小学館、2019年

キャメル&グレーという正統派ベーシックに欠かせない2カラーを、両面で楽しめるウールコートに、内側をシンプルに黒でまとめた幸せオーラを放つスタイリング。襟やそでからもう1色がのぞく配色からも、センスのよさを感じさせます。黒のローファーをスティックパンツに合わせた、オードリー・ヘップバーン風スタイルの最新版。

【8】黒ニット×黒スカート

ニット(三喜商事〈ストラネス〉),スカート(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、ベルト(アクリスジャパン〈アクリス〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2019年
ニット(三喜商事〈ストラネス〉),スカート(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、ベルト(アクリスジャパン〈アクリス〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2019年

主役のタートルは、ひじ下までの長いリブ、セットインスリーブの端正なシルエットを、繊細なカシミヤ糸で表現。着こなしは、ニットをボトムインしてウエストマーク。首元のスカーフは小さめにあしらうなど、端正さが鍵となります。

【9】黒ニット×黒ドットスカート

ニット・シャツ・スカート・靴(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ニット・シャツ・スカート・靴(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

たっぷりとしたタートルネックニットにシャツをIN、おしゃれ心を満たす、繊細なレースをあしらったドット柄スカートを合わせたスタイリング。履き口浅めのポインテッドトウパンプスで、セクシーさを加えて。パンプスには、やわらかな手触りのスエードに「DG」のレタリングを模した、芸術的なデコレーションロゴがトッピングされています。

【10】黒ニット×グレースカート

ニット(ムーレー銀座店〈ムーレー〉)、スカート(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈マディソンブルー〉)、サングラス(プロポデザイン〈propo〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ニット(ムーレー銀座店〈ムーレー〉)、スカート(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈マディソンブルー〉)、サングラス(プロポデザイン〈propo〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ローゲージの黒のタートルネックニット×ロングスカートで、犬のお散歩コーディネート。フランネル素材のハリ感のあるスカートを選んで、コンサバに見せないのも、グレーのスカートスタイルをフレッシュに見せる秘訣。ざっくりとした黒のニットに、メタリックシルバーのボディバッグを合わせて、印象をモダンに引き締めて。

【11】黒ニット×グレーチェックスカート

スカート(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、ニット(トラデュイール) スカーフ(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、ブレスレット(ポアレ ジャポン〈ポアレ〉)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
スカート(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、ニット(トラデュイール) スカーフ(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、ブレスレット(ポアレ ジャポン〈ポアレ〉)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ストレートシルエットのコーディネートと相性がいいのは、縦ラインをつなげるロングブーツ。スカートのすそがブーツにかぶり、肌を隠すのが大人っぽく見せるコツです。

【12】黒ニット×黒ブルゾン×グレーツイードスカート

スカート(アマン〈アンスクリア〉)、ブルゾン(トラデュイール)、ニット(三喜商事〈ストラネス〉)、ペンダント(MOGA)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
スカート(アマン〈アンスクリア〉)、ブルゾン(トラデュイール)、ニット(三喜商事〈ストラネス〉)、ペンダント(MOGA)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ロングのふんわりスカートにショートブーツを合わせた、フェミニンなコーディネート。主役のスカートは両サイドに深いタックの入ったボリュームあるAラインを選択。表面に凹凸のあるモノトーンツイードに、すそのフリンジが可憐な雰囲気を演出しています。このスカートのボリュームシルエットを生かすなら、トップスはコンパクトが条件。ショート丈のレザーブルゾンで、かっこよくてかわいい女を目指して!

【13】黒ブラウス×ベージュスカート

スカート・ブラウス(ブラミンク)、ベルト(ユグランス〈ヴァネッサブリューノ〉)、リング(ラリック ジャパン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
スカート・ブラウス(ブラミンク)、ベルト(ユグランス〈ヴァネッサブリューノ〉)、リング(ラリック ジャパン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

この2着があればいい女に見せられる「ボウタイ×端正プリーツスカート」の組み合わせ。トップスから小物まで、すべて黒で統一。このカラーリングが、カーキがかったふんわりスカートのベージュを、シックに大人っぽく引き立てます。足元はブーティ風のブーツで繊細に。

【14】黒ドットブラウス×グリーンスカート

ブラウス(レキップ)、スカート(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、ピアス・バングル・リング(TASAKI)、バッグ(ルック〈フィラージュ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
ブラウス(レキップ)、スカート(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、ピアス・バングル・リング(TASAKI)、バッグ(ルック〈フィラージュ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ピーコックグリーンがはっと目を引く、台形シルエットのラッププリーツスカートに合わせたのは、黒地にベージュの小さなドットが浮かぶブラウス。エアリーな風合いが、着こなし全体にやわらかなニュアンスを授け、若々しさのなかにも、大人の余裕が香る着こなしに仕上がります。

【15】黒ニット×グリーンスカート

ニット・スカート(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、サングラス(モスコット トウキョウ)、ピアス・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ハンティング・ワールド帝国ホテル店〈ハンティング・ワールド〉)、タイツ(ステッラ〈ピエールマントゥー〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年
ニット・スカート(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、サングラス(モスコット トウキョウ)、ピアス・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ハンティング・ワールド帝国ホテル店〈ハンティング・ワールド〉)、タイツ(ステッラ〈ピエールマントゥー〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

甘めなモヘアのローゲージニットを大人顔に仕上げるなら、レザースカートの引き締め効果を活用して。ミニマルな配色も、スタイリッシュなムードにひと役買っています。

【16】黒ニット×黒スカート

ニット(クルチアーニ 銀座店)、スカート(マディソンブルー)、カフス(wb)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、サングラス(プロポデザイン〈プロポ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年
ニット(クルチアーニ 銀座店)、スカート(マディソンブルー)、カフス(wb)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、サングラス(プロポデザイン〈プロポ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

素材ミックスで緩急をつけたオールブラックの装いに、ブレスレットのように付けられるファーのカフスをトッピング。手元が華やぐうえ、手首がしっかり温まるのもうれしいポイントです。J.M. WESTONのローファーでハンサムな印象を加えて。

【17】黒ニット×白ファージレ×グレースカート

ジレ(ストラスブルゴ〈MANZONI24〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、プレインピープルのスカート・マリヤのキャップ(プレインピープル丸の内)、バッグ・別売りのストラップ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年
ジレ(ストラスブルゴ〈MANZONI24〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、プレインピープルのスカート・マリヤのキャップ(プレインピープル丸の内)、バッグ・別売りのストラップ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

クルチアーニのカシミヤ100%のタートルネックニットに、ストレスフリーなプリーツスカートを合わせ、カシミヤファーのジレを合わせたきれいめカジュアル。ニットとブーツに黒をつなげてキレ味よく仕上げましょう。

【18】黒ニット×カーキスカート

ニット(ドゥロワー 青山店〈ドゥロワー〉)、スカート(カオス丸の内〈カオス〉)、ピアス・ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(J.M. WESTON 青山店)、タイツ/スタイリスト私物 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious1月号』小学館、2019年
ニット(ドゥロワー 青山店〈ドゥロワー〉)、スカート(カオス丸の内〈カオス〉)、ピアス・ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(J.M. WESTON 青山店)、タイツ/スタイリスト私物 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

ダークブラウンに近い、深いカーキのラップスカートに、細かなフリンジやベルト使い、フロントのドレープなど、ひとワザきいたデザイン小物を合わせて、単なる黒タートルネックニットとのワンツーコーデに終わらせない工夫を施したスタイリング。

【19】黒ニット×ベージュコート×黒スカート

靴『BボーディンモッドORDINMOD』(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)、コート(サードカルチャー〈ブランカ〉)、ピアス・リング(ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店)、トップス・スカート・タイツ/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious12月号』小学館、2018年
靴『BボーディンモッドORDINMOD』(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)、コート(サードカルチャー〈ブランカ〉)、ピアス・リング(ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店)、トップス・スカート・タイツ/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

極上の「黒ブーツ」は、控えめなレースアップが、足元のアクセントになり、ラグジュアリーな冬のコートスタイルに奥行きが生まれます。ブーツからタートルニットまで黒をつなげることで、引き締まった美シルエットに。

黒トップスに合うズボン(ボトム)の冬コーデ


【1】黒カットソー×ピンクパンツ×黒ジャケット

ジャケット(カオス丸の内)、カットソー(エイトン 青山)、パンツ(PT JAPAN〈PT TORINO〉)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(TASAKI)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious1月号』小学館、2020年
ジャケット(カオス丸の内)、カットソー(エイトン 青山)、パンツ(PT JAPAN〈PT TORINO〉)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(TASAKI)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious1月号』小学館、2020年

仕事終わりにディナーへと赴く際には、スモーキングジャケットをメインにした着こなしで、シーンレスな着こなしを。ビジューのバッグや靴で、さりげなく煌きらめきを添えて、華やいだ夜にふさわしいアレンジを施して。

【2】黒ニット×グレーチェックパンツ×黒ロングジレ

ロングジレ(ebure〈ebur e〉)、タートルニット(トラデュイール)、パンツ(yoshie inaba)、ベルト(wb)、ピアス(ヒロタカ表参道ヒルズ)、時計(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious1月号』小学館、2020年
ロングジレ(ebure〈ebur e〉)、タートルニット(トラデュイール)、パンツ(yoshie inaba)、ベルト(wb)、ピアス(ヒロタカ表参道ヒルズ)、時計(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious1月号』小学館、2020年

ワイドパンツ×太ベルトで立ち姿が決まる! 今季らしい英国調チェックのツータックパンツに、ロングジレのしなやかなⅠラインで、揺らめくシルエットが知的な女らしさを醸し出します。ワイドパンツに太ベルトでウエストインすれば、ボリュームシルエットにメリハリが生まれ、よりスタイリッシュに仕上がって。

【3】黒ニット×グレーパンツ×白ダウン

ダウン・ニット・パンツ・フォックスファー&カシミヤのストール・バッグ(三崎商事〈エルミダ〉)、その他/私物 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2019年
ダウン・ニット・パンツ・フォックスファー&カシミヤのストール・バッグ(三崎商事〈エルミダ〉)、その他/私物 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2019年

シックな黒・グレーのベースに、白アウターを合わせ、知的スタイルを演出したパンツスタイル。艶やかで繊細な起毛感のあるモヘアと、エレガントな表情のグログランのダウンコートを主役に。スポーティだけれどカジュアルになりすぎず、パンツともスカートとも好相性な短めのコクーンシルエットは、活躍度が高い一着です。ネイビーのニット+グレーのパンツを合わせれば、仕事シーンにも最適な知的な着こなしに。

【4】黒ニット×ベージュパンツ×ネイビーコート

ニット(グルッポタナカ〈リビアナ コンティ〉)、コート(エストネーション〈ケイト〉)、パンツ(ブラミンク)、靴(クリスチャン ルブタン ジャパン)、ネックレス・ピアス・リング(ミキモトカスタマーズ・サービスセンター) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
ニット(グルッポタナカ〈リビアナ コンティ〉)、コート(エストネーション〈ケイト〉)、パンツ(ブラミンク)、靴(クリスチャン ルブタン ジャパン)、ネックレス・ピアス・リング(ミキモトカスタマーズ・サービスセンター) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

ビッグシルエットのパンツと、ネイビーのトレンチコートという男前なアイテムに、女らしいタートルネックニットや黒パールのネックレスを合わせた、大人の品格を感じさせるマスキュリンスタイル。

【5】黒ニット×グレーパンツ×黒ジャケット

ジャケット(トラデュイール)、ニット(三喜商事〈ストラネス〉)、パンツ(サン・フレール〈ドロシー シューマッハ〉)、ピアス・バングル・リング(ホアキン・ベラオ)、ブーツ・サングラス・バッグ(トッズ・ジャパン)  撮影/来家祐介(aosora) BY:『Precious11月号』小学館、2019年
ジャケット(トラデュイール)、ニット(三喜商事〈ストラネス〉)、パンツ(サン・フレール〈ドロシー シューマッハ〉)、ピアス・バングル・リング(ホアキン・ベラオ)、ブーツ・サングラス・バッグ(トッズ・ジャパン)  撮影/来家祐介(aosora) BY:『Precious11月号』小学館、2019年

光沢のあるレザーで、黒でも異なる質感を重ねた上半身と、グレーパンツという装いに、ベルト使いがポイントでトラッドなムードが漂う、ボルドーのブーツを合わせた最旬コーデ。ブーツの色を黒から変えるだけで、9分丈ワイドパンツの着こなしが、今の気分にブラッシュアップ。このブーツなら、ヒョウ柄バッグなど茶系のバッグが合わせやすいのも利点。

【6】黒ニット×ネイビーデニムパンツ×黒コート

コート・カシミアニット・デニムパンツ・ベロアのブーツ(エルメスジャポン) 撮影/下村一喜 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
コート・カシミヤニット・デニムパンツ・ベロアのブーツ(エルメスジャポン) 撮影/下村一喜 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ベーシックな黒のリバーシブルシェアリングコートに、薄手のカシミヤニットとデニムを合わせたハンサムコーデ。写真のように表革面を表に着ればシャープな表情に。起毛面を表にすれば、こなれ感のあるラグジュアリーアウターに。贅沢で表情豊かな黒のリバーシブルアウターは、秋冬に出番の多い一着になりそう。

【7】黒ニット×グレーツイードパンツ×黒コート

コート(エストネーション〈エストネーション〉)、ニット(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ベスト(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、パンツ(ADORE)ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年
コート(エストネーション〈エストネーション〉)、ニット(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ベスト(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、パンツ(ADORE)ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

マキシ丈コートの存在感に負けない、ゆったりとしたワイドパンツを合わせ、余裕ある着こなしを。しっとりとしたコート、なめらかなハイゲージニット、ふんわりとしたミンクベスト…多彩な風合いを重ねると、着こなしに深みが出ます。

【8】黒ニット×白パンツ×黒コート

コート・バッグ『ミニ ピーカブー』・パンツ・ストール・チャーム・靴・ニット(フェンディ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年
コート・バッグ『ミニ ピーカブー』・パンツ・ストール・チャーム・靴・ニット(フェンディ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

デスクワークもすいすいと進んで、今日は早めに切り上げて。赤と黒の、どちらを表にしてもロゴのメタルプレートが映えるショルダーストラップは、プレイフルな魅力が満載です!

【9】黒ブラウス×ベージュパンツ

ヴァレンティノのパンツ・ブラウス・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ・靴(ヴァレンティノ ジャパン)、ピアス・ピアスチェーン/片耳用・リング(フレッド) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年
ヴァレンティノのパンツ・ブラウス・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ・靴(ヴァレンティノ ジャパン)、ピアス・ピアスチェーン/片耳用・リング(フレッド) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

ブラック×ベージュのシックトーンで華やぎシーンに臨むときこそ、ディテールにこだわって。ベージュのパンツは、センタープレスがきいた、キリッとしたシルエットが見事。程よい緊張感が、華やぎシーンにふさわしいオーラを生み出して。パンツにハリ感があるからこそ、シルクブラウスのなめらかさが際立ちます。着席シーンには、耳元で揺れるシャンデリアピアスが活躍。

【10】黒ブラウス×グリーンパンツ

ブラウス(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、パンツ(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、ベルト(yoshie inaba)、サイモン アルカンタラのピアス・イヤーカフ・バングル・ソフィー ブハイのリング(ストラスブルゴ)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年
ブラウス(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、パンツ(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、ベルト(yoshie inaba)、サイモン アルカンタラのピアス・イヤーカフ・バングル・ソフィー ブハイのリング(ストラスブルゴ)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

艶めくパンツを主役に、トレンド感が光る着映えスタイルを。ボトムが印象的なぶん、シンプルなシルクブラウスでバランスをとって。

この冬はかっこいいオール黒コーデにトライ


【1】黒ニット×黒コート×黒パンツ

黒デニム・Pコート・ニット・ピアス・バッグ・靴(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、リング(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉) 撮影/CHITO BY:『Precious2月号』小学館、2020年
黒デニム・Pコート・ニット・ピアス・バッグ・靴(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、リング(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉) 撮影/CHITO BY:『Precious2月号』小学館、2020年

モードブランドのなかでも、デニムにこだわりがあるのがサンローラン。特にスキニーの美しさには定評があります。こちらは今シーズンらしいミッドライズの黒スキニー。かすかにユーズド加工が施されたきれいめの黒デニムは艶やかで、スティックパンツと見紛うエレガンスを備えています。Pコートに合わせれば、モードな黒カジュアルが完成!

【2】黒カットソー×黒ジャケット×黒パンツ

ジャケット(カオス丸の内)、カットソー(エイトン 青山)、デニム(サザビーリーグ〈マザー〉)、ピアス・ネックレス・バングル(フレッド)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious1月号』小学館、2020年
ジャケット(カオス丸の内)、カットソー(エイトン 青山)、デニム(サザビーリーグ〈マザー〉)、ピアス・ネックレス・バングル(フレッド)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious1月号』小学館、2020年

美しい芸術に触れて、感性に潤いをもたらしたい休日スタイルは、オールブラックの装いで、辛口な女らしさを表現。スモーキングジャケットでキリッとさせたぶん、ポインテッドの靴や、フレッドの繊細なジュエリー使いで、艶めきをプラスして。重たい印象にならないよう、光や艶を意識的に加えるのが成功するコツです。

【3】黒ニット×白シャツ×黒ジャケット×黒パンツ

ジャケット・シャツ襟とそでが着脱可能なニット・パンツ・ベルト・バッグ・靴(ラルフローレン〈ラルフ ローレン コレクション〉)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious1月号』小学館、2020年
ジャケット・シャツ襟とそでが着脱可能なニット・パンツ・ベルト・バッグ・靴(ラルフローレン〈ラルフ ローレン コレクション〉)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious1月号』小学館、2020年

ハンサムなかっこよさを演出できる、モノトーンのテーラード×細身のパンツというオンスタイル。でもシンプルすぎるベルトでは退屈に見えてしまうことも。留め具部分がメタリックな輝きを放つベルトで、リッチな華やぎをプラスしたい。白襟、白カフスのあしらいにも、端正な美しさが感じられて。

【4】黒ニット×黒オールインワン

オールインワン・ニット(ブラミンク)、ピアス・イヤーカフ(ヒロタカ 表参道ヒルズ)、バッグ(JI MMY CHOO)、ブーツ(コール ハーン ジャパン) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious1月号』小学館、2020年
オールインワン・ニット(ブラミンク)、ピアス・イヤーカフ(ヒロタカ 表参道ヒルズ)、バッグ(JI MMY CHOO)、ブーツ(コール ハーン ジャパン) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious1月号』小学館、2020年

シャープなV開きと、ジャンパースカートのように見える大人仕様のデザインが女らしくて、取り入れやすいオールインワン。縦長のすっきりとしたシルエットに、パンツの活動的な機能性をもつだけでなく、ゴムと共布ベルトでウエストマークできるので、くびれによるスタイルアップも。

【5】黒ブラウス×黒スカート

ヴァレンティノのブラウス・スカート・ヴァレンティノ ガラヴァーニのベルト・ピアス・バッグ『ロックスタッズ スパイク』・靴(ヴァレンティノ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2019年
ヴァレンティノのブラウス・スカート・ヴァレンティノ ガラヴァーニのベルト・ピアス・バッグ『ロックスタッズ スパイク』・靴(ヴァレンティノ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2019年

黒のブラウス&スカートを、迫力小物でドレスアップしたスタイリングです。ロングドレスを選ばなくても、シルエットの優雅さとインパクトのある小物使いで、今どきのドレスアップがかなう好例。

決め手はまず、ビッグスリーブと流れるようなシルエットのボウブラウス。そしてロゴを強調したゴージャスなベルトや、アイコニックなバッグといった迫力の小物使い。流行のロングスカートも、揺れるパネルから男前なブーツをのぞかせて、絶妙な甘辛バランスを。

【6】黒ニット×黒スカート

ブーツ(トッズ・ジャパン)スカート(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) ニット(スローン) ピアス・リング(TASAKI) バッグ(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
ブーツ(トッズ・ジャパン)スカート(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) ニット(スローン) ピアス・リング(TASAKI) バッグ(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

バイカーブーツのエッセンスが香るブラックブーツで、フェミニンなスタイルにメリハリを。ブーツのトウキャップ部分にはトッズのアイコンでもあるマイクロサイズの「ラバーペブル」が施され、小粋なアクセントに。

約10mにも及ぶ生地を用い、4層に重ねたやわらかなチュールスカートと、光沢のあるレザーが奏でるコンビネーションが見事なスタイリングです。

【7】黒カットソー×黒ライダースジャケット×黒スカート

ジャケット(チンクワンタ)、カットソー(エイトン 青山)、スカート(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ピアス(showroom SESSION〈マリア ブラック〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(J.M. WESTON 青山店)タイツ/私物 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious1月号』小学館、2020年
ジャケット(チンクワンタ)、カットソー(エイトン 青山)、スカート(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ピアス(showroom SESSION〈マリア ブラック〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(J.M. WESTON 青山店)タイツ/私物 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious1月号』小学館、2020年

トレンドのチュールスカートは、ライダースジャケットを合わせて、甘辛バランスを完成。白の小さめバッグでオールブラックに可憐な印象を加えて。

【8】黒ブラウス×黒ジャケット×黒ドットスカート

ジャケット・ニット・スカート・バッグ『シシリー 62』・靴(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2020年
ジャケット・ニット・スカート・バッグ『シシリー 62』・靴(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2020年

ボウタイニット、ドット柄スカート、パウダーピンクのバッグ…だれからも愛されるフェミニンアイテムにさらりとはおって。

「テイストミックスしても揺るがない気品があるのが、黒の名品ジャケットの魅力です。責任ある立場で仕事に臨む大人の女性の着こなしに必要な、親しみやすさと一目おかれる特別感を、両立させてくれます」(スタイリスト・押田比呂美さん)

【9】黒ニット×黒コート×黒パンツ

ジゼル・ブンチェン 撮影/©Afro BY:『Precious1月号』小学館、2019年
ジゼル・ブンチェン 撮影/©Afro BY:『Precious1月号』小学館、2019年

パリのシャルル・ドゴール空港でキャッチされた、スーパーモデルのジゼル・ブンチェン。テントシルエットのアウターにざっくりとしたリブニット、レザーパンツと、異素材の黒を重ねることで、決して地味に陥らず、おしゃれ上級者のオーラを放っていました。「ワントーンは素材違いで」の攻略セオリーにぴったりはまった、お手本コーデです。

【10】黒ニット×黒コート×黒スカート

コート・ニット・スカート(ebure)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレシルバーコレクション〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
コート・ニット・スカート(ebure)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレシルバーコレクション〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ビッグシルエットのケープ風ピーコートは、旬のオーバーサイズ感でありながらも、肩周りはすっきり見えるように設計されているなど、メリハリを効かせたシルエットに、エレガントな女らしさが漂います。

タートルネックニットとタイトスカートを合わせ、コートの中で体が泳ぐようすっきりさせつつ、シルバージュエリーや赤のバッグをポイントに効かせて。

冬の黒トップスコーデの関連記事