いつものカジュアルが見違える!ボッテガ・ヴェネタの「パデッド カセット」でつくるこなれたカジュアル4選

ボッテガ・ヴェネタのショルダーバッグ「パデッド カセット」は、ブランドアイコンのイントレチャートが立体感あるレザーでボリューミーに表現された、進化形ショルダーバッグ。そのもこもこした愛らしいビジュアルで現在、世界のセレブがこぞって注目しています。日本での価格は¥270,000、現在展開中です。

バッグ_1,名品_1
バッグ「パデッド カセット」¥270,000【縦18×横26×マチ8cm】(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) [Precious2020年1月号90ページ]

トレンドに敏感なセレブたちがこのバッグを、どのように持ちこなしているのか? 最新のSNAP写真からチェックしてみました。

■1:ロージー・ハンティントン=ホワイトリーは…メンズライクなジャケットに軽やかさを添える白バッグ

バッグ_1
黒ベルトのW使いをちらっとのぞかせて、引き締め効果も抜群なモードなアクセントに。

「パデッド カセット」だけでなく、ボッテガ・ヴェネタのさまざまなタイプのバッグを愛用する姿がSNAPされている、女優のロージー・ハンティントン=ホワイトリー。

ビバリーヒルズで見かけられたこの日は、「パデッド カセット」の白を、メンズ風のベーシックなセットアップで辛口スタイルに仕上げていました。

バッグをインナーと同じ白でコーディネートしているので、清潔感とともにスマートさを演出できています。

ベーシックな装いに、バッグの立体感あるデザインが品のいいインパクトに。

■2:ジェシカ・ゴメスは…アクティブ感が高まる斜めがけでモードスタイルを今っぽくアップグレード

バッグ_2
足元の白スニーカーが抜け感になって、ヘルシーさを高めています。

オーストラリア出身のモデル、ジェシカ・ゴメスは、チェックのコートをブラックデニム×白スニーカーでスポーティーモードに楽しんでいました。

グレーがメインカラーになったチェックのコートに、艶感のある黒の「パデッド カセット」を斜めがけして、よりアクティブに。

着こなしによって持ち方を変えて使えるところも、このバッグの魅力になっています。バッグのレザーの艶でラグジュアリーさをプラスできます。

■3:ヘイリー・ビーバーは…ヘルシーなデニムカジュアルをクラス感ある小物の力で大人顔に仕上げて

バッグ_3
もちろんスニーカーでも合うコーデですが、女性らしく見える決め手は、ヒールのあるミュール。

流行のもこもこ系シアリングジャケットに、淡いインディゴのデニムを合わせていた、モデルのヘイリー・ビーバー。

ふわっとした色味の着こなしに、バッグの黒とミュールのレオパード柄でシャープさが加わっています。

このアレンジが切れのいいスパイスになって、大人のクラスカジュアルに。黒は、イントレチャートの艶感が特に強く出る色味なので、リッチさも格別です。

ストラップの長さを調節する留め具が三角形なのも、スタイリッシュなポイントなので注目したい。

■4:レオニー・ハンネは…着こなしとバッグをパープルのトーン違いで統一&クラッチ持ちで洗練ムード満点

バッグ_4
インナーの色と足元を白でまとめて、クリーンな印象に。つま先が出ていることも、軽やかさをアップしています。

世界中を旅する写真が素敵すぎる、と人気のファッションブロガー、レオニー・ハンネが2020年3月3日にパリでSNAPされた着こなしです。

パープルのトーンでミックスしたジャケット×パンツに、「パデッド カセット」にもパープルをセレクト。

ストラップなしでクラッチ持ちしているので、エレガントな印象が高まります。

2WAYで使えて印象変えできるマルチなデザインも見逃せません。パープルは、ぜひ取り入れたいこの春の注目カラーです。


立体的なイントレチャートがリッチな存在感をアピールできる「パデッド カセット」。

ショルダー、斜めがけ、クラッチ持ちと、違った印象にチェンジできるマルチさも、何かと忙しい現代女性のライフスタイルに合っていると言えるでしょう。新たなバッグを購入するときの候補にしてみてはいかがでしょうか?

※掲載した商品は税抜です。

関連記事

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀