【目次】

「黒」で大人らしさを引き立てる


もともときちんと感のあるプリーツスカートは、黒を選ぶことで大人らしい印象を上乗せすることができます。ベーシックカラーはもちろんのこと、どんなカラーアイテムともマッチさせられるのが高ポイント。

まずはシンプルに白シャツを合わせて

 

等間隔のひだのおかげで、正統派な印象がぐっとアップする黒プリーツスカート。そこにパリッとした白シャツを組み合わせれば、端正な着こなしに整います。やや身体が泳ぐシルエットをセレクトすれば、堅苦しくなる心配もなし。

全身黒は異素材とプリーツを効かせて

 

ともすればのっぺりしてしまうオールブラックコーディネートも、プリーツスカートを取り入れれば動きがついて表情たっぷりに。そこにレザーがかけ合わさったジャケットを投入して艶を宿し、立体感を盛り上げています。仕上げに、白シューズで軽やかにフィニッシュ。

甘いピンクニットをエレガントに着こなす

 

糖度高めなピンクのニットプルオーバーは、黒プリーツスカートを合わせることでエレガンスをオン。レディなムードが盛り上がるポインテッドトゥパンプスも、ピンクを選んで一体感を作っています。

柄アイテムと合わせて華やかに

 

物静かな印象ながらも、細かなひだで存在感のある黒プリーツスカート。そこにベージュ地のチェック柄ジャケットを加えれば、華やかなムードが底上げされます。小物も黒とベージュで統一してまとまりよくすれば、真っ赤なルージュよく映えます。

「白」で軽快さをアピール


軽快な印象の白スカートは、動きの出るプリーツデザインを選べばより軽やかになります。白の爽やかさが引き立つ、コーディネートテクニックをチェック。

ネイビーを合わせて涼感をまとう

 

ブルー系であるネイビーのTシャツに、白スカートを合わせ涼しげな配色を意識。スカートはプリーツを選んだことでシンプルワンツーも立体的にきまります。サンダルも白で軽やかさを助長しながら、手元には黒バッグを迎え適度に引き締め。

ベージュトレンチと合わせてクラシカルに

 

トップスから足元まで白で統一したスタイルは、プリーツの動きが好アクセントに。ぱきっとした白なので、スタイリッシュさも醸せるのがポイントです。そこにトラッドなベージュトレンチコートを添えれば、クラシカルな佇まいが完成。

オールホワイトで凛とする

 

オフホワイトのトップスに、ピュアホワイトのプリーツスカートを合わせたグラデーションルック。ワンカラーも、異なる色味とプリーツを取り入れたことで抑揚をつけることができます。小物も白で統一しつつ、モードなスクエアトゥサンダルやビジューバッグを選ぶことでただ可憐なだけじゃないオールホワイトコーデが完成。

淡い色でまとめて柔らかに導く

 

白プリーツスカートのすっきりとした印象を活かすべく、小物も白をセレクトしながらパステルグリーンとブルーのアウターをオン。ぼんやりしないようインナーの黒を小面積覗かせれば、適度に引き締まりメリハリある着こなしに整います。

モノトーンでまとめる

 

歩くたびに優雅なラインを描く、きちんと感のあるプリーツスカート。その持ち味を活かすべく、きれいめアイテムとかけ合わせて上品に見せると、白プリーツスカートの魅力が最大限発揮されます。

「グレー」ならスカートスタイルもクールにきまる


スタイリッシュな印象のグレーを取り入れれば、プリーツスカートスタイルもスタイリッシュにまとめることができます。モノトーンを基調とした、大人の女性に似合うルックをピックアップ。

フィット&フレアを洗練配色で着こなす

 

定番のTシャツは、コンパクトサイズを選びつつプリーツスカートを掛け合わせメリハリシルエットを形成。白とグレーのスタイリッシュな配色なら、シンプルなのに絵になるスタイルが叶います。色をリンクした華奢ストラップのサンダルやミニハンドルバッグを添え、キャッチーな見た目へと導いて。

プリーツスカートでレディなムードを助長

 

黒のパフスリーブトップスに、グレーのプリーツスカートを合わせたクラシカルレディな着こなし。小物を使ってバランスよく白を配置すれば、リズミカルな色のバランスに整って着映えます。

グレーをベースにすればポップになりすぎない

 

グレーのタートルニットとプリーツスカートで動きをつけたワンカラースタイル。ぱっと目に止まるキャッチーなカラフルスカーフも、スタイリッシュなグレーを基調としているからこそ華美になりすぎません。巻かずにラフに垂らすことで、縦長効果を手に入れて。

ツヤ素材でモノトーンが単調にならない

 

黒のレザージャケットと小物、そしてグレーの上下で構成したミニマルな配色コーディネート。ツヤ素材のプリーツスカートを採用したことで、単調にならず歩くたびに表情が生まれます。

「ネイビー」で品の良さを醸す


高貴な印象のネイビーに、エレガントなプリーツスカートという組み合わせなら絶対的に上品にきめることができます。きれいめ、カジュアルそれぞれの着こなし例をお届けします。

ブルーのグラデーションで好印象に

 

淡いブルーとネイビーで作るグラデーションコーディネートなら、そのすっきりとしたカラーで好印象間違いなし。プリーツスカートとポインテッドトゥパンプスというエレガントな組み合わせなので、トップスにはスウェットをセレクトしほんのり抜け感を加えるとこなれて見えます。

穏やかなブラウン合わせで品の良さを上乗せ

 

ペールブルーのジャケットとネイビーのプリーツスカートでまとまりのある色合わせに。スカートの裾がアシンメトリーなので、洒落感を引き立てることができます。インナー、バッグ、シューズを使って色味の異なる穏やかなブラウンを散らせば、より上品な雰囲気に着地。

品の良さをベースにすれば冒険心を満たせる

 

レースがあしらわれたレオパード柄キャミソールというセンシュアルなアイテムも、きちんと感のあるネイビースカート合わせなら品の良さを演出できます。淡いブルーのニットカーディガンをたすき掛けしつつ、スニーカーで外せばお洒落心詰まった着こなしに着地。

ネイビープリーツスカート×白シャツ×ベージュニット×ジャケット

 

白シャツとネイビープリーツスカートだけでも素敵ですが、そこに更にベージュニットプルオーバーとバイカラージャケットを合わせることで奥行きを作ることができます。レイヤードする際は、色数を抑えるのがうまくまとめるコツ。

「ブーツ」でスタイリッシュに

 

エレガントなネイビースカートに、きりっとしたブーツを合わせるとスタイリッシュな雰囲気が味わえます。ショートブーツやロングブーツなど、思い思いのブーツを合わせてみてくださいね。

「オールネイビー」で品よく

 

チュール素材のレイヤードで洒落感たっぷりなプリーツスカートは、ネイビーで上品さを確保。同色のジャケット合わせできちんと整えたら、黒のベルトやポインテッドトゥパンプスできりっと魅せて。

「ブラウン」で優雅に魅せる


主張が控えめながらも、そのノーブルな表情で優雅な佇まいが叶うブラウンのプリーツスカート。決して地味にならない、大人の余裕感じる着こなし例を早速チェック。

チェック柄で華やかさを演出

 

黒のトップスとブラウンのプリーツスカートという落ち着いた組み合わせは、チェック柄が華やかさに貢献して地味になりません。チャンキーチェーンのゴールドネックレスやメッシュパンプスを投入し、モード感を加味。

オールブラウンでぬくもりたっぷり

 

ブラウンのシャツに、同色のボックスプリーツスカートを合わせて正統派な着こなしへ。そこにさらに色を統一したチェック柄大判ストールを加え、ぬくもりをアップさせています。ほっこりするのは避けたいから、黒のロングブーツでモードを添えつつ、寒色バッグでメリハリをオン。

深みのあるボルドー合わせで大人の魅力を振りまいて

 

フルレングス丈が優雅さを助長する赤みブラウンのプリーツスカートには、ドレープが美しいボルドーのブラウスを足してレディな佇まいを実現。暖色同士なので、馴染みがよく一体感が生まれます。仕上げにトップスと同じ色の太ベルトを投入し、メリハリシルエットを手に入れて。

「ベージュ」なら柔らかな雰囲気がまとえる


ブラウンと同じように上品な表情のベージュ。プリーツスカートなら、ふわりと揺れる様がまとう人を柔らかに見せてくれます。また、ナチュラルカラーなので比較的色合わせしやすいのも見逃せません。

「サンダル」でレディにきめる

 

優雅なベージュスカートにサンダルを合わせれば、レディな佇まいが実現します。素足が覗くので、抜け感までクリアできるのが嬉しいポイント。このとき、サンダルも肌馴染みの良い色を選ぶと脚長効果がアップします。

重心を上に置いて軽やかさをプラス

 

ハリのあるジレに、動きの出るプリーツスカートを合わせ立体感を作った着こなし。スカートとシューズはナチュラルなベージュを選び、ジレは黒を選び重心を上に置くことで、軽やかさを引き立てることができます。

「ブーツ」でぴりっとしたエッセンスを

 

気品のあるベージュスカートに、あえてかっこいいブーツでぴりっとしたエッセンスを加えるとこなれたバランスが手に入ります。定番のショートブーツはもちろん、ロングブーツであえて重厚感を作る着こなしもおすすめです。

セットアップでトラッドにきめて

 

ジャケットとボックスプリーツスカートのセットアップは、品の良いベージュを選んでトラッドなムードを底上げ。白シャツ合わせで正統派なベースを作ったら、バイカラーのブーツを加え足元に遊び心をオン。さらに黒ボディバッグを上半身高めの位置にセットすれば、スタイルアップ効果もついてきます。

鮮烈な赤を上品に着こなす方法

 

ぱっと目に止まるぱきっとした赤ニットプルオーバーは、ナチュラルなベージュスカートを合わせることでその強さを中和。プレーンなトップスに対し、プリーツが動きを加えてシンプルなワンツーながらも立体感たっぷりにきまります。

「カーキ」でほんのり辛口に


エレガントなムードのプリーツスカートですが、ハンサムなカーキを選べばほんのり辛口に着こなすことができます。甘くならないので、凛とした佇まいへと導くのにぴったり。

フェミニンブラウスも大人顔

 

ピュアな白とギャザーネックがフェミニンなブラウスは、カーキのスカートを合わせることでぐっと大人らしい雰囲気へ。ツヤ素材とプリーツデザインのおかげで、ドラマチックな魅力が光ります。サンダルとピアスを使ってゴールドを散らせば、より華やかに着地。

レザー素材でスパイスを足し算

 

もともとハンサムな印象のカーキスカートも、レザー素材をセレクトすることでスパイスを上乗せ。トップスとアウターそれぞれハリのあるアイテムなので、スカートはプリーツを選んで抑揚をオン。足元はスニーカーで外すのが正解です。

黒と合わせてシックにきめる

 

色味を変えたカーキの上下は、プリーツかつレイヤードデザインの立体スカートを選ぶことで間延びを回避。ジャケットと小物に黒を選べば、カーキのシックな側面を引き立てることができます。仕上げに暖色のスカーフを首元にあしらって、色のメリハリを意識。

白ジャケットとのコントラストを楽しむ

 

透け感ある素材のロングプリーツスカートに、真っ白なジャケットを合わせ、キリッとシャープなコントラストが爽やかなコーディネートです。日差しが強い夏は肌を出すよりも隠した方が涼しい場合も。白を選べば見た目も涼しげに仕上がります。

「カラー」で映える見た目を実現


最後に、ベーシックカラー以外のカラープリーツスカートコーディネートをお届けします。思い思いの色を選んで、映える装いへと導いてみてくださいね。

サックスブルーでクラシカルに魅せて

 

清々しいライトブルーのスカートは、ボックスプリーツデザインでクラシカルな佇まいを実現。黒のプルオーバーでメリハリをつけつつ、白のフリルネックブラウスで一手間加えることでよりお洒落な雰囲気に。ロングブーツをスカートと繋げば、モード感も備わってパーフェクトです。

くすみブルーと白で好印象に

 

くすみブルーで揃えた上下は、スカートが動きの出るプリーツデザイン、そして光沢のあるサテン素材なので間延びしません。そこにぱきっとしたホワイトの小物を組み合わせることでブルーの瑞々しさが引き立ち、爽やかさが倍増。

くすみイエローでこなれ感を醸す

 

その色味で、お洒落感度が引き上がるくすみイエローのプリーツスカート。ツヤ素材と色を生かすべく、トップスとパンプスにはマットな黒をセレクトすると好バランスです。赤のルージュとゴールドピアスで、顔周りもぬかりなく整えて。

ハッピーオーラ溢れるピンクはいかが?

 

シンプルなカットソー合わせも様になる、キャッチーな見た目のピンクプリーツスカート。グリーンのロゴトップスを採用すれば、プレイフルな色合わせが楽しめます。足元にはシルバーのサンダルを迎え、スタイリッシュさを添えるとポップになりすぎません。

ダークレッドを立体的に

 

歩くたびに揺れるプリーツスカートに、キルティングコートを合わせることで立体感を上乗せ。カーキとダークレッドのくすんだ色合わせが地味にならないのも、その動きのあるシルエットのおかげです。

ダークグリーンで秋冬コーデの完成度を高める

 

秋冬シーズンにおすすめなのが、気品感じるダークグリーンのプリーツスカート。千鳥格子のアウターとかけ合わせ、クラシックな雰囲気を盛り上げて。足元は重厚感のあるスニーカーで外すと今っぽくまとまります。