カーキは、色味の幅の広さが大きな特徴です。それゆえ、大人のカーキのおしゃれを極めるには、リッチな「色合わせ」がポイント。本記事では、ホワイトやブラックなどの強い色と合わせるコントラスト・カーキに注目し、今すぐ実践できるスタイリングをレクチャーします。

■1:カーキ×ホワイトは遠目に映えるメリハリ配色

シャツ¥107,000(アオイ〈マントゥ〉)、パンツ¥27,000(アマン〈ベルウィッチ〉)、バッグ¥279,000、靴¥129,000(JIMMY CHOO)、リング[指先から]¥230,000・¥340,000(TASAKI)

ややグレー味を帯びた深みのあるカーキに、シャツ生地の凛とした表情のホワイトが映える小粋なコントラスト。9分丈のタックパンツに、ブラウスのような趣のシャツを合わせたシンプルな着こなしも、センスの光る配色でおしゃれ感満載です。バイカラーのプレシャスレザーバッグ、ヌーディなサンダルなど、モードな攻めの小物で盛り上げましょう。

■2:カジュアルなカーキ×知的なネイビー

トップス¥48,000・スカート¥56,000(ユニット&ゲスト〈Tibi〉)、バッグ¥113,000(ピエール アルディ 東京)、ネックレス¥14,000(プレインピープル丸の内〈イムカ ティムカ〉)、靴¥94,500(リエート〈サントーニ〉)

今年らしい新鮮さと洗練につながる、アンバー・カーキとネイビーの色合わせ。一枚で様になる個性派トップスを、サテン地のスリット入りタイトスカートで女っぷりよく仕上げます。落ち着いた色調のマルチカラーバッグの今どき感も、着こなしアップデートのカギ!

■3:ブラック×ホワイトが描くクリアなコントラスト

ジャケット¥200,000、カットソー¥75,000、パンツ¥115,000、バッグ¥195,000、ピアス¥75,000、バングル各¥45,000(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、サングラス¥38,000(ケリング アイウエアジャパン〈サンローラン〉)

ミリタリーカーキの細身ジャケットを主役にしたスタイル。難度高めのアイテムも、モノトーンとのコントラスト配色で、凛とした都会的なイメージに。首元や手首の肌見せで、女性らしさもプラスしましょう。カーキと相性抜群のコクのある赤の差し色も、効果を発揮します。

■4:カーキ×ブラックのシャープな都会派スタイル

シャツ¥26,000(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉)、バッグ¥221,000(JIMMY CHOO)、ネックレス¥270,000、バングル¥60,000、時計¥485,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、スカート¥59,000(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、靴¥95,000(J.M. WESTON 青山店)

夏に着ていた白のトップスを、グレーの陰影を含んだシックな色味のカーキシャツに差し替えると、ぐっと秋らしいムードが出現。レザーのタイトスカートの切れのいいシルエットと相まって、大人の女性に似合うカジュアルエレガンスを実現します。

■5:カーキ×シャープにあか抜けさせるブラック

チュニック¥28,000・パンツ¥20,000(オールウェイズ〈M・fil〉)、サングラス¥36,000(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、バッグ¥269,000・靴¥79,000(トッズ・ジャパン)、時計¥170,000(LVMH ウォッチ・ジュエリージャパン タグ・ホイヤー)

アッシュ・カーキとブラックのきりりと引き締まった配色が、リラックス感漂うシンプルルックをスマートに印象づけます。ほんのり秋気分の見た目を与えつつも、デコルテ&足首見せがつくる抜け感で、晩夏も涼やかな着心地を実現します。

■6:オリーブ・カーキ×クリアなホワイト

トップス¥28,000(マックスマーラ ジャパン〈スポーツマックス〉)、スカート¥52,000、バッグ¥134,000、靴¥61,000(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)

ドロップショルダーが特徴的なトップスは、光沢のあるカットソー生地がつくり出すやわらかなドレープ感が美しい一着。バックスタイルがマーメイドラインになったタイトスカートを合わせて、配色とともに全身シルエットにも緩急をきかせることで、洗練されたバランスになります。シャンパンゴールドの甲深パンプスとジオメトリック柄バッグで、モードな個性を加えます。

■7:カーキ×好相性のきれい色のオレンジ

ブラウス¥44,000(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、スカート¥89,000(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、バッグ¥160,000(ハンティング ワールド ジャパン)、靴¥101,000(JIMMY CHOO)

グレージュのニュアンスを含んだカーキ色に、ビターな秋色オレンジを重ねた軽妙なコントラスト。Vネックトップス、フレアスカートともに、素材に程よい光沢感があるので、落ち着きすぎず華やかな印象が叶います。ミリタリーカーキのバッグでカーキ感を強調しつつ、足元はヌーディなシルバーサンダルで軽やかに仕上げましょう。

■8:カーキ×知的な雰囲気を宿すネイビー

ニット¥54,000(ブラミンク)、パンツ¥42,000(Theory luxe)、バッグ¥325,000(ヴァレクストラ・ジャパン)、ネックレス¥760,000・バングル各¥600,000(TASAKI)、靴¥55,000(アマン〈ペリーコ〉)

カーキの装いの幅を広げるネイビーとの色合わせが新鮮! ともにユニフォームカラーなので、知的できちんと感のある表情が手に入ります。アンバー(琥珀)が入ったような深みのあるカーキと濃紺が、こっくりと洒脱な雰囲気を醸し出し、小物でパールホワイトやアイボリーカラーを差して、上品な軽やかさを演出します。

以上、カーキと配色バランスがよいスタイリングをラインナップしました。メリハリと透明感を与えるホワイトから、軽やかなかっこよさをかなえるブラック、洗練された印象にしてくれるネイビーと、必ず一着は持っている定番カラー。スタイリッシュに演出してくれるカーキをそこに一枚加えて、夏から秋に向け装いをシフトチェンジしていきましょう。さらに詳しくは、発売中のPrecious9月号に掲載されています。

Precious9月号「リッチ・カーキで色合わせのいい女に!」
¥850(税込) 2017年8月7日発売
【内容紹介】新しい季節の始まりにまず欲しいバッグを、大特集でお届けします。おなじみのハイブランドの中から、これぞという主役級バッグを厳選、バッグを主役にした着こなしや活用術など、さまざまな角度から「秋のバッグ」を掘り下げます。ほかにも、洗練度の高いカーキの着こなしや最新ブラウスの着こなしなど、最新の秋ファッションと暑さを意識した晩夏の着こなしの両方に対応できる充実の内容に。この9月号で、夏から秋への移り変わりをおしゃれに乗り切りましょう!
雑誌「Precious」を購入する

※掲載した商品の価格は、すべて税抜きです。

PHOTO :
熊澤 透(人物)、佐藤 彩(静物)
STYLIST :
大西真理子
HAIR MAKE :
川原文洋(UM)
MODEL :
RINA
EDIT&WRITING :
下村葉月、世古京子(Precious)