Photo: Sophie Carre / Morgan O’Donovan

Dior(ディオール)で注目すべきITバッグは、メゾンを象徴するキャンパス地を用いて生まれ変わったシリーズ「DIOR OBLIQUE (ディオール オブリーク)」。

 Photo: Brigitte Lacombe

初の女性アーティスティック ディレクターに就任したマリア・グラツィア・キウリによって蘇った、全面にブランドロゴが敷き詰められたその革新的なデザイン。そのデザインは、卓越した才能の持ち主として一目置かれていたマルク・ボアンが、1967年に考案したもの。その由緒正しきデザインを、自身初となるコレクションで取り入れるきっかけが、娘と過ごす何気ない日常生活のなかから生まれた、という事実にも驚きです。

「アンティークのバッグを娘がSNSにアップしているのを見て、若い世代には新鮮に映るんだ、ということに気づいたのです」。

プライベートでは2児の母という一面をもつマリア・グラツィアが考案するアイテムは、どこかやわらかく、女性ならではの繊細さを表現しながらも機能美にも優れている。そのバランスの良さが今の時代にフィットするポイントともいえます。ここでは、ストラップを付け替えて個性的に色付けすることも可能になった「新ITバッグ」の魅力の一部始終を分析してご紹介します。

動画で見る、ディオールが誇る職人技術

まずは、「ディオール オブリーク」のキャンパス地がどのようにつくられているのか、歴史あるメゾンが誇るサヴォワールフェールの素晴らしさを伝えるために、その一部始終を動画で公開。オリジナルと同じ職人技術が用いられ、さらに最高級のコットンを使用することにより、しなやかでリッチなテクスチャーの一品が完成するまでをご覧ください。

 

このバッグが完成するまで、その驚くべき熟練技術をダイジェストでご紹介

このバッグの製作をたどるために、まずはフランドル地方に位置する、ある織物工房に足を向けてみましょう。50年前、まさにこの場所で、グラフィカルなモチーフのこの生地が誕生しました。最初の工程は、モーターを使って布地の製作に必要な経糸のボビンをすべて空にし、同じボビンに正確な順序で巻き付けていく作業から始まります。

■1:9,700本以上の糸で織り上げる「ディオール オブリーク」 キャンパス

Photo: Sophie Carre
ディオール オブリーク キャンバスの制作には9700本以上の糸が必要となるため、非常に大きなボビンが使用されます。次に、機織り職人が1本1本の針に糸を配置して結ぶ作業に取り掛かります。これは丸一日を要する作業です。ジャカード織機の準備できたら、機織りがスタート。機械の往復の動きによってモチーフが作られていきます。少しずつDiorの文字が現れ始め、同時に裏側にもシェブロンモチーフが描かれていきます。この技術があるからこそ、裏側も表側と同じほどに美しく仕上がるのです。

■2:厳しいチェックを通り、ネクストステップへ

Photo: Sophie Carre
非常に統制のとれたこの機械のダンスは、何にも邪魔されることなく、一定のリズムを刻みます。出来上がった布地は検査にかけられた後、フィレンツェ近郊にあるメゾンのレザーグッズ工房へと送られます。

■3:1㎜のズレも許されない、カッティング作業

Photo: Sophie Carre
ここではまず、Dior の「i」のドットにそって型紙を配置し生地を裁断していきます。この方法を取ることで、すべてのモデルでモチーフを斜めに見せることが可能となるのです。

■4:全 71のパーツを感覚で切り分ける職人技術

Photo: Sophie Carre
職人は、自身の手と目の感覚を頼りにネイビーのカーフスキンを選別。このショッピングバッグの製作に必要なパーツを手際よく切り分けていきます。ちなみに、レザー、キャンバス、金属、すべて合わせて71のパーツからひとつのバッグが仕上がります。

■5:バッグの「顔」であるレザータブを手作業で配置

Photo: Sophie Carre
ビンテージスタイルの「CD」が装飾されたレザータブを、外側の大きなポケットの上に手作業で縫い付けます。

■6:部位によって使い分けられる確かな技術

Photo: Sophie Carre
バッグの上部にしなやかなレザーハンドルを2本取り付け、トランク製造職人のサヴォワールフェールから取り入れた、グラフィカルなデザインが特徴の「マルカプント」ステッチで、側面と中央部分を本体に取り付けます。

■7:機能性も加味したデザインを投入し、完成へ

Photo: Sophie Carre
最後に、ふたつのスナップで簡単に取り外しができる調節可能なワイドストラップを取り付け完成です。

注目すべき新作、全アイテムをご紹介

バッグ「MINI "DIOR OBLIQUE VINTAGE" TOTE BAG(ミニ “ディオール オブリーク ヴィンテージ” トートバッグ)」(H19×W19×D10㎝) ¥310,000
バッグ「DIORAVENUE(ディオール アヴェニュー)」(H22.5×W22×D9.5㎝) ¥325,000
バッグ「"DIOR OBLIQUE VINTAGE" DUFFLE BAG(“ディオール オブリーク ヴィンテージ” ダッフルバッグ)」(H17.5×W32×D15.5㎝) ¥295,000
バッグ「DIORADDICT(ディオールアディクト)」(H13×W21×D8㎝) ¥ 350,000
バッグ「SQUARED"DIORADDICT"(スクエアード “ディオールアディクト”)」(H19.5×W19.5×D7㎝) ¥410,000
ストラップ「"DIOR OBLIQUE VINTAGE" STRAP(“ディオール オブリーク ヴィンテージ” ダッフルバッグ)」 ¥180,000

ディオール初となる女性アーティスティック ディレクターに抜擢されたマリア・グラツィア・キウリによる新生ディオールは、早くも世界中で注目の的。女性だからこそ、実際に使う女性の気持ちに寄り添ったデザインを提供できるのも、今の時代には必要な要素のひとつなのかもしれません。

かつての巨匠たちが築いてきた歴史に敬意を示しつつも、新しい発想で周囲を沸かせるマリア・グラツィアが率いるディオールの次シーズンにも、今から期待が寄せられます。

※価格はすべて税抜です。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
石原あや乃