祖母から母へ。母から娘へ……。女性として永く身につけ、愛用してきたものをさらに大切にしてくれる人の手へと受け継ぐ。そのよさが今、改めて見直されています。その代表格はジュエリーですが、デザインが古かったりサイズが合わなかったりと、せっかく譲り受けたジュエリーを、引き出しの奥に眠らせたままという方も多いのではないでしょうか。

今回は、最新のジュエリーリフォームのサービス内容について、三越伊勢丹伊勢丹新宿店の宝飾バイヤー・上野翔太さんに詳しく伺ってきました。

引き出しに眠っていたジュエリーが新しくなる。眠っているモノが少なくなること、新しい出合いがあること、その変化に心躍ります

■どんなオーダーができる?

これまでにあったリフォームのオーダー内容の一例を伺ってみると、

「結婚の際にもらった立爪の婚約指輪を、シンプルなペンダントにリフォームしてほしい」
「母から譲り受けたジュエリー数点の”石だけ”を合わせて、ひとつのネックレスにリフォームしてほしい」
「主人の形見のカフスの石を使用して、リングとペンダントにリフォームしてほしい」

などなど、その内容は多岐に渡っているそう。確かに、婚約指輪や形見って、日常で使わず引き出しの奥にしまったままになってしまいがちですよね……。複数の石をひとつのジュエリーにするなど、いろいろな可能性があるのも、ジュエリーリフォームの利点のようです。

■ズバリ、予算はどれくらいかかる?

気になるのは、リフォームにかかる予算。「内容によって金額が異なるので、まずは現物をお持ちのうえでカウンセリングを受けていただき、お見積をいたします」ということなのですが、その目安は?

先述の事例の場合、

「婚約指輪をペンダントにリフォーム」は3万円〜
「ジュエリー数点をひとつのネックレスにリフォーム」は30万円~50万円
「カフスの石をリングとペンダントにリフォーム」は20万円~

が予算感になるそうです。

「少し金額が高いかな……」と感じる方は、「イヤリングをピアスに変える」「指輪のサイズを小さくする」といった、リペアに近い内容も承っているそう。イヤリングをピアスに変える場合は8,000円~、指輪のリサイズは5,000円~。これなら、お試しの意味でも手軽にオーダーできそうです。

伊勢丹新宿店本館4階のジュエリー&ウォッチ工房のカウンセリングのためのブース(※デザイナーのコンサルティングは要予約)©ISETAN SHINJUKU

■リフォームの実際の流れは?

使っていない古いジュエリーは持っているけれど、リフォーム後のイメージがまったく湧かない……という人でも、心配はご無用。

「カウンセリングでは、どのようなリフォームを希望するのか、一からご相談ください。イメージがある場合は、それがわかるようなイラストや写真などをご持参いただくと、よりカウンセリングがスムーズです。実際に製作することが決まった場合は、デザイナーと直接内容を打ち合わせながら進めることもできます」

まずは相談ベースでも、実際にカウンセリングを受けてみていただくのがオススメです。

デザイン画の例。イメージの相談をし、希望の仕上がりを共有できる
実際のデザイン画とリフォーム完成品。思い通りの仕上がりに

■どれくらいの期間でリフォームができる?

伊勢丹新宿店の「ジュエリー&ウォッチ工房」では、すでにデザインされているリフォーム用の枠を使用したセミオーダーの場合は、オーダーから約1か月

ルース(裸石)をはめる前のリング枠とペンダント枠の例。

1からデザイン画を起こしてのフルオーダーの場合は、オーダーから約1.5か月~3か月で完成するそう。身につけたい大切なシチュエーションを予定している場合は、早めに検討したいものです。

受け継いだジュエリーを身につけて新鮮な気持ちでおしゃれを楽しみたいですね

「リフォームされたお客様からは『思い切ってオーダーして良かった』という声が多く聞かれ、実際に7割くらいのお客様がリピーターとなって再来店していただいております」と、上野さん。

これを機に、引き出しに眠っていたジュエリーを、お気に入りのジュエリーに…。素敵に生まれ変わらせてみてはいかがでしょうか。

問い合わせ先

  • 伊勢丹新宿店本館4階=ジュエリー&ウォッチ工房 TEL:03-3352-1111(大代表)
  • 営業時間/10:30〜20:00(不定休)
  • 住所/東京都新宿区新宿3-14-1 
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
松崎愛香
EDIT :
青山梓(東京通信社)