今年のラストを飾る12月は、ハッとするほど品格を備えたスタイルを目指したいもの。そんな中、雑誌『Precious』12月号では、「スタイリスト髙橋リタPresents!憧れのジャッキー・テイストで盛り上がる12月の『1か月コーディネート』」企画を展開していました。

着こなしのお手本にしたのは、ファッショアイコンとして、ジャッキーの愛称で親しまれ、今なお人気を集めるジャクリーン・ケネディ・オナシス。ファーストレディとして活躍したのち、出版社の編集者へと歩みを進め、自立した生き方を貫いたジャッキー。

大人コーデ_1,セレブ_1
ジャクリーン・ケネディ・オナシス

「その着こなしはベーシックでいてどこか華やか。彼女こそが、永遠のファッションミューズです」と語るのは、ジャッキーの着こなしを敬愛することで知られる、スタイリスト髙橋リタさん。ジャッキー・スタイルを、髙橋リタさんとともに再解釈したコーディネートを、12月のカレンダーに乗せて、発信していきます。

この記事では、12月29日を想定した着こなしをご紹介します。

スタイリスト髙橋リタPresents!憧れのジャッキー・テイストで盛り上がる12月の「1か月コーディネート」

1か月コーディネート登場人物のProfile

主人公はアート関連のコンサルティング事業を束ねるCEO。幼少から学生時代まで、N.Y.やパリで過ごした経験を土台に、培われた審美眼を生かして幅広く活躍。着こなしは、幼少期に見たジャッキーの写真集やドキュメンタリー番組に魅了されて、キャリアスタイルの参考に。別荘で犬と過ごすひとときがなによりの贅沢。

サングラス_1,ワンピース_1,コート_1
サングラス『5002』¥47,000(グローブスペックス エージェント〈ロバート•マーク NYC〉)、ワンピース ¥80,000 (マルティニーク ルコント ルミネ有楽町〈マディソンブルー〉)、コート¥450,000(キートン)

12/29 Tue|感謝を込めて、パートナーへ贈り物

主役は…ロバート・マーク NYCのサングラス

フレンチを予約して、ギフト交換を。ノーブルな着こなしのアクセントには、ジャッキーも着こなしの仕上げに欠かさなかったサングラスを。テンプル部分のさりげないゴールド使いがリッチ感を演出。

主役のワードローブは、「A:グレージュベルテッドコート」&「E:ワンピース」

コート_2,アウター_1,ニット_1,ブラウス_1,パンツ_1,ワンピース_2,スカート_1
A.コート¥450,000(キートン)、E.ワンピース¥80,000(マルティニーク ルコント ルミネ有楽町〈マディソンブルー〉)

A:グレージュベルテッドコート

知的な印象をもたらすグレージュのカシミアコートは、軽やかなダブルフェース仕立てや、ドロップショルダーで着心地も抜群。ショールカラーに施したラペルをつなぐゴージラインがアクセントに。

E:ワンピース

ハリ感のあるジョーゼットで、ふんわりと広がるドラマティックなシルエットに。

【主役ワードローブの詳細記事はこちら】

12月28日の着こなしはこちら>>

※掲載した商品は、すべて税抜です。

問い合わせ先

PHOTO :
小林美菜子、Getty Images
STYLIST :
髙橋リタ
EDIT&WRITING :
川口夏希、小林桐子(Precious)