クラシックなスタイルにビビッドな色と柄を配したジャケットで、目利きのファッション業界人からも大人気の「エルネスト」。リニューアルした伊勢丹新宿店メンズ館5階のビジネスクロージングフロアでは、スーツブランドの「パイデア」と共に、「GFB」(ジャンフランコボンメッザドォリ)レーベルの常設のパターンオーダーも始まる。来日した両ブランドのオーナー、エンリコ・メッザードリ氏に、メンズプレシャスのエグゼクティブファッションエディター・矢部克已が、独占インタビュー。日本人の志向に合わせた最新スタイルを解説してもらった。

「エルネスト」が追求する「イージーシック」とは?

アルパカ(80%)にナイロンを混紡することで糸が浮き立ち、ざっくりとした風合いの、「エルネスト」らしさ全開のジャケット。一枚仕立てで軽くはおれ、着心地も柔らかい(シャツとニットベスト、パンツはエルネスト製ではありません)。

 

 ほんの数年前、ピッティ・イマージネ・ウォモに突如として現れたブランド、「エルネスト」。ビビッドな色と大胆な柄を配し、凹凸感のある素材を使ったジャケットのコレクションは、目利きのファッション業界人たちを驚かせた。クラシックなスタイルのジャケットに新鮮な表情があふれ出し、強烈なインパクトを印象づけたのだ。「エルネスト」のオーナーであるエンリコ・メッザードリ氏に、ブランドのコンセプトを聞いた。

「『エルネスト』は生地に詳しいパートナーとともに、ジャケットを主体としたブランドとして2012年1月に立ち上げました。スタイルのイメージは、イギリス的な雰囲気もある、現代的でエレガントな男。チェックやストライプをアレンジしたファンタジーな柄の生地をつくり出し、クラシックなデザインとの融合を狙いました。イタリアの仕立て技で柔らかく仕上げ、独自のジャケットの世界を表現しています」

 エレガントな雰囲気を漂わせながら、快適な着用感も備えているのが「エルネスト」の真骨頂。メッザードリ氏は、それを「イージーシック」と呼ぶ。一枚仕立てのジャケットは、着ていることを感じさせない軽やかな着心地と共に、エレガントな雰囲気を醸し出す絶妙なスタイルで、今季も高い人気を誇っている。

スーツブランド「パイデア」も大人気!

こちらは「パイデア」のダブルブレストスーツ。コートに用いられることの多い、丈夫なカバートクロスを使うことで、重厚感を表現している。

 一方、2015年にメッザードリ氏は、ジャケットブランドとして人気を確立した「エルネスト」とは別に、スーツの新しい世界観を打ち出したブランド、『パイデア』を誕生させた。当時のメンズファッションシーンでは、本来、クラシックなスタイルを伝えるべきブランドが、あまり積極的にスーツを提案していなかった。そのことがメッザードリ氏に、本格的なスーツブランドを始動させる契機となった。

「ブランド名の『パイデア』は、ギリシャの古い言葉に由来します。老練な人生の先達が、若い人たちに美しさや洗練、エレガンスを教えることを意味しています。スーツの着方を通して、そうしたことを学んで欲しい。そんな願いを込めて名付けました」

 メッザードリ氏の思いが通じたのか、「パイデア」のスーツは、誕生と同時に一躍話題となった。

伊勢丹メンズ館ならではのコレクションが登場!

2017年秋冬のオーダー会は9月に開催されたが、伊勢丹メンズ館では新たに「GFB」レーベルの常設のパターンオーダーをスタート予定。エクスクルーシブな生地見本も揃えている。「エルネスト」でエレガントなジャケットをつくるもよし、「パイデア」で普通のビジネススーツとは一味違う一着を仕立てるもよし。伊勢丹メンズ館ならではの展開に注目だ!

 今季、伊勢丹メンズ館に提案したそれぞれのブランドの特徴を尋ねると、こんな言葉が返ってきた。

「まず、『エルネスト』は、これまで強い色合いを提案してきましたが、少し色目が控えめになっています。さらに、フィッティングに若干ゆとりを加えました。一方、『パイデア』は、ビジネスシーンでも着用できる、面白みのあるモダンなスーツです。退屈になりがちなビジネススタイルに、エクスクルーシブな素材使いで存在感のある『パイデア』のスーツで、彩りを添えていただければ幸いです」

 ファッションが好きな男たちはもちろん、普段着用しているジャケットやスーツに物足りなさを感じる人たちにとっても、「エルネスト」と「パイデア」は心強い存在だ。伊勢丹メンズ館に足を運んで、おおいに刺激を受けて欲しい。

■問い合わせ先
伊勢丹新宿店
TEL:03-3352-1111(大代表)
http://isetan.mistore.jp/store/shinjuku/

この記事の執筆者
ヴィットリオ矢部こと本誌エグゼクティブファッションエディター矢部克已。ファション、グルメ、アートなどすべてに精通する当代きってのイタリア快楽主義者。イタリア在住の経験を生かし、現地の工房やテーラー取材をはじめ、大学でイタリアファッションの講師を勤めるなど活躍は多岐にわたる。 “ヴィスコンティ”のペンを愛用。Twitterでは毎年開催されるピッティ・ウォモのレポートを配信。合わせてチェックされたし!
Twitter へのリンク