伊勢丹新宿店4階で取り扱いのある、厳選ファー小物

寒くなってくると、自然と惹かれるのがリュクスなファーアイテム。女性なら誰もが憧れるリュクスな素材のひとつですが、今年は、デイリーにも取り入れやすい「部分ファー」の小物に注目が集まっています。マフラーやグローブなど定番のアイテムだけでなく、今年はフードと一体型のストールやリュック、フットアクセサリーなど、進化系小物が続々と登場しています。

ここでは、トレンドの発信地ともいえる伊勢丹新宿店本館4階で取り扱いのある6ブランドから、大人の遊び心を感じさせる革新的なアイテムを厳選してご紹介します。

伊勢丹新宿店本館4階で見つける「リュクスなファー小物」6選

■1:色彩美に魅了される伊勢丹新宿店限定のファーバッグ【トッズ】

「トッズ セラ バッグ」(H17×W23×D12㎝、11月22日より発売開始) 各 ¥450,000(税抜)

メイド・イン・イタリーの上質レザーに定評のあるトッズからは、色鮮やかなミンクファーをまとった「トッズ セラ バッグ」が、伊勢丹新宿店限定で登場。冬仕様にアップデートされたメゾン定番のバッグは、やわらかなファーのリュクスな質感が、休日のお出かけに華やぎを与えてくれます。発色の美しいバッグを連れて、ギャラリーや美術館など、アートな感性が磨かれる空間に出かけてみては。

■2:日常にドラマをもたらす華やぎフーディー【マックスマーラ】

マフラーと一体型のフーディー ¥61,000(税抜)

マックスマーラからは、フーディーとマフラーが一体化した、真冬に重宝しそうなアイディア小物を選出。一見難易度の高いユニークなアイテムではありますが、30代・40代のキャリア女性に人気の高いベージュカラーなら、ベーシックなオフィススタイルにも合わせやすいのが特徴です。遊び心ある小物選びで、洗練された都会のオシャレを楽しんでみては。

■3:ノーブルな気品を宿したファーストール【アクリス】

ファーストール ¥230,000(税抜)

セレブリティー御用達のブランドとして有名なアクリスからは、優美な首元を演出してくれるミンクのファーストールをピックアップ。品格あるショートヘアーの毛並みが、エレガントで知的なムードを携えています。取引先との会食など、人目が気になる重要なシチュエーションでも自信をもたらせてくれるアイテムは、キャリア女性の強い味方。ネイビー×ブラックのバイカラーでハイセンスに魅せて。

■4:挑戦したいのは、遊び心満載のバックパック【ブルネロ クチネリ】

バックパック(H38×W24×D12㎝) ¥400,000(税抜)

大人女性の休日シーンに遊び心を与えてくれるのが、ブルネロ クチネリの贅沢なバックパックです。どんな着こなしとも相性の良いグレーカラーを選べば、いつものスタイルにも、すんなり取り入れることができるはず。バックパック人気の強い今こそ挑戦すべき進化系アイテムは、街歩きを楽しみたいオフタイムに取り入れてみて。

■5:モード心が開花するフットアクセサリー【タエ アシダ】

レザーパッツ ¥73,000(税抜)

革新的なアプローチを続けるタエ アシダからは、靴と合わせて履くことで、足元に華やぎをともしてくれるレザーパッツをご紹介。いつものパンプスやブーツに合わせるだけで、スタイリングに変化をつけられるので、これからのパーティーシーズンに重宝しそう。忙しい女性の生活に寄り添う画期的なアイテムは、オフィスに準備させておくのもおすすめです。

■6:巻き方次第で個性を発揮できるモダンなスカーフ【アニオナ】

スカーフ ¥215,000(税抜)

アニオナの最高級カシミヤストールの中央に配された、モダンなフォックスファーの存在感。ひと巻きするだけで洗練美を宿し、女性らしいやわらかさを感じさせてくれる「グレージュ」配色なら、デザイン入りのアイテムでもデイリーに取り入れやすいのが魅力です。ロングタイプのスカーフなので、巻き方次第で表情の変化も楽しめます。サイドを長めに下ろしたり、サイドで結んでみたり、シーンに合わせて自分らしい着こなしを模索してみては。

伊勢丹新宿店本館4階で取り扱いのある6ブランドから厳選した、進化系の「ファー小物」たちは、いかがでしたか? 存在感ある個性的なアイテムも、ベージュやグレーなど、ベーシックな色味を選べば、キャリア女性のお仕事シーンでも取り入れやすいはず。まずは、いつものスタイルに一点プラスして、コーディネートを冬モードにアップデートしてみましょう。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
五十嵐美弥(2&6)
EDIT&WRITING :
石原あや乃