美しいバストラインは女性らしさの象徴。しかし、残念ながらバストのハリは、加齢とともに徐々に失われがちです。とはいえ、きちんとケアしてあげることで、バストの型崩れを防ぐことにつながります。年のせいだからと諦めるのではなく、出来る限りきれいなバストラインをキープしたいもの。

そこで、取り入れたいのがバストの引き締め効果のある、ヨガのポージング。Precious.jpの会員に対して実施した「趣味」についてのアンケートのなかで、「体を動かす趣味」1位に輝いたヨガ(有効回答数101人中、34人がヨガと回答。2位は散歩、3位はテニス)。体型の維持に気をつけている大人の女性の多くは、ヨガを実践しているようです。

というわけで今回は、バストアップも期待できるヨガのポーズを3つ、ご紹介します。1日5分でできるヨガポーズで、バストをしっかりケアしましょう。

■1:胸の筋肉を伸ばすポーズ<カポタ・アーサナ>

まず、骨盤を正面に向けて左足を膝から内側に曲げ、右足は真っすぐ後ろに伸ばします。次に、右足のつま先を上方向に持ち上げ、右肘で足の甲を抱えて固定。右と左の手の平を掴んでキープします。

目線はやや上向きのまま、背筋を伸ばして骨盤から頭部まで一直線になるようにしましょう。右太ももの内側が気持ちよく伸びるのを感じながらゆっくり呼吸します。左肩と右肩が平行になるように意識してください。

胸の筋肉を伸ばすポーズ<カポタ・アーサナ>

もし余裕があれば、難易度を少し上げてみましょう。右足の甲を右ひじに抱えたまま、後方に曲げた左手で右の指先をキャッチ。肩から胸にかけての筋肉をより一層伸ばすことができます。

「鳩のポーズ」

日本語で「鳩のポーズ」と呼ばれるこちらのポーズは、バスト周りの筋肉をしっかりと伸ばすことができます。筋肉をケアすることで、バストが下に垂れてくるのを防いでくれるのです。また、猫背になるとバストが圧迫されてしまいますが、このポーズは猫背解消にも効果が期待できるので、美バストに導く要素が詰まっていると言えるでしょう。

■2:バストの血流を促進するポーズ<ブジャンガ・アーサナ>

まず、うつ伏せになり、両手は胸の横に置いて、足は肩幅に開きます。息を吐きながら床を両手押しながら、上半身を起こしていきます。頭は少し後ろに引っ張られるようなイメージで首を伸ばしながら、胸と肩は外側に開きましょう。

お腹からデコルテにかけて、さらに腰からつま先にかけて、それぞれがしっかりと伸びていることを意識してください。呼吸をゆっくり続けながらキープします。手の平や腕の力だけで上半身を支えるのではなく、背中の筋肉を使ってポーズをとることが大切です。

バストの血流を促進するポーズ<ブジャンガ・アーサナ>

日本語名では、「コブラのポーズ」。胸を大きく開くことで、バストを支える筋肉を鍛えることができます。また、バストの血行が促進されるので、バストアップに欠かせない女性ホルモンも、きちんと行き届くようになります。

■3:背筋を鍛えてバストアップを叶えるポーズ<マツヤ・アーサナ>

まず、仰向けになります。続いて、両足のくるぶしから親指の内側にかけてぴったり合わせ、つま先に力を入れて伸ばした状態にしましょう。次に、両手をお尻の下に入れ、手の平は下向きにして親指同士が触れ合う程度まで近づけます。

頭頂部を床につけ、両肘で床を押し付けるようにして、胸を天井の方向に突き出します。肩甲骨を軽く寄せて、胸を大きく開くことを意識しましょう。気持ちよく上体を反らし、胸からデコルテラインにかけて、ゆっくりとストレッチします。

背筋を鍛えてバストアップを叶えるポーズ<マツヤ・アーサナ>

日本語で「魚のポーズ」と呼ばれるこちらのポーズは、姿勢を反らせることで、鎖骨から肋骨あたりにある大きな筋肉「大胸筋」を鍛えることができます。また、背筋を刺激することにより、筋力アップにもつながるため悪姿勢を矯正。胸と背中周りの筋肉を鍛えることで、バストの垂れを防ぐ効果が期待できます。

筋肉は使わなくなったり、年齢を重ねたりすると柔軟性を失い、バストに悪影響を及ぼします。特に胸部の筋肉は、普段あまり意識しにくいパーツ。ヨガのポーズで筋肉に刺激を与え、きちんとケアすることで、バストを支えるベースをしっかり整えることができるのです。毎日の生活に取り入れて、年齢に左右されない美しいバストを維持しましょう。

アンチエイジング・ヨガ関連記事

PROFILE
千吉良 優希(ちぎら ゆうき)さん
Earthing Girl代表 Beach in the room インストラクター。全米ヨガアライアンスRYT200認定ヨガインストラクター。ダンサーとして活躍しながら、本格的にヨガを学ぶべく、タイの寺院Suan Mokkhの山奥で瞑想修行、インドのヨガの聖地リシケシでヨガ修行、バリのウブドで全米ヨガアライアンスRYT200を取得し、スリランカでアーユルヴェーダを学ぶ。日本初 「ビーチにいる感覚で楽しめる砂浜室内ヨガ」考案者。女性のためのプライベートスタジオ『Beach in the room』を経営している。
公式サイト
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
末吉陽子