カタカタ…タイプライターに向かう。「まだぼくを愛してる?」。

スヌーピーはラブレターを書いている最中。スヌーピーが登場するマンガ『ピーナッツ』の作者、チャールズ M.シュルツさん。

彼が長年暮らしたサンフランシスコ、サンタローザの街に、スヌーピーの聖地ともいえる美術館「シュルツ・ミュージアム」があります。そのサテライトとして2016年春、「スヌーピーミュージアム」が六本木に開館しました。

SNOOPY(スヌーピー)の原画。スヌーピーミュージアム六本木所蔵

「スヌーピーミュージアム」には、このタイプするスヌーピーをはじめ、シュルツさんがその手で描いた原画などが展示されています。開館記念展「愛しのピーナッツ。」では、シュルツ夫人のジーンさんが厳選した原画60点が並びます。

新聞の連載漫画だった『ピーナッツ』には、作者の日常や家族への想いがさりげなく盛り込まれています。この原画は1985年2月14日に掲載され、その後、シュルツさんが色をつけ、ハートを描き、ジーンさんにプレゼントしたもの。ふたりのバレンタインの想い出が詰まった作品は、シュルツ家を出て、今回、世界初公開されました。

よく見るとスヌーピーを描く線はわずかに揺れています。原画を前にすると、作者が思いを込めて、ていねいに線を引いた様子が伝わってきます。もはや知らない人はいないスヌーピーだけれど、長い時間をかけて、作者や家族、そして読者たちが愛を注いで育んだキャラクターなんだと、実感することができます。かわいくって温かなスヌーピーの世界。原画の素晴らしさと、ぎゅっと詰まった想い、どちらもしっかり受け止めたいですね。

■この欄外の手描きの♡は、奥さんへのバレンタインのメッセージ。ちょうど2月14日にプレゼントしたのだそう。『ピーナッツ』は1950年から、シュルツさんが亡くなる2000年2月12日の直前まで、半世紀にわたり連載が続きました。

■原画をよく見ると、背景に手描きで黄色、緑、ピンクが塗られています。このコマは「まだ僕を愛してる?」、次のコマは「よし」。ちょっと独りよがりでマイペースなスヌーピーが微笑ましいですね。

 

■スヌーピーミュージアム

原画の展示ほか、日米の文化人が自分の「愛しのピーナッツ」を披露。「BROWN’S STORE」ではオリジナルグッズが充実。テラス席もある「Cafe Blanket」なども。入館は日時指定の予約制。当日券は、前売券の販売状況に応じて。

TEL/03-6328-1960

http://www.snoopymuseum.tokyo/

住所/東京都港区六本木5-6-20

この記事の執筆者
美術館での展覧会の企画、絵画鑑賞のワークショップなどを行う。画家の創作への思いや人柄、食の趣向などを探求、紹介し、芸術作品との新たな出会いを提案。絵に描かれた“食”のレシピ制作や画家の好物料理を自ら調理、再現し、アートを多角的に紹介している。近著『なにを食べているの? ミッフィーの食卓』ほか、『フェルメールの食卓 暮らしとレシピ』『セザンヌの食卓』『モネ 庭とレシピ』『ぼくはクロード・モネ絵本でよむ画家のおはなし 』(すべて講談社)、『浮世絵に見る 江戸の食卓』(美術出版社)など著書多数。 好きなもの:仏像、散歩、奈良、高松、温泉玉子、軽い鞄、歩きやすい靴
クレジット :
文/林 綾野
TAGS: