2017年12月25日(月)まで、六本木ヒルズ展望台の東京シティビューにて「ブルガリ セルペンティフォーム アート ジュエリー デザイン」が開催中。日本からは荒木飛呂彦、操上和美、小谷元彦、金子富之ら、海外からは、キース・へリング、ニキ・ド・サンファル、ウー・ジエンアン(鄥建安)など、古今東西のアーティストの作品が集結。「セルペンティ=蛇」をモチーフにしたアートが勢ぞろいしています。

「ブルガリ セルペンティフォーム アート ジュエリー デザイン」に展示されたキース・へリングの巨大な作品 ©  Haring Foundation

また、ブルガリのアイコンジュエリーであり、蛇をモチーフとしたコレクション「セルペンティ」の、アーカイブピースもずらりと展示。

時代とともに進化してきたセルペンティ。滅多に見られない、貴重なアーカイブに目を奪われます

この「蛇」をテーマにした、世界でも珍しいアート展覧会「ブルガリ セルペンティフォーム アート ジュエリー デザイン」の見どころを、ブルガリのブランド ヘリテージ キュレーター、ルチア・ボスカイニさんに伺いました!

ブルガリのブランド ヘリテージ キュレーターのルチア・ボスカイニさん

なぜ「セルペンティ」はブルガリのジュエリーのモチーフになったのか?

「セルペンティは1940年代の末に始まったアイテムで、当時は最初からコレクションがあったわけではありません。

というのは、私たちはもともとジュエラーとして、世界にひとつしかないものをつくっていました。しかし第二次世界大戦直後のイタリアは悲惨な状況で、富裕層も自分の富を見せつけないよう、気をつけていた時代でした。そんなときに生まれたのがセルペンティなのです」

シンプルでミニマムなものが好まれた時代から始まった、セルペンティのウォッチ

「最初は、ジェエリーという装飾品ではなく、『時計』という機能的かつ優れたデザインのものとして誕生し、大成功を収めました。モダンなデザイン、モダンな素材、そして柔軟に動く形であるということが、当時のファッションを求める人の心に合致したのではないかと思います。そのころの傾向として、シンプルであること、モダンであること、ミニマリズムであることが求められていたのです。

蛇の形を明確にモチーフにしたものが生まれたのは、1950年のこと。頭が小さくて、身体が太めなのが最初のものです」

1950年に登場した、蛇の形をしたセルペンティ。頭や小さめで、力強い身体

「そこから頭や目の大きさ、体の太さや素材など、次々と変化を遂げていきます。面白いものの一例が、こちら(下写真)。蛇の舌は通常、ふたつに割れていますよね。けれども1967年に生まれたセルペンティは、人間の舌になっているんです」

1967年のセルペンティ。人間のような赤い舌が、あっかんべーをしているようでキュート

「私自身、蛇という生き物はとても怖いんです。でも、ブルガリのセルペンティは、怒っていたり、にこっとしていたり、ひとつずつ顔やデザインが違うんです。だから、長年のデザイナーのクリエイションと職人のクラフツマンシップが詰まった、唯一無二のものとしてとらえられる。大好きなんです」

WEBサイトで自分の好みのセルペンティをつくり、会場で投影したり、会場で直接動かしたりすることもできる仕掛けが

「さらに会場では、WEBサイトで仕上げた自分のセルペンティを、このスクリーンで映すことができます。また、ARでデジタルアニメーションを体験できたりと、隠れたデジタルアートも用意されているので、そちらも併せて楽しんでくださいね」(ルチアさん)

会場に併設されたカフェでは、この展覧会のために特別につくられた、セルペンティのチョコレートも販売されています。

セルペンティがプリントされたチョコレート。目にはアザランが飾られ、かわいい!

さらに、ルチアさんおすすめのアーティスト作品を次のページでご紹介いたします。

【後編】荒木飛呂彦、キース・へリングなどの「蛇アート」が集結!ブルガリ「セルペンティ」展の見どころをチェック

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
安念美和子