次回パリ五輪の誘致にも成功し、初の女性フランス大統領を目指して出馬を表明したパリのAnne Hidalgo(アン・イダルゴ)市長。環境問題や格差対策など政治実績も多く、パリ市民からも絶大な信頼を寄せられる政治家のひとりです。

パリジェンヌらしいファッションセンスも、世界中から注目されています。今回フォーカスするのは、仕事シーンで欠かせない大定番のジャケットスタイル。手軽に変化をつける鮮烈なテクニックを紐解いていきます。

■1:顔まわりが華やぐ「プリントシャツ」

パリ・イダルゴ市長の定番ジャケットの新鮮アレンジ術
ホワイトベースにネイビーブルーで描かれた小花柄が柔らかい印象に

定番のジャケットスタイルを手軽にムードチェンジするには、プリントシャツがオススメ。小花柄プリントなら、強くなりすぎず表情に柔らかさも生まれます。

イダルゴ市長はジャケットに合わせてネイビーの小花柄のシャツを選び、スタイルに馴染ませていました。白ベースなので顔まわりも華やぎ、ビジネスシーンでの印象もアップしそう。

ジュエリーも同系色で統一してシックに

パリ・イダルゴ市長の定番ジャケットの新鮮アレンジ術
シルバーやブルー系のストーンリングを選んでコーディネートを統一

ポイントに添えたジュエリーも、服のトーンに合わせてシルバーを中心にセレクト。同系色でまとめることで、華美になりすぎず、上品な印象に。日常に取り入れたいテクニックとして注目しておきましょう。

■2:女性らしさが際立つ「プリントワンピース」

パリ・イダルゴ市長の定番ジャケットの新鮮アレンジ術
程よいぬけ感を作ることで、親しみやすいムードに

いつものジャケットスタイルを崩すには、ワンピースが活躍します。

イダルゴ市長は、肌のトーンに寄り添うカラートーンのワンピースを選んで、フェミニンなムードを引き出しました。プリントワンピースにショート丈のジャケットを合わせて、さりげなく女性らしいシルエットに。足元にはデザイン入りのバックストラップパンプスを選んで、トレンディーな要素もプラスしています。

ポイントとなるネックレスを胸元に添えて

パリ・イダルゴ市長の定番ジャケットの新鮮アレンジ術
こだわりが光る胸元のコーディネート

胸元のVラインがトレードマークともいえるイダルゴ市長の着こなし。ワンポイントになるネックレス選びも絶妙におしゃれです。コーディネートに合わせてアクセサリーを選ぶスキルも注目ポイントのひとつです。

■3:今どきムードに刷新する「白のスニーカー」

パリ・イダルゴ市長の定番ジャケットの新鮮アレンジ術
コーディネートを一新するシンプルな白スニーカー

今や定番となった「白スニーカー」は、オンオフともに取り入れやすいアイテムに。瞬時にムードチェンジできる手軽なアイテムとして、政治家やセレブリティーからも支持されています。

ヒールスタイルが多いイダルゴ市長も、スーツに合わせてトレンディーな着こなしを披露しました。白スニーカーはアクティブな印象を与えてくれるだけでなく清潔感もあるので、出番が増えそうです。

全身のバランスを整えるスカーフ効果

スカーフ_1,ジャケット_1,秋コーデ_1
顔まわりを華やがせるスカーフ選び

靴の白とリンクさせつつジャケットにも馴染むブルーの柄入りスカーフを選んだイダルゴ市長。顔まわりが明るくなるだけでなく、足元にだけ視線がいかないよう全身のバランスを考えたアイテム選びは流石ですね。


今回は、世界が注目するおしゃれなパリジェンヌ・イダルゴ市長のジャケットスタイルに注目しました。定番のアイテムをモダンにアップデートする3つのテクニックを日常に取り入れて、スタイルをアップデートしてください!

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
Getty Images
WRITING :
阿部有希
EDIT :
石原あや乃