Precious.jpの連載「シャンパンごはん」でも紹介している、フードクリエーターRYO UNOさんのレシピは、簡単・時短に加えてとってもおしゃれ。男子ならではの視点でつくる食べ応えのある品々は、ホームパーティー受けもよいものばかりです。今回の「イタリアン入門レシピ」では、料理初心者にも簡単につくれるシンプル&おしゃれなイタリアンのレシピをご紹介します。

ボリューム満点!牛もも肉の「ミラノ風カツレツ」

ミラノ風カツレツ

イタリアのカツレツというと、仔牛肉を叩いて薄く伸ばして揚げるのが一般的ですが、今回はスーパーなどで手に入りやすい牛もも肉を使いました。

つくり方は、普段揚げ物をする要領で、基本的に分量を細かく計測する必要はありません。小麦粉は細かいものを使い、パルミジャーノ・レッジャーノを混ぜ合わせることで、日本のカツレツにはない、程よい塩気とまろやかさが加わります。トマトの付け合わせは、バルサミコ酢を効かせれば揚げ物でもさっぱりと食べられますよ。同じく付け合わせのじゃがいもは、お肉に揚げ物を合わせて重たいのでは…と思うかもしれませんが、オリーブオイルで揚げているので、思いのほかさっぱり。これがまたよく合うので、是非一緒にお試しください。

【材料】(2人分)

■カツレツ
牛もも肉 200g
塩胡椒 適宜
小麦粉 適宜
卵 1個
パン粉 適宜
パルミジャーノ・レッジャーノ 少々
オリーブオイル 肉が半分以上浸かる程度

■じゃがいもの付け合わせ
じゃがいも 3個
揚げ油 適宜
ローズマリー 2枝
塩 適宜

■トマトの付け合わせ
ミニトマト 8個
バジル 3枝
オリーブオイル 小さじ1
バルサミコ酢 小さじ1/2
塩胡椒 適宜

【つくり方】

(1)牛もも肉は常温に戻してから叩いて薄く伸ばして、塩胡椒を振る。

(2)牛もも肉に小麦粉を軽くまぶしてから、溶き卵にくぐらせて、パン粉とパルミジャーノ・レッジャーノをまぶす。

つくり方(2)

(3)フライパンにオリーブオイルを入れて、180度程度になったら両面綺麗な焼き色がつくまで揚げる。

(4)じゃがいもは食べやすい大きさに切ったら、揚げ油の入った鍋に入れて火をつける。油が温まってきたらローズマリーを入れて一緒に揚げる。

(5)揚げ色がついたら鍋からあげて、塩で味付けをする。

つくり方(5)

(6)トマトは8等分にして、バジルの葉はちぎってボールに入れて、オリーブオイルとバルサミコ酢で和えてから塩胡椒で味を整える。

(7)〔盛り付け〕じゃがいもの付け合わせは横に添えて、トマトの付け合わせはカツレツの上に盛り付ける。

完成!

しっかりとボリュームのあるお肉料理はホームパーティーでも男性ウケのよい一品なので、是非覚えてみてくださいね。ワインやシャンパンとも相性抜群です!

この記事の執筆者
名店と言われる都内のピッツエリアでのアルバイトをきっかけに、料理にのめり込む。Instagram(@r.uno)へのレシピ投稿でワールドワイドに支持を集め、2016年より料理家として本格始動。趣味はサーフィン。
Instagram へのリンク
EDIT :
渋谷香菜子