ベーシックなアイテム「シャツ」。ついついいつものコーデをしてしまって代り映えしない…なんて感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんなシャツコーデをバージョンアップさせるアイテムや装いをご紹介します。

最新!冬のシャツコーデ【オフィス・休日コーデ別】

■1:白シャツ×白ジャケット×パンツ|オフィスコーデ

■1:白シャツ×白ジャケット×パンツ|オフィスコーデ
ジャケット・シャツ・パンツ・ピアス・バッグ・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

構築的なシェイプシルエットは、屈指の名品「バー」ジャケットがベース。白のコットンシルクオットマン素材で、春の日差しに映えるクリーンな一着が登場。上半身は白いシャツで品よく、ボトムはレオパード柄のひざ下丈ワイドパンツで遊ぶ。この意外性が、こなれ感の決め手になります。

■2:黒シャツ×黒ジャケット×黒パンツ|オフィスコーデ

■2:黒シャツ×黒ジャケット×黒パンツ|オフィスコーデ
ジャケット・シャツ・パンツ・バングル・バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

オンタイムのジャケットを、黒でそろえるなら、ほんのりドレスアップ感覚の「スモーキング」が今、マスト。デニムに合わせても程よくきちんと感が演出できて、人気上昇中。特に今季はほっそり長め丈が気分です。黒のシャツに合わせれば、最速でかっこいい装いに仕上げてくれるはず。

■3:ストライプシャツ×ジャケット×ワイドパンツ|オフィスコーデ

■3:ストライプシャツ×ジャケット×ワイドパンツ|オフィスコーデ
ジャケット・パンツ・シャツ・バッグ(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉)、ピアス(ダミアーニ銀座タワー) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

男性的でかっちりとした印象の強かったダブルブレストのジャケットが一新! ウエストシェイプが効いてモダンな印象を与えるダブルのジャケットにストライプのシャツが、凛とエレガントな印象を醸し出します。

■4:ブルーストライプシャツ×グレーコート×ネイビーパンツ|オフィスコーデ

■4:ブルーストライプシャツ×グレーコート×ネイビーパンツ|オフィスコーデ
ベルテッドコート(サード マガジン)、シャツ(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、パンツ(Theory luxe)、ピアス・バングル・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

スラリと見えるアイテム選びと、コーディネートに使用する色を2色以内に絞ることがポイント。ストライプシャツとパンツをブルーでまとめて知的な雰囲気に。トップグレーのウールコートを肩からはおり、優しげなオーラを漂わせましょう。

■5:白シャツ×黒コート×柄パンツ|オフィスコーデ

■5:白シャツ×黒コート×柄パンツ|オフィスコーデ
コート・シャツ・パンツ・バッグ・靴・サングラス(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレフェラガモ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

上質素材が描く優美でクリーンなシルエットが魅力の『エッセンシャル』ライン。カシミヤをブレンドしたヴァージンウールのコートはレザーのパッチポケットが付き、シャツはレイヤードされた襟元が、ラグジュアリーな個性を物語っています。『ガンチーニ』のバッグの力強い存在感で装いを辛口にまとめましょう。

■6:白シャツ×ベージュコート×黒パンツ|休日コーデ

■6:白シャツ×ベージュコート×黒パンツ|休日コーデ
コート・シャツ・パンツ・ヴァレンティノ ガラヴァーニのサングラス・バッグ(ヴァレンティノジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

オーソドックスなシルエットのトレンチは、前立てと裾に配されたピラミッド形スタッズがポイントに。まるで映画の主演女優のように毅然とした女性のオーラが漂い、白シャツ&黒パンツに合わせたベーシックな着こなしもクールに映えます。

■7:白シャツ×カットソー×黒パンツ|休日コーデ

■7:白シャツ×カットソー×黒パンツ|休日コーデ
シャツ『SUNDAY』・カットソー・パンツ・バッグ・靴(オンワードグローバルファッション〈ジル・サンダー〉) 撮影/戸田嘉昭・小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

ドロップショルダーで、気負いなく着られるビッグシルエットのシャツは、アウターシャツとして、さらりとはおるのもおすすめです。リラックスしながらも白×ネイビーでまとめて、知的なカジュアルに。

■8:グレーシャツ×カーキコート×黒パンツ|休日コーデ

■8:グレーシャツ×カーキコート×黒パンツ|休日コーデ
コート・パンツ・ソックス(IZA〈ヌメロヴェントゥーノ〉)、シャツ(サザビーリーグ〈フランク&アイリーン〉)、サングラス(アイヴァン 7285トウキョウ)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(ヒラオインク〈クレジュリー〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ラムファー×ナイロンのリバーシブルコートにデニムというアクティブな装いを上品に印象づけているのが、グレージュのシャツ。ナチュラルな風合いの上質なコットンシャツが、洗練を宿します。

■9:ネイビーシャツ×白ニット×ブラウンスカート|休日コーデ

■9:ネイビーシャツ×白ニット×ブラウンスカート|休日コーデ
スカート(スプラス インターナショナル〈ロゥタス〉)、リング・ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、コットンシャツ(トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店〈トラディショナル ウェザーウェア〉)、肩にかけたニット(三喜商事〈アリュード〉)、サングラス(モスコット トウキョウ)、バッグ(showroom SESSION〈オーエーディー ニューヨーク〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

レザースカートに鮮やかなブルーシャツを合わせた洗練コーディネート。華やかなリングから気さくな表情を引き出してくれます。

■10:デニムシャツ×ムートンコート×グレーパンツ|休日コーデ

■10:デニムシャツ×ムートンコート×グレーパンツ|休日コーデ
撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

どんな寒波もしのげるストラネスのムートンコートは冬旅になくてはならない存在。グレージュ×黒のコンビネーションや、軽快なジップデザインもポイント。コートのインナーは、ジェイ・クルーのデニムシャツとヴィンスのタンクトップで、温度調整がしやすいようにあえて薄手のものを選びましょう。

■11:ブルーシャツ×ブルーニット×グレーパンツ|休日コーデ

■11:ブルーシャツ×ブルーニット×グレーパンツ|休日コーデ
プルオーバー・シャツ・パンツ・ネックレス(ブルネロ クチネリ ジャパン)、時計・リング(ブレゲ ブティック銀座) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

スパンコールが煌めくニットは、知的なシャイニーブルーのシャツで端麗に着こなすのが大人の流儀。手元には、白いマザー・オブ・パールの神秘的な艶めきとダイヤモンドの硬質な輝きで格調高く仕上げた本格ウォッチを添えましょう。

■12:白シャツ×ネイビーパンツ×ロング丈のトレンチコート|オフィスコーデ

コート・シャツ・パンツ(ヴァレンティノジャパン〈ヴァレンティノ〉)、バッグ・靴(ヴァレンティノジャパン〈ヴァレンティノガラヴァ―ニ〉)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY :『Precious3月号』小学館、2017年

旬なディテールやテキスタイルを引き立てるには、品格を極めるベーシックな白シャツが活躍。視線を集めるラグジュアリーなロング丈のトレンチコートには、白シャツの襟を立てて風格が宿る装いに。

■13:ネイビーのシルクシャツ×オフホワイトパンツ×ネイビーコート|休日コーデ

シャツ(オンワードグローバルファッション<ジル・サンダー>)、パンツ(オンワードグローバルファッション〈ジル・サンダー〉)、ストール(ロベルタ ディ カメリーノ ファーイースト〈ロベルタ ディ カメリーノ〉)、バッグ(コール ハーン ジャパン)、靴(コール ハーン ジャパン)、手袋(キートン) 撮影/佐藤 彩 BY :『Precious1月号』小学館、2015年

カラーシャツは休日コーデにぴったりのワードローブ。知的なシルクネイビーのカラーシャツには、素材感が違うネイビーカラーのコートを重ねると、シルクシャツの優美さが際立ちます。

■14:黒のシルクシャツ×黒パンツ×黒の膝丈コート|オフィスコーデ

コートシャツ・パンツ・ピアス・バッグ・ブーツ(グッチ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY :『Precious11月号』小学館、2014年

大人の冬の全身黒コーデ。シャツがナッパレザー×シルクなら、キリッと引き締まったハンサム・ウーマンの完成です。


定番!白シャツコーデ【オフィス・休日コーデ別】

■1:白シャツ×ベージュタイトスカート|オフィスコーデ

■1:白シャツ×ベージュタイトスカート|オフィスコーデ
靴(セルジオ ロッシ)、シャツ(ストラスブルゴ〈バルバ〉)、スカート(エストネーション)、ピアス・ネックレス・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、時計(オメガ)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッペ ザノッティ〉) 撮影/宮本直孝 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

働く女性が信頼を寄せるセルジオ ロッシのスティレットヒールパンプス。人気の7.5㎝ヒールに昨年仲間入りしたポインテッドトウパンプスが、すでに新名品との呼び声高く、ファッションの目利きたちの熱い視線を集めています。しっとりとなめらかで、透きとおった肌のような、ラムナッパレザーのヌードベージュなら、白シャツの装いにも自然になじみ、つま先までブライトアップして、全身の透明感がぐっと高まります。

■2:白シャツ×白パンツ×スカーフ|オフィスコーデ

■2:白シャツ×白パンツ×スカーフ|オフィスコーデ
シャツ(ストラスブルゴ〈バルバ〉)、パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、スカーフ『プチ・アベイユ』・バングル(エルメスジャポン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious6月号』小学館、2018年

艶やかな光沢とハリが美しいシンプルシャツは、どんな着こなしにも映えるオールマイティーなアイテム。この夏は、さまざまな表情を重ねたオールホワイトな装いで。合わせるパンツもスカーフも異なる素材感のものを選び、奥行きのある「白」の着こなしを実現しましょう。

■3:白シャツ×ネイビースカート|オフィスコーデ

■3:白シャツ×ネイビースカート|オフィスコーデ
スカート・シャツ(3.1 フィリップリム ジャパン)、ピアス・ブレスレット・リング(シャンテクレール 東京店)、時計(オメガ)、眼鏡(シャネル アイウェア事業部) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2018年

ピンストライプのスーツ生地を用いた、ビジネスシーンにふさわしい「美デザインスカート」。サイドにシャーリングを施すことで、フェミニンなシルエットを実現しています。パフスリーブのシャツやスウィングピアスをクリーンな白でそろえて、清潔感のある着こなしに。スカートはストレッチのきいたウール素材で、ストレスフリーの着心地。アシンメトリーなデザインが、ひざ下をすっきり長く見せます。

■4:白シャツ×黒パンツ|オフィスコーデ

■4:白シャツ×黒パンツ|オフィスコーデ
シャツ『MONDAY』・パンツ・バッグ・靴(オンワードグローバルファッション〈ジル・サンダー〉) 撮影/戸田嘉昭・小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

ジル・サンダー自身が好んだ最もアイコニックなシャツは、襟も身幅もコンパクト。すっきりとした比翼ボタンで、ミニマムを極めた美しさです。

■5:白シャツ×グレーロングスカート|オフィスコーデ

■5:白シャツ×グレーロングスカート|オフィスコーデ
シャツ(ウィム ガゼット 青山店〈ゲミニー〉)、スカート(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、インナー(ワコールお客様センター〈ハンロ〉)、眼鏡(モスコット トウキョウ)、ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

ハンロの名品ウールシルクインナー。腕もしっかり温めてくれる半袖タイプをシャツの下にイン。のびやかなリブは最高の着心地です。

■6:白シャツ×ベージュカーディガン×グレーパンツ|休日コーデ

■6:白シャツ×ベージュカーディガン×グレーパンツ|休日コーデ
カーディガン・ストール・シャツ・パンツ(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

カーディガン×白シャツに、マドラスチェックのストールを重ねて、穏やかなベージュトーンの着こなしを。ベルトマークで凛とした美しさが生まれます。

■7:白シャツ×ノーカラーコート×デニムパンツ|休日コーデ

■7:白シャツ×ノーカラーコート×デニムパンツ|休日コーデ
デニム(リー・ジャパン〈リー〉)、コート(ADORE)、シャツ(三喜商事〈バンフォード〉)、イヤリング・ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(バリー 銀座店)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/土山大輔(tron) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

デニム界の名門ブランドがつくるトレンドデニムなら、大人世代も安心感のあるはき心地です。白のバンドカラーシャツと、グレージュのノーカラーコートで、すっきりと上品にまとめた着こなしで。

■8:白シャツ×ファーコート×デニムパンツ|休日コーデ

■8:白シャツ×ファーコート×デニムパンツ|休日コーデ
デニム・コート・シャツ・バングル・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/土山大輔(tron) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

フレアデニムの旬の抜け感を生かして、ラムファーのジャケットコートを先取りした着こなし。インは白のとろみシャツで軽やかに。足元はエレガントなパンプスを選ぶと、クロップド丈の女らしい肌見せが引き立ちます。

■9:白シャツ×グリーンロングスカート|休日コーデ

■9:白シャツ×グリーンロングスカート|休日コーデ
スカート(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、シャツ(ebure)ピアス(ストラスブルゴ〈サイモン アルカンタラ〉)、バングル(コロネット〈フォルテ フォルテ〉) バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

今季の流行色、みずみずしいグリーンのスカートを休日のカジュアルスタイルに投入! 白シャツに合わせるだけでハッとするほど新鮮に。インパクトのあるバッグで着映えましょう。

■10:白シャツ×デニムパンツ|休日コーデ

■10:白シャツ×デニムパンツ|休日コーデ
バッグ『ポスティーナ BABY ゼータ』(アマン〈ザネラート〉)、シャツ(デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店〈デザインワークス〉)、デニム(エージー ジャパン)、ピアス・バングル(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

日本初の旗艦店「ザネラート 東京ミッドタウン店」のオープン1周年で店舗限定発売されたバッグ『ポスティーナ』の記念モデル。日本の桜をイメージした落ち着いたピンクが大人好み。白シャツ×デニムのラフな装いを可憐に彩ってくれます。

■11:白シャツ×タイトスカート×クラッチバッグ|オフィスコーデ

シャツ(トレメッツォ〈バグッタ〉)、スカート(ドゥロワー 心斎橋店〈ドゥロワー〉)、バッグ(ストラスブルゴ〈ザリアーニ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/John Chan BY :『Precious5月号』小学館、2015年

ストライプのタイトスカートには、ベーシックを極めたバケッタシャツで洗練された装いに。黒のクラッチバッグとパンプスで、キリッとコーデを引き締めます。

■12:白シャツ×黒のクロップドパンツ|オフィスコーデ

シャツ・パンツ(アクネ ストゥディオズ アオヤマ)、ピアス・バングル(MIZUKI)、ベルト(アマン〈アンボワーズ〉)、バッグ(コロネット〈フォルテ フォルテ〉)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY :『Precious5月号』小学館、2015年

ビジネスシーンで活躍する白シャツ+パンツスタイルは、かっちりすぎない大人の余裕とこなれ感を意識すると、デキる管理職の風格が漂います。定番のシャツも胸元を開けて、袖をロールアップすることで抜け感を意識し、クロップド丈のパンツにシャツをINして履くことで、今どきの女性らしいシルエットに。

■13:白シャツ×グレーワイドドパンツ×グレージャケット|オフィスコーデ

パンツ・ジャケット・シャツ・ベルト・バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ピアス・ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY :『Precious1月号』小学館、2015年

ワイドパンツには襟の長いシャツを合わせて開襟し、太めのベルトを合わせれば、ウエストコンシャスな装いに仕上がります。

■14:白シャツ×カーキスカート×シルクスカーフ|休日コーデ

シャツ(アマン〈フィナモレ〉)、スカート(三喜商事〈マウリツィオ ペコラーロ〉)、シルクスカーフ『マハラニの庭』[90×90㎝]・バングル(エルメスジャポン)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジ ラニク〉) 撮影/宗髙聡子 BY :『Precious3月号』小学館、2017年

さまざまなシーンで活躍する白シャツ。首元にポイントをもってくれば休日らしく着こなせます。サファリスタイルなら、ワンサイズ上のシャツに華やかストールをラフに巻いて。

■15:白シャツ×デニムパンツ×バンダナ柄スカーフ|休日コーデ

シャツ・パンツ・サングラス・バンダナ・ベルト・バッグ・バングル(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ エディ・スリマン〉)、自転車(Velostyle TICKET〈クレイジーシープ〉) 撮影/熊澤 透 BY :『Precious5月号』小学館、2016年

辛口デニムスタイルには、ディテールにこだわったシャツとバンダナ柄のスカーフで、エスニックスタイルに仕上げます。

■16:白シャツ×白クロップドパンツ×肩かけ白ニット|休日コーデ

シャツ・ニット・パンツ・クロコダイルのベルト・バッグ・靴(ラルフ ローレン)、ピアス・ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/熊澤 透 BY :『Precious5月号』小学館、2015年

フラップポケットが特徴的なオールホワイトコーデなら、スカーフ代わりに同色のカーディガンを肩からかけて、洗練されたメリハリを。

■17:白シャツ×ミントグリーンパンツ|休日コーデ

シャツ(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク〈エーピー ストゥディオ〉)、ネックレス(ボン マジック)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈フォンタナ ミラノ 1915 〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY :『Precious4月号』小学館、2017年

ゆっくりと時間を贅沢に使う休日スタイルには、白シャツを着て爽やかに。フロントのみパンツにINすれば、程よい抜け感が生まれ、お休みらしいエフォートレスなスタイルに。ミントグリーンのパンツなら、白シャツの清涼感をより際立たせてくれます。バッグとシューズを淡いベージュで統一すれば、さらに計算された上品コーディネートの完成です。


変形シャツのコーデ【オフィス・休日コーデ別】

■1:白シャツ×ベージュシルクスカート|オフィスコーデ

■1:白シャツ×ベージュシルクスカート|オフィスコーデ
スカート・シャツ・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、時計・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ハリのあるシルクオーガンジー素材で軽やかさをまとった、コクのあるキャメルベージュのスカートが、着こなしを刷新。みずみずしく、かっこいい、今理想の女らしさを手に入れましょう。

■2:白花柄シャツ×黒パンツ|オフィスコーデ

■2:白花柄シャツ×黒パンツ|オフィスコーデ
シャツ・パンツ・ピアス・バングル(イヴ・サンローラン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

ムッシュ サンローランが愛したモロッコをイメージソースに、ベルベル人が用いる花柄をイカットプリントで表現した一着。深みのある柄行きにシックな美しさが宿ります。体のラインをふんわりと包み込むような少しゆったりとしたシルエットのコットン生地なので、暑さの残る日も涼やかに着られる。トライバルなムードの大ぶりのシルバージュエリーで小粋にまとめましょう。

■3:ライトブルーシャツ×ライトベージュスカート|オフィスコーデ

■3:ライトブルーシャツ×ライトベージュスカート|オフィスコーデ
シャツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、スカート(アングローバル〈イレーヴ〉)、ピアス・バングル・リング(TASAKI〈TASAKI〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

バンドカラーのすっきり感をさらに高める比翼仕立てのストレートシルエットが特徴のシャツ。カフリンクスをあしらい、折り返した袖口が知的な手元を演出します。明度をそろえたライトベージュのハイウエストスカートを合わせた着こなしは、上品なフレッシュ感が魅力です。

■4:白シャツ×黒パンツ|オフィスコーデ

■4:白シャツ×黒パンツ|オフィスコーデ
シャツ・パンツ・ピアス・靴・バッグ『クラスプ ミディアム』(セリーヌ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

モノトーンでまとめたシャツ&パンツスタイルに、鮮やかなブルー= 「ラズリ」のバッグをプラス。大胆な配色を品よく楽しめるのは、ワンハンドルバッグならでは。魅せ上手な女性に!

■5:白シャツ×ピンクパンツ|休日コーデ

■5:白シャツ×ピンクパンツ|休日コーデ
パンツ(PT JAPAN〈PT01〉)、シャツ(レリタージュ マルティニーク〈レリタージュ マルティニーク〉)、ピアス・ブレスレット・リング(フレッド〈フレッド〉)、バッグ・ストラップ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

主役のカラーパンツは腰周りのゆとりと、裾に向かって細くなるテーパードラインが、メンズから派生したパンツ専門ブランドらしい1本。裾はダブル仕立てで上品です。マボリュームのあるシャツとクロップドパンツの組み合わせが旬のバランスへと更新。

■6:白シャツ×ブロンズコート×白パンツ|休日コーデ

■6:白シャツ×ブロンズコート×白パンツ|休日コーデ
コート・シャツ・パンツ(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ピアス・リング(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

主役のアウターは上質なナッパレザーにメタリック加工を施した迫力のブロンズコート。あえて輝きを抑え、シックに仕上げているので、洗練された大人の日常着として大いに活躍しそう。肌なじみのいい極薄レザーはまとったときに、その着心地のよさを実感できます。インナーに白のコットンシャツを加えることで、清潔感のあるカジュアルをアピール。

■7:ノーカラーのドレスシャツ×水色クロップドパンツ|オフィスコーデ

シャツ( ebure )、 パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ブレスレット・バングル(ティファニー・アンド ・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(J&M デヴィッドソン青山店〈J&M デヴィッドソン〉)、靴(JIMMY CHOO)撮影/水田 学(NOSTY)BY :『Precious4月号』小学館、2017年

朝からカフェミーティングの日は、フロントヨークを切り替えたノーカラーのドレスシャツを、さらりと1枚で着こして。ボトムスには透明感のある水色のパンツを合わせれば、ピュアな白との配色で爽やかな女性らしさを演出できます。シャツはボトムにINして、端正な佇いに。さりげなく輝くグリッターヒールを合わせて、装いの格を向上させて。

■8:ストライプシャツ×黒スティックパンツ×バックストラップヒール|オフィスコーデ

コットンのスキッパーシャツ(トレメッツォ〈バグッタ〉)、パンツ(ebure)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン 〈サンローラン〉)、時計(IWC)、バッグ(バリー銀座店)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロブラニク〉)撮影/水田 学(NOSTY)BY :『Precious5月号』小学館、2017年

知的なストライプ柄に、幅広カフで華やかさをプラスしたデザイン。ボリュームスリーブのゆとりのあるシルエットが、女性らしい表情を添えます。すっきりとした細身のスティックパンツ、バックストラップヒール、上質なレザーのバッグはすべて黒で統一すれば、会食や商談でも冴えるONスタイルに。

■9:袖コンシャスなシャツ×黒テーパードパンツ|オフィスコーデ

ブラウス(ADORE)、パンツ(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、ベルト(yoshie inaba)、ピアス・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(バリー 銀座店)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/川田有二 BY :『Precious4月号』小学館、2016年

きちんと感とモードが両立した、上質でとろみ感のあるテーパードパンツとバランスがよいのは、ドラマティックな袖コンシャスなシャツ。ボリュームたっぷりの袖が優雅に女らしさを演出し、オールブラックの装いを昇華させます。とろみ感のある素材は、動く度に表情が変化。ラグジュアリーな装いが求められるレセプション会場などにピッタリです。

■10:白プルオーバーシャツ×九分丈のカーキパンツ|休日コーデ

”ヴァレンティノ”のシャツ・パンツ・”ヴァレンティノ ガラヴァーニ”のバッグ・靴(ヴァレンティノ ジャパン)、ピアス・リング(ブシュロン) 撮影/熊澤 透 BY :『Precious4月号』小学館、2015年

旧友たちが集うランチで飾りすぎないスタイルにするなら、スカラップのデザインが女性らしいプルオーバーのシャツを。上質なシャツ1枚で、存在感のある大人スタイルに仕上がります。上半身にボリュームがあるぶん、ボトムスはすっきりとした細身の九分丈パンツに。バッグはシャツの存在感に負けないよう、大きめサイズを選んで。

■11:ロング丈の白シャツ×トロピカルプリントのパンツ|休日コーデ

シャツ・パンツ・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/熊澤 透 BY :『Precious5月号』小学館、2015年

リゾートでリラックスした時間を過ごすなら、大人の清潔感あふれるシャツが欠かせません。ゆったりとしたロング丈のシャツは、両サイドにレースアップが入った主役級のアイテム。キッチリ折らない袖やボタンを最後まで止めない、ざっくりな着こなしでこなれ感を演出します。トロピカルプリントのボトムスで、リゾートらしい華やかさをさらにプラス。

■12:ゆったりシルエットの白シャツ×ネイビーのティアードスカート|休日コーデ

シャツ・プリーツスカート・バングル・靴(エルメスジャポン) 撮影/熊澤 透 BY :『Precious5月号』小学館、2015年 

代官山のカフェでランチをするなら、きっちりとしたビジネススタイルとは違った休日を感じさせる、ゆったりシルエットの変形シャツを。ボトムスにはティアードスカートを合わせて、女性らしいコーデに。足元は華奢なヒールではなく、透け感のあるデザイン性の高いヒールを合わせれば、モード感がプラスされます。


シルクシャツのオフィスコーデ

■1:ネイビーシルクシャツ×グレーパンツ

■1:ネイビーシルクシャツ×グレーパンツ
シャツ(Vince 表参道店)、パンツ(ブラミンク〈ブラミンク〉)、眼鏡(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、ペンダント・ネックレス・ブレスレット・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)バッグ(ストラスブルゴ〈ビアンキエナルディ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

ドレープの美しいシルクを使い、やや身幅を広くとった仕立てでリラックスした着心地のシャツ。エンベロップ・スリーブと呼ばれるこの袖口は、ボタンを外すとフレアになります。足元はレザーローファーでトラッドに仕上げてきれいめに。

■2:白シルクシャツ×ピンクスカート

シャツ・スカート(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ プレタポルテ〉)、サングラス(シャネル アイウエア事業部)、パールネックレス(1連)(アルテミス・ジョイエリ)、(2連にしたもの)(チェルキ〈ミッレ〉)、ベルト(アマン〈アンボワーズ〉)、バッグ(コロネット〈ニナ リッチ〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/John Chan BY :『Precious5月号』小学館、2015年

ゆったりとしていてドレッシーなシルクシャツは、大人の女性らしさと品格を演出できるエース級アイテムです。シルクサテン素材の光沢感ととろみ感のあるシャツなら、鮮やかなピンクのスカートを合わせることで、明るく華やかな印象に。

■3:白シルクブラウス×ベージュのラップスカート

ブラウス・スカート・ピアス・バッグ※日本橋三越限定(ボッテカ・ヴェネタジャパン)  撮影/熊澤 透 BY :『Precious3月号』小学館、2017年

白のワントーンコーデ。深めのネックラインやオーバーサイズなど、計算し尽くされたシルクブラウスには、同系色のラップスカートでワントーンの端正な装いに。


カラーシャツの休日コーデ

■1:ピンク柄シャツ

■1:ピンク柄シャツ
ビーチシャツ(エルメスジャポン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

鮮やかな色をまとう楽しさを満喫したい季節。美しいプリントが施されたシャツに身を包むだけで、思わず笑みがこぼれます。ピンク、イエロー、グリーンなど彩り豊かなコットンシャツは、1992年に登場したエルメスのシルクスカーフ『アマゾンの祭典』の絵柄を引用したもの。

■2:水色シャツ×ベージュタイトスカート

■2:水色シャツ×ベージュタイトスカート
シャツ・スカート・ベルト(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ネックレス(シャンテクレール 東京店)、バングル・リング(ジョージ ジェンセン ジャパン)、バッグ(ブランドニュース〈メアリ オルターナ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

白のピンストライプが施されたタイトスカートには、サイダーのように爽快なブルーシャツを取り入れて、おしゃれを更新しましょう。比翼シャツはゆったりとしたドルマンスリーブ、スカートにはフロントにラッフルが施され、きちんと感をキープしながらも、ほんのり旬が楽しめるデザインに。

■3:ネイビーシャツ×ネイビーパンツ

■3:ネイビーシャツ×ネイビーパンツ
シャツ(ADORE〈MARIA SANTANGELO〉)、パンツ(コロネット〈ボリオリ〉)、ピアス・ネックレス・チェーンブレスレット・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(トッズ・ジャパン)、ベルト(アノア〈リビアナ・コンティ〉) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious7月号』小学館、2018年

大ぶりなゴールドで小粋なリッチ感を。ラフに開けた襟元、ロールアップした袖口、足首見せパンツでヘルシーな色香を意識しましょう。

■4:ライトブルーシャツ×ライトブルースカート×ハット

■4:ライトブルーシャツ×ライトブルースカート×ハット
靴(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッペ ザノッティ〉)、シャツ・スカート(マディソンブルー)、帽子(アングローバルショップ 表参道〈エクア アンディーノ〉)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious7月号』小学館、2018年

夏の風景に溶け込む、ライトブルーのシャツ&スカートで爽やかに。自由を謳歌する日の着こなしに選ぶのは、パームツリーの「ジュエル靴」。おしゃれの冒険を楽しみながらも、手元にはソリッドなゴールドバングルを。どんなときでも、気品を大切に、リッチな輝きを添えるのも、大人のおしゃれの流儀です。

■5:ブラウンシャツ×ベージュフレアスカート×ハット

■5:ブラウンシャツ×ベージュフレアスカート×ハット
スカート(アングローバル〈イレーヴ〉)、シャツ(アマン〈フィナモレ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店)、帽子(タア トウキョウ〈タア〉)、ピアス・ブレスレット(日本橋三越 ミグジュアリー〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(エストネーション〈ペラン〉)、サングラス(プロポデザイン〈プロポ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

辛口のシャツに甘口のフレアスカートを合わせると、それだけでニュアンスのある着こなしに。さらにかごバッグとスニーカーで「甘×辛」ミックスを繰り返すと、シンプルでも奥行きのある着こなしが完成します! 

■6:ベージュシャツ×イエローラップスカート

■6:ベージュシャツ×イエローラップスカート
スカート・シャツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ネックレス・リング(フレッド)、時計(オメガ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2018年

明るい印象へと導く、イエローのスカートを主役に、初夏のワードローブを一新させて。端正なベージュシャツも、変形ラップスカートを合わせることで、ぐっとこなれた雰囲気に仕上がります。淡色カラーの着こなしで膨張しないよう、シャツのVゾーンから肌をのぞかせて、キレ味をプラスしましょう。

■7:黒シャツ×オレンジパンツ

■7:黒シャツ×オレンジパンツ
リネンのシャツ(ストラスブルゴ〈バルバ〉)、パンツ(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、チェーンネックレス・ペンダント・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、サングラス(ケリング アイウエアジャパン〈グッチ〉)、バッグ(ユナイテッドアローズ六本木ヒルズ店〈ラドロー〉) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2018年

黒を基調に夏色のオレンジを鮮やかに差して、クラシックなローファーで引き締めた端正なカジュアル。ホースビットのゴールドが、ジュエリーとマッチして、リッチな印象に仕上がります。

■8:カーキシャツ×グリーンニット×カーキロングスカート

■8:カーキシャツ×グリーンニット×カーキロングスカート
シャツ・スカート(エストネーション)、ニット(ロンハーマン)、ピアス・バングル・ブレスレット・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ベルト(コロネット〈エアロン〉)、バッグ(RHC ロンハーマン〈KAYU〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

フレッシュなグリーンをニット、バッグ、靴にちりばめて。仕上げは、ゴールドジュエリーをたっぷりと重ねづけしてリッチ感を盛り上げましょう。

■9:黒シャツ×黒スカート

■9:黒シャツ×黒スカート
靴『CH871』(チャーチ 表参道店)、シャツ(ebure)、スカート(デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店〈デザインワークス〉)、サングラス(モスコット トウキョウ)、バングル(DES PRES〈アリアナ ボウサード〉)バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

足元を白スニーカーにチェンジするだけで、黒の装いが軽やかに。カーフスキンの白にゴールド使いが映える、洗練が際立つ一足なら効果絶大です。

■10:ブルーシャツ×白ワイドパンツ×ネイビージャケット

ジャケット・シャツ・パンツ・リング・バッグ・靴(ランバン ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY :『Precious3月号』小学館、2017年

お買い物などに出かける休日は、軽やかでメンズライクな無地のカラーシャツを取り入れれば、凛々しい女性スタイルに。スカイブルーのシャツには、白のワイドパンツを合わせるとトップスが引き立ちます。シャツはパンツインせずラフなスタイルにすることで、カジュアルなフレンチトラッドスタイルに。

■11:ストライプシャツ×白パンツ

シルクのシャツ(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、パンツ(バイ マレーネ ビルガー 青山店)、ピアス・時計・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、カメラ『ライカM TYPE240』・同レンズ(ライカカメラジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY)BY :『Precious4月号』小学館、2016年

海の見えるテラス席でランチなど、爽やかな休日を過ごすときに着たいのが、ストライプが主役のシャツ。太めのストライプがカジュアルな印象で、休日スタイルには最適です。ボトムスには白いパンツを合わせ、ストライプを鮮やかに引き立てて。

 

以上、大人の女性の品格と女力を格上げしてくれる「シャツ」コーデを、シャツのタイプ別にお届けしました。シャツコーデと言っても素材やデザインの違うものを取り入れることで、違った表情が楽しめます。シーンに合わせたをシャツをセレクトして、大人のシャツスタイルを楽しみましょう!