【年末年始の#幸也飯レシピ vol.4】彩り野菜たっぷりの鶏胸肉のバロティーヌ

「簡単なのに見映えのいい料理レシピ」を人気料理家・寺井幸也さんに教えていただく全5回の連載企画。第4回目は鮮やかな野菜が華やかな鶏肉のバロティーヌ。塩麹で鶏肉を一晩漬け込むことで、驚くほどしっとりやわらかく仕上がります。

胸肉はヘルシーで優しい味わい。味付けもごくシンプルなので、ついつい食べ過ぎたお正月休みの後にぴったり。仕上げは冷やして味をなじませるので、ホームパーティーなどでも前日につくって冷蔵庫に入れておけば、当日は切り分けるだけでOKなので楽ちんです。

彩豊かな鶏胸肉のバロティーヌのレシピを動画でチェック!

■材料(2人分)

#幸也飯レシピ vol.4「彩り野菜たっぷりの鶏胸肉のバロティーヌ」の材料

鶏胸肉 1枚
赤パプリカ、黄パプリカ 各1/2個
にんじん 1/2本                                           
アスパラガス 1本(細いものなら2本を目安に)
塩麹 大さじ1
タイム 適量
塩、こしょう 各少々
しょうゆ 大さじ1
ごま油 大さじ1
バルサミコソース(あれば) 適量
(付け合わせ)
ラディッシュ、ルッコラ 適宜

■つくり方

赤パプリカ、黄パプリカ 各1/2個

(1)パプリカは種を取り除き、細切りにする。

にんじん 1/2本       

(2)にんじんは皮をむいて、ピーラーで細切りにする。アスパラガスは縦半分に切る(細いものならそのままでOK)。

塩麹 大さじ1、タイム 適量

(3)鶏肉に塩麹、タイムを両面につけてもみこみながらなじませる。冷蔵庫に入れて、ひと晩漬け込む。

厚みを均等にする工程

(4)(3)の鶏肉を取り出し、厚みがあるところは包丁で切り開き均等の厚さにする。

厚みを整える工程

(5)ビニール袋に入れてめん棒で叩き、5mmほどの厚さになるまでめん棒を転がしながら薄くのばす。

彩り野菜を炒める工程

(6)フライパンにごま油を入れてあたため、アスパラガス以外の野菜を入れて強火で炒める。塩、こしょうで味を調え、くたっとしてきたらしょうゆを加えてさっと混ぜ合わせて火を止める。

寝かせる準備をする工程

(7)まな板にラップをしいて、鶏肉、野菜をおいてくるっと巻く。ラップの両端をぎゅっと巻いて留めてビニール袋に入れる。

湯煎をする工程

(8)鍋に湯を沸かし、(7)の鶏肉を入れて中火で5分ゆでて火を止める。湯が冷たくなるまでそのままにしておく。水けをふき、ラップを巻いたまま冷蔵庫で3時間以上冷やす。

切り分けて完成へ

(9)ラップから出し切り分け、あれば付け合わせのラディッシュやルッコラなどと一緒に器に盛って完成。好みでバルサミコソースをかけても。

#幸也飯レシピ vol.4「彩り野菜たっぷりの鶏胸肉のバロティーヌ」

簡単&ヘルシーなのに、一品あるだけで食卓を華やかにしてくれるこのバロティーヌは、デイリーのメインディッシュとしても活躍しそう。定番レシピとして覚えておくと便利です。

この記事の執筆者
「幸也飯」代表。素材を存分に活かした独自のアイディア満載の料理は、見た目も華やかでセンス抜群。ファッション業界や人気モデル達にも絶大な支持を得ている。2017年12月13日には初のレシピ本『幸也飯 彩り映える・おもてなしのつくりおき』(辰巳出版)を発売。https://www.instagram.com/yukiya.terai/?hl=ja
MOVIE :
大槻誠一
WRITING :
広瀬蒼乃
EDIT :
石原あや乃