【年末年始の♯幸也飯レシピvol.3】焼き鯖と昆布だしの年越しそば

「簡単なのに見映えのいい料理レシピ」を人気料理家・寺井幸也さんに教えていただく全5回の連載企画。第3回目は除夜の鐘を聞きながらいただく、年越しそばです。

今回のそばは、ボリューム満点な焼き鯖と、たっぷりの薬味を合わせたレシピ。魚をグリルで焼いている間に薬味を切れば、いつもの温かいかけそばにのせるだけ。簡単なのに、いつもより豪華なおそばが完成します。ぜひ、動画を見ながら実際につくってみてください。

ボリューム満点でリッチな「年越しそば」レシピを動画でチェック!

■材料(2人分)

♯幸也飯レシピvol.4「焼き鯖と昆布だしの年越しそば」の材料

そば(乾麺) 120g
鯖 半身
みょうが 20g
しいたけ 2個
しょうが 20g
刻み青ねぎ 適量
すだち 2個
小じそ(あれば) 適量
だし昆布 3g
昆布だし(顆粒)、和風だし(顆粒) 各10g
だししょうゆ 50ml
酒、みりん 各15ml
水 600ml

■つくり方

だし昆布 3g、昆布だし(顆粒)10g、和風だし(顆粒)10g

(1)鍋に水、だし昆布を入れて火にかけ、昆布だし、和風だしを加える。

だししょうゆ 50ml、酒 15ml、みりん 15ml

(2)だししょうゆ、酒、みりんを入れて沸いたらいったん火を止める。

みょうが 20g

(3)みょうがはせん切りにする。

しいたけ 2個

(4)しいたけは軸を取り、うす切りにする。

しょうが 20g

(5)しょうがは皮をむき、せん切りにする。

すだち 2個

(6)すだちは輪切りにする(まわしながら輪切りにするとまっすぐ切りやすい)。

*鯖はグリルで焼いておく。

だしの仕上げ工程

(7)(2)のだし汁にしいたけ、しょうがを入れる。ひと煮立ちしたら火を止める。

そばをゆでる工程

(8)鍋に湯を沸かし、表示通りにそばをゆでる。ゆであがったらざるにあげて流水でさっと洗う。

飾りを添えて仕上げへ

(9)器にそば、しいたけを盛り、だしを注ぐ。グリルで焼いた鯖をのせる。みょうが、刻みねぎ、すだちをのせ、飾りの小じそを添えたら完成。

♯幸也飯レシピvol.4 焼き鯖と昆布だしの年越しそば

鯖の香りが食欲をそそり、薬味やすだちがさっぱりと仕上げくれる絶品の年越しそば。ゆっくりと味わいながら、素敵な年始を迎えてください。

寺井幸也さん
料理家
(てらい ゆきや)「幸也飯」代表。素材を存分に活かした独自のアイディア満載の料理は、見た目も華やかでセンス抜群。ファッション業界や人気モデル達にも絶大な支持を得ている。12月13日に初のレシピ本『幸也飯 彩り映える・おもてなしのつくりおき』(辰巳出版)を発売。https://www.instagram.com/yukiya.terai/?hl=ja
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
MOVIE :
大槻誠一
WRITING :
広瀬蒼乃
EDIT :
石原あや乃