日本人靴職人の活躍が目立つなか、またひとり才気あふれる日本人のつくり手がデビューした。イタリア・ローマに靴工房を構える吉本晴一氏である。

 吉本氏が漠然と靴職人を志したのは20歳代半ば。商社に勤めていた頃で、決して早いスタートではない。ある雑誌をきっかけに靴づくりに夢を描いたのだ。

ハンドソーンウェルトによるモンクストラップの靴

イタリア「イルチア」社のムラ感を表現した上質なカーフによる、ハンドソーンウェルトによるモンクストラップ。彫金作家とのコラボで製作したバックルは、真鍮の表面に細かい目打ちを施し、アンティーク・フィニッシュで仕上げた手の込んだオリジナルだ。スクエアな形にやや丸みを加えた木型が、モダンなスタイルを描く。若干、トウスプリング(つま先の反り返り)を備えたところに、新しい「ローマン・スタイル」を感じさせる。

「商社に就職したものの、10年後の自分の将来があまり想像できませんでした。ちょうどその頃、靴の専門誌『LAST』を読み、自分よりも上の世代の方が、イギリスやイタリアに渡って靴づくりしていた。こんな素晴らしい世界があるんだ、と触発されました」

 家族の猛反対を振り切り、必ず靴づくりをものにすると決意し、26歳でローマに渡る。しかし、現実は甘くはなかった。情熱さえあればどこかのビスポーク靴店に潜り込めると吉本氏は思っていたが、「今のあなたに何ができる?」と問われると、返す言葉はなかった。

 それでも、イタリアの電話帳を片っ端から調べ、靴店に連絡。その数70軒に及んだ。

 なんとか見習いとして勤められたのが、ローマの「サルヴァトーレ・ポリタノ」。日本ではほとんど無名の靴店だったが、そこを拠点にして、ボローニャ、フィレンツェ、ミラノなど、靴づくりを学べる工房を巡った。

「フィレンツェで靴づくりの手伝いができるようになり、その仕事の合間にハンドソーンウェルトで仕上げたサンプルの靴を、地元の靴職人さんに見てもらっていました。指摘された不十分な場所をつくり直しては、出来具合をチェックしてもらうことの繰り返し。これが凄く勉強になりました」

 同時期に、外注でつり込みの仕事も続け、実践で靴づくりの技術を磨いていく。

「相当の数のつり込みを経験してきました。アウトソースでは、ローマの『ペトロッキ』『メルクーリオ』『マリーニ』のほか、フィレンツェの『マンニーナ』、イギリスの有名靴店の仕事も得られるようになりました」

 イタリアやイギリスのビスポークメーカーの靴づくりを支えるうちに、いよいよ手応えを掴み、「自分の靴を、どうしてもつくりたくなりました」という。そして2017年、堅牢なハンドソーンウェルトの靴をインスタグラムにアップし、同年12月に初めてのトランクショーを日本で開いた。

英国的な雰囲気を漂わせる丸みを帯びた木型の3足

左/イタリア「アスコット」社のカーフを使った、ライトブラウンのセミブローグ。端正な表情の普遍的なデザインである。
中/黒のカーフでは、ドイツ「ワインハイマ―」社製が最も好きだという吉本氏。コバがまったく露出しない繊細な底づけと短いヴァンプのデザインが秀逸なローファー。
右/トウキャップとレースステイ、ヒール部分に猪革を用い、カーフとの新鮮なコンビネーションを生み出す。英国靴の意匠となるアデレードを生かしたスタイルだ。

 一から靴づくりをイタリアで学び、念願のビスポークブランドを立ち上げるまでに成長した吉本氏。190㎝を超える長身のため、「のっぽ」を意味するイタリア語の『ペルティコーネ』をブランド名とした。まだまだ、自分のスタイルを探っているところだが、男らしくどっしりと安定感のある、いつまでも飽きない靴に自分らしさを表現する。

フルビスポークは、木型込みで¥340,000~。2足目以降は¥300,000~。他に、メイド・トウ・オーダーもある。日本でのオーダー会は、年2回開催予定。
吉本晴一
靴職人
吉本晴一氏。1978年生まれ。ローマの街でもひと際目立つ190㎝を超える長身。イタリアの感性とイギリスの技をミックスし、どっしりと重厚感のある靴づくりが魅力だ。
【お問い合わせ先】perticonebespoke@gmail.com
この記事の執筆者
ヴィットリオ矢部こと本誌エグゼクティブファッションエディター矢部克已。ファション、グルメ、アートなどすべてに精通する当代きってのイタリア快楽主義者。イタリア在住の経験を生かし、現地の工房やテーラー取材をはじめ、大学でイタリアファッションの講師を勤めるなど活躍は多岐にわたる。 “ヴィスコンティ”のペンを愛用。Twitterでは毎年開催されるピッティ・ウォモのレポートを配信。合わせてチェックされたし!
Twitter へのリンク