古都・鎌倉も時の流れとともに少しずつ表情を変えています。その変化のなかでも、新旧をうまく融合させたお店がまたひとつ生まれました。JR鎌倉駅前にあった旧東日本銀行鎌倉店の跡地をリノベーションし、2018年1月28日にオープンしたのが「CHOCOLATE BANK」。

鎌倉小町通りにある生チョコレートが人気のお店「ca ca o」の最上位ブランドとして位置づけ、「チョコレートと魔法の世界へ」というコンセプトのもと誕生しました。

銀行とチョコレートというと相反するもののように思えますが、中南米ではカカオ豆が貨幣として使われていた歴史もあり、そんな縁もあってこの場所を選んだそうです。

駅改札からは徒歩で1分、大きな窓からはクロワッサンを焼く姿が見えます。

店頭で焼き上げたお食事系&スイーツクロワッサン

こちらの店舗でのシグネチャーメニューとなるのが、クロワッサン。外からもガラス越しに見える店内のキッチンで、バターをたっぷり使って焼き上げたサクサクのクロワッサンに、チョコレートを組み合わせたスイーツクロワッサンは、2018年春の鎌倉の新しい顔になりそう。

スイーツタイプの「チョコルネ」は、中にクリームがたっぷり入った「クラシック」「フランボワーズ」「抹茶」「バースデー」の4種類と、キャラメリゼしたバナナとチョコクリームを詰め込み、アーモンドをトッピングした「チョコバナナ」の計5種類。

チョコルネ クラシック¥500(税別)
チョコルネ 抹茶¥550(税別)
クロワッサン チョコバナナ¥600(税別)

お食事系では、国産の四元豚のパストラミとチェダーチーズを挟んだ「クロワッサン ハムチーズ」とシンプルな「クロワッサン プレーン」もテイクアウトできます。

クロワッサン ハムチーズ¥600(税別)

金庫室をリノベーションした小部屋も

店内のデザインは、チョコレートのとろける様子をモチーフにしたデザインを取り入れ、中央には巨大なチョコレートを削ってつくったようなゴリラ像がいるキュートなデザイン。さらに奥にある小部屋は、ぐっとシックに。旧銀行時代に金庫室だった場所をリノベーションし、チョコレートにまつわる本を展示しています。

本のなかのチョコレートに関する記述をパネルにして展示。文学とチョコレートの関係はいかに?

店内カフェスペースでは、チョコレートを使った「ホットチョコラテ」や「ホットチョコレート クラシック」、カカオ成分の高いビターチョコを濃縮した「カカオショット」など、さまざまなチョコレートドリンクをラインナップ。フードメニューも、「鎌倉野菜のオープンサンド」や「クロックムッシュ」など、ランチにぴったりのものから、ボリュームたっぷのパフェなど、豊富にそろっています。

ゆっくりしたいときはカフェ、鎌倉散歩のお伴にはテイクアウトと、駅近でどちらでも利用できるお店のオープンはうれしいですね。

季節のフルーツパフェ(いちご)¥1,500(税別)

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
北本祐子
EDIT :
安念美和子