日本名品に共通するのは、世界基準を超越した、モノづくりの凄み!どんな小さなものでもクオリティの高さを維持できる日本のつくり手に受け継がれる精緻さ、誠実さ、こだわりの深さだ。再認識したい日本ブランドを10品紹介する。

モノの本質を再定義した「日本ブランド」の数々

【1】ムラマツフルートのフルート

 頭部管・胴部管・足部管の3つのパーツを組み合わせてはじめて、フルートの美しい横長フォルムが完成。音色の個性を生み出す素材は、洋銀から、ゴールド、プラチナまで、演奏者の好みやレベルによって選択されるが、ハンドメイドで一点一点つくられるフルートの完成度の高さは、すべてのモデルで変わることはない。写真は世界のプロも太鼓判を押す『14+9K.GOLD-SR』モデル。音楽ファンを虜にする感動的な音色を、様々なコンサートでぜひ体感してほしい。

14K金製:頭部管・本管 9K金製:メカニズム ソルダード・トーンホール(村松楽器販売新宿店〈ムラマツフルート〉)http://www.muramatsuflute.com 

【2】コム デ ギャルソン・ オム プリュスの白シャツ

 コム デ ギャルソン・オムプリュスの定番のボックス型シャツは、上質な100双のブロード素材。白のほかに、ブラック、ブルー、淡ブルーの全4色展開。サイズは、XS~XLまでそろえる。ちなみに写真のMサイズで、身頃112×着丈77cm

(コムデ ギャルソン〈コム デ ギャルソン・オム プリュス〉)

【3】世界レベルの鍛治技術、グローバルの洋包丁

 刃付けにも大きな特徴を見せるグローバル。一般的な包丁は、峰(包丁の背の部分)から刃先に向かって直線的に鋭くなるが、同社は独自に開発した緩やかなカーブを描く「ハマグリ型」を採用。これにより驚くほど切れ味の鋭さが増し、肉や野菜等との刃離れを向上させた。海外需要の高さから、専門的な包丁も豊富にそろう。

手前『ペティーナイフ』・奥『牛刀』(YOSHIKIN SHOP ROPPONGI 〈グローバル〉)

【4】日本が誇る高級腕時計グランドセイコーの腕時計

 岩手県盛岡市の「雫石高級時計工房」に機械式時計の生産拠点を構えるグランドセイコー。写真のモデルのダイヤルには、工房から望む雄大な岩手山の山肌からインスパイアされた放射模様を採用。

(セイコーウオッチお客様相談室〈グランド セイコー〉)

【5】4つのモデルだけで勝負! リゾルトのブルージーンズ

 2010年に誕生したリゾルトのジーンズは、今では世界的に名が知られたデニムの聖地、西日本の備後地区(広島県福山市、尾道市、三原市、府中市)で熟練した専門のデニム職人によってつくられる。写真はリーバイスの『66』モデルがベースとなった『710』。ほかに『XX』モデルをモチーフとした『711』等、4モデルのみを展開。

(エスビープラニング〈リゾルト〉)

【6】ハリオのティー&コーヒー器具

 透明で装飾のないミニマルなガラスの美しさ。その佇まいは欧米で「クール」と称され、ハリオは世界が認めるガラスメーカーになった。

写真手前/『ジャンピングティーポット・ドナウ』・中/同社が独自に開発した大ヒットドリッパー。円錐型の大きなひとつ穴で、内部はスパイラルリブ仕様。コーヒーの味からも違いが即わかる! 『V60 耐熱ガラス透過ドリッパー02B』・『V60 レンジサーバー600クリア』・奥/手間ひまが楽しくなる逸品。『コーヒーサイフォン テクニカ』・左/同社の出自を物語るビーカー30ml・その他/三角フラスコ

【7】フォーナインズの眼鏡

 同社が開発した「逆Rテンプル」(逆Rパーツとテンプルを一体化)の幅を2.2mmと極限まで細く設定し、繊細なメタルフレームの美しさと装着したときの心地よさにこだわった逸品。

『S-141T』(フォーナインズ)

【8】まとめ買いは必須!タビオオムの靴下

 写真はすべてタビオで展開される、紳士靴下専門ラインのタビオオム。「男の文化」をコンセプトに掲げ、カジュアルからビジネスソックスまで、日本の伝統技術と質の高さ、ていねいなモノづくりを貫く。サイズオーダーにも対応する等、きめ細かいサービスにも定評あり。

(タビオ〈タビオオム〉)

【9】シグマのデジタルカメラ

 1961年に創業したシグマは、今では世界7か国に販売小会社を持つグローバル企業に発展。現在はデジタルカメラ、交換レンズや光学機器の製造販売を行う。写真の『dp2Quattro』は、撮影者が理想とする「目で見たままの絵に最も近い再現力」を誇る人気モデル。

本体[縦67×横161.4×奥行き81.6mm/410g]・ビューファインダー『VF-41』(シグマ)

【10】広島発の家具メーカー、マルニ木工の椅子

 木材の美しさを生かすため、無塗装に近い木肌に仕上げられた写真の椅子を初めとする家具は、「100年経っても飽きのこないデザインと堅牢さ」を目ざす自信作。

上『HIROSHIMA チェア』[幅390×奥行き480×背もたれの高さ790×座面の高さ450mm]・下『HIROSHIMA アームチェア(板座)』[幅560×奥行き530×背もたれの高さ765×座面の高さ425mm](マルニ木工)

 以上、日本が世界に誇る10ブランドを紹介した。日本製品の素晴らしさを再認識した暁には、ぜひその手で触れて、素晴らしさを実感していただきたい。

※2015年夏号掲載時の情報です。

この記事の執筆者
TEXT :
MEN'S Precious編集部 
BY :
MEN'S Precious2015年夏号 日本名品の精緻なる佇まいより
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
クレジット :
撮影/戸田嘉昭・小池紀行・辻郷宗平(パイルドライバー/静物)構成/兼信実加子