独創性の高いデザイン性と、履き心地のよさを兼ね備えたフランスのブランド、PIERRE HARDY(ピエール アルディ)のシューズたち。

そのデザイン性の高さにファンが多いブランドですが、気になる2017年春夏のコレクションが発表されました。

しかも日本初となる、単独展示会でのお披露目!

その記念すべき展示会で、LIVErary.tokyo編集部が特に気になった、ふたつのコレクションをご紹介します。

■イタリアの’80年代デザインをモチーフにした”アトリエ”

まずは2017年春夏シーズンより、ブランド初となる"アトリエ"コレクション。

ピエールアルディ

合計わずか11型のこちらのコレクションは、ピエール アルディらしいクリエイティビティーとクラフトマンシップが色濃く反映されたコレクション。

pierre2

本コレクションは、世界的に大きな影響を及ぼした、1980年代を代表するイタリアのデザイナー集団・Memphis(メンフィス)やStudio Alchimia(スタジオ・アルキミア)からインスピレーションを受けたもの。



pierre3

ネオンカラー3Dのフラワープリントや、グラフィカルなカラーブロック、ビビッドな配色とストライプなど、規則性がなく遊び心あふれたグラフィカルなデザインが特徴的なコレクションです。

■ビートルズの名曲『Penny Lane』が元になった"PENNY"

もうひとつ、大人の女性におすすめしたいのが、こちらのコレクション"PENNY"。

pierre4

コインに見立てたゴールドのメタルモチーフをあしらった、品のあるデザイン。シンプルなコーディネートのアクセントとして、足元から盛り上げてくれそうです。

ビートルズの代表曲のひとつでもある『Penny Lane』からインスピレーションを受けているデザインのため、’70年代のスピリットを感じさせます。

ちなみに、展示会会場内にはピエール アルディの靴をモチーフにしたキュートなスイーツも!

pierre0

2017年春夏も、そのクオリティの高さで私たちを驚かせてくれたピエール アルディ。

「靴からのおしゃれが好き」な女性には、ますます目が離せないブランドになりそうです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2017.10.31 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
クレジット :
文/渋谷香菜子