着回ししやすく、レイヤードもしやすい「黒タートル」。さらに黒が体全体を引き締めてくれるからスタイルアップも狙えるとあって、大人の女性の冬スタイルには欠かせないベーシックアイテムです。そこでここでは、黒タートルネックニットの着こなしを総ざらい。着こなしから人気ブランドのおすすめアイテムまで一挙にお届けします。

【目次】

黒タートルネックを使った重ね着


【1】黒タートルネック×シャツ×コート

【1】黒タートルネック×シャツ×コート
首元にブラックを差して小顔に

アレクサ・チャン(Alexa Chung)は、スタンダードな黒タートルネックをインして、定番のシャツスタイルを冬仕様にアップデート! ピタっと首に寄り添うタートルネックで隙間風を防いでくれるだけでなく、顔の輪郭をシャープに見せる効果もあるり、小顔効果も発揮してくれます。真冬のコートスタイルに早速取り入れたいスタイリングテクニックです。

【2】黒タートルネック×ワンピース

【2】黒タートルネック×ワンピース
ブラックの配置が鍵

冬の定番色のひとつであるバーガンディーカラーでスタイルアップする「コツ」は、ブラックのバランスにありました。自然にスタイルよく見えるよう、首元やウエスト、足元など、引き締めたい箇所にブラックを配する計算高さを身につけて。さらにグレードアップしたいときには、ファーやレザー、パテント素材など、旬な異素材を意識的に取り入れましょう。

【3】黒タートルネック×オールインワン

【3】黒タートルネック×オールインワン
ボリュームバランスを調節

体型が鈍くなってきたときに頼りがちなのがカバー力の高い「オールインワン」ですが、首元までゆったりしすぎると、ルーズな印象に見えてしまうという難点も。そんなときには引き締め効果の高いタイトな「黒タートルネック」を投入して、ボディラインを整えましょう。中身をミニマルにまとめれば、着膨れしやすいベージュカラーのムートンコートもスリムに着こなせます。

【4】黒タートルネック×シャツ×イエローパンツ

【4】黒タートルネック×シャツ×イエローパンツ
フォルテ フォルテのタートルニット・パンツ・エリザベス アンドジェームスのシャツ(コロネット)、ネックレス(アッシュ・ペー・フランス〈イオッセリアーニ〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious1月号』小学館、2017年

カジュアルなサルエルパンツは白シャツをインした黒のニットて辛口に引き締めて。ニットから白シャツをのぞかせるだけで、清潔感とこなれ感がただよいます。

重ね着に取り入れたい黒タートルネック


薄手の黒タートルネック

薄手の黒タートルネック
左上から反時計回りに/ニット(クルチアーニ 東京ミッドタウン店)、ニット(ラルフ ローレン〈ラルフ ローレン ブラック レーベル〉)、ニット(VINCE表参道店〈ヴィンス〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious1月号』小学館、2015年

■コンパクトで細身のつくりが、旬のファッションとも相性抜群のクルチアーニ
しなやかで素肌のような着心地が、このうえなくラグジュアリー。4つのパーツを立体的に仕上がるように編み上げ、ていねいに縫うフルファッション製法により、きれいなシルエットが生まれる工夫がなされています。素材には、チベット山羊のうぶ毛のみを採取したカシミヤにシルクを加えた、なめらかで光沢感のあるものを使用。毛玉にもなりにくい、極上の「黒タートル」です。

■まずは手に入れたい、ラルフ ローレン ブラック レーベルの上質でクセのないシンプルニット
程よい長さのネック、シンプルな袖口と裾のリブ編み、繊細に編み上げたクラシックなニット。ミニマルで品のあるデザインで、ワードローブに一枚は欲しい、洗練されたシンプルさが魅力です。イタリア製のカシミヤとシルクの混紡糸を使用し、光沢感のある素材もエレガント! 薄地なので、細身アウターのインナーにも活躍してくれそうです。

■旬の着こなしへと導く、ヴィンスのおしゃれなオフタートルニット
センターシームをポイントに、流れるような編地のシルエットが優美なニット。ゆったりしながらも、適度なフィット感が旬のフォルムを実現しています。ゆったりとしたオフタートルなので、「首周りがきついのは苦手…」という人にもおすすめです。華やかな印象となるノーカラーコートととの組み合わせほか、アウターとして一枚で着ても様になるデザインです。

厚手の黒タートルネック

厚手の黒タートルネック
上から/ニット(エミリオ・プッチ カンパニー)、ニット(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious1月号』小学館、2015年

■コンパクトなシルエットとビジュー使いで、洗練された印象のエミリオ・プッチ
初のウィンターカプセルコレクションより発表されたスポーティーなニットは、ラグジュアリーなスキーリゾートにぴったり。ざっくりとしたカジュアルなアランニットも、タイトなシルエットなのでスタイリッシュに着こなせ、カラーパンツと合わせてもかっこいい! 前身ごろにはストーンとスパンコールがあしらわれ、シックな黒が華やかに。着るだけで絵になる一枚です。

■シンプルな黒に、編地で変化をつけ表情豊かに仕上げたマックスマーラ
一見シンプルなタートルニットは、後ろ身ごろにリブ編みを配した技ありのデザイン。後ろのリブ編みにより背中のシルエットがもたつかず、シルエットがややコンパクトになることで、すっきりとした着こなしが楽しめます。程よい丈感がパンツにもスカートにも合う万能タイプで、カジュアルだけでなく、エレガントなスタイルにもぴったり。

黒タートルネックのおすすめブランドニット


【1】ディオールの黒タートルネックニット

【1】ディオールの黒タートルネックニット
ニット(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

一切の装飾を排したハイゲージのタートルネックは、冬のワードローブのメインになるアイテムだから、極上の一枚を選びましょう。このニットは、カシミヤのやわらかさのなかにしっとりとしたシルクの艶が冴え、その美しさはため息ものです。

ニット(クリスチャン ディオール〈ディオール〉)撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

ふわっとはね返るような弾力をもつ地厚のカシミヤ。フロント右サイドには、ムッシュ ディオールがラッキーモチーフとしてたびたび使用していたミツバチと、ブランドロゴの刺しゅうがさりげなくあしらわれています。

ニット(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2017年

無駄をそぎ落とし、シンプルに徹した完全美。それ以上引くことも、足すことも許されない黒のタートルニットは、往年の女優にも愛されてきた語り継ぐべき名品です。まばゆいハイジュエリーを際立たせる貫禄もありながら、デニムには洗練をもたらす振り幅の広さは圧巻。シーン、スタイルを選ばない優等生っぷりに、「理想のベーシック」は黒タートルなしには考えられません! 

【2】ロロ・ピアーナの黒タートルネックニット

【2】ロロ・ピアーナの黒タートルネックニット
ニット(ロロ・ピアーナ) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious1月号』小学館、2018年

極細のカシミヤ糸で編んだハイゲージニットは、驚くほどなめらかで、肌に優しく吸いつくような質感。深みのあるネイビーの色味も絶妙です。適度な細身シルエットやすっきりとしたアームホール、やや長めのネックなど、コンサバに陥りがちなカシミヤニットを洗練させる、旬の要素が詰まったデザインも魅力のひとつ。特別な存在感があり、一枚ではもちろん、ジャケットのインに合わせても大活躍します。

【3】グッチの黒タートルネックニット

【3】グッチの黒タートルネックニット
ニット(グッチ ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious1月号』小学館、2015年

おしゃれ上級者たちが、こぞってリピートし愛用しているという評判の逸品。細やかに編まれたリブ編みで気密性が高くて暖か。ぴったりとしたシルエットなのに体の線にも響きにくいので、すっきりと見せる効果が絶大です。丈長でウエスト部分ももたつかないので、パンツやスカートを合わせてもすっきりと着こなせます。

【4】プラダの黒タートルネックニット

【4】プラダの黒タートルネックニット
ニット(プラダ ジャパン〈プラダ〉) 撮影/小池 紀行(パイルドライバー) BY:『Precious1月号』小学館、2015年

ファッションプロの間でひそかな人気を呼んでいるのが、プラダのベーシックニット。薄手なのでアウターのインにはもちろん、カーディガンをプラスすればアンサンブルとしても活用が可能です。広めにとった首元の切り替えがゆったりとした着心地で、タートル特有の息苦しさを和らげます。毎年登場するベーシックアイテムながら、旬の着こなしに適した丈長シルエットにアップデートされており、スカートにインする着こなしなどにも最適です。

黒タートルネックのニットコーデ


【1】黒タートルネック×ワイドパンツ×ピーコート

【1】黒タートルネック×ワイドパンツ×ピーコート
ニット(ヴァルカナイズ・ロンドン〈&ドーター〉)、アキラーノ・リモンディのコート・フォルテ フォルテのパンツ(コロネット)、帽子(ヘレンカミンスキー表参道ヒルズ店)、ストール(CHIE IMAI) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

シンプルな黒タートルに、今どきのたっぷりとしたワイドパンツを合わせたら、決して地味にならず、遠目からも映える着こなしに。無意識のうちに撫なでてしまうふわふわのロシアンセーブルのストールが、週末のカジュアルスタイルをリッチに輝かせてくれます。

【2】黒タートルネック×パンツ×コート

【2】黒タートルネック×パンツ×コート
コート・パンツ(コロネット〈ザ ロウ〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン(ウノアエレ〉)、バッグ(シャッツィ・チェン)、グローブ(リーミルズ エージェンシー〈デンツ〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、ニット/私物 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

カシミヤ素材のコートは、驚くほどしなやかな着心地が魅力です。インナーの黒タートルと、全体にハトメが配されたベルトで引き締めましょう。ミリタリーテイストを感じさせる、上品な着こなしが完成します。

【3】黒タートルネック×ニットコート×デニムパンツ

【3】黒タートルネック×ニットコート×デニムパンツ
アウター(コロネット〈フォルテ フォルテ〉)、ニット(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、パンツ(ヤコブコーエン GINZA SIX)、手袋(キートン)、ピアス(showroom SESSION〈ヒロタカ〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

ニットアウターは、ふんわりとエアリーなグレージュが高い好感度を実現。黒タートルとのコントラストで、遠目にも映えるドラマティックなシルエットを描きます。グレージュのタイトフィットデニムに、ニットと小物類は黒で統一して颯爽とした雰囲気で。

【4】黒タートルネック×タイトスカート×ストール

【4】黒タートルネック×タイトスカート×ストール
ニット(Theory luxe)、スカート(wb)、ストール(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、バッグ(yoshie inaba)、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

デスクワークの日は、タートルネックニットを中心に、黒でまとめてかっこよく。ファッショニスタをお手本に、グレーのストールをマントのようにはおり、モダンな雰囲気をプラス。信頼できるモノトーンスタイルができあがり、仕事に没頭することができます。

【5】黒タートルネック×ジャケット×タイトスカート

【5】黒タートルネック×ジャケット×タイトスカート
ジャケット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ニット・スカート(キートン)、ピアス(シャネル)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

コートは装飾を省いた極めてミニマルなデザインで、大きめのテーラードカラーがポイント。そのテーラードカラーの魅力を最大限に引き出すのが、インに合わせた黒タートルです。ピンクを膨張させず、しっかり引き締め、タイトスカートと合わせることで甘辛ミックスが完成します。小物は知的なスクエア形で統一。やわらかなピンクとのコントラストが、かえって女らしさを際立ててくれます。

【6】黒タートルネック×黒タイトスカート

【6】黒タートルネック×黒タイトスカート
ケイトのニット・リカのスカート(ミューズドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMYCHOO)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

プレーンな黒を組み合わせる着こなしは、異なる素材をミックスし、アクセントを効かせて。スカートのゴールドボタンやサングラス、ジュエリーでリッチ感もアップさせましょう。

【7】黒タートルネック×ノーカラージャケット×黒スカート

【7】黒タートルネック×ノーカラージャケット×黒スカート
ニット(VINCE 表参道店)、ジャケット(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、ハイアリンのスカート・ピエール ルイ マシアのストール・マウロ・オリエッティ・カレラのバッグ(ストラスブルゴ)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious1月号』小学館、2017年

首元にボリュームのあるタートルネックのニットには、首のラインをすっきりと見せてくれるノーカラーのジャケットを。やわらかなベージュのノーカラージャケットを、黒ニットと合わせれば、黒のワントーンコーデをやわらかく包み込みます。

【8】黒タートルネック×コート×デニムパンツ

【8】黒タートルネック×コート×デニムパンツ
ニット(Pred PR〈プロエンザ スクーラー〉)、コート(モンクレール ジャパン)、デニム(ストラスブルゴ〈シヴィリア〉)、サングラス(トム フォード アイウエア)、バッグ(グローブ・トロッター 銀座)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious1月号』小学館、2017年

今のムードを漂わせるリアルクローズブランドとして、N.Y.のファッショニスタから絶大な人気を誇るブランド、プロエンザ スクーラー。それだけに、一見シンプルな黒タートルもどこかスタイリッシュ! その秘密は、ニットの編み目の切り替えや、女らしいベルスリーブ、袖口のスリット…などのさりげない工夫です。

ボリュームのある黒のローゲージニットには、ホワイトデニムを合わせ、メリハリ配色で切れ味よく仕上げましょう。グレーのダウンコートが、黒と白のコントラストをなじませ、着こなし全体をカジュアルで優しい雰囲気へと変えてくれます。

ネックレスと合わせたい黒タートルネック


【1】Theory luxeの黒タートルネック×ティファニーのネックレス

【1】Theoryluxeの黒タートルネック×ティファニーのネックレス
ニット(Theory luxe)、スカート(レキップ)、スカーフ(フェンディ ジャパン)、眼鏡(バーバリー アイウェア)、ピアス・ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

黒タートルに柄スカーフをしのばせるだけで、センスが光る着こなしへとシフト。ネック周りがもたつかないように、首に沿わせやすいタイスカーフを使うのがおすすめです。

【2】クルチアーニの黒タートルネック×ティファニーのネックレス

【2】クルチアーニの黒タートルネック×ティファニーのネックレス
ニット(クルチアーニ銀座店)、ピアス・ペンダント『エルサ・ペレッティ オープンハート』・バングル/手首側から『ティファニー アトラス』・『エルサ・ペレッティ ラウンド ナロー』・時計『ティファニー イースト ウエスト』・リング『エルサ・ペレッティ カボション』(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

黒のシンプルなタートルネックニットは、まさに自分らしいおしゃれを楽しめる「キャンバス」のような場所。存在感のあるメッシュチェーンのペンダントを主役に、シルバーを黒のタートルネックに重ねれば、洗練されたモノトーンスタイルが完成します。

【3】ノットの黒タートルネック×ティファニーのネックレス

【3】ノットの黒タートルネック×ティファニーのネックレス
ニット(ジャンポールノット 青山店〈ノット〉)、ネックレス『フリンジ ネックレス』(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/下村一喜(UM) BY:『Precious12月号』小学館、2017年

1956年に制作されて以来、シュランバージェのアイコン的存在となったフリンジ式ネックレス。黒のタートルニットに映える、こっくりとしたイエローゴールドと複数のファンシーカラーダイヤモンドの輝きが、秋から冬へと移り行く季節を連想させます。