大人のロングスカートのコーディネートを、雑誌『Precious』よりまとめました。気になるぽっちゃり体型もカバーでき、着やせ効果も期待できるロングスカートは、40~50代の大人女性のマストアイテム。

この記事では、黒、白、ベージュ、ネイビー、グレー、花柄などの人気カラーや、タイトスカート、プリーツスカート、チュールスカートなどの定番タイプなど、ロングスカートの着こなしをバリエーション豊富にご紹介します。

【目次】

40~50代からの大人のロングスカートコーデ


【1】ベージュロングスカート×ピンクブラウス

ブラウス・スカート・バッグ(ジバンシィ表参道店) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2020年
ブラウス・スカート・バッグ(ジバンシィ表参道店) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2020年

前身ごろに連なるくるみボタンから、ネックラインを覆うハイカラー、肩にギャザーの寄ったパフスリーブまで…クラシカルな美しさを印象づけるシルクブラウス。ノーブルなたおやかさが感じられる正統感のある淡いピンクのブラウスは、会食の席にも映える品格が漂います。大人の女性なら、ヘアスタイルをすっきりとさせ、凛と着こなしたい。

【2】カーキロングチュールスカート×白トップス

トップス・スカート・ストール・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス・リング(TASAKI) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
トップス・スカート・ストール・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス・リング(TASAKI) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

白のノースリーブトップスに、ロング丈のチュールスカート&スニーカーを合わせた、女らしいサマーカジュアル。ビターなカーキをチュールの量感スカートでとびきりフェミニンに。カーキにさわやかさを加える白のタンクトップは、ドレープ性のあるシルククレープ素材を選んで、女性らしさを後押し。

【3】黒ロングスカート×ベージュコート×黒ブラウス

コート(Vince表参道店)、ブラウス・スカート(ミカコ ナカムラ 南青山サロン〈ミカコ ナカムラ〉)、ピアス・ブローチ(メルティングポット)、ベルトバッグ(JIMMY CHOO)、靴(ジュゼッペ ザノッティ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2020年
コート(Vince表参道店)、ブラウス・スカート(ミカコ ナカムラ 南青山サロン〈ミカコ ナカムラ〉)、ピアス・ブローチ(メルティングポット)、ベルトバッグ(JIMMY CHOO)、靴(ジュゼッペ ザノッティ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2020年

配色は辛口、シルエットは華麗に…が、洗練を知る女性のドレストレンチの法則。透け感のある黒トップスと艶黒のロングスカートで、盛装度を高めて。ベルトバッグでウエストマークし、さりげなくモード感も意識。袖口のベルトを絞って、ブラウスのフリルを覗かせると、なにげない所作に色気が漂います。

【4】黒ロングチュールスカート×グレーコート

コート・スカート・バッグ・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2020年
コート・スカート・バッグ・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2020年

機能性と優雅さが両立した、ディオールのドレストレンチにチュールスカートを合わせた、華やかな予定がある日の着こなし。すそからのぞかせたチュールで軽やかな華やぎを演出。アイコンバッグ『レディ・ディオール』や「J'ADIOR」のリボンのパンプスで、レディに仕上げて。

【5】ベージュロングラップスカート×白シャツ

バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、シャツ(三喜商事〈ストラネス〉)、スカート(ストラスブルゴ)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(エストネーション六本木ヒルズ店〈ブランイリス〉) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious3月号』小学館、2020年
バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、シャツ(三喜商事〈ストラネス〉)、スカート(ストラスブルゴ)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(エストネーション六本木ヒルズ店〈ブランイリス〉) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious3月号』小学館、2020年

透け感のある白のシャツと艶やかなクレイベージュのラップスカートで仕上げた、春仕様のフェミニンスタイル。さらに、サフランイエローのかごバッグでリラックスした優雅さを添え、大ぶりジュエリーで輝きを強化。日差しの季節に映える小物で、格上の着こなしを完成。

【6】白ロングチュールスカート×ベージュコート×黒ニット

コート(アングローバル〈イレーヴ〉)、ニット(トラデュイール)、スカート(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ブレスレット・バングル(エスケーパーズオンライン〈ハム〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴/オーダー価格(J.M. WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious3月号』小学館、2020年
コート(アングローバル〈イレーヴ〉)、ニット(トラデュイール)、スカート(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ブレスレット・バングル(エスケーパーズオンライン〈ハム〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴/オーダー価格(J.M. WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious3月号』小学館、2020年

高級スーピマコットンのシャンブレーツイル生地で仕立てた、イレーヴの定番人気のトレンチコート。テーラリングの美しさが冴えるトレンチが、チュールスカートの甘さを程よく抑えてくれます。J&M デヴィッドソンの定番バッグ「カーニバル」と、J.M. WESTONのウィングチップの白シューズが、躍動的な雰囲気を加えて。

【7】グレーロングツイードスカート×白シャツ

シャツ・スカート・ベルト・リング・バッグ・バッグストラップ・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
シャツ・スカート・ベルト・リング・バッグ・バッグストラップ・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

品格ある趣を宿すパンプスは、英国調の生地と相性抜群。華やかなボリューム感のツイードスカートに合わせて最新のモードを堪能したい。パンプスはメンズのブローグシューズのような穴飾りを施したデザイン。ていねいに磨きをかけたシャイニーレザーに重厚な高級感が漂って。

【8】黒ロングスカート×白シャツ

内側にシュルレアリストの画家、ルネ・マグリットによる青空に雲の絵が描かれたバッグ『タンペート MM ダン レ ニュアージュ』(デルヴォー・ジャパン)、シャツ(エスケーパーズ〈ブーリエンヌ〉)、スカート(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ブレスレット・リング・バングル(セスタンテ〈ホアキン・ベラオ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
内側にシュルレアリストの画家、ルネ・マグリットによる青空に雲の絵が描かれたバッグ『タンペート MM ダン レ ニュアージュ』(デルヴォー・ジャパン)、シャツ(エスケーパーズ〈ブーリエンヌ〉)、スカート(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ブレスレット・リング・バングル(セスタンテ〈ホアキン・ベラオ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

クラシックなフォルムにモダンなディテールを携えた名品の誉れ高いバッグが、プレスのきいた清潔感あふれる白シャツスタイルを、とびきりラグジュアリーな美しさへと導いてくれます。

【9】カーキロングスカート×ライトグレートップス

プレインピープルのスカート・ムーニュのバッグ(プレインピープル丸の内)、トップス(スリードッツ青山店)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈カルティエ〉)、ネックレス(インドゥエリス)、ブレスレット(チェルキ〈ギャレッタ〉)サンダル(コロネット〈パロマ バルセロ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2019年
プレインピープルのスカート・ムーニュのバッグ(プレインピープル丸の内)、トップス(スリードッツ青山店)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈カルティエ〉)、ネックレス(インドゥエリス)、ブレスレット(チェルキ〈ギャレッタ〉)サンダル(コロネット〈パロマ バルセロ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2019年

ラップ風のデザインや大きめな共布リボンが、フェミニンな印象をもたらすスカート。ライトグレー×カーキの奥行きのあるニュアンス配色を生かすよう、バッグや靴もナチュラル素材を選んで。

【10】ブラウンロングスカート×白シャツ

スカート(アマン〈アンスクリア〉)、シャツ(エリオポール代官山)、帽子(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、バングル(ザ ダラス ラボ)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、サンダル(ビルケンシュトック・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2019年
シャツ(エリオポール代官山)、スカート(アマン〈アンスクリア〉)、帽子(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、バングル(ザ ダラス ラボ)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、サンダル(ビルケンシュトック・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2019年

フレアシルエットのマキシ丈スカートは、リネン×コットン素材のドライな風合いで肌に心地よく、旅の主役にしたい一着。フロントスリットが深めに入っているため、足さばきもよく街歩きに最適。ブリックカラーのスカートを軽やかに仕上げるべく、白の帽子やシャツで爽やかに仕上げましょう。

【11】ベージュロングスカート×ベージュシャツ

シャツ・スカート(マディソンブルー)、バングル(エスケーパーズ〈リジー フォルトゥナート〉)、バッグ(TOMORROWLAND〈TOMMASO CANDRIA〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈フランチェスコ ルッソ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2019年
シャツ・スカート(マディソンブルー)、バングル(エスケーパーズ〈リジー フォルトゥナート〉)、バッグ(TOMORROWLAND〈TOMMASO CANDRIA〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈フランチェスコ ルッソ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2019年

モカベージュの端正シャツと両サイド下がりのフレアスカートは、注目のリネン仕立て。エレガントシルエットを旬の気分で着こなせる。質感の異なるナチュラル小物で、色調とシルエットにメリハリをつけて。

【12】黒ロングラップスカート×黒ブラウス

ブラウス(Vince 表参道店)、スカート(ebure)、ピアス・バングル(ザ・ショーケース バイ デルパン GINZA SIX店〈イレアナ・マクリ〉)、バッグ(コロネット〈ニナ リッチ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2019年
ブラウス(Vince 表参道店)、スカート(ebure)、ピアス・バングル(ザ・ショーケース バイ デルパン GINZA SIX店〈イレアナ・マクリ〉)、バッグ(コロネット〈ニナ リッチ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2019年

ノースリーブの直線的なライン、ラップスカートのタイトなシルエット、さらにハイウエストでのタックイン…、と黒を重く見せない工夫が満載。

【13】ベージュロングスカート×黒Tシャツ

靴・バッグ・Tシャツ・スカート(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉)、ネックレスとして着用したブレスレット『ジャックドゥ ブシュロン』内側から・ブレスレット『ジャック ドゥ ブシュロン』(ブシュロン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2019年
Tシャツ・スカート・靴・バッグ(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉)、ネックレスとして着用したブレスレット『ジャックドゥ ブシュロン』内側から・ブレスレット『ジャック ドゥ ブシュロン』(ブシュロン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2019年

スリムなフラットシューズが抜け感を演出。パテントの黒にゴールドバックルが映える一足なら、華やぎも添えてくれる。

【14】花柄ロングスカート×黒Tシャツ

バッグ『シシリー 58』・スカート・Tシャツ・ブレスレット(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
Tシャツ・スカート・ブレスレット・バッグ『シシリー 58』(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

クラシックな気品が香る、フラップタイプのハンドバッグ『シシリー 58』は、フェミニンな着こなしとも好相性。黒のTシャツで気負いなく着こなしたピンクベースのリリー柄フレアスカートとバッグの色を、さりげなくリンクさせて。バッグが醸す上質モードな迫力が甘さを程よく抑えて、ドラマティックに華やぎつつ、媚びのない大人の女性らしい佇まいをかなえてくれます。

【15】白ロングスカート×白カットソー

カットソー(スローン〈スローン〉)、スカート(イーストランド〈コー〉)、ピアス・ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
カットソー(スローン〈スローン〉)、スカート(イーストランド〈コー〉)、ピアス・ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

軽やかで涼しげな全身白のコーディネート。初夏のスタイルだけに、重く見えない程度に、部分使いでコクのあるキャメルを効かせるのが洗練のポイント。

【16】ベージュロングスカート×白シャツ

シャツ(キートン)、カオスのスカート・ホリー ライアンのピアス・バングル(カオス丸の内)、サングラス(プロポデザイン〈propo〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(オデット エ オディール 新宿店〈イル サンダロ オブ カプリ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2019年
シャツ(キートン)、カオスのスカート・ホリー ライアンのピアス・バングル(カオス丸の内)、サングラス(プロポデザイン〈propo〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(オデット エ オディール 新宿店〈イル サンダロ オブ カプリ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2019年

海辺で過ごす週末など、リラックス感を取り入れたいシーンでは、リネンのカシュクールスカートを合わせて、爽やかに。カプリ島でバカンスを楽しむマダムのように、かごバッグやトングサンダルでクリーンな白シャツに抜け感をもたらして。

【17】黒ロングチュールスカート×白シャツ

ディオールのシャツ・スカート・ディオール ファイン ジュエリーのネックレス・バングル(クリスチャン ディオール) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2019年
ディオールのシャツ・スカート・ディオール ファイン ジュエリーのネックレス・バングル(クリスチャン ディオール) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2019年

風をまとってドラマティックに揺れるチュールスカートの甘さを、白シャツでキリッと引き締めて。好感度の高い白シャツだからこそ、モードなアイテムと合わせて、新しいおしゃれに挑戦しても、上品さはそのまま。ジュエリーは、華奢なイエローゴールドを選び、あくまでさりげなく。

【18】ベージュ柄ロングスカート×白Tシャツ

Tシャツ・スカート・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/川田有二 BY:『Precious5月号』小学館、2019年
Tシャツ・スカート・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/川田有二 BY:『Precious5月号』小学館、2019年

クルーネックのコンパクトなTシャツに、シアーなシルク仕立てのマキシスカートを合わせ、ヘルシーな色香を演出。リゾート慣れした大人の女性らしいディナースタイルにも最適。

【19】白ロングチュールスカート×黒ニット

スカート(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ニット(スローン〈スローン〉)、サングラス(プロポデザイン〈propo〉)、ピアス(ウノアエレジャパン〈ウノアエレ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店)、その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2019年
スカート(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ニット(スローン〈スローン〉)、サングラス(プロポデザイン〈propo〉)、ピアス(ウノアエレジャパン〈ウノアエレ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店)、その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2019年

やわらかなグレーの陰影を宿しながら、軽やかに躍動するロング丈のチュールスカート。黒のハイネックトップスに合わせて、シック&シンプルに。

40~50代からの大人のロングタイトスカートコーデ


【1】黒ロングタイトスカート×ブルーカーディガン×ブルーニット

カーディガン・ニット(ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア〈ロエフ〉)、スカート(ebure)、ベルト(フラッパーズ〈レフィエ〉)、イヤリング(ビームス ハウス 丸の内〈グリン〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(ジュゼッペ ザノッティ ジャパン) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious5月号』小学館、2020年
カーディガン・ニット(ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア〈ロエフ〉)、スカート(ebure)、ベルト(フラッパーズ〈レフィエ〉)、イヤリング(ビームス ハウス 丸の内〈グリン〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(ジュゼッペ ザノッティ ジャパン) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious5月号』小学館、2020年

ベルトで差し色をすることで、コーディネートにメリハリ効果を生むテクニックを活用したロングスカートスタイル。ビビッドカラーのベルトを仕上げに添えて、辛口なスカートスタイルを楽しみたい。

【2】ネイビーロングタイトスカート×ライトブルーシャツ×黒ニット

シャツ・スカート・ニット(ザ・ロウ・ジャパン)、ピアス/片耳用(showroomSESSION〈マリア ブラック〉)、靴( JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2020年
シャツ・スカート・ニット(ザ・ロウ・ジャパン)、ピアス/片耳用(showroomSESSION〈マリア ブラック〉)、靴( JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2020年

仕立てのいいコットンシャツから、ネイビーのタートルニットをのぞかせて新しいバランスに。ひとつひとつ手縫いで配されたビッグポケットに個性が宿る、ありそうでないロイヤルブルーのスカートを主役に。春の空や海を思わせる、濃淡ブルーのコンビネーションで、スカートスタイルを爽やかで聡明な印象で着こなしたい。

【3】ライトベージュロングタイトスカート×ベージュプルオーバー

カジュアルニットを、タイトラインのサテンスカートでグラマラスに。 撮影/Getty Images BY:『Precious3月号』小学館、2020年
カジュアルニットを、タイトラインのサテンスカートでグラマラスに。 撮影/Getty Images BY:『Precious3月号』小学館、2020年

モデルのロージー・ハンティントン=ホワイトリーの、ベーシックカラーを基本としたきれいめモードな着こなしは、大人の女性も真似したくなるものばかり! 特に艶素材を巧みに取り入れて、透明感を出したベージュのワントーン着こなしは必見。ベージュのVネックジャケットのINに、ドレープの美しいプルオーバーとスカートを合わせて、女っぷりよく。

【4】ベージュロングタイトスカート×カーキブラウス

スカート(ebure〈ebure〉)、ペンダント(ebure〈キャス〉)、ブラウス(Vince表参道店)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、スニーカー(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ブラウス(Vince表参道店)、スカート(ebure〈ebure〉)、ペンダント(ebure〈キャス〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、スニーカー(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

シックカラーのシルクサテンのブラウスは、ワイドなカフが優雅さを引き立てて、パーティにも対応できる一枚。チノ風のカジュアルなひざ下スカートでデイリーなワークスタイルにしたら、人気の厚底スニーカーを合わせて、ハンサムなコーディネートが完成。スカートも小物もベージュトーンでまとめれば、スニーカーも上品に。

【5】ネイビーロングタイトスカート×ボルドーブラウス

ヴァレンティノのブラウス・スカート・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ(ヴァレンティノ ジャパン)、イヤリング・ネックレス(カルティエ) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2019年
ヴァレンティノのブラウス・スカート・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ(ヴァレンティノ ジャパン)、イヤリング・ネックレス(カルティエ) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2019年

身ごろからそでまでたっぷりととったプリーツが、しぐさに沿って美しく揺れる姿は、惚れ惚れとするほどドラマティック。円形の生地を型とともに放射状にプレスしてプリーツをつくった、「プリゼ ソレイユ」はヴァレンティノの新たなテクニック。透け感のあるシルクジョーゼットがボルドーを軽やかに見せて。

【6】グリーンロングタイトスカート×ベージュブラウス

ブラウス(サン・フレール〈レ・コパン〉)、スカート(ebure)、ベルト(yoshie、inaba)、ピアス・リング(シャンテクレール 東京店)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2018年
ブラウス(サン・フレール〈レ・コパン〉)、スカート(ebure)、ベルト(yoshie、inaba)、ピアス・リング(シャンテクレール 東京店)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

立体的なフラワー刺しゅうを施したコットンブラウスで、エレガントな雰囲気に。カーキにも似た、コクのあるオリーブグリーンのペンシルスカートを合わせて、凛と美しく。細ベルトやバッグで、クリーンな白を投入して、地味な印象に終わらせないのが、リッチ配色の掟。

40~50代からの大人のロングプリーツスカートコーデ


【1】白ロングプリーツスカート×グレージャケット

ジャケット・スカート・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ピアス (ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious4月号』小学館、2020年
ジャケット・スカート・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ピアス (ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious4月号』小学館、2020年

透け感のあるチュールを加え、ボリュームをもたせた白のプリーツスカートを合わせ、軽快なジャケットスタイルに。ジャケットは、共ベルトでウエストマークすることで、ボリュームボトムともバランスよく着こなせます。

【2】イエローロングプリーツスカート×イエローニット

ニット・スカート( アオイ〈モリ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バッグ(ドゥロワー 六本木店〈ワンドラー〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2020年
ニット・スカート( アオイ〈モリ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バッグ(ドゥロワー 六本木店〈ワンドラー〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2020年

通称「ニットアップ」とも呼ばれる、上下をニットでそろえるセットアップは、ニッティングならではのリラックス感が漂い、優し気な印象に導いてくれます。こちらは、ニットブランド「モリ」の、立体的な編み地に心躍るセットアップに、キャメルのバッグやフラット靴を合わせて、小粋な印象に導いたスタイリング。ニットのセットアップも、ミモレ丈のスカートなら、大人も上品に楽しめます。

【3】ベージュロングプリーツスカート×ネイビーニット×白シャツ

ニット(ブラミンク)、シャツ(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、スカート(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2020年
ニット(ブラミンク)、シャツ(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、スカート(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2020年

ミルキーベージュ×白に、さわやかな知性を授けるのがネイビー。クリーンな配色が堅苦しい印象にならないように、ネイビーニットの襟元とそで口から白をのぞかせるのが、こなれ感のポイント。ミルキーベージュのスカートと響き合い、軽やかなエレガンスが香り立って。きちんと感のあるハンドバッグとパンプスで仕上げれば、だれからも愛される、進化系ノーブルスタイルの完成!

【4】ピンクロングプリーツスカート×グレーカーディガン×グレーニット

カーディガン・ニット(スローン)、スカート(クルチアーニ 銀座店)、ピアス(showroom SESSION〈ヒロタカ〉)、バングル(エスケーパーズ〈タプレイ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
カーディガン・ニット(スローン)、スカート(クルチアーニ 銀座店)、ピアス(showroom SESSION〈ヒロタカ〉)、バングル(エスケーパーズ〈タプレイ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

繊細なシェルピンクのプリーツスカートを楽しむ日こそ、ダークグレーのツインニットで甘さを中和させて。軽やかなシルク素材にランダムプリーツを施した、クルチアーニらしい精巧なつくりのスカートは、大人のフェミニンスタイルを盛り上げてくれます。バッグ&シューズもニットにリンクさせ、濃いグレーやブラックできりりとまとめて。

【5】白ロングプリーツスカート×グレージャケット×白ニット

ジャケット・スカート・バッグ・靴・ニット(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ジャケット・スカート・バッグ・靴・ニット(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

歩くたびにリズミカルに揺れるプリーツスカートが、男前なジャケットの緊張感を和らげる甘辛バランスが新鮮なコーディネート。主役のジャケットはミディアムグレーの細かいチェックが、マニッシュな魅力を演出します。ウエストを絞らないボックスシルエットだから、ボタンを留めずに着こなしたい。足元はあえて重めのショートブーツが旬のバランス。

【6】グレーロングプリーツスカート×ライトグレーブラウス

ブラウス(チェルキ〈ソフィエ〉)、スカート(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、ピアス・ネックレス・ブレスレット・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(アマン〈ペリーコ〉 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ブラウス(チェルキ〈ソフィエ〉)、スカート(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、ピアス・ネックレス・ブレスレット・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(アマン〈ペリーコ〉 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious9月号』小学館、2019年

プリーツの幅がグラデーションになったスカートは、歩き姿まで優雅に見せてくれる一着。トップグレーのブラウスと合わせるだけで、しなやかな女らしさを演出できます。

【7】ブラウンロングプリーツスカート×ブラウンシャツ

シャツ・スカート(エイトン 青山)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(エストネーション〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2019年
シャツ・スカート(エイトン 青山)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(エストネーション〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2019年

パッチポケットを配したノースリーブシャツと、長いベルトやアシメトリーなプリーツで躍動感を添えたラップデザインスカート。エレガントなシルエットを若々しく見せるディテールが新鮮! 格上の個性が香る小物で大人の余裕を添えて。

【8】黒ロングプリーツスカート×黒ニット

ニット(ブラミンク)、スカート(ebure)、ベルト(コロネット〈ミラ・ショーン〉)ピアス・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2019年
ニット(ブラミンク)、スカート(ebure)、ベルト(コロネット〈ミラ・ショーン〉)ピアス・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2019年

ボリュームあるロングプリーツは、動くたびに流れが出るよう工夫された細かいアコーディオンプリーツのラップタイプ。リネン風の加工を施した、ポリエステルオーガンジーのさらっとした肌触りも魅力。

【9】白ロングプリーツスカート×黒ニット

ニット(スローン〈スローン〉)、‘アダワスのスカート・‘ヒロタカのピアス・バングル(showroom SESSION)、バッグ(スーパー エー マーケット〈VANINA〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ニット(スローン〈スローン〉)、‘アダワスのスカート・‘ヒロタカのピアス・バングル(showroom SESSION)、バッグ(スーパー エー マーケット〈VANINA〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

サマーホワイトの鮮度を上げる、大人の肌見せ。下半身が重く見えるロングスカートには、ノースリーブトップスで肌を出して抜け感をつくるのが効果的。さらに足元もヌーディなフラットサンダルを選択。

ぽっちゃり体型でも着やせが叶う大人のロングスカートコーデ


【1】ボルドーロングスカート×白Tシャツ

Tシャツ・スカート・ネックレス・サンダル(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス(チェルキ〈ギャレッタ〉)、バングル(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2019年
Tシャツ・スカート・ネックレス・サンダル(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス(チェルキ〈ギャレッタ〉)、バングル(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2019年

コットンポプリン素材で仕上げたマキシ丈のスカートを主役にしたリゾートスタイル。ほんのり丸みを帯びたエッグシェイプのシルエットが、モダンな雰囲気を表現。白のTシャツでコンパクトにまとめれば、スタイルアップもかないます。

【2】黒ロングスカート×黒ニット

ニット・スカート(ブラミンク)、ペンダント(GALERIE VIE丸の内店〈CRESCIONI〉)、ブレスレット(ラリック銀座店)、靴 (JIMMY CHOO) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2019年
ニット・スカート(ブラミンク)、ペンダント(GALERIE VIE丸の内店〈CRESCIONI〉)、ブレスレット(ラリック銀座店)、靴 (JIMMY CHOO) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2019年

ノースリーブのミラノリブニットは、背中側の中央に深いスリットが入った風通しのよいデザイン。マキシ丈のラップ風スカートにもスリットが入り、見え隠れする素足が程よい抜け感を演出します。

【3】ベージュロングスカート×白ブラウス

スカート・ブラウス(アングローバル〈イレーヴ〉)、イヤリング・ブレスレット(三越日本橋本店 本館3階ミグジュアリー〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(ジャンヴィトロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
スカート・ブラウス(アングローバル〈イレーヴ〉)、イヤリング・ブレスレット(三越日本橋本店 本館3階ミグジュアリー〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(ジャンヴィトロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

前身ごろはフラット、バックシェイプはウエストからヒップにかけて立体感をもたせ、独自の細見えバランスを追求したAラインのマキシスカート。上質なコットンフィンクスを用いたオリジナルの高密度チノツイルは、ヴィンテージ加工を施して、こなれた風合いに。ドルマンスリーブのふんわりとしたプルオーバーをタックインで着て、女性らしいメリハリシルエットに。

【4】白ロングチュールスカート×白ブルゾン

スカート・ブルゾン(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ピアス?バングル(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2019年
スカート・ブルゾン(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ピアス?バングル(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2019年

フェミニンなチュールスカートに、スポーティなラバーコーティングのブルゾンとスニーカーを投入。大胆なテイストミックスが品よくラグジュアリーに楽しめるのもまた、チュールスカートらしい奥深さ。

【5】ブラウンロングプリーツスカート×ブラウンブラウス

バッグ『D スタイリング』スモール・靴『ゴンミーニ』 / ともにPrecious15周年記念コラボ商品(トッズ・ジャパン)、ブラウス・スカート・ストール (アノア〈リビアナ・コンティ〉)、リング(アルテミス・ジョイエリ)、バングル/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2019年
バッグ『D スタイリング』スモール・靴『ゴンミーニ』 / ともにPrecious15周年記念コラボ商品(トッズ・ジャパン)、ブラウス・スカート・ストール (アノア〈リビアナ・コンティ〉)、リング(アルテミス・ジョイエリ)、バングル/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

プリーツが優雅に揺れるエレガントなセットアップに、洗練スポーティなバッグと靴を投入。ドレスアップする日も気負わない、クールな大人の美意識と余裕を感じさせて。

【6】アプリコットロングプリーツスカート×白ニット

スニーカー・バッグ(トッズ・ジャパン)ストール(チェルキ〈カングラ〉)、ニット(トラデュイール)、スカート(アノア〈リビアナ・コンティ〉)サングラス(アイヴァン)ピアス・バングル(ザ・ショーケース バイ デルパン GINZA SIX店〈アイアム バイ イレアナ・マクリ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
ニット(トラデュイール)、スカート(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、サングラス(アイヴァン)、ピアス・バングル(ザ・ショーケース バイ デルパン GINZA SIX店〈アイアム バイ イレアナ・マクリ〉)、スニーカー・バッグ(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

淡いアプリコットのロングスカートに、やわらかな白のニット&ストールがとろけるフェミニンなコーディネート。スニーカーでカジュアルに、大人かわいく仕上げたい。ピンクベージュの繊細なカットワークレザーのトッズのスニーカーで、ラグジュアリーな外しを。

【7】カーキロングスカート×カーキシャツ×グリーンニット

シャツ・スカート(エストネーション)、ニット(ロンハーマン)、ピアス・バングル・ブレスレット・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ベルト(コロネット〈エアロン〉)、バッグ(RHC ロンハーマン〈KAYU〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
シャツ・スカート(エストネーション)、ニット(ロンハーマン)、ピアス・バングル・ブレスレット・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ベルト(コロネット〈エアロン〉)、バッグ(RHC ロンハーマン〈KAYU〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

シャツ&スカートのセットアップに、フレッシュなグリーンをニット、バッグ、靴にちりばめて。仕上げは、ゴールドジュエリーをたっぷりと重ねづけしましょう。

大人のロングスカートコーデの関連記事