地肌が透けやすい部位と言えば頭頂部。自分から見えにくい場所だけに、スタイリングしながら、ちゃんとカバーできているのかどうか?確認するのも面倒ですよね。毎朝のスタイリングで立ち上がりをつくるのではなく、根元からパーマをかけて立ち上がりをつくってしまう…という選択もアリかもしれません。

面倒な朝のスタイリングから解放してくれる方法を、麻布十番の人気美容室pinceau(パンソー)代表の山岸亜由美さんに教わります。

【お悩み】すぐペタ~ッとなる頭頂部をふんわりさせたい!

ショート代表:保科和賀子さん(45歳/W style主宰)のお悩みを解決するには…

■髪型:トップをピンカールで巻いて立ち上がりをつくる

完成
サイド
バック

保科さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ (柔→硬)★
  2. ボリューム(少→多)★
  3. 髪の太さ (細→太)★
  4. うるおい (乾→潤)★★★
  5. 白髪の量 (多→少)★

「保科さんの髪はやわらかくて細いので、スタイリングをしてもすぐにペタ~ッとなりがち。ピンカールのパーマを、ボリュームの欲しいトップにかけておくと、頭頂部から後頭部にふんわりとした自然な立ち上がりが生まれます」(pinceau代表 山岸亜由美さん)

保科さんのもうひとつのお悩みが白髪。「彼女の白髪はヘアマニキュアでカバーしています。染める回数が増える白髪染めを、ノンダメージのヘアマニキュアにすれば髪もツヤツヤに。そして、次に生えてくる白髪に有効なのがハイライト。ハイライト効果で生まれる陰影が白髪を目立ちにくくしてくれます」(山岸さん)

アルカリカラーは髪と頭皮にダメージを与えがち。ハイライトはアルカリ剤ですが、髪全体を染める場合よりも、薬剤の量と回数を抑えることができるので健やかヘアをキープできます。立体的に見えるのもうれしいポイント!

■スタイリング:髪をギュッとつかんで毛先カールを復活!

毛先を握りながらドライヤーを当て、カールを出すのがコツ。「十分にタオルドライをした後、ドライヤーでふんわり乾かします。毛先を握りながら温風をかけ、冷風を当ててパーマのウェーブを復活させてください」(山岸さん)

スタイリング前

■1:毛束を握り、ドライヤーの温風3秒、その後冷風を3秒当てる

毛束を片手で握りながら、ドライヤーをあてる

■2:ワックスを広げた手のひらで「毛先を握りながら」スタイルを整える

毛先を握るのがポイント

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. 頭頂部の根元パーマで髪を立ち上げ、地肌を透けさせない
  2. ヘアマニキュアで髪にツヤ感をプラス
  3. 分け目をつくらない・生え際を見せないスタイルで白髪を目立たせない

「白髪が目立つのは、分け目と生え際ですよね。くっきりした分け目をつくらず、生え際を見せないスタイルにしておけば、カラーリングの頻度を抑えられます」(山岸さん)

pinceau代表 山岸亜由美さん。趣味は芸術鑑賞。「小学1年生からずっと書道を習っていて、今でも休日に写経したりするんですよ」

問い合わせ先

  • pinceau(パンソー)
  • 住所/東京都港区元麻布3-11-3 パティオ麻布十番2-2F
  • TEL:03-6804-1256
  • 営業時間:平日10:00~21:00 土・日・祝10:00~20:00
  • 定休日:火曜、第1・3月曜
フランス語で「絵筆」を意味するpinceau。その人の個性や髪質を最大級に生かしたスタイルを提案してくれる

大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑