髪がうねり始めると、どんなに丁寧なブローをしても、時間が経つとピンピンはねまくるもの。「抑え込まなくちゃ!」と格闘していたうねりを「味方」にしてしまうスタイルを、大人の髪を知り尽くしているACQUA omotesandoのスタイリスト・武藤希実彦さんに教わりました。

【お悩み】うねりまくってまとまらない髪を落ち着かせたい!

ショート代表:小口麻希子さん(44歳/会社員)のお悩みを解決するには…

■髪型:うねりがCカーブになるようにカットして内巻きヘアに

完成
サイド
バック

小口さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ (柔→硬)★★
  2. ボリューム(少→多)★★
  3. 髪の太さ (細→太)★★
  4. うるおい (乾→潤)★
  5. 白髪の量 (多→少)★★

うねりやすく、根元から立ち上げるスタイリングをしてもするにペタ~ッとなってしまう小口さんの髪。「ボリュームがほしい頭頂部あたりにレイヤーを入れ、襟足をタイトにまとめてメリハリをつけています。うねりやすい髪の場合、クルッとCカールを描く部分でカットすれば毛先が内巻きになるので、まとまりやすくなります」(ACQUA omotesando スタイリスト・武藤希実彦さん)

 

■スタイリング:ドライヤーを根元からしっかり当て、メリハリスタイルをつくる

タイトにまとめたい襟足部分は抑えるつけるように、立たせたい頭頂部は根元を持ち上げてドライヤーを当てるのがポイント。「まだ髪が濡れているときに、オイルをなじませておくとツヤが出ます。当店ではケラスターゼの『ユイルクロノジスト』を使っています」(武藤さん)

スタイリング前

■1:襟足の髪を毛流れに沿って、なで付けるようにドライヤーを当てる

襟足の髪をなでつけるように

■2:頭頂部の髪の根元を起こしながら、根元にドライヤーを当てる

根元にドライヤーを当てて頭頂部の髪を立たせる

■3:両手のひらにワックスをのばし、毛先を握るようにしてなじませる

毛先を握るように

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. うねりのCカールを生かしてカット
  2. 自然乾燥を避け、必ずドライヤーで根元から乾かしてツヤを出す
  3. 濡れているうちにオイルをなじませてから乾かし、ふんわり感をつくる

うねりを増長するのが自然乾燥。必ずドライヤーの熱を利用して根元から乾かすこと。「そのとき、オイルをなじませておくと、ドライヤーの熱から髪を守ってくれるのはもちろん、保湿しながらツヤ感もプラスできます」(武藤さん)

ACQUA omotesando スタイリスト・武藤希実彦さん。「夏に向けて筋トレにハマっています」

問い合わせ先

  • ACQUA omotesando
  • 住所/東京都渋谷区神宮前5-2-14 ゲートスクエアビル2F
  • TEL:03-3400-8585
  • 営業時間:月~金11:00~21:00 土10:00~19:00 日・祝日10:00~18:00
  • 定休日:月曜(祝日の場合、翌火曜に振り替え)
丁寧なカウンセリングを通して、人それぞれの魅力を最大限に引き出してくれる。

大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑