見ただけでなんだか甘やかで、優しい気持ちになれる色、ピンク。ただ、大人の女性が実際にお洋服で着こなすとなると、若い頃のようにはいかず、どのように着こなせばいいのか?イメージしづらいもの。実はピンクの服は「合わせる服の色」によって、さまざまな表情を見せてくれます。

メリハリをつけた色合わせで切れよく見せたり、また同じ淡トーンで絶妙なニュアンスを香らせたり……。本稿では、春らしく華やかで品のいい、ピンクを使った配色コーディネートをお見せします。どれも身にまとうだけで幸せ感が高まるので、着こなしの参考にしてください!

■1:春顔ボーダーとの合わせで軽やかに見える「ピンク×ネイビー」

パンツ¥78,000(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)ニット¥86,000(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、2連にしたネックレス[SV×フレッシュウォーターパール]¥177,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、時計¥600,000(ブライトリング・ジャパン)、バッグ¥185,000(トッズ・ジャパン)、スニーカー¥85,000(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)

強めのピンクパンツには、迫力ある太めボーダートップスが好相性! インパクトがあるボーダートップスには鮮やかピンクのパンツを合わせ、強さのバランスをとってみましょう。印象的な大人のマリンを楽しむことがポイントです。

■2:女らしさが香るジューシーな色合わせ「ピンク×イエロー」

ニット¥33,000(オルドス ファッション ジャパン)、スカート¥75,000(ブルーベル・ジャパン〈カルヴェン〉)、サングラス¥34,000(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バッグ¥183,000・靴¥80,000(JIMMY CHOO)

いつもなら同じトーンのベージュピンクで無難になじませるところを、今春は瑞々しく明るいイエローを選択して、遊び心あふれる色合わせに。シトラスイエローは、淡めピンクを引き締めて清々しい印象を生む爽やかな色。ピンクと組み合わせると爽やかさが際立って、スタイリッシュになります。バッグと靴は、全身をつなげる役目のベージュが正解です。

■3:リラックス感と上級センスを印象づける色合わせ「ピンク×ミントブルー」

カーディガン¥168,000・Tシャツ¥30,000・ストール¥102,000(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、パンツ¥56,000(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、バッグ¥162,000(コロネット〈ニナ リッチ〉)、靴[オーダー価格]¥141,000(J.M. WESTON 青山店)

こちらは、クールなパンツの色味に優しい女性らしさを添える、ピンクのカシミヤウールの風合いがポイント。上質なカシミヤウールのやわらかさを表現するのに最適な、ペールピンク。麻と綿のシャリ感のあるパンツを合わせ、今春のリラックスした雰囲気に。甘いピンク×涼しげなブルーで色味とテイストをミックスさせれば、こなれた余裕のあるコーディネートに。

■4:スポーティかつフェミニンで今っぽさが光る「ピンク×アイボリー」

ドゥロワーのブルゾン¥160,000・ドラゴンのバッグ¥39,000(ドゥロワー 丸の内店)、アバティのTシャツ¥19,000・エリザベス アンド ジェームスのスカート¥79,000(コロネット)、時計¥370,000(ブライトリング・ジャパン)、靴¥86,000(ebure〈アルムナエ〉

最後は今春、ぜひ取り入れたい大人のスポーツテイストです。ブルゾンはパワフルなピンクを選択。その迫力に負けないようにたっぷりした、上品カラーのボリュームフレアスカートで女力ある華やぎを加味。端正なアイボリーカラーなら軽快さも十分で、鮮やかなピンクをしっかりと受け止めます。

以上、ベーシックな色味からキレイ色まで「ピンク×色」のコーディネートを4つ、ご紹介しました。どれも、身につけるだけで気分が高まる配色です。待ち遠しい春に向けて、心躍るピンクを身につけてみませんか?

PHOTO :
小林幹幸(人物)、佐藤 彩(静物)
STYLIST :
大西真理子
HAIR MAKE :
川原文洋(UM)
MODEL :
高橋里奈(Precious)
COOPERATION :
細田宏美
WRITING :
佐野有紀、中村絵里子(Precious)