グレーやベージュに続く、新たなベーシックカラーとして大人にも定着した「カーキ」。ここでは、この春着たい、カーキ色のアイテムを使ったコーデ、ジャケットやコート、スカートコーデ、カーキ色のおすすめアイテムをご紹介します。明るく春らしい装いに、「洗練のカーキ」を加えてみるのがおすすめです!

【目次】

レディース春夏カーキコーデ


【1】カーキワンピース×黒トレンチコート

【1】カーキワンピース×黒トレンチコート
スカーフ『ステップのアパルーサ』(エルメスジャポン)、コート(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉)、ワンピース(三喜商事〈イレブンティ〉)、ピアス・バングル・リング(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(クリスチャン ルブタン ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/前田 晃 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ボンディング加工を施したリネン仕立ての黒トレンチ+カーキのスエードワンピースに、上品な躍動感を授けているのが、90㎝角のアラベスク調のプリントスカーフ。対角線で細長く折ることで柄も長さも効果的に生かされ、表情豊かに縦ラインを強調してくれます。黒×カーキのシックカラー配色がフレッシュな印象に!

【2】カーキワンピース×バッグ

【2】カーキワンピース×バッグ
ワンピース・バッグ・靴(ステラ マッカートニー ジャパン)、ピアス(TASAKI)、時計(IWC) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

ふっくらとボリュームのある袖と、ボディーに心地よくフィットするシルエットの対比が、今年らしいモード感を印象づけるワンピース。小さなボタンをずらりと並べた前立てのデザインがポイントとなり、個性的な表情に。ミリタリーテイストのカーキは、カジュアル感が高くなるので、チェーンバッグやピンヒールの靴を合わせて、エレガントに昇華しましょう。全身をニュアンスカラーでまとめれば、着こなしに奥行きが生まれ、クラス感のある美しさが漂います。

【3】カーキシャツ×スエードスカート

【3】カーキシャツ×スエードスカート
季節感ある異素材ミックスで最旬スタイルへ

ワードローブに春服が出そろっていないのなら、まずは1点、季節を感じさせる「素材」を選出しましょう。たとえば、こちらのマダムのように、淡いカーキのサファリシャツを取り入れるだけで一気に明るいムード漂うスタイルへと昇華させることができます。シャツは「肩落ち」めに着て、トレンドも意識することで、さりげなく女子力の高さを感じさせることができます。

【4】カーキワイドパンツ×ブラウス×ストール

【4】カーキワイドパンツ×ブラウス×ストール
ブラウス(VINCE 表参道店)、ストール(オルドス ファッションジャパン)、パンツ(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、バッグ(アマン〈ペリーコ〉)、ネックレス・ブレスレット(ケイテン)、ブレスレット[手首側](アルテミス・ジョイエリ)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ベージュのニュアンスを含んだカーキを軸に全体を柔和な配色でまとめることで、まろやかな色調の装いに。クリーミーグラデーションにクールなカーキが加わることで、旬の装いへとグレードアップします。

【5】カーキトップス×白スカート

【5】カーキトップス×白スカート
スポーツマックスのトップス・マックスマーラのスカート・バッグ・靴(マックスマーラ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ドロップショルダーが特徴的なトップスは、光沢のあるカットソー生地がつくり出すやわらかなドレープ感が美しい一着。バックスタイルがマーメイドラインになったタイトスカートを合わせて、配色とともに全身シルエットにも緩急をきかせることで、洗練されたバランスになります。シャンパンゴールドの甲深パンプスとジオメトリック柄バッグで、モードな個性を加えます。

【6】カーキパンツ×カットソー×スカーフ

【7】カーキパンツ×カットソー×スカーフ
大人らしさに磨きをかけるならワントーン配色の着映え力

ミニマルなスタイルを都会的に格上げるなら、こちらのマダムのようにワントーンのグラデーション配色を意識して。ミリタリーパンツに合わせたスモークグリーンのスカーフが、絶妙な大人のカジュアルオシャレを完成させています。センス良く取り入れているトートバッグとPCバッグのダブル使いも、お仕事スタイルの参考に!

春夏カーキジャケットコーデ


【1】カーキジャケット×白スカート×カットソー

【1】カーキジャケット×白スカート×カットソー
ジャケット(ボウルズ〈ハイク〉)、カットソー(三喜商事〈イレブンティ〉)、スカート(yoshie inaba)、ブレスレット(ケイテン)、時計(パテック フィリップ ジャパン)、リング(シャンテクレール 東京店)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

ビジネスシーンに映えるエレガントなオールホワイトは無難に着こなすのではなく、ひと匙の個性を光らせましょう。深みのあるカーキのジップアップブルゾンをさりげなく肩掛けしてハンサムウーマンな着こなしを実現。小物には正統派のネイビーのワンハンドルバッグを合わせれば、大人の女性らしい品格も与えられます。

【2】カーキジャケット×黒パンツ×カットソー

【2】カーキジャケット×黒パンツ×カットソー
ジャケット・カットソー・パンツ・バッグ・ピアス・バングル(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、サングラス(ケリング アイウエアジャパン〈サンローラン〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ミリタリーカーキの細身ジャケットを主役にしたスタイル。難度高めのアイテムも、モノトーンとのコントラスト配色で、凛とした都会的なイメージへと導きましょう。首元や手首の肌見せで、女性らしさもプラス。カーキと相性抜群のコクのある赤の差し色も、効果を発揮します。

春夏カーキコートコーデ


【1】カーキレザートレンチコート×バッグ

【1】カーキレザートレンチコート×バッグ
バッグ・レザーコート(トッズ・ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

レザートレンチのベルトを締め、ドレスライクに着こなすときは、艶やかな存在感を放つバッグをジュエリー代わりに。厳選されたパイソンレザーをサーモンピンクとモカブラウンに染め、ストライプ状に仕立てたバッグは、シャイニーシルバーのバックルがモダンな表情を演出します。カーキのハンサムな雰囲気に、ピンクという優しさを加えれば、バランス感のとれた「大人のかっこよさ」を表現できます。

【2】カーキブルゾン×黒ニット×パンツ

【2】カーキブルゾン×黒ニット×パンツ
ブルゾン(ヘルノ・ジャパン)、ニット(DES PRÉS 丸の内店〈DESPRÉS〉)、デニム(アマン〈アトリエ ノティファイ〉)、ストール(シジェーム ギンザ〈フランコフェラーリ〉)、バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(SUPER A MARKET〈WAIWAI〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

ヘルノのハイテク素材「ラミナー」を使用したカーキブルゾン。防水、防風、汗発散に優れた機能性の高さが魅力です。緩やかに広がるテントラインのショート丈ブルゾンには、スキニーデニムを合わせ、ボリュームを上に。

【3】カーキブルゾン×カーディガン×シャツ×スカート

【3】カーキブルゾン×カーディガン×シャツ×スカート
コート(アングローバル〈イレーヴ〉)、アリュードのカーディガン・イレブンティのスカーフ(三喜商事)、シャツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、スカート(ヴァルカナイズ・ロンドン〈ウィッスルズ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、ピアス(GALERIE VIE 丸の内店〈MODERN WEAVING〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ・靴(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

ビシッと決めたジャケパンにあえてラフなミリタリーブルゾンを重ねるところがオシャレ。程よくボディーにフィットするニットのタイトスカートを合わせて、きちんと感とキレのある女らしさをアピールしましょう。白シャツの襟でキリッと引き締め、小紋柄スカーフを合わせるとかっこよさが実現。色はシックトーンに抑えつつ、ボトムと小物で女らしい華やぎをプラスします。

【4】カーキノーカラーコート×ブラウス×パンツ

【4】カーキノーカラーコート×ブラウス×パンツ
コート・ブラウス・パンツ・バッグ(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

高密度のナイロン生地で仕立てたノーカラーコート。カーキがかったグレージュの色味と、シルキーな質感が、とびきり洗練された印象を演出できます。ウエストや裾にあしらわれたドローストリングで、シルエットを自在に調整できる、今どきのディテール使いも魅力。グレージュのシルクブラウスにアイスグレーのスエードパンツ…異なる質感のニュアンス色を重ね、奥行きのある着こなしを目指しましょう。

【5】カーキコート×オレンジワンピース×ストール

【5】カーキコート×オレンジワンピース×ストール
コート(コロネット〈エアロン〉)、ワンピース(キートン)、ストール(三喜商事〈バンフォード〉)、バッグ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、サングラス(バーバリー アイウェア)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

オレンジ色の鮮やかなワンピースと同系色のストールでリッチ感を強調。カーキ色とのメリハリ配色がはつらつとした印象を生み出してくれます。

【6】カーキトレンチコート×黒ワンピース

【6】カーキトレンチコート×黒ワンピース
コート(アマン〈パルト〉)、ワンピース(VINCE 表参道店)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、ピアス・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ヴィンテージ風のこなれ感を印象づけるカーキトレンチ。胸元スリットとブラウジングデザインがフェミニンな黒ワンピースで今どきのリラックス感を表現してくれます。

春夏おすすめカーキコートアイテム


【1】ファビアナフィリッピのジップアップコート

【1】ファビアナフィリッピのジップアップコート
コート(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2018年3月号』小学館、2018年

シルクを思わせる光沢となめらかさをもつナイロン素材のジップアップコート。通気性のいいメッシュの裏地を使用しているため、驚くほど軽量で、着心地も抜群です。ウエスト切り替えに横一列に並んだシルバービジューの『ルーチェ』で、シンプルながらも表情は豊かに。

ファビアナ フィリッピのジップアップコート

春夏カーキスカートコーデ


【1】カーキスカート×カーキブラウス

【1】カーキスカート×カーキブラウス
ブラウス(三喜商事〈マウリツィオ ペコラーロ〉)、スカート(ザ シークレットクロゼット六本木〈シクラス〉)、ピアス・リング(ストラスブルゴ〈スティーブン デュエック〉)、バッグ(PredPR〈プロエンザ スクーラー〉)、靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

フルレースのコットンブラウスは、カットワークの柄も、五分袖のボリュームスリーブも清楚な女らしさが魅力です。トレンドのシックカラー、カーキでまとめれば、こなれ感も生まれて、ただならぬ存在感と上級センスが漂う着こなしに。

【2】カーキスカート×ネイビーブラウス

【2】カーキスカート×ネイビーブラウス
ブラウス・スカート・スカーフ・ネックレス・靴(エルメスジャポン) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious5月号』小学館、2015年

アシンメトリーなカーキタックスカートには艶のあるシルクのブラウスを合わせて、ビジネスシーンでも信頼感を授けるコーデに仕上げましょう。

【3】カーキロングスカート×白Tシャツ

【3】カーキロングスカート×白Tシャツ
マックスマーラのTシャツ・サングラス・エス マックスマーラのスカート(マックスマーラ ジャパン)、帽子(アマン〈ドリア 1905〉)、バッグ(アタリー)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

ディープカラーのドレッシーなロングスカートにはシャーリングがあしらわれたTシャツで大人の華やぎをプラスしましょう。

【4】カーキタイトスカート×ネイビーシャツ

【4】カーキタイトスカート×ネイビーシャツ
ブラウス(ザ シークレットクロゼット六本木〈シクラス〉)、スカート(ADORE)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッペ ザノッティ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

カジュアルなカーキも好感度の高いネイビーを合わせれば、シックな配色に仕上がりクラス感を与えます。ウエスト部分がラッフルになったカーキのタイトスカートで旬な着こなしを。

【5】カーキフレアスカート×オレンジブラウス

【5】カーキフレアスカート×オレンジブラウス
ブラウス(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、スカート(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、バッグ(ハンティング ワールド ジャパン)、靴(JIMMY CHOO)  撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

グレージュのニュアンスを含んだカーキ色に、ビターな秋色オレンジを重ねた軽妙なコントラスト。Vネックトップス、フレアスカートともに、素材に程よい光沢感があるので、落ち着きすぎず華やかな印象が叶います。ミリタリーカーキのバッグでカーキ感を強調しつつ、足元はヌーディーなシルバーサンダルで軽やかに仕上げましょう。

春夏おすすめカーキスカートアイテム


【1】ヌメロ ヴェントゥーノのタイトスカート

【1】ヌメロ ヴェントゥーノのタイトスカート
スカート(IZA〈ヌメロ ヴェントゥーノ〉) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious2018年3月号』小学館、2018年

定番シルエットのタイトスカートも、サイドにラインをあしらうだけで旬の顔に変身! カーキ色にターコイズブルー&ホワイトの爽やかなラインが着こなしを刷新してくれます。