グレー色のコーディネートのまとめです。何にでも合わせやすい万能カラーのグレーですが、ひと工夫加えて魅力的な大人の着こなしに。

【目次】

春夏レディースグレーコーディネート


【1】グレーチェックジャケット×ニット×白パンツ

【1】グレーチェックジャケット×ニット×白パンツ
ジャケット(トム ブラウン 青山)、ニット(サザビーリーグ〈エキップモン〉)、パンツ(三喜商事〈アルト〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、時計(パテックフィリップ ジャパン)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

やや長めの着丈のオーバーシルエットに、足首まできゅっと強調するスティックパンツの組み合わせは、今シーズンの最強コンビ! フォルムが上品なぶん、素材やきれい色を取り入れれば、おしゃれの幅もぐんと広がります。アウターはツイード地が華やかなテーラード。袖ぐり、ラペル幅が細身のため、着てみると想像以上にスマート。カジュアルを目指すなら、小物をメンズライクにまとめるのがこなれるコツです。

【2】グレーチェックジャケット×ブラウス×タイトスカート

【2】グレーチェックジャケット×ブラウス×タイトスカート
ジャケット・ブラウス・スカート・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス( フレッド) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

着丈はヒップラインを覆う72㎝のジャケット。ダブルブレストの本格サルトリアルジャケットながら、スパンコールで描かれたウィンドーペンやコットンリネンのさらっとした着心地がジャケット特有の堅さを払拭してくれます。メンズライクなロングジャケット×とろみスカートの新鮮なコンビネーション。足元はヒールで女らしくまとめるのが正解です。

【3】グレーシャツ×カットソー×バッグ

【3】グレーシャツ×カットソー×バッグ
『パズル バッグ』・アシメトリック シャツ・レザートップス・サングラス(ロエベ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

前、後ろ、サイド、どこから見ても異なる表情を見せる、レザーをパズルのように組み立てたデザインは、レザーを知り尽くしたロエベの職人技術の真骨頂ともいえます。アクア、ライト ブルー、ストーン ブルーの3色を組み合わせた爽やかな配色が、早春の着こなしをワントーン明るく盛り上げてくれます。

【4】グレーワンピース×ペンダント

【4】グレーワンピース×ペンダント
ワンピース(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ピアス・ブレスレット・ペンダント・時計・リング(ブシュロン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

さらりと肌の上を滑る感触が心地よいワンピースは、たっぷりとした身ごろをサイドのリボンベルトで結び、ボディーラインをつくるデザイン。鎖骨がのぞく襟開きや幅広の6分丈スリーブが、まじめなグレーをこなれた印象に導きます。ダイヤモンドのロングペンダントが、さりげないしぐさでもきらめき、シックなグレーのワンピースに華やぎオーラを授けて。縦の長さが強調されるので、胸元もすっきりと見せてくれます。

【5】グレーパンツ×ブルージャケット×白シャツ

【5】グレーパンツ×ブルージャケット×白シャツ
ジャケット・パンツ(コロネット〈ボリオリ〉)、シャツ(三喜商事〈イレブンティ〉)、ポケットチーフ・バッグ(和光)、メガネ(ファブ〈セリマ〉)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

カジュアルなコットンのニットジャケットは、高密度で編まれているため形くずれもせず、きちんと感も◎。インナーの滑りを助けるため、そでのみ裏地を採用するうれしい配慮も魅力です。

【6】グレージレ×白Tシャツ×白パンツ

【6】グレージレ×白Tシャツ×白パンツ
ロングジレとニュアンスカラーの法則

「白Tシャツ」に白パンツを合わせたシンプルなオールホワイトコーデをブラッシュアップしたのはロングジレの存在でした。「ジャストくるぶし丈」のパンツ選びや「ニュアンスカラー」の取り入れ方など、スタイルアップのヒントが満載。仕上げの赤い口紅がこなれ感も演出しています。オールコーデで真似したいお手本スタイルです。

スニーカーに合わせたいグレーコーデ


【1】スニーカー×グレーワンピース×ブルゾン

【1】スニーカー×グレーワンピース×ブルゾン
ブルゾン・ワンピース・バッグ・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

前身ごろはラムレザースエード、後ろ身ごろはジャージー素材と、異素材を組み合わせたジップアップブルゾン。スポーティーアイテムならではの、快適な着心地と軽快なフォルムをもちながら、端正で上品な印象です。その理由は、澄んだアイスグレーに染め上げたしなやかなスエードが、リッチ感を演出してくれるから。同仕様のワンピースとセットアップで着こなして、繊細な女性らしさをアピールしましょう。

【2】グレースニーカー×グレーベスト×カットソー×パンツ

【2】グレースニーカー×グレーベスト×カットソー×パンツ
パンツ・ベスト・トップス・バッグ・ブレスレット・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、リング(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/赤尾昌則(White STOUT ) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

パンツのチャコールグレーを基軸に、グレーの色調でシックにまとめて。温度調節に重宝するサマーベストは、肩先にあしらったブロンズのボールチェーンの意匠がリュクスな雰囲気を後押ししてくれます。

【3】白スニーカー×グレーパンツ×ニット×コート

【3】白スニーカー×グレーパンツ×ニット×コート
コート(ヘルノ プレスルーム)、ニット(ブラミンク〈ブラミンク〉)、パンツ(キッチン&カンパニー〈ボルボネーゼ〉)、バッグ(三喜商事〈バンフォード〉)、サングラス(ミラリジャパン〈マイケル・コース〉)、靴(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

スマートなシルエットを描くコンパクトサイズのトレンチ。スエードのガウチョパンツ、レース素材のスニーカーで軽快な足元にすれば「こなれカジュアル」が完成します。

グレーカーディガンコーデ


【1】グレーカーディガン×パンツ×コート

【1】グレーカーディガン×パンツ×コート
ブルゾン・カーディガン・Tシャツ・パンツ・バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈トーマス・マイヤー〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

ナイロンシルクタフタで仕立てたコートは、控えめな光沢が上品。グレーのジャージー生地を配した袖口や、ドローストリングでシルエットを自在に調節可能など、ひとひねりあるデザインも魅力です。シャカシャカした質感のブルゾンにローゲージのメランジェニットという、異素材のかけ合わせなら新鮮な表情が生まれます。

【2】グレーカーディガン×シャツ×パンツ×ブルゾン

【2】グレーカーディガン×シャツ×パンツ×ブルゾン
コート(アングローバル〈イレーヴ〉)、アリュードのカーディガン・イレブンティのスカーフ(三喜商事)、シャツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、スカート(ヴァルカナイズ・ロンドン〈ウィッスルズ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、ピアス(GALERIE VIE 丸の内店〈MODERN WEAVING〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ・靴(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

ビシッと決めたジャケパンにあえてラフなミリタリーブルゾンを重ねるところがオシャレ。程よくボディーにフィットするニットのタイトスカートを合わせて、きちんと感とキレのある女らしさをアピールしましょう。白シャツの襟でキリッと引き締め、小紋柄スカーフと合わせればかっこよさが実現。色はシックトーンに抑えつつ、ボトムと小物で女らしい華やぎをプラスしましょう。

【3】グレーカーディガン×トップス×ワイドパンツ

【3】グレーカーディガン×トップス×ワイドパンツ
ノーブルな印象に見せるラウンドトウのチャンキーヒール

「シャネル」のオートクチュールが披露されたランウェイショー会場に、ソフィア・コッポラは極太のワイドパンツで登場。ニットのカーディガンジャケットを肩掛けにして、穏やかなムードを演出しています。パンツの正面にはたくさんのボタンが並んでいて、まるでアクセサリーのよう。爪先が丸いラウンドトウのチャンキーヒールが足元から愛らしさを添えています。

【4】グレーロングカーディガン×白ワンピース

【4】グレーロングカーディガン×白ワンピース
ミラノリブのコットンカーディガン(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、コットンベースのストレッチワンピース(アオイ〈マントゥ〉)、ピアス・リング(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(バリー 銀座店)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY :『Precious6月号』小学館、2017年

今どきな着こなしが楽しめるロングカーディガンは、お仕事シーンでカジュアルになりすぎないよう、端正なジュエリーでアップグレードするのがおすすめ。白とグレーの配色は清潔感があるからオフィス向きです。

グレーコートコーデ


【1】グレーロングトレンチコート×ブラウス×パンツ

【1】グレーロングトレンチコート×ブラウス×パンツ
コート(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉)、ブラウス(バイ マレーネ ビルガー 青山店)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、バッグ・靴(JIMMYCHOO)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、時計・ブレスレット・リング(ピアジェ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

透湿防水フィルムをボンディングしたリネン素材を使用。ピーコックグリーンのパンツがすらりとした美脚ラインを強調してくれます。

【2】グレーコート×イエローニット×パンツ

【2】グレーコート×イエローニット×パンツ
コート(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、ニット(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、バッグ・ショルダーストラップ(デルヴォー・ジャパン)、リング・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(ブラミンク〈ジャコメッティ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

カッティングがきれいなグレーのコートを主役に、イエローと白で調和させて爽やかなコーディネートに。足元も白で仕上げて軽やかさを印象づけましょう。

【3】グレートレンチコート×ニット×パンツ

【3】グレートレンチコート×ニット×パンツ
コート・パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、ネックレス・リング(シャンテクレール 東京店)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

布帛のロングカーディガンのようなライトな感覚で着られる、ひざ下丈のシンプルトレンチ。リブニットとクロップドパンツで上品カジュアルに仕上げると、洗練度がぐっとアップします。

【4】グレージャケット×オールインワン

【4】グレージャケット×オールインワン
ジャケット(三喜商事<ストラネス>)、オールインワン(ADORE)、ネックレス(ウノアエレ ジャパン<ウノアエレ>)、時計(DKSHジャパン<ベダ&カンパニー>)、バッグ(グローブ・トロッター 銀座<グローブ・トロッター>)、靴(セルジオ ロッシ カスタマーサービス<セルジオ ロッシ>)

トップスのブラウスは白で、ボトムのテーパードパンツは黒というベーシックな配色が魅力のオールインワン。ブラウスがパンツにふわっとかかっているようなデザインで、女性らしさもありながら、ウエスト周りのカバーもしてくれる秀逸デザインです。ライトグレーのツイードミディ丈ジャケットをはおってきちんと感を高めれば、好感度の高いスタイルが完成します。