ホワイトカラーのシャツを取り入れたコーディネートをまとめました。ファッションアイテムの定番とも呼べる白シャツを使って、シンプルだったり華やかだったりといった幅広いコーディネートを楽しみましょう。さらに王道アイテムである白Tシャツを使ってコーディネートも紹介します。

【目次】

レディース春夏白シャツコーデ


【1】白シャツ×ブルーパンツ×ストール

【1】白シャツ×ブルーパンツ×ストール
シャツ(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、パンツ(ドゥロワー青山店〈ドゥロワー〉)、バッグ・靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン〈ロジェ ヴィヴィエ〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、サングラス(ブリンク ベース〈ティエリー ラスリー〉)、腕時計・ブレスレット・リング(カルティエ) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

シンプルな着こなしに、色と小物で深みを加えて。きちんと感とアクティブさを兼備するシガレットパンツは、きれい色なら爽快なインパクトを与えてくれます。 

【2】白シャツ×黒パンツ×トレンチコート

【2】白シャツ×黒パンツ×トレンチコート
ヴァレンティノのコート・シャツ・パンツ・ヴァレンティノガラヴァーニのバッグ・靴(ヴァレンティノ ジャパン〈)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

薄いシルクジョーゼットを重ねて、ステッチをかけた贅沢なトレンチコート。正統派トレンチのデザインを踏襲しつつ、しなやか素材でロング&リーンなシルエットが実現できるから、白シャツ&黒パンツでマニッシュにまとめても、女らしさが香り立ちます。

【3】白シャツ×パンツ×ブルゾン

【3】白シャツ×パンツ×ブルゾン
フーデッドコート・バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ブラウス(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ワイドパンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、スーツケース〔参考価格〕(フィーゴ〈フェリージ〉) 靴(JIMMYCHOO)、時計(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

出張時でもリラックス感はほどほどに、ワイドパンツを主役にいつもと同じようなきちんとスタイルをキープするのがキャリア女性の矜持。白シャツをベージュブルゾンの袖口からのぞかせた絶妙な色重ねで、どこまでも上品な着こなしを目指します。

【4】白シャツ×黒パンツ×スカーフ

【4】白シャツ×黒パンツ×スカーフ
シャツ・シルクのスカーフ・パンツ・イヤリング・リング(イヴ•サンローラン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

しなやかなシルククレープデシンの白シャツに、シャープな黒パンツという、凛として、研ぎ澄まされたミニマルモードに、繊細かつ個性的なモチーフジュエリーを重ねづけ。そんな遊び心こそが、大人かわいいスタイルの真骨頂です。

【5】白シャツ×ミントグリーンパンツ

【5】白シャツ×ミントグリーンパンツ
パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、シャツ(エーピー ストゥディオ・ニュウマン シンジュク〈エーピー ストゥディオ〉)、ネックレス(ボン マジック)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン・ゼニス)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈フォンタナ ミラノ 1915 〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

パンツは艶のあるシルクウール素材で、ミントグリーンの爽やかな色が新鮮。背中にボリュームをもたせた白シャツは、フロントのみボトムインして、もたつきを解消させましょう。靴とバッグは淡いベージュトーンで品よくまとめて。

【6】白シャツ×ブルーパンツ

【6】白シャツ×ブルーパンツ
シャツ(ebure)、パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ブレスレット・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

フロントヨークを切り替えたノーカラーのドレスシャツは、スイスにある最高級のシャツ生地メーカーのコットンを使用。上質素材ならではのしなやかさとボトムインした端正な佇いに、透明感のある水色のパンツがひときわクリアに映えます。フリンジが楽しい巾着型バッグで軽やかに仕上げましょう。

【7】白シャツ×デニムパンツ×スカーフ

【7】白シャツ×デニムパンツ×スカーフ
シャツ(トレメッツォ〈バグッタ〉)、パンツ(エム&アソシエイツ〈シンメ〉)、スカーフ・レザーブレスレット・エナメルブレスレット(エルメスジャポン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

シンプル派にとって基本ともいうべき白シャツは、そのまま着るのでは物足りません。そこでプリントスカーフをネクタイ風に結んで流れるような女らしさをプラス。さらにプリントのなかのアクセントカラー=ピンクを手首のブレスレットにもリンクさせましょう。淡いラベンダーカラーの濃淡とローズピンクとの優しいハーモニーは、辛口のシャツをぐっと優雅に印象づけてくれます。

【8】白シャツ×白パンツ×ジレ

【8】白シャツ×白パンツ×ジレ
パンツ・ジレ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、シャツ(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、バッグ(ブランドニュース〈マンサー ガブリエルフォー エッセンス〉)、ネックレス(ピアジェ)、靴(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ジャンヴィト ロッシ〉) 撮影/赤尾昌則(White STOUT ) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

ジョーゼットのゆとりパンツと、とろみ素材のブラウスは白でまとめて軽やかに。薄手のラムレザーで仕立てたロングジレが着映え効果を発揮します。

【9】白シャツ×キャメルワイドパンツ

【9】白シャツ×キャメルワイドパンツ
シャツ・パンツ・バッグ(オンワードグローバルファッション〈ジル・サンダー〉)、眼鏡(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、バングル( ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

黒のピンストライプが効いた白シャツを主役にした余裕漂う装い。キャメルのワイドボトムを合わせた優しい配色バランスが、クールなシャツスタイルに親しみやすさをもたらします。眼鏡やレザーバッグなどの黒小物で、オフィスシーンにも通用する心地よい緊張感を忘れずに。

【10】白シャツ×白パンツ×カーディガン

【10】白シャツ×白パンツ×カーディガン
靴(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッペ ザノッティ〉)、イレブンティのカーディガン・パンツ・ストラネスの白シャツ(三喜商事)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、ピアス・バングル(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

ベージュ×ホワイトの清潔感あふれる着こなしには、インパクトのある足元を演出してセンスをアピール。華奢なピンヒールではなく、パテントレザーで覆われたブロックヒールだからこそ、力の抜けたおしゃれがかないます。

【11】白シャツ×デニムパンツ

【11】白シャツ×デニムパンツ
靴『BB』(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)、バルバのシャツ・セバスチャン ジョフリーモンフォールのバングル・スティーブン デュエックのリング(ストラスブルゴ)、デニム(アクネ ストゥディオズ)、ベルト/私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

うっとりと見惚れるほど美しいターコイズブルーのパンプスがあれば、白シャツとデニムのごくごくシンプルな着こなしも、ハッとするほど洗練されます。どこから見ても、女性の脚を完璧なほどに美しく形づくるパンプス『BB』には、「すべての女性はブリジット・バルドーのエレガントな歩き方を学ぶべき」というマノロ氏の想いがあふれています。

【12】白シャツ×パンツ×ジャケット

【12】白シャツ×パンツ×ジャケット
ジャケット・パンツ(コロネット〈ボリオリ〉)、シャツ(三喜商事〈イレブンティ〉)、ポケットチーフ・バッグ(和光)、メガネ(ファブ〈セリマ〉)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

カジュアルなコットン素材でありながら、高密度で編まれているため形くずれもせず、きちんと感もあるニットジャケット。インナーの滑りを助けるため、袖のみ裏地を採用するうれしい配慮も魅力です。

【13】白シャツ×グリーン柄パンツ

【13】白シャツ×グリーンパンツ
シャツ・パンツ・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

サファリテイストをそのままプリントで表現した細身のパンツ。リナ・ボ・バルディ自らデザインした、自邸から見た景色がイメージソースになっています。清潔感のある白のロング丈シャツとメタリックサンダルを合わせて、リラックスムードたっぷりに着こなしましょう。

【14】白シャツ×デニムパンツ×黒ジャケット

【14】白シャツ×デニムパンツ×黒ジャケット
バッグ・ジャケット・シルクシャツ・デニム・靴・イヤリング・ブローチ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

丈が長めのスモーキングジャケットは、デニムでドレスダウンすると絶妙なシルエットが生まれます。新作のショルダーバッグ『シャーロット』を、モダンな光沢を放つ黒のパテントで取り入れて。

【15】白シャツ×デニムパンツ

【15】白シャツ×デニムパンツ
大人の余裕を感じさせるデニムスタイル

ラフな印象を与える少しゆとりのあるボーイフレンドデニムをオンモードに格上げしたのは、ピンヒールと上質レザーのバッグの存在でした。シンプルなのにオシャレ、それを叶える最大のポイントは大きすぎず小さすぎない、そのサイズ感のアジャストが左右します。自分に似合う黄金バランスを研究して、デニムに白シャツという王道のスタイルを自分らしくアップデートしましょう!

【16】白シャツ×パンツ×帽子

【16】白シャツ×パンツ×帽子

働く女性の基本アイテムである「パンツ」スタイルをハイセンスに格上げたのは、つば広のストローハットの存在感。日本人にはなかなかない大胆な発想ですが、オシャレ心を後押しするアイテム選びはぜひ参考にしてください!

レディース春夏白Tシャツコーデ


【1】白Tシャツ×フレアスカート×ピンクブルゾン

【1】白Tシャツ×フレアスカート×ピンクブルゾン
ドゥロワーのブルゾン・ドラゴンのバッグ(ドゥロワー 丸の内店)、アバティのTシャツ・エリザベス アンド ジェームスのスカート(コロネット)、時計(ブライトリング・ジャパン)、靴(ebure〈アルムナエ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

今春、ぜひ取り入れたいのが大人のスポーツテイスト。ブルゾンはパワフルなピンクを選択。その迫力に負けないようにたっぷりしたフレアスカートで女力ある華やぎを加味しましょう。端正なアイボリーカラーとなら、軽快さも十分です。

【2】白Tシャツ×黒パンツ×黒ジャケット

【2】白Tシャツ×黒パンツ×黒ジャケット
ジャケット・パンツ(マディソンブルー)、カットソー(スローン)、ピアス・ネックレス・ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

ウエスト位置を高めで絞ったジャケット、ヒップラインを美しく見せるパンツ…。こんなさりげない女らしさを感じさせる、シルエットのきれいな黒のセットアップこそ、特別な日に限定せず、日常で着こなして。

【3】白Tシャツ×パンツ×パーカー×ストール

【3】白Tシャツ×パンツ×パーカー×ストール
フーデッドコート・ストール・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン)、Tシャツ(コロネット〈アバティ〉)、パンツ(ブラミンク)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、時計(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター)  撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

週末のオフタイムには、自然になじむベージュのスエードアウターをはおれば、リラックス気分もさらに盛り上がります。白Tシャツをインに、淡いベージュを重ねて、春気分も満載。

【4】白Tシャツ×黒スカート×黒ジャケット

【4】白Tシャツ×黒スカート×黒ジャケット
ディオールのジャケット・カットソー・スカート・靴・ディオール ファインジュエリーのブレスレット・リング・バングル(クリスチャンディオール) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

モノトーンのジャケットスタイルに、女性らしさあふれるチュールスカートで味つけ。フェミニン&モードな端正な着こなしがかないます。

【5】白Tシャツ×デニムパンツ×カーディガン

【5】白Tシャツ×デニムパンツ×カーディガン
カーディガン・Tシャツ・デニム・靴(グッチ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

グッチの伝統的なアイコン、ウェブ ストライプのトリミングが目を引くツイードカーディガン。たっぷりとしたオーバーサイズが鮮度の高い装いへと導いてくれます。1980年代に誕生したグッチ ロゴをアップデートしたプリントTシャツとブリーチデニムで、懐かしくも新鮮な着こなしに。足元の仕上げは、おしゃれ通に人気を博すホースビット付きスリッパサンダルで洗練を極めましょう!

【6】白Tシャツ×黒スカート×白ジャケット

【6】白Tシャツ×黒スカート×白ジャケット
ジャケット・Tシャツ・スカート・ネックレス(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

Tシャツをインに合わせ、美しいシェイプのジャケットをオープンに。軽やかなチュールのスカートを合わせた着こなしは、「ニュー ルック」の新解釈です。カジュアルな遊び心で表現したかしこまらないエレガンスは、まさに今の気分! これこそが、女性の精神性をリアルにとらえたマリア・グラツィア・キウリの視点です。

【7】白Tシャツ×イエローパンツ×ストール

【7】白Tシャツ×イエローパンツ×ストール
Tシャツ(三崎商事<エルミダ>)、パンツ(ASPESI 六本木<アスペジ>)、ピアス(ストラスブルゴ<サイモン アルカンタラ>)、バングル(コロネット<エリザベス アンド ジェームス>)、ストール(スティーブン アラン トーキョー<スティーブン アラン>)、バッグ・靴(トッズ・ジャパン<トッズ>)

定番の白Tシャツですが、キャリア女性的セレクトポイントは、まず何よりも部屋着感がないこと。シンプルなデザインや薄手素材の白Tシャツは、大人の女性が着る場合、ともするとのっぺり見えたり急激なオフ感が出てしまう可能性が…。そんな心配を払拭してくれるのが、このコーディネートでも使用している、ちょっとしたデザイン性が効いた一枚です。

【8】白Tシャツ×黒スカート×ジレ

【8】白Tシャツ×黒スカート×ジレ
Tシャツ(エストネーション<オーラリー>)、ジレ[共布ベルト付き](チェルキ<トモウミ オノ>)、スカート(yoshie inaba)、バングル各・リング各(ポメラート・ジャパン<ポメラート>)、バッグ・靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン<ロジェ ヴィヴィエ>)

Vネックの白Tシャツを一枚で。ではちょっと心許なくて…、と感じるときにオススメしたいのが、ジレとレイヤードした着こなしです。TシャツのV開きによって顔周りはすっきりと見せながら、コーディネートに深みが生まれるジレ合わせ。どうしてもトップス一枚×ボトム一枚という単調な合わせが続いてしまう初夏に取り入れることで、いつも同じ印象に陥りがちな装いに幅が出ます。

【9】白Tシャツ×プリーツスカート

【9】白Tシャツ×プリーツスカート

シルキー素材のトップスにフェミニンなプリーツスカートを合わせた、品格あるご令嬢スタイル。非の打ち所のない清楚な大人コーデのお手本ですが、実は主張し過ぎないよう馴染ませた「茶色」の配色がスタイルアップの鍵に。アーバンさも感じさせる生真面目過ぎないオフィススタイルは、好感度アップ間違いなしです!

【10】白Tシャツ×白パンツ×ジレ

【10】白Tシャツ×白パンツ×ジレ
ロングジレとニュアンスカラーの法則

「白Tシャツ」に白パンツを合わせたシンプルなオールホワイトコーデをブラッシュアップしたのはロングジレの存在でした。「ジャストくるぶし丈」のパンツ選びや「ニュアンスカラー」の取り入れ方など、スタイルアップのヒントが満載。仕上げの赤い口紅がこなれ感も演出しています。オールコーデで真似したいお手本スタイルです。

白シャツ×スカートコーデ


【1】白シャツ×黒スカート×ジャケット

【1】白シャツ×黒スカート×ジャケット
ジャケット・ブラウス・ボウタイ・スカート・ブローチ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/水田学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

細ラペルが端正なウールジャケットは、はおったときにいちばんきれいに見えると打ち出されたこだわりの74㎝丈。小さめの袖ぐり、細身な身幅で、ロングシルエットでもスマートに着こなせます。マニッシュな表情のジャケットには、リボン風のボウタイで、ほのかな女らしさをプラスしましょう。

【2】白シャツ×白スカート

【2】白シャツ×白スカート
ブラウス・スカート・ピアス・バッグ※日本橋三越限定(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

一見、ごくシンプルな着こなしにも見えますが、深めのネックラインやオーバーサイズなど計算し尽くされたシルクブラウス。歩くたびにひらりと揺れるラップスカートも同色でそろえたら、仕上げにクロコダイルのバッグでキレ味を出しましょう。

【3】白シャツ×スカート×スカーフ

【3】白シャツ×スカート×スカーフ
シャツ(アマン〈フィナモレ〉)、スカート(三喜商事〈マウリツィオ ペコラーロ〉)、シルクスカーフ『マハラニの庭』・バングル(エルメスジャポン)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ラフに巻いたスカーフや少しビッグサイズへとアップデートした白シャツ…上品なくずしが絶妙な装いへと導いてくれます。ベーシック派だからこそ、今っぽさには敏感でありましょう。

【4】白シャツ×白ワンピース

【4】白シャツ×白ワンピース

N.Y.のオシャレマダムといってまず思い浮かぶのは、高級百貨店、バーグドルフ・グッドマンの女帝ともいえるリンダ・ファーゴではないでしょうか。鮮烈のホワイトワンピースにシャツを一枚はおっただけの、実はとてもシンプルなコーディネートなのですが、腰位置でシャツを結ぶなど独自の視点でアレンジを加えることで、こなれ感が醸し出されています。彼女のパーソナリティを映し出すかのような、自由な着こなし術です。