356年の輝かしい歴史と洗練された舞台で、バレエ界に燦然と君臨するパリ・オペラ座バレエ団。その芸術監督にオレリー・デュポンが就任して以降、初来日の公演が3/2よりスタート!

『ラ・シルフィード』©Anne Deniau/OnP

パリ・オペラ座バレエ団は、バレエを愛した国王ルイ14世によって創設された世界最古の歴史をもつバレエ団。

激しい競争を勝ち抜いてきたバレエ・エリートたちのなかでも、その頂点に輝く“エトワール”(=星)でカリスマ的な人気を誇ったオレリー・デュポンが、昨秋芸術監督に就任しました。

「テーマとヴァリエーション」©Anne Deniau/OnP

今回上演されるのは、『ラ・シルフィード』の全幕と、バリエーション豊かに楽しむことができる『グラン・ガラ』です。

『ラ・シルフィード』は19世紀パリ・オペラ座で初演され、バレエ史に甘美にして決定的な変革をもたらした一方で、フランス・バレエならではの魅力にあふれた名作。

「ダフニスとクロエ」©Anne Deniau/OnP

また、『グラン・ガラ』で上演されるのは、チャイコフスキー作曲の楽曲に合わせた「テーマとヴァリエーション」、ショパン作曲の楽曲に合わせた「アザー・ダンス」、そしてラヴェル作曲の「ダフニスとクロエ」です。

数多くのスターたちの競演はもちろんのこと、バレエ団の真の実力を測ると言われる群舞、豪華な美術・衣裳にいたるまで、バレエの醍醐味を味わうことができる本公演。

この機会に、ぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

パリ・オペラ座バレエ団 2017年日本公演

『ラ・シルフィード 』全 2幕

公演日時/2017年3月2日(木)18:30、2017年3月3日(金)18:30、2017年3月4日(土)13:30、18:30、2017年3月5日(日)15:00

『グラン・ガラ』

公演日時/2017年3月9日(木)18:30、2017年3月10日(金)18:30、2017年3月11日(土)13:30、18:30、2017年3月12日(日)15:00
入場料/S=¥27,000、A=¥24,000、B=¥21,000、C=¥17,000、D=¥13,000、E=¥9,000

問い合わせ先

会場:東京文化会館

東京都台東区上野公園5-45

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2017.9.1 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。