ベージュカラーのバッグを取り入れたコーディネートをまとめました。定番カラーのバッグは何にでも合わせやすく重宝します。そんなベージュカラーのバッグの合わせ方をご紹介します。

春のベージュバッグコーデ


ベージュのショルダーバッグ×ボーダーニット×ピンクパンツ

ベージュのショルダーバッグ×ボーダーニット×ピンクパンツ
パンツ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、2連にしたネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、時計(ブライトリング・ジャパン)、バッグ(トッズ・ジャパン)、スニーカー(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

インパクトがあるボーダートップスには鮮やかピンクのパンツを合わせ、強さのバランスをとって。上品なベージュのバッグをトッピングすれば、印象的な大人のマリンスタイルが完成します。

ベージュバッグ×イエローニット×ピンクスカート

ベージュバッグ×イエローニット×ピンクスカート
ニット(オルドス ファッション ジャパン)、スカート(ブルーベル・ジャパン〈カルヴェン〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

いつもなら同じトーンのベージュピンクで無難になじませるところを、今春は瑞々しく明るいイエローを選択して、遊び心あふれる色合わせに。シトラスイエローの爽やかさが際立って、スタイリッシュ。バッグと靴は、全身をつなげる役目のベージュが正解です。

ベージュバッグ×ジャケット×ニット×スカート

ベージュバッグ×ジャケット×ニット×スカート
靴『ジャンヴィト』(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)、ジャケット(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、スカート(キートン)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、ネックレス(Theory luxe〈Kong qi〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

春らしいスカートスタイルに寄り添うヌードベージュのスエードパンプス。軽やかなポインテッドトウとすらりと伸びたヒールが、着こなしをフレッシュに彩ります。バッグの色味もリンクさせて、より女性らしい着こなしに仕上げましょう。

ベージュバッグ×カーディガン&ニット×パンツ

ベージュバッグ×カーディガン&ニット×パンツ
パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、カーディガン・ニット(エストネーション〈エストネーション〉)、ピアス・バングル(フレッド)、バッグ(エドストローム オフィス〈ジェイ ダブリュー アンダーソン〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

スティックパンツは一見無地、よく見るとベージュにラメ糸を織り込んだグレンチェック柄。日本人体型に合うようにつくられた定番の細身シルエットです。オレンジのアンサンブルニットを合わせて、甘さをたたえた上品配色も魅力。ゴールド使いがかっこいいベージュのバッグとバングルをリンクさせると、リッチ感も漂います。

ベージュバッグ×ベージュのデザインコート

ベージュバッグ×ベージュのデザインコート
コート・バッグ・靴(ロエベ ジャパン)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、スカート/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

細やかな切り込みを大胆に入れることでつくり出した、斜めに広がるフリンジ。高度なテクニックと創造性豊かなクリエイションが、ベージュのクラシカルなトレンチコートを特別な存在へと昇華させています。職人ワザが際立つレザーバッグを携えて、ドラマティックな着こなしに。

ベージュバッグ×ストール×Tシャツ×パンツ

ベージュバッグ×ストール×Tシャツ×パンツ
ストール・Tシャツ・パンツ・ネックレス(ブルネロ クチネリ ジャパン)、バッグ(トッズ・ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

エクリュベージュのリネン混ファブリック一枚で仕立てたストールをさらりとはおった、シンプルラグジュアリーなスタイル。全面に織り込まれた極細の金糸が、繊細な煌めき効果を発揮。端正なレザーバッグを合わせれば、いきいきとしたリッチ感に全身が満たされます。

ベージュバッグ×ブルゾン×ニット×パンツ

ベージュバッグ×ブルゾン×ニット×パンツ
ブルゾン(三喜商事〈マレーラ〉)、ノースリーブニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、時計(パテック フィリップジャパン)、リング(TASAKI)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈カルヴェン〉)、靴(ピエール アルディ 東京)、ノートカバー・ノート(モワナ メゾン GINZA SIX) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ベージュを着る日は、靴&バッグまでワントーンでまとめて優しく、あるいは×ブラックできりっと…というのが王道。さらに今季は、ベージュにきれいな春色を合わせる配色コーディネートがおすすめです。ブルーのブルゾンを合わせて爽やかな印象に。いつものベージュの装いに奥行きを出すことができます。

ベージュバッグ×モカベージュブラウス×パンツ

ベージュバッグ×モカベージュブラウス×パンツ
ブラウス・パンツ・バッグ(ドリス ヴァン ノッテン)、インナー/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

袖を通すだけでワクワクするような、美しい透け感のモカベージュのブラウス。端正なシルエットでありながら、肌にヴェールをまとったようなニュアンスを与える繊細なシルクオーガンジー素材と、襟元の精緻なビジューによって、ぐっと華やかなニュアンスが加わります。同系色のパンツとバッグを合わせ、シックにリズミカルに春のベージュのおしゃれを楽しみましょう。

ベージュバッグ×ブラウス×白ワイドパンツ

ベージュバッグ×ブラウス×白ワイドパンツ
シルクブラウス(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ スポート〉)、パンツ(J&M デヴィッドソン 青山店)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

仕事の日にもおすすめの、ハンサムな「透け感ベージュ」の装い。モカベージュのブラウスと淡ベージュのパンツを軸に、小物まですべてワントーンでまとめると、洗練された着こなしが完成します。

ベージュバッグ×ニット×スカート

ベージュバッグ×ニット×スカート
エストネーションのニット・ペランのバッグ(エストネーション)、スカート(ショールーム リンクス〈セドリック、シャルリエ〉)、アルテミス・ジョイエリ、のペンダント・ネックレス・マッティオリのネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

上品な光沢のラメがぎっしりあしらわれた ミラノリブのニットが主役。Tシャツ型でどこかカジュアルなところも、今の気分にぴったりです。バッグはモダンで上品なデザインのクラッチを選択して、女性らしさを強調しましょう。

ベージュバッグ×ブルーシャツ×タイトスカート

ベージュバッグ×ブルーシャツ×タイトスカート
シャツ・スカート・ベルト(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ネックレス(シャンテクレール 東京店)、バングル・リング(ジョージ ジェンセン ジャパン)、バッグ(ブランドニュース〈メアリ オルターナ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

白のピンストライプが施されたタイトスカートには、サイダーのように爽快なブルーシャツを取り入れて、おしゃれを更新しましょう。比翼シャツはゆったりとしたドルマンスリーブ、スカートにはフロントにラッフルが施され、きちんと感をキープしながらも、ほんのり旬が楽しめるデザイン。白ローファー×ベージュのトートバッグで、カジュアル寄りの洗練お仕事スタイルが完成します。

ベージュバッグ×ピンクニット×ピンクパンツ

ベージュバッグ×ピンクニット×ピンクパンツ
コート(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、ニット・パンツ(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、スカーフ(エルメスジャポン)時計(パテック フィリップ ジャパン)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

大人が選ぶべきピンクは、ベージュに溶け込む淡いパウダートーン。遠目から見るとワントーンにも見える、繊細な色使いは洗練された着こなしへと導いて。グレージュのバッグや時計で品を備えながらも、スカーフや靴で白をちりばめることで、すっきりと春らしい着こなしが完成します。

ベージュバッグ×ベージュコート

ベージュバッグ×ベージュコート
バッグ(デルヴォー・ジャパン)、コート(ブルーベル・ジャパン〈カルヴェン〉)、ピアス・ブレスレット・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/宮本直孝 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

淑女たるエレガンスを備えた女性にふさわしいハンドバッグの名品『ブリヨン』。誕生から半世紀以上、時代とともに色や素材など多彩なバリエーションが広がり続けているのも、古びない完璧なプロポーションをもつ名品の証です。新色「カマイユヌード」は、定番色の「ヌード」を基調に、絵画のカマイユ技法さながら、絶妙に色調の異なる3色のベージュを配した新鮮なカラーリング。端正なフォルムをドレッシーに彩る、傷ひとつないボックスカーフレザーのなめらかな光沢と相まって、美しい存在感を放ちます。

ベージュバッグ×ブラウス×ワイドパンツ

ベージュバッグ×ブラウス×ワイドパンツ
ブラウス(VINCE 表参道店)、パンツ(アングローバル〈イレーヴ〉)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、ストール(チェルキ〈クラウディオ クトゥーリ〉)、フィリップ オーディベールのピアス・バングル・ランドシヌールのリング(アストラット 新宿店)、ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈ペラン〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/宮本直孝 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

肌艶を美しく見せるシルクサテンのブラウスは、ぜひともワードローブに常備しておきたいアイテム。ドレープが波打つ、とろみのあるストレッチシルクに、ゴールドのような艶をもつベージュが優美な陰影を描きます。バッグやストールまで色味をリンクさせて、エレガントにまとめましょう。

フェンディのベージュバッグ

フェンディのベージュバッグ
バッグ『キャナイ エフ』(フェンディ ジャパン)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ストール『スタッファ』(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ロゴとリンク部分に使われた、マイルドなトーンのイエローゴールド色のメタルが魅力のバッグ。ライトベージュのカーフレザーに優しく映えて、着こなしに華を添えます。