英国紳士の印象が強いチェック柄ですが、その一方で、ボーイッシュやカジュアルといったイメージも帯びています。賢く着こなすにあたっては、シーンやアイテムに応じて、チェック柄の表情を引き出すのがポイントになります。メンズライクな雰囲気があるだけに、女性が取り入れると、程よいテイストミックスが生まれます。ドレッシーにもカジュアルにも自在に落とし込むテクニックとは? 人気女優・ダイアン・クルーガーの着こなしから紐解きます。

ダイアン・クルーガーに学ぶ!トレンド「チェック柄」の着こなし5選

■1:ブラックパンツをクールに整える「チェック柄ジャケット」

全体に凜々しさを帯びさせるメンズライクなシルエット

マニッシュな仕立てのチェック柄ジャケットをキーアイテムに選んで、ボトムスは癖のないブラックパンツを選びました。プレーンな見栄えの白Tシャツを仲立ち役に迎えたのがダイアンの賢い選択です。

色もモノトーンでそろえて、チェック柄の品格ムードを際立たせています。かすかにリュクス感を添えているのが、肩掛けしたチェーンバッグ。白Tシャツの上に乗せたネックレスも控えめな華やぎを加えています。

■2:ドレスの引き締め役に選ぶ「チェック柄ジャケット」

モノトーンコーデに差し色として投入した赤のクラッチバッグとハイヒール

映画賞の授賞式に出席したダイアンは、ホワイトドレスの上からチェック柄ジャケットを羽織って、レッドカーペットに登場しました。このような晴れ舞台ではドレスが見どころになりますが、あえてジャケットを重ねて、シックに整えました。かしこまった席でのワンピースの着回し技としても参考になるテクニックです。

不ぞろいに揺れるドレスのアシンメトリー裾が優美な風情。相方のジャケットも、身ごろを分解したかのようなアレンジが正面に施してあり、ドレスとうまく融け合っています。ジャケットの上からベルトマークしてめりはりを出すと、砂時計状にくびれた「フィット&フレア」のシルエットが生まれます。

■3:アシンメトリーで遊び心を加えた多色使いの「チェック柄ドレス」

布とレザーの異素材ミックスで大人っぽさを引き出すミニドレス

チェック柄が備えている若々しさやガーリー感を前面に押し出したのが、こちらのコーデです。コンパクトなミニドレスを選んで、キュートさを演出しています。全体が同じパターンだと、単調に見えてしまいがちですが、黒のレザーが不規則に組み込まれた、左右アシンメトリー仕立てのデザインが動きを強調しています。

チェック柄は黒と相性がよいので、黒系のはおり物やベルトを引き合わせるスタイリングが使えます。気取らない印象が感じられるのは、あえてアクセサリーをオフしているから。素肌のみずみずしさを味方につける好判断です。

■4:ファニーな着余り感を強調した「大柄チェックのオーバーサイズコート」

なだらかな曲線フォルムが愛嬌を感じさせる肩落ちデザイン

ぴったりサイズより大きめの服を着る「オーバーサイズ」のトレンドはまだまだ続きます。朗らかで愛らしく見せてくれるから、アウターで上手に取り入れたいシルエットです。こちらは、大きい格子柄のアウターをチョイスして、チェック柄とオーバーサイズという2大トレンドをいいとこ取りしました。

構築的なフォルムのビッグシルエットが、小顔効果を高めているうえ、華奢なレッグラインに見せています。ヒール靴にソックスを添えるという、スクールガール風の小技が初々しさをプラス。「彼氏のコートを借りてきちゃったの」といった雰囲気の、ハートウォーミングな装いに仕上げています。

■5:フレッシュ&キュートに魅せる「チェック柄ミニボトムス」

素肌から透明感を引き出した膝丈のロングブーツテクニック

アウトドアのイベントに参加したダイアンは、軽快な装いにチェック柄を溶け込ませています。彼女のチョイスは意外にもミニスカートでした。正統派ブリティッシュのイメージが強い、モノトーンの紳士服風チェック柄をミニスカートに迎えています。スポーティーなスウエットトップスが効いて、気負いのない雰囲気に仕上がりました。

実はお隣の映画監督もチェック柄シャツを着ていて、たまたまおそろいになっていますが、ダイアンは白のトップスを組み合わせたことで、ぐんと明るくフェミニンな着映えになっているのは、ふたりを比べるとよく分かります。パートナーとのお出かけファッションにも参考になりそうです。

ジャケット、ワンピース、アウター、ミニスカートと、さまざまなアイテムにチェック柄を取り入れてみせたダイアン。それぞれのシーンに合わせて、着こなしに工夫を凝らしているのがわかります。英国ムードやボーイッシュ感といった、チェック柄特有のイメージを生かせば、アレンジの余地が広がります。ダイアン流をお手本に、新しいチェック柄バリエーションを試してみてはいかがでしょう。

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃