この春おすすめのアウターを取り入れたコーディネートをまとめました。厚手、薄手、気温によって使い分けたいアウター別の着こなし術を紹介します。

【目次】

2018年レディース春のアウターコーデ


【1】ピンクロングカーディガン×Tシャツ×パンツ

【1】ピンクロングカーディガン×Tシャツ×パンツ
カーディガン・Tシャツ・ストール(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、パンツ(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、バッグ(コロネット〈ニナ リッチ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

上質なカシミヤウールのやわらかさを表現するのに最適なのがペールピンク。麻と綿のシャリ感のあるパンツを合わせ、今春のリラックスした雰囲気を演出しましょう。甘いピンク×涼しげなブルーで色味とテイストをミックスさせて、こなれた余裕を感じさせて。

【2】ベージュブルゾン×白ロングスカート

【2】ベージュブルゾン×白ロングスカート
ブルゾン(三喜商事〈イレブンティ〉)、スカート(アングローバル〈イレーヴ〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

わずか3㎜と紙のように薄くなめされたゴートスエードのフーデッドブルゾン。驚くほど軽いうえ、まるでベルベットのようなソフトな肌触りも魅力です。淡色グラデーションにまとめたスタイルに、爽やかなブルーのシルクスカーフをひと巻き。顔周りがパッと華やぎ、女性らしい優しさが生まれます。

【3】ピンクコート×白パンツ

【3】ピンクコート×白パンツ
コート・ブラウス(キートン)、パンツ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ストール(アクリスジャパン〈アクリス〉)、時計・ブレスレット・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO) 撮影/小林幹幸 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

白のスタイリングをどこまでも新鮮にクラスアップさせる艶感のあるペールピンクのコート。シルクならではのシャイニー感が淡いトーンのピンクを優しく見せ、華やぎのオーラを放ってくれます。

【4】水色ブルゾン×白ニット×グレーパンツ

【4】水色ブルゾン×白ニット×グレーパンツ
ブルゾン(三喜商事〈マレーラ〉)、ノースリーブニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、時計(パテック フィリップジャパン)、リング(TASAKI)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈カルヴェン〉)靴(ピエール アルディ 東京)、ノートカバー・ノート(モワナ メゾン GINZA SIX) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ベージュを着る日はワントーンでまとめて優しく、あるいは×ブラックできりっと…というのが王道。さらに今季は、ベージュにきれいな春色を合わせる配色コーディネートがおすすめです。ブルーを合わせてみずみずしく、イエローを合わせてチャーミングに…と、ベージュの装いに奥行きが出ること間違いなし!

【5】ベージュロングジレ×Tシャツ×パンツ

【5】ベージュロングジレ×Tシャツ×パンツ
ジレ(オルドス、ファッション ジャパン)、Tシャツ(三喜商事〈アリュード〉)、パンツ(ウールン商会〈ぺセリコ〉)、ベルト(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ピアス・ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー〈タグ・ホイヤー〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ヒラオインク〈クレジュリー〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

モードな雰囲気を気軽に楽しめるロングジレは、初夏まで活躍。白のTシャツとミモザ色のバッグで、躍動感を与えましょう。 

【6】黒カーディガン×黒ニット×ベージュスカート

【6】黒カーディガン×黒ニット×ベージュスカート
カーディガン・ニット・スカート(クルチアーニ 銀座店)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ピアス・ネックレス・右手のカフ・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX) 撮影/宮本直孝 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

クルチアーニといえば、上質なニットウエアで名高いブランドですが、実は、ニットに合わせるコーディネートアイテムにも隠れ名品がひそんでいます。今季は、着こなしに女らしいこなれ感を生み出す、ベージュのスエードスカートを発見! 旬のタイトシルエットで仕立てたスカートは、ラップデザインで足さばきもよく、快適な着心地です。シンプルな黒のカーディガンをはおれば、オンオフを問わず、さまざまな装いで活躍してくれます。

【7】グレージャケット×グレータイトスカート

【7】グレージャケット×グレータイトスカート
ジャケット・スカート・バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ピアス・リング(ダミアーニ銀座タワー)、インナー/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ジャケットのきちんと感とブラウスのたおやかさが調和したオーガンジー×シルクサテン仕立て。グレーと白のツイードスカートやミントグリーンのバッグ…と淡色でまとめた着こなしに投入して、ラグジュアリーかつクールな印象に仕上げましょう。

【8】ベージュトレンチコート×白ブラウス×黒パンツ

【8】ベージュトレンチコート×白ブラウス×黒パンツ
コート・シルクのブラウス・パンツ・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ベーシックなひざ丈のトレンチは、だれもが着るアイテムだけに、モードブランドのもつ洗練オーラで、圧倒的な違いを印象づけましょう。またスニーカーなどでカジュアルに、ラフに着くずすのは、今や平凡なパターンに陥りがちなので、黒のスティックパンツや細めのデニムにヒールパンプスで、シルエットを引き締めつつ、エレガンスを極める方向を目指すべき。袖口からしなやかなブラウスの白をのぞかせるだけでも華やぎます。

人気ブランドで選ぶレディース春アウター


【1】グッチのフラワービジューコート

【1】グッチのフラワービジューコート
コート・バッグ・ブラウス(グッチジャパン) 撮影/下村一喜(UM) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

思わず笑顔を誘うような春らしいミントグリーンと、パールビーズやスパンコールを立体的にあしらったフラワービジューの組み合わせが、なんともキュートなコート! ウォーム感のあるウールのダブルフェースです。そして、バッグのハンドル部分は、なんとクリスタルがちりばめられたプレキシガラス! クラシカルなバンブーバッグがモダンに進化した心浮き立つバッグです。きれい色のレトロなコートに、ピュアなホワイト×クリアなグリーンハンドルが映え、別格のオーラが漂います。

【2】フェンディのモードトレンチコート

【2】フェンディのモードトレンチコート
コート・バッグ・ピアス・靴(フェンディ ジャパン) 撮影/下村一喜(UM) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

トレンチのマスキュリンな要素とドレスのような艶やかさを併せもったモードなコート。艶やかなイエローのチェック柄は、シルク×ポリエステルの混紡素材です。フロントを閉め、ウエストをきゅっと結べば、タップ部分がケープのように張り出して、立体的なフォルムを強調。バッグは、ナチュラルパイソンを黒のカーフレザーが引き締めるクールなコンビネーションで、機能性抜群のトート型です。

【3】アニオナのコットンツイードコート

【3】アニオナのコットンツイードコート
コート・ブラウス・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

淡いグレージュをベースに、縦横に走る濃淡のインディゴブルーの織り柄が表情豊か。ファブリックに強いという伝統をもつアニオナだからこその、薄くて軽いこだわりのコットンツイードです。裏地なしの軽やかさを生かし、カーディガンのようにさっとはおり、共布のベルトをきゅっと結ぶだけで、こなれたカジュアルが完成します。

【4】ボッテガ・ヴェネタのレザーベルトコート

【4】ボッテガ・ヴェネタのレザーベルトコート
レザーベルト付きコート・バッグ(ボッテガ・ヴェネタジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

たっぷりとした布使いを、ベルトできゅっと絞って、女らしいメリハリのある新鮮なシルエットに。ベルトと襟裏、そして喉元に風が入るのを防ぐスロートラッチに黒のレザーをあしらうことで、より引き締まった印象になります。袖の大胆なまでのふくらみが、新しいエレガンスを表現しています。

【5】ディオールの変形トレンチコート

【5】ディオールの変形トレンチコート
コート・バッグ・ピアス(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ソフトな感触のハリのあるコットンツイード素材が、優美なドレープとコクーンシルエットを生み出す変形トレンチ。ウエストの華奢さを際立たせるシャーリングや、コントラストを効かせたパイピング、ガンフラップにあしらわれたメタルリングなど、手の込んだディテールが盛り込まれたクチュールライクなつくりが魅力です。

【6】バーバリーのトレンチコート

【6】バーバリーのトレンチコート
コート・ニット・パンツ・バッグ(バーバリー・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

あえてコートのボタンを留めずにきゅっとベルトを結ぶと、程よくゆとりのあるトレンチコートのシルエットにメリハリが生まれ、自分らしいスタイルが完成します。伝統的なディテールを踏襲したクラシックタイプのコートは、ひざにかかるロング丈が着回し力の決め手です。

春のおすすめアウターアイテム


【1】マックスマーラのトレンチコート

【1】マックスマーラのトレンチコート
コート(マックスマーラジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

「透け感」は今季ハズせないキーワード。なかでもマックスマーラのこのコートは、トレンド要素がいくつも詰まった理想形です。品のよい透け感、フェミニンな小花柄など、大人にふさわしいエレガンスが備わった秀逸アイテム。トレンチコートというベーシックなアイテムだから、手もちのアイテムとも合わせやすく、重宝しそうです。

【2】ドリス ヴァン ノッテンのフラワー刺しゅうコート

【2】ドリス ヴァン ノッテンのフラワー刺しゅうコート
コート(ドリス ヴァン ノッテン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

大輪の花が咲き誇るゴージャスなコートは、黒地にゴールドの刺しゅうなど、職人技を駆使した和服の帯のようなファブリック。華やかな人が集まる海外でのパーティーでも注目を集めること間違いなしです。今年のトレンドの色と柄、立体的な装飾は、着物にも負けないほどの迫力。華やかなコートが引き立つよう、インに着るのはシンプルな黒のワンピースがおすすめです。

【3】ミュウミュウのテーラードコート

【3】ミュウミュウのテーラードコート
コート(ミュウミュウ クライアントサービス) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

形や色はマスキュリンなのに、全体にちりばめられた小花がなんてキュート! その甘辛バランスがおしゃれ心を鷲づかみに。単純な黒とはひと味違う絶妙な「スミ黒」なのもポイント。ドロップショルダーのダブル仕立て、少し大きめのサイズ感も魅力です。あえて全身モノトーンで、コートの軽やかな存在感だけで春らしく仕上げましょう。

【4】アニオナのロング丈ジャケットコート

【4】アニオナのロング丈ジャケットコート
ジャケットコート(三喜商事〈アニオナ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

アニオナのロング丈ジャケットは人目を引くコーラルオレンジとヒップが隠れるくらいの絶妙な丈感がポイントです。驚くほどなめらかなダブルフェースのウール素材なので、これからの季節に活躍。ネイビーのステッチがさりげないポイントになります。Tシャツ×クロップドパンツに、足元はスニーカー…。上質なジャケットを頑張りすぎず、さらりと着こなしましょう。