ジーンズに合わせるべき靴をまとめました。デニムパンツに合わせやすい靴を色やブランドごとにご紹介します。

【目次】

レディース春のジーンズに似合う靴


【1】ジーンズ×黒ローファー

【1】ジーンズ×黒ローファー
カーディガン・Tシャツ・デニム・靴(グッチ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

グッチの伝統的なアイコン、ウェブ ストライプのトリミングが目を引くツイードカーディガン。たっぷりとしたオーバーサイズが鮮度の高い装いへと導いてくれます。1980年代に誕生したグッチ ロゴをアップデートしたプリントTシャツとブリーチデニムで、懐かしくも新鮮な着こなしに。足元の仕上げは、おしゃれ通に人気を博すホースビット付きスリッパサンダルで決まりです!

【2】ジーンズ×黒ヒールサンダル

【2】ジーンズ×黒ヒールサンダル
バッグ・ジャケット・シルクシャツ・デニム・靴・イヤリング・ブローチ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

スモーキングジャケットをあえてデニムでドレスダウンした上級スタイル。足元は、インディゴデニムでも上品に魅せる、モダンな光沢を放つ黒のパテント靴を。シャープなアクセントになりかっこよくまとまります。

【3】ジーンズ×黒スニーカー

【3】ジーンズ×黒スニーカー
エス マックスマーラのジャケット・ウィークエンドマックスマーラのパンツ・マックスマーラのカットソー・靴(マックスマーラ ジャパン)、ネックレス・ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ)、ブレスレット(ケイテン)、時計(ソーウインド ジャパン〈ユリス・ナルダン〉)、バッグ(エミリオ・プッチ ジャパン) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

デニム調のネイビーを上下で重ねて。ジャケット&パンツは、ともにリネンに洗いをかけた生地を使用。デニム調のメランジ感が、濃淡カラーを自然になじませてくれます。足元は黒スニーカーで、引き締めつつも軽快に。

【4】ジーンズ×キャメルサンダル

【4】ジーンズ×キャメルサンダル
シャツ・パンツ・バッグ・靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、サングラス (イー・ヴィ・アイ PR〈レジャー ソサエティー〉)、ネックレス・ ブレスレット・バングル ・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

濃淡のインディゴブルーでそろえたシャツ&パンツは、ともにこだわりのコットンデニム素材。シルクを思わせるソフトな感触に、テイラーリングの技術を注ぎ込んだ逸品。キャメルのレザーサンダルを合わせ、辛口のかっこよさを引き出しましょう。

【5】ジーンズ×白スニーカー

【5】ジーンズ×白スニーカー
ヴァレンティノのブラウス・デニム・ヴァレンティノ ガラヴァーニのスニーカー(ヴァレンティノジャパン)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉) 撮影/小林幹幸 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

繊細なフラワー柄をあしらったレースのトップスは、デニムとスニーカーでテイストをミックスさせてラフに仕上げましょう。品のいいフェミニンな旬のカジュアルが完成します。

ジーンズに似合う靴の色


【1】ジーンズ×ピンクヒールサンダル

【1】ジーンズ×ピンクヒールサンダル
ブラウス(REYC)、パンツ(ゲストリスト〈レッドカード〉)、ネックレス・リング(フレッド)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(フィガロ パリ 東京ミッドタウン店〈アレクサンドル バーマン〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

デニム×オーバーブラウスのシンプルな組み合わせをぐっと盛り上げるのは、チェーンバッグとサンダルに配したビビッドなピンクの存在感。バッグはラフィア素材にチェリーピンクの花モチーフを刺しゅうしたもの。繊細なチェーンと片手に収まるほどの小さめのサイズ感を生かして、アクセサリー感覚で楽しみましょう。

【2】ジーンズ×水色パンプス

【2】ジーンズ×水色パンプス
靴『BB』(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)、バルバのシャツ・セバスチャン ジョフリーモンフォールのバングル・スティーブン デュエックのリング(ストラスブルゴ)、デニム(アクネ ストゥディオズ)、ベルト/私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

うっとりと見惚れるほど美しいターコイズブルーのパンプスがあれば、白シャツとデニムのごくごくシンプルな着こなしも、ハッとするほど洗練されます。どこから見ても、女性の脚を完璧なほどに美しく形づくるパンプス『BB』には、「すべての女性はブリジット・バルドーのエレガントな歩き方を学ぶべき」というデザイナー・マノロ氏の想いがあふれています。

【3】ジーンズ×ピンクパンプス

【3】ジーンズ×ピンクパンプス
靴・バッグ(JIMMY CHOO)、ザ ハイアリンのニット・トゥルー ロイヤルのデニム・スティーブン デュエックのネックレス[太]・[細]・ハムのブレスレット(ストラスブルゴ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

ラウンドトウの新作パンプス『ブリジット』を、スモーキーなピンクスエードで取り入れて、足元から気品漂う春カジュアルに。切りっぱなしのラフな裾が特徴の軽快デニムとの相性も抜群です。

【4】ジーンズ×ブラウンローファー

【4】ジーンズ×ブラウンローファー
バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈カパフ〉)、カーディガン・ニット(スローン)、デニム(ゲストリスト〈Yoshiko Tomioka For RED CARD〉)、バングル(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス表参道店〈キャッツ〉)、靴(J.M.WESTON 青山店〈J.M.WESTON〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

オーソドックスな着こなしをセンスよく印象づけるのは、遊び心のあるかごバッグと上質なローファー。手元のバングルで、女らしさを添えましょう。

【5】ジーンズ×黒パンプス

【5】ジーンズ×黒パンプス
ジャケット・Tシャツ・デニム・バッグ、靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

大人の春アウターにふさわしい上質なシルクのジャケット。コンパクトなライダース丈は、スカートにもパンツにも似合い、体型を選びません。光沢のある明るめのサンドベージュなので、程よい色落ちのデニムと好相性。足元は黒パンプスで引き締めて、フレンチシックな装いにまとめましょう。

【6】ジーンズ×ネイビーローファー

【6】ジーンズ×ネイビーローファー
デニム『1950's701』(リーバイ・ストラウス ジャパン〈リーバイスⓇ ビンテージ クロージング〉)、ニット(ブラミンク)、ペンダント・バングル・スカーフ(ブルガリ ジャパン)、バッグ(アマン〈アルテサーノ〉)、靴(JIMMY CHOO) 浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

1950年代のグラマラスな女優の休日を彷彿とさせるデニム『1950’s 701』。1939年に発売された、ブランド初のレディス5ポケットデニムです。華奢なウエストを強調するハイライズと、ヒップから太ももにかけてフィットするストレートなシルエットが特長。ワイドパンツの流行とともに、再び旬のボトムとして脚光を浴びています。リジッド(ノンウォッシュ)デニムならではの素朴な風合いも魅力。シンプルなローファーを合わせ、無造作なロールアップからのぞく足首の白さに野性味を帯びた女らしさが漂います。

レディーススキニージーンズに似合う靴


【1】スキニージーンズ×白ヒールサンダル

【1】スキニージーンズ×白ヒールサンダル
靴(フラッパーズ〈ネブローニ〉)、ベージュ共布ベルト付ジレ(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、ピアッツァ センピオーネの白ニット・ボルボネーゼのバッグ(三喜商事)、インディゴデニムパンツ(ゲストリスト〈レッドカード〉)、サングラス(リエート〈バートン ペレイラ〉)、ブレスレット・リング(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

キャンバス素材にホワイトレザーでパイピングを施したサンダルは、幅広&甲高な足にフィット。スキニーデニムに合わせれば美脚を強調してくれます。コットンのサマーニットとトレンチジレは、クリーミーな配色使いに徹して、靴のカラーとさりげなくリンクさせましょう。

【2】スキニージーンズ×ブラウンパンプス

【2】スキニージーンズ×ブラウンパンプス
ジレとパンプスでお仕事スタイルへとシフト。

デニムonデニムというオリビアお得意のスタイルをお仕事モードにアップデートしたのは、ロングジレの存在でした。さらにはピンヒールのパンプスを合わせて女性らしさも意識。「ジャストくるぶし」丈デニムとの絶妙バランスが大人の抜け感を演出しています。最後にトレードマークともいえる「レッド小物」を投入すれば、オリビアらしいお仕事スタイルの完成です。

「ジャストくるぶし丈」が素敵。海外セレブのデニムコー

【3】スキニージーンズ×ヌードカラーパンプス

【3】スキニージーンズ×ヌードカラーパンプス
鉄板のスキニーでスタイルアップ!

スキニーデニムをはくときは、エレガントにまとまりすぎないのが鉄則です。ヌードカラーのパンプスを合わせつつも、ミリタリー風味のジャケットを合わせるなど、コンサバティブに陥らないようにギャップを狙って。

「小物使い」で格上げするデニムコーデ10選

ジーンズに合わせたいブランドの靴


【1】マノロ ブラニクのフラットシューズ

【1】マノロ ブラニクのフラットシューズ
靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

ビビッドなフューシャピンクにスクエアのスワロフスキーのビジューがきらめく、とびきり洗練されたフラットシューズ。足元をぱっと華やかに演出してくれるシルクサテン生地を使用しているので、ローヒールとは思えないほどの気品あふれる佇いに。ドレスアップを狙うより、むしろデニムスタイルに合わせて、「大人かわいい」余裕のカジュアルを満喫したい。

【2】マノロ ブラニクのBBスエード

【2】マノロ ブラニクのBBスエード
靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉 撮影/小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

甲の幅が広めで、自分の足にフィットするポインテッドトウが見つかりにくいなら、足入れのよいスエード素材がおすすめ。デニムやコットンスカートと合わせて、肩ひじ張らないおしゃれを楽しみたい人向きです。

【3】メタリックスリッポンのメタリックスリッポン

【3】メタリックスリッポンのメタリックスリッポン
上から反時計回りに/1.靴(ブラミンク〈J.M. WESTON〉)、2.靴『TAMARYN』(チャーチ 表参道店)、3.靴(リエート〈サントーニ〉)、4.靴(ランバン ジャパン) 小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious5月号』小学館、2018年

大人の休日に欠かせないマニッシュなスリッポンでも、素材選びにひと工夫することで、女性らしい印象を楽しむことが可能に。すでに定番色をもっているならば、シルバーやゴールドといった、春の陽差しに似合うメタリックな一足に挑戦してみましょう。デニムやコットンパンツなどでつくる、飾らない着こなしにこそ、艶めき素材が効果を発揮。まるで地金のジュエリーをあしらうかのごとく、凛とキレ味のある装いが完成します。

1.ベーシックな着こなしに華やぎを添えるべく、別注でつくられたシルバーのローファー。丁寧なつくりと無駄のない王道のデザインで長く愛用できる一足です。

2.英国が誇る正統靴として君臨するチャーチから届いた春の新作は、ガンメタの渋い輝きが粋。タッセルフリンジやメダリオン(飾り穴)のデザインが、チノパンツやカーゴパンツでつくる、トラッドスタイルの鮮度を上げてくれます。

3.メンズライクなダブルモンクのデザインを取り入れながらも、しなやかなゴートレザーや丸みのあるトウで女らしさが香ります。微細なラメを塗り重ねることで、まるでゴールド箔のようなまろやかな輝きに。控えめで上品な輝きなので、メタリック靴初心者にもおすすめです。

4.履き口に施したストレッチギャザーが、トレンド性と歩きやすさを両立。ラムレザーのしなやかさを生かすような、ミニマムに徹したトウのデザインが、カジュアルなパンツスタイルをシャープに見せてくれます。