ニットとジャケットを取り入れたコーディネートをまとめました。まだまだ少し肌寒い日にはニットとジャケットの組み合わせが大活躍。おすすめの着こなしテクニックをご紹介します。

ニット×ジャケットのレディース春コーデ


イエロージャケット×ノースリーブイエローニット×パンツ

イエロージャケット×ノースリーブイエローニット×パンツ
ジャケット(ebure)、ノースリーブニット(エストネーション〈エストネーション〉)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ピアス・ブレスレット(TASAKI〈M/G TASAKI〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

明るい陽差しが心地よい日は、イエローのジャケットに挑戦する好機。ドロップショルダーのシルエットやカーキのパイピングが、ノーカラージャケットに鮮度をもたらします。繊細なラメが光るニットとクロップドパンツを、トップベージュでつなげれば、ワークシーンにもふさわしい、品のよさが生まれます。

ノーカラーグレージャケット×白ニット×タイトスカート

ノーカラーグレージャケット×白ニット×タイトスカート
ジャケット・スカート(ebure)、ニット(Theory luxe)、ピアス(ヴァンドーム青山プルミエール 伊勢丹新宿店〈ヴァンドーム青山〉)、バングル(ヴァンドームヤマダ〈ロバートリー、モーリス〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ジャケットは軽く爽やかなリネン素材。フロントや袖口のジップが辛口のモード感を醸す一方、ウエストにはハンドワーク風ステッチをあしらって高級感をトッピング。クールな印象になりすぎないように配色バッグやインパクトパンプスでモードな彩りを添えましょう。

ツイードジャケット×ネイビーニット×白パンツ

ツイードジャケット×ネイビーニット×白パンツ
ジャケット(トム ブラウン 青山)、ニット(サザビーリーグ〈エキップモン〉)、パンツ(三喜商事〈アルト〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、時計(パテックフィリップ ジャパン)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

やや長めの着丈のオーバーシルエットに、足首まできゅっと強調するスティックパンツの組み合わせは、今シーズンの最強コンビ! フォルムが上品なぶん、素材やきれい色を取り入れれば、おしゃれの幅もぐんと広がります。アウターはツイード地が華やかなテーラード。袖ぐり、ラペル幅が細身のため、着てみると想像以上にスマート。カジュアルを目指すなら、小物をメンズライクにまとめるのがこなれるコツです。

ネイビージャケット×ネイビーニット×白パンツ

ネイビージャケット×ネイビーニット×白パンツ
ストラネスのジャケット・バンフォードのニット(三喜商事)、パンツ(VINCE 表参道店)、ネックレス( シャンテクレール東京店)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ユナイテッドアローズ 銀座店〈ユナイテッドアローズ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

前身ごろの縦シーム、ビッグポケット、高めの位置に配されたダブルボタンなど、スタイルアップのための工夫が随所に散りばめられたジャケット。イタリア産のコットン混ナイロン生地は、しなやかでストレッチ性の高い着心地が魅力です。とろみのあるオフ白のワイドボトムが軽快さをもたらしてくれます。

ネイビージャケット×白ニット×白ワイドパンツ

ネイビージャケット×白ニット×白ワイドパンツ
ジャケット・ニット・パンツ・ベルト(ラルフ ローレン〈ラルフ ローレン コレクション〉)、ピアス・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

プレップスクールのユニフォームにインスパイアされ誕生したというネイビージャケット。ウエストに絞りのないストレートなシルエットと肩パッドや芯地を省いた、ソフトな仕立てが特徴です。クラス感を感じさせるカジュアルスタイル、極上のリラックス感という意味で、まさにラルフ ローレン コレクションというブランドの世界観を映したようなアイテムといえます。インナーにはオフタートルのニットを合わせて。「端正」と「リラックス」が見事に共存した大人のネイビースタイルです。

ピンクジャケット×黒ニット×グレータイトスカート

ピンクジャケット×黒ニット×グレータイトスカート
ジャケット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ニット・スカート(キートン)、ピアス・バングル・時計・リング(シャネル)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

ジャケットは、装飾を省いた極めてミニマルなデザインだが、大きめのテーラードカラーのデザインが豊かで女らしい表情を引き出します。驚くほど軽いファブリックは触り心地なめらかなカシミヤ100%。タートルニット×タイトスカートでベースカラーは最愛のブラック。やわらかなピンクとのコントラストが、かえって女らしさを際立てます。

黒ジャケット×白ニット×キャメルパンツ

黒ジャケット×白ニット×キャメルパンツ
ジャケット・ニット・パンツ・バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス(チェルキ〈ギャレッタ〉)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ジャケットはピークラペル、ダブルブレスト、サイドベンツ(後ろ身ごろの左右に入ったスリット)と、正統派メンズライクな仕立て。四角い貝ボタンが小粋なアクセントになっています。ジャケットのかっこよさが際立つビター配色を意識して、キャメルのパンツを投入。袖をたくし上げたり、白を効かせたりとヘルシーな抜け感を添えましょう。

黒ジャケット×白ニット×スカイブルーパンツ

黒ジャケット×白ニット×スカイブルーパンツ
パンツ(ストラスブルゴ〈ヴィクトリア ヴィクトリア・ベッカム〉)、ジャケット(コロネット〈エアロン〉)、ニット(ブラミンク)、サングラス(モスコット トウキョウ)、バッグ(JIMMYCHOO)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

ネイビーとの落ち着きのあるトーン・オン・トーン配色で、明るいスカイブルーを大人っぽく洗練させて。くたっとした質感のスエードジャケットもこなれ感を後押ししてくれます。パンツは上質な薄手ウールの生地で、心地よい着用感も魅力です。

ベージュジャケット×白ニット×ブラウンワイドパンツ

ベージュジャケット×白ニット×ブラウンワイドパンツ
ジャケット(アクネ ストゥディオズ アオヤマ〈アクネ ストゥディオズ〉)、ニット(ebure)、パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ネックレス(TASAKI〈TSAKI〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/唐澤光也・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ジャケットはダンディーなピークラペルやシングルブレスト、センターベント、内ポケット…。メンズライクな要素を、オーバーサイズという最旬のバランスでモードに昇華。その一方で、襟元にパールネックレスを配してクラシカルなラグジュアリー感を添えるのが大人の流儀です。

白ジャケット×白ニット×ブラウンパンツ

白ジャケット×白ニット×ブラウンパンツ
靴(アマン〈ペリーコ〉)、ジャケット(ブラミンク〈ブラミンク〉)、ニット・パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ネックレスチェーン・チャーム(シャンテクレール東京店)、バングル(ADORE 六本木ヒルズ店〈ADORE〉)、バッグ(JIMMY CHOO) 撮影/唐澤光也・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

上品なナチュラル配色のジャケットスタイルは、小物でこなれた遊び心をトッピングしましょう。

ニットジャケット×赤ニット×赤パンツ

ニットジャケット×赤ニット×赤パンツ
ジャケット(ビームス ハウス 丸の内〈ラルディーニ〉)、マディソンブルーのニット・バーニーズ・ニューヨークのパンツ・スカーフ(バーニーズ ニューヨーク)、メゾン ボワネのバングル・ヴィオラドーロのバッグ(ビームス ハウス丸の内)、靴(フラッパーズ〈ネブローニ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

リラックス感があるのに、秀逸なパターンの効果で、立体的なスタイルが楽しめるジャケット。爽やかなコットン100%素材で軽やかな着こなしが叶います。

白ジャケット×ネイビーニット×ネイビーパンツ

白ジャケット×ネイビーニット×ネイビーパンツ
ジャケット・ニット・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、眼鏡(バーバリー アイウェア)、時計(パテック フィリップ ジャパン)、バッグ(ヴァレクストラジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

アウターは春の陽差しが透ける、極薄ウールのダブルフェース。身ごろにつながる襟は、高めに立てると華やかな表情に。春には少々重めなネイビートーンをクリアな白がワントーン明るく見せてくれます。あえて細身のスティックパンツに合わせてジャケットをゆったりとはおるのも、ボディーラインを華奢に見せるテクニックです。

白ジャケット×黒ニット×ネイビーパンツ

白ジャケット×黒ニット×ネイビーパンツ
ジャケット(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、ニット(エンフォルド)、パンツ(Theory luxe)、ストール(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、ベルト(TOMORROWLAND〈TOMORROWLAND〉)、サングラス(バーバリー アイウェア)、バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

成熟した女性のジャケットスタイルは、一歩間違えると相手を圧倒してしまう威圧感が悩みの種。むしろ女らしさを意識したほうが好印象を与えます。しなやかなラインをつくるよう、ジャケットもボトムも、とろみのある素材や、流れるようなシルエットを選ぶと効果的。足元は女度を上げるヒールがお約束です。小物までモノトーンでまとめた辛口スタイルが着こなしのポイント。

白ジャケット×ピンクベージュニット×白スカート

白ジャケット×ピンクベージュニット×白スカート
靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)、ジャケット(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、スカート(キートン)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、ネックレス(Theory luxe〈Kong qi〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

春らしいスカートスタイルに寄り添うヌードベージュのスエードパンプス。軽やかなポインテッドトウとすらりと伸びたヒールが、ジャケット×ニットの着こなしをフレッシュに彩ってくれます。

白ジャケット×ベージュニット×黒パンツ

白ジャケット×ベージュニット×黒パンツ
パンツ(Theory)、ユナイテッドアローズのジャケット・スタブス&ウートンの靴(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)、ニット(スローン)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(TOMORROWLAND〈CULT GAIA〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

スティックパンツはTheoryの一番人気。二重織り生地を採用した細身ストレート。ハリもあるので、直線的なラインを強調し、美脚効果も抜群。凛とした白ジャケットでも、力の抜けた余裕を演出してくれます。色数を絞り、シンプルに徹したスタイルに。

白ジャケット×シルバーニット×ピンクパンツ

白ジャケット×シルバーニット×ピンクパンツ
ジャケット(アマン〈アンスクリア〉)、ニット(サン・フレール〈レ・コパン〉)、パンツ(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、イヤリング・バングル(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(バリー 銀座店)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ジャケットは爽やかなリネンビスコース素材。センターベント、本開きの袖の本格仕様に、ノーボタンという今らしい遊びで進化させています。ヒップを隠す着丈だから、パステルピンクパンツも脱・膨張! 淡い春配色を楽しみましょう。

白ジャケット×黒ニット×グレーフレアスカート

白ジャケット×黒ニット×グレーフレアスカート
ジャケット(Theory luxe)、ニット(八木通商〈ルトロワ〉)、スカート(三喜商事〈イレブンティ〉)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、スカーフ(MOGA)、ピアス・ブレスレット(ドレスアンレーヴ〈ドナテラ・ペリーニ〉)バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ジャケットはノーボタン、センターベントで動きやすくて、今らしい一着。カーディガン感覚でふんわりスカートに合わせ、リラックスした女らしさを表現しましょう。

水色ジャケット×黒ニット×白パンツ

水色ジャケット×黒ニット×白パンツ
ジャケット(ルック〈フィラージュ〉)、ニット(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、パンツ(三喜商事〈アルト〉)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ)、ネックレス(ヴァンドーム青山プルミエール 伊勢丹新宿店〈ヴァンドーム青山〉)、バングル(チェルキ〈ギャレッタ〉)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、靴(ファビオ、ルスコーニ 六本木店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ジャケットはしなやかなウールベース素材。センターベント仕様で、歩くたびにいきいきと表情が変化します。上半身を小さく見せるインナーとヒールパンプスで、脚長効果を意識しましょう。