ベーシックアイテムの黒パンツと合わせるおすすめ夏コーディネート、黒パンツに合う靴をご紹介します。

【目次】

夏におすすめのレディース黒パンツの着こなし


【1】黒パンツ×赤カーディガン×赤ニット

【1】黒パンツ×赤カーディガン×赤ニット
パンツ(feerique)、カーディガン・ニット(ストラスブルゴ〈クルチアーニ〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、スカーフ・バングル(エルメスジャポン)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)靴(フラッパーズ〈ネブローニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

細身パンツとはいえ、春夏に黒が多めのバランスは重く見えがち。ボトムインしたプルオーバーにスカーフで華やかな立体感を授けたり、カーディガンの肩がけで動きを出したり、と目線を上に導きましょう。パンツは深みのある黒と、リッチなとろみ感が特徴のジャージー素材。幅広のウエストベルト+サイドに斜めに配したボタンが、ウエストから腰周りを引き締めてくれます。

【2】グッチの黒パンツ×シルクシフォンのブラウス

【2】グッチの黒パンツ×シルクシフォンのブラウス
パンツ・ブラウス・ピアス・リング・バッグ・靴(グッチ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2018年

軽やかに透けるシルクシフォンのブラウスは、たっぷりと施したプリーツやラッフルディテールがなんとも優雅。そんな華やぎブラウスには、オールマイティーな黒のパンツが好相性です。パイソン×フラワーエンブロイダリーのバッグがアクセントになって、会話のネタとしても活躍しそう。パンツは視覚効果で脚長ラインを強調する、セミフレアのシルエットは、おしゃれ上級者も注目しています。

【3】クリスチャン ディオールの黒パンツ×ドット柄ブラウス

【3】クリスチャン ディオールの黒パンツ×ドット柄ブラウス
バッグ『マイ レディディオール』・ブラウス・パンツ・ピアス(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2018年

ドット柄ブラウス+黒パンツのシック&エレガントな着こなし。そこに、ピンバッジでカスタマイズしたブルーのバッグで鮮やかな遊び心を演出。エレガンスもモードも心得た大人の余裕が香り立つ。

【4】黒パンツ×白ジャケット×白ブラウス

【4】黒パンツ×白ジャケット×白ブラウス
ジャケット(キートン)、ブラウス(三喜商事〈マレーラ〉)、ガウチョパンツ(REYC)、ピアス・ネックレス(ヴァンドーム、ヤマダ〈ロバート リー モーリス〉)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈フォンタナ ミラノ1915〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ジャケットはダブルクレープ一枚仕立て。高い位置のポケットと後ろベルトで、全方位的にスタイルアップ。インナーをジャケットの裾からのぞかせるレイヤードとで、いきいきとしたエレガンスを演出。黒のパンツと小物で全体を引き締めましょう。

【5】黒パンツ×白ジャケット×ベージュニット

【5】黒パンツ×白ジャケット×ベージュニット
パンツ(Theory)、ユナイテッドアローズのジャケット・スタブス&ウートンの靴(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)、ニット(スローン)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(TOMORROWLAND〈CULT GAIA〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

スティックパンツはTheoryの一番人気。二重織り生地を採用した細身ストレート。ハリもあるので、直線的なラインを強調し、美脚効果も抜群です。凛とした白ジャケットも、旅先ではゆるく力を抜く余裕が欲しい。色数を絞り、シンプルに徹しましょう。

【6】黒パンツ×黒レースプルオーバー

【6】黒パンツ×黒レースプルオーバー
プルオーバー(sacai)、パンツ(ブラミンク)、ピアス(ザ・ショーケース GINZA SIX 店〈シェイスビー〉)、バッグ(JIMMY CHOO) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

すっと背すじの伸びた後ろ姿からも、匂い立つようなエレガンスを感じさせる黒のレーストップス。精緻なレースはもちろん、分量感のあるヘムのデザインも、美人の気配を高めてくれます。黒パンツに合わせたスタイルでも、女性らしさが存分に漂います。

【7】黒パンツ×ノースリーブロング白ニット

【7】黒パンツ×ノースリーブロング白ニット
シルクコットンのニット・パンツ・バッグ(コロネット〈ザロウ〉)、バングル(デペッシュモード恵比寿本店〈ペリーニ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

夏の定番、チュニック丈トップスよりも、さらに華やかで存在感があるロング丈のプルオーバーニットを黒パンツに合わせて。ロング丈ニットは、巻きスカートのように揺れる裾が、女らしく流れ落ちるすっきりシルエットに。そして白なら圧倒的なかっこよさが手に入ります。露出した腕には、大ぶりバングルで大胆にインパクトを効かせることも忘れずに。

【8】黒ワイドパンツ×白ブラウス

【8】黒ワイドパンツ×白ブラウス
パンツ(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、ブラウス(キートン)、リング(ポメラート・ジャパン)、バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイアンソニー・ヴァカレロ〉)、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

取り入れるだけで即、今どきの抜け感をつくり出す黒のガウチョパンツをチョイス。やわらかな白のシルクブラウスを合わせた着こなしで、くだけすぎず、大人の余裕あるカジュアルに仕上げましょう。

【9】黒パンツ×カットワークレースブラウス

【9】黒パンツ×カットワークレースブラウス
パンツ(コロネット〈ザ ロウ〉)、ブラウス(wb)、ピアス・ネックレス(インデアン・クラフト)、バッグ(DES PRÉS 丸の内店〈DES PRÉS〉)、トロッター(グローブ・トロッター 銀座)、靴(GALERIE VIE 丸の内店〈ATP〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

バカンスモードのおしゃれでは、カットワークレースのブラウスとパンツを黒でまとめ、シックカジュアルに。鮮やかなターコイズアクセサリーを効かせれば、旅の高揚感もぐっと高まります。

【10】黒パンツ×白シルクブラウス

【10】黒パンツ×白シルクブラウス
パンツ(コロネット〈ザ ロウ〉)、ブラウス(キートン)、ピアス・リング(シャンテクレール 東京店)、靴(JIMMY CHOO)、椅子に置いたバッグ(ジバンシィ表参道店)、メンズ/ジャケット・パンツ(Theory)、その他/スタイリスト私物顔 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

広いラウンジでの打ち合わせは、ひとたび着席してしまえば、視線は顔周りと手元に向けられるもの。シンプルな黒パンツに、ネイビーのレースが配された白いシルクブラウスを合わせれば、上半身の印象度も格段にアップ! さらに手元にひとつ、パンツの色味とリンクさせた、オニキスのボリュームリングを添えて。クールな艶めきが、粋な大人のエレガンスへと導きましょう。

黒パンツに合う靴


【1】黒パンツ×セルジオ ロッシのパンプス

【1】黒パンツ×セルジオ ロッシのパンプス
パンツ(コロネット〈エリザベス アンド ジェームス〉)、コート(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、シャツ(アマン〈アンスクリア〉)、バッグ(コロネット〈エアロン〉)、時計・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

ポインテッドトウパンプスを小粋に合わせて、闊歩する姿は羨望の的。パンツはプレシャス世代にとっては懐かしいセミフレアシルエットが、今季、流行の最前線に。美脚効果とともに、黒のクロップド丈ならキレのいい軽やかさも生まれて、着こなしを刷新してくれます!

【2】黒パンツ×クリスチャン ディオールのパンプス

【2】黒パンツ×クリスチャン ディオールのパンプス
パンツ・ジャケット・ブラウス・ピアス・チョーカー・リング・バッグ・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2018年

ダブルのジャケットをはおり、オーラ漂うオールブラックのコーディネートに。すらりと伸びるパンツのラインだけでなく、ポルカドットのシルクブラウスや透け感のあるヒール靴から女らしさが漂います。パンツは細かいリブが特徴のシガレットパンツはディオールで定番的人気を誇る一本。落ち感のきれいなタフタ織りのコットンシルク素材で、シャープな美脚ラインをかなえてくれます。

【3】黒パンツ×セルジオ ロッシの靴

【3】黒パンツ×セルジオ ロッシの靴
ジャケット・パンツ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、トップス(三喜商事〈ストラネス〉)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ヴァレクストラ ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ カスタマーサービス) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious5月号』小学館、2018年

女らしいノーカラーのコンパクトジャケットは、スカートを合わせると意外とコンサバになりがちなので、ここはあえてパンツを投入。しなやか素材のゆったりフォルムが歩く姿を優雅に演出してくれます。

【4】黒パンツ×トッズのローファー

【4】黒パンツ×トッズのローファー
チュニック・パンツ(オールウェイズ〈M・fil〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、バッグ・靴(トッズ・ジャパン)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリージャパン タグ・ホイヤー) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

アッシュ・カーキとブラックのきりりと引き締まった配色が、リラックス感漂うシンプルルックをスマートに印象づけて。さらりとした素材感と、デコルテ&足首見せがつくる抜け感で、快適で涼やかな着心地がかないます。

【5】黒パンツ×セルジオ ロッシのパンプス

【5】黒パンツ×セルジオ ロッシのパンプス
ジャケット(エストネーション〈パラス〉)、ビスチェ(コロネット〈エアロン〉)、パンツ(MOGA)、ピアス・ネックレス・リング(TASAKI〈TASAKI〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ジャケットは下襟とポケット口に配したサテンビスコース素材が特別感の決め手。幅広サッシュベルトで女らしくスタイルアップしましょう。黒のトップス+パンツに、ネックレスやバッグ、靴で煌きらめく縦ラインを演出し、スタイルのよさと洗練を両立。

【6】黒パンツ×ブルネロ クチネリの靴

【6】黒パンツ×ブルネロ クチネリの靴
カーディガン・ノースリーブトップス・ベルト付きパンツ・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ネックレス(ウノアエレジャパン〈ウノアエレ〉)、バングル(バーニーズ ニューヨーク〈ソフィー ブハイ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

リネンシルクのカーディガンと中に合わせたシルクトップスは、裾に向けてゆるやかに広がるシルエットが秀逸。グレーのストライプは、縦ラインを強調し、視覚効果ですっきり見せる効果も。上半身にゆとりをもたせたぶん、合わせるボトムは細身の9分丈パンツでメリハリをつけましょう。

【7】黒パンツ×クリスチャン ルブタンの黒パンプス

【7】黒パンツ×クリスチャン ルブタンの黒パンプス
靴(クリスチャン ルブタン ジャパン)、ジャケット・ブラウス・パンツ(トムフォード ジャパン)、ネックレス・イヤリング(ヴァン クリーフ&アーペル) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

歩くたびにルブタン特有のレッドソールがのぞき、ハッとさせる黒のパテントパンプス。細身のシルエットとサイドの大胆なカーブが印象的なロングセラーの靴は、足元から女性を艶めかせます。スタイリッシュなパンツスタイルの足元に。

【8】黒パンツ×黒パンプス

【8】黒パンツ×黒パンプス
シャツ・パンツ(コロネット〈ザ ロウ〉)、ネックレス・リング(ブシュロン)、バッグ(グッチ ジャパン)、靴(アノア〈リビアナ・コンティ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

どんなときでも大人の女性を魅力的に見せるオールブラックの着こなし。後ろ身ごろにゆとりをもたせた黒シャツが、ふんわりと風をはらんで翻ひるがえり、涼しげなオーラを振りまいてくれます。インパクトのあるグッチのワンハンドルバッグを添えると、モード感もグッと高まって。

【9】黒ガウチョパンツ×白の靴

【9】黒ガウチョパンツ×白の靴
パンツ(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、トップス(wb)、ピアス・ネックレス・ブレスレット・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、靴(ゲストリスト〈ルチェンティ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

定番となった黒のガウチョパンツも、こっくりとしたシナモンブラウンのトップスを合わせれば、ひと味違った着こなしに。白小物を小気味よく効かせるのもポイントです。

【10】黒パンツ×ローファー

【10】黒パンツ×ローファー
Tシャツ(ジェームス パース 青山店)、ジャケット(ウィム ガゼット 青山店〈トネッ ロ〉)、アリクアムのパンツ・ソフィー ブハ イのバングル(ストラスブルゴ)、バッグ (プレインピープル丸の内〈マウロ・ゴヴェ ルナ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

ジャケット着用時こそ、涼やかに凛とありたいもの。背抜きのジャケットのインには、風通しのよい薄手の一枚が好相性です。黒パンツですっきりとまとめれば、上品なスタイルに。