夏の黒パンプスコーデまとめ。スカート、ワンピースとの合わせ方や、黒ローヒールパンプスを使ったコーデまで、定番と言われる黒パンプスを、おしゃれに履きこなします!

【目次】

夏の黒パンプスコーデ


【1】黒パンプス×ゴールドベージュニット×カーキガウチョパンツ

【1】黒パンプス×ゴールドベージュニット×カーキガウチョパンツ
エス マックスマーラのニット・スポーツマックスのパンツ(マックスマーラ ジャパン)、バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、バングル(ケイテン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

カーキ色の優美なフレアパンツに、繊細なラメがきらめくゴールドベージュのニットをなじませた配色。「色合わせ」の妙が目を引くスタイリングは、ウエストインで脚長効果を強調しています。アイレット(鳩目)付きバッグやパテントパンプスは黒で統一して、全体をコンパクトに引き締めましょう。

【2】黒パンプス×白ブラウス×グレーワイドパンツ

【2】黒パンプス×白ブラウス×グレーワイドパンツ
ブラウス(サン・フレール〈レ・コパン〉)、パンツ(プルミエ アロンディスモン/NEWoMan新宿)、ブローチ(yoshie inaba)、時計(パテック フィリップ)、ベルト(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、バッグ(マイケル・コース ジャパン〈マイケル マイケル・コース〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

端正な白のボウタイブラウスを今の気分で着こなしたいときは、ワイドパンツがおすすめです。ペンシルストライプのグレーボトムなら、オーセンティックなブラウスもたちまち新鮮な顔立ちに。定番の黒パンプスで引き締めればすっきりまとまります。バッグのシルバーチェーンに合わせ、ブローチも時計も色を統一すると、ぐっと洗練された印象に。

【3】黒パンプス×ベージュノースリーブ×ストライプワイドパンツ

【3】黒パンプス×ベージュノースリーブ×ストライプワイドパンツ
パンツ(ストラスブルゴ〈ザ ハイアリン〉)、トップス(feerique)、ピアス(ドゥロワー 青山店〈ソフィ ブハイ〉)、バングル(ドレスアンレーヴ〈ドレスアンレーヴ〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

辛口ストライプをエレガントに着こなせるのが、「とろみワイドパンツ」の楽しさ。パンツの1色をリフレインしたウエストコンシャスなニットで、すっきり見えて女らしいシルエットを演出できます。ピアス、バッグ、パンプス…と縦に黒の小物をちりばめて印象をぴりりと引き締めるのもスタイルアップして見えるポイントです。

【4】黒パンプス×黒ブラウス×白パンツ

【4】黒パンプス×黒ブラウス×白パンツ
パンツ(三喜商事〈マレーラ〉)、ブラウス(wb)、ピアス・ブレスレット(デペッシュモード恵比寿本店〈ラ・キアーヴェ〉)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

マレーラのカプセルコレクション『ART.365』のシグネチャー素材、ビスコースレーヨンのパンツ。ドライタッチの生地はシワになりづらく、かつ、ウォッシャブル。365日着回せるシーズンレスな素材使いと、タックの折り目から続くセンタープレス入りで、シーンレスに活躍する上品なデザイン。ベーシックな黒パンプスとの相性もバッチリです。

【5】黒パンプス×白ブラウス×白パンツ

【5】黒パンプス×白ブラウス×白パンツ
パンツ(オンワード樫山〈ベイジ〉)、ブラウス(コロネット〈エアロン〉)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

着心地がよく、仕立て映えする、ポリエステル×トリアセテートの2WAYストレッチの好評素材を使用したシリーズ『ルイーザ』の新作パンツ。さらっとした肌触りとストレスフリーな着用感で、一日中快適に過ごせそう。知的に見せるブラウスと黒パンプスを合わせて、こなれたスタイルを楽しみましょう。

【6】黒パンプス×黒ブラウス×白ワイドパンツ

【6】黒パンプス×黒ブラウス×白ワイドパンツ
パンツ(IZA〈コート〉)、ブラウス(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、ピアス・ネックレス・バングル(ザ・ショーケース GINZA SIX 店〈シェイスビー〉)、バッグ(ストラスブルゴ〈マウロ・オリエッティ・カレラ〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

フロントをボックスプリーツにしたデザインが新鮮な表情のほわいとスカート。靴&バッグやブラウスはブラックでまとめて、涼感のあるモノトーンスタイルに。

【7】黒パンプス×ブルーニット×カーディガン×白パンツ

【7】黒パンプス×ブルーニット×カーディガン×白パンツ
パンツ(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ニット・カーディガン(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ネックレス・リング(MBJ〈マルコ・ビチェゴ〉)、時計(IWC)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

ドレープ性の高い生地を贅沢に使用した大胆なボリューム感が優雅なパンツ。主役のパンツを引き立てる、艶のあるブラックパンプスを選ぶのがポイントです。

【8】黒パンプス×グレープルオーバー×白パンツ

【8】黒パンプス×グレープルオーバー×白パンツ
パンツ(キートン)、プルオーバー(ブラミンク)、ピアス・ネックレス・ブレスレット・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

キートンの確かなサルトリア技術で仕立てた、コットンストレッチの細見え定番パンツ。すっきりとした美シルエットを強調するため、足元にはシンプル&ベーシックな黒パンプスを添えましょう。

【9】黒パンプス×白ブラウス×黒デニムパンツ

【9】黒パンプス×白ブラウス×黒デニムパンツ
ブラウス・デニム(イーストランド〈ヴィクトリア ヴィクトリア・ベッカム〉)、ベルト(アマン〈アンボワーズ〉)、バングル(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シャルロット シェネ〉)、靴(JIMMY CHOO)、バッグ『アルファ クロス ボディ』※ストラップ付き(ピエールアルディ 東京)  撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

白シャツ+デニムに深みのある配色バッグを投入。涼しい着心地で、こなれた印象を与えます。さらに質感のあるブラックパンプスで女性らしさも忘れずに。

【10】黒パンプス×キャメルニット×キャメルパンツ×マント

【10】黒パンプス×キャメルニット×キャメルパンツ×マント
マント(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、ニット(ブラミンク)、パンツ(サン・フレール〈エドワード アシュール〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バングル・スカーフ(ブルガリ ジャパン)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

大判マントのオフ白をベースに、トーンの異なるキャメルを重ねたら、大人好みのグラデーション配色が完成! ぼやっとした印象を引き締めてくれる黒小物がキーアイテムになります。

黒パンプス×スカート


【1】黒パンプス×ブラウンスカート×黒ブラウス

【1】黒パンプス×ブラウンスカート×黒ブラウス
ブラウス(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、ベルト付きタイトスカート(三喜商事〈ストラネス〉)、眼鏡(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、バッグ『トッズ セラ バッグ』 (トッズ・ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

愛せずにはいられない、黒×キャメルの着こなし。バッグでもリンクさせてオンスタイルの完成度を高めましょう。パンプスのスクエアバックルが着こなしのアクセントにもなってくれます。

【2】黒パンプス×黒スカート×白ブラウス×黒ジャケット

【2】黒パンプス×黒スカート×白ブラウス×黒ジャケット
ジャケット(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、スカート(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、トップス(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、ベルト(yoshie inaba)、ネックレス・バングル・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

きちんと感のある黒ジャケットに、爽やかなコントラストを描く白のシルクブラウスを合わせ、足元には光沢のある黒パンプスを合わせて知的な印象に。さらにクリアな白バッグを添えて、全体のトーンを明るく仕上げると、清涼感もアップします。

【3】黒パンプス×黒ロングスカート×白カットソー

【3】黒パンプス×黒ロングスカート×白カットソー
カットソー・スカート(コロネット〈ザ ロウ〉)、チョーカー・ペンダントトップ(ジョージ ジェンセン ジャパン)、バングル(デペッシュモード恵比寿本店〈グレコ〉)、バッグ・靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

美しい鎖骨を見せるフェミニンなボートネックの白カットソー。黒いロングスカート&パンプスで引き締めることで、甘すぎない大人の装いがかないます。スカートのウエスト部分には、レースアップデザインが施され、気になる部分もさりげなくカバー。モードな黒小物をバランスよくちりばめて、今年らしい着こなしに仕上げましょう。

【4】黒パンプス×ネイビータイトスカート×ボーダーニット×カーディガン

【4】黒パンプス×ネイビータイトスカート×ボーダーニット×カーディガン
カーディガン・インナーニット・スカート・バッグ・靴(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン)、サングラス(ドルチェ&ガッバーナ アイウェア) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

ボーダーなのに上品かつ、女らしい! その理由は、フェミニンポイントを語れるアイテムの選択にあります。アンサンブル風に重ねたハイゲージニットは、透け感のあるシルク素材。濃厚ネイビーのタイトスカートが女らしいボディーラインを強調し、ボーダー特有のカジュアル感を払拭してくれます。足元はピンヒール、ワンハンドルのクラシカルなバッグを携えたら、若者とは一線を画す上級マリンルックの完成です。

黒パンプス×ワンピースコーデ


【1】黒パンプス×パープルワンピース

【1】黒パンプス×パープルワンピース
ワンピース(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ピアス・ブレスレット(hum 神宮前 アトリエ&ショップ〈ハム〉)、ネックレス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、靴(セルジオ ロッシ)バッグ『スモール・バサースト』(アニヤ・ハインドマーチ ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ベロアワンピースのエレガントさを引き立てるように、バッグはコンパクトなサイズを選ぶのが正解です。繊細なレザークラフトのモチーフで、シンプルなワンピースに華やぎを。足元はベーッシクな黒パンプスを選んで、全体を引き締めましょう。

【2】黒パンプス×モノトーンワンピース

【2】黒パンプス×モノトーンワンピース
ワンピース(トム フォード ジャパン)、バッグ(トム フォード ジャパン)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious7月号』小学館、2017年

ダークスーツの男性のなかでも浮かないモノトーンスタイルを意識。共布のストールをひと巻きした気品漂う表情は、初対面の相手にも好印象を与えます。ワンピースにインパクトがあるぶん、足元はシンプルなブラックパンプスで知的に演出しましょう。

【3】黒パンプス×黒ワンピース

【3】黒パンプス×黒ワンピース
ワンピース・イヤリング・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious7月号』小学館、2017年

後姿が美しいペプラムワンピースを主役に。総レースのトップス部分や、後ろのスリットなど、気分から女らしさを上げる一枚です。足元には艶のある黒パンプスを合わせて、すっきりと大人らしくまとめましょう。

【4】黒パンプス×黒ワンピース×黒ジャケット

【4】黒パンプス×黒ワンピース×黒ジャケット
ワンピース・ジャケット(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、眼鏡(ミラリ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、ネックレス(フレッド)、時計(DKSHジャパン〈べダ&カンパニー〉)、バッグ(JIMMY CHOO)(アクリスジャパン〈アクリス〉)、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious7月号』小学館、2017年

辛口の黒で足元まで統一。黒に爽やかなシャープさを加えるメタリック小物をプラスすれば、旬のスタイルへと昇華されます。

【5】黒パンプス×黒ワンピース

【5】黒パンプス×黒ワンピース
ワンピース(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、リング(シハラ ラボ〈シハラ〉)、バッグ(ロベルタ ディ カメリーノ ファーイースト〈ロベルタ ディ カメリーノ〉)、靴(ピエールアルディ 東京) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious7月号』小学館、2017年

黒でも、幾何学柄の華やかなマクラメレース×艶のある黒小物で喪服感を払拭させましょう。コンサバスタイルの足元には、シンプルな黒パンプスが鉄板です。

黒ローヒールパンプスコーデ


【1】黒ローヒールパンプス×黒Tシャツ×ブルーパンツ

【1】黒ローヒールパンプス×黒Tシャツ×ブルーパンツ
ハイアリンの黒Tシャツ・サイモン アルカンタラのピアス(ストラスブルゴ)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ポメラート〉)、バッグ(コロネット〈ニナ リッチ〉)、靴(ハイブリッジ インターナショナル〈ファビオ ルスコーニ〉) 撮影/小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

ノースリーブに近い軽快さと、つかず離れずの落ち感がきれいなTシャツ。華やぎボトムで迫力を加えたら、足元はブラックパンプスで大人っぽく仕上げましょう。

【2】黒ローヒールパンプス×黒ブラウス×カーキパンツ×スカーフ

【2】黒ローヒールパンプス×黒ブラウス×カーキパンツ×スカーフ
バッグ・ニット(クルチアーニ銀座店)、スカーフ(グローブ・トロッター 銀座)、パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉)BAG DATA『セラ』(トッズ・ジャパン)、 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

黒×カーキの配色スタイルに、オレンジのスカーフをプラス。タンカラーの大きめバッグと調和して、大人の女性ゆえのこなれた華やぎと知的な迫力が香る着こなしが完成します。

【3】黒ローヒールパンプス×黒ブラウス×プリーツスカート

【3】黒ローヒールパンプス×黒ブラウス×プリーツスカート
ブラウス(シャッツィ・チェン)、スカート(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、眼鏡(ミクリ ジャポン〈アランミクリ〉)、ネックレス(ジョージ ジェンセンジャパン)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

繊細なレース使いにうっとりせずにはいられない、着映え効果の高い「印象派ブラウス」。上質なシルクの一枚は、モノトーン柄のプリーツスカートと合わせることで、きちんと感が求められるシーンにも映えます。足元は定番の黒パンプスを合わせながらも、装飾で個性をアピールすることは忘れずに。