レディース夏のTシャツ着こなしまとめ。さまざまなボトムスと相性の良い、白や黒、ネイビーなどのTシャツコーデをピックアップしました。夏のおしゃれな着こなしの参考にしてみてください。

【目次】

レディース夏のTシャツコーデ


【1】白Tシャツ×ベージュパンツ×黒ジャケット

【1】白Tシャツ×ベージュパンツ×黒ジャケット
ハイアリンのジャケット・オルウェルのTシャツ(ストラスブルゴ)、パンツ(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉)、ウノアエレのネックレスチャーム・チェーン・ワンエーアールバイウノアエレのブレスレット(ウノアエレ ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店)、バッグ『Bucket』(ドゥロワー青山店〈パコ ラバンヌ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ピンストライプのジャケットを爽やかな白Tシャツの上からはおり、休日ならではのハンサムなカジュアルを。

【2】白Tシャツ×グリーンスカート

【2】白Tシャツ×グリーンスカート
Tシャツ(ボウルズ〈ハイク〉)、スカート(ウィム ガゼット 青山店〈ウィム ガゼット〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バングル(デペッシュモード恵比寿本店〈ペリーニ〉)、シトラスのストール・カラのバッグ(ブランドニュース)、靴(ゲストリスト〈ルチェンティ〉 撮影/小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

Tシャツに深みのあるグリーンのスカートを合わせてキリリとした印象に。Tシャツは、王道感の漂うボックスシルエットで、ファッションプロからも支持を集める一枚です。

【3】白Tシャツ×ブラウンパンツ

【3】白Tシャツ×ブラウンパンツ
Tシャツ(プレインピープル丸の内)、パンツ(コロネット〈ボリオリ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、ネックレス( デペッシュモード恵比寿本店〈ペリーニ〉)、ストール(yoshieinaba)、バッグ(ストラスブルゴ〈ザネラート〉)、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店) 撮影/小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

こっくりとしたマロン色やマスタードを重ね、ミラノマダムのように。ニュアンスカラーをちりばめることで、洗練された着こなしがかないます。

【4】ネイビーTシャツ×ネイビースカート

【4】ネイビーTシャツ×ネイビースカート
Tシャツ(ebure)、スカート(wb)、ネックレス・リング(ミミ GINZA SIX店)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

知的な雰囲気が漂うネイビーのワントーンで時計のベルトまでそろえることで、コットンのTシャツでも、夜のシーンにふさわしいエレガントさが生まれます。繊細なレースのタイトスカートを気負うことなく楽しむことができるのも、TシャツがもつハンサムなDNAのおかげ。程よく地厚なコットンポンチ素材の一枚はきちんと感もあり、晩夏まで活躍してくれます。

【5】白Tシャツ×白スカート×白カーディガン

【5】白Tシャツ×白スカート×白カーディガン
ブルゾン(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、スカート(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、Tシャツ(オールウェイズ〈M・fil〉)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(ポメラート・ジャパン〈ポメラート〉)、バッグ(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)、靴(コール ハーン ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

遠くからでも透明感を感じさせるオール白の着こなし。潔い白よりも、ニュアンスある白を重ねることで、モダンな空間でも浮かない品のよさが漂います。

【6】白Tシャツ×ベージュパンツ×ネイビーカーディガン

【6】白Tシャツ×ベージュパンツ×ネイビーカーディガン
Tシャツ(オールウェイズ〈M・fil〉)、パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、カーディガン(マックスマーラ ジャパン〈エス マックスマーラ〉)、時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、トロリーケース(グローブ・トロッター 銀座)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

リラックスしていたいときには、ストレッチ性の高いドロストパンツが大活躍。体を締めつけないゆとりあるシルエットながら、センタープレスのおかげできちんと感をキープできます。インナーに合わせた白Tシャツが、ロング&リーンなシルエットにすっきりとした抜け感を与えてくれる。前後で切り替えになった異素材コンビだから一枚でも活躍します。

【7】グレーTシャツ×黒パンツ×黒カーディガン

【7】グレーTシャツ×黒パンツ×黒カーディガン
Tシャツ(ヤマツゥ〈モンロー〉)、カーディガン(クルチアーニ銀座店)、パンツ(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、サングラス(リエート〈バートン ぺレイラ〉)、ピアス・ブレスレット・バングル・時計・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

こなれ感のあるチャコールグレーのVネックTシャツには、肩がけしたカーディガンやスポーティーな時計でかっこよく。日本人に合わせて調整したVラインは、深めながらも、インナーが見えにくいつくりです。

【8】白Tシャツ×ベージュパンツ×ピンクコート

【8】白Tシャツ×ベージュパンツ×ピンクコート
コート(コロネット〈フォルテ フォルテ〉)、Tシャツ(スリードッツ青山店)、パンツ(三喜商事〈マウリツィオ ペコラーロ〉)、ネックレス(デペッシュモード恵比寿本店〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(ADORE 六本木ヒルズ店〈MARCEL SERAPHINE〉)、靴(バリー 銀座店〈バリー〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

優しげなペールピンクのリネン混コートとベージュパンツの組み合わせ。Tシャツと小物を白でまとめて統一感のある着こなしを目指しましょう。白がもたらす抜群のキレ味と抜け感で、全体が明るくなり季節感のある着こなしに。顔周りに白があるとリフレクト効果で顔映えもかないます。

【9】白Tシャツ×ストライプタイトスカート×オリーブブルゾン

【9】白Tシャツ×ストライプタイトスカート×オリーブブルゾン
ブルゾン(三崎商事〈エルミダ〉)、Tシャツ(ASPESI 六本木〈アスペジ〉)、スカート(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ネックレス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、バッグ(Theory luxe〈Gianni Chiarini〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッぺ ザノッティ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

カーディガン感覚の軽やかなブルゾンをはおるときは、タイトスカートで下半身をほっそりと。白Tシャツを中に合わせれば、レフ版効果で顔写りもすっきりと冴えます。

【10】黒Tシャツ×黒パンツ×スカーフ

【10】黒Tシャツ×黒パンツ×スカーフ
Tシャツ(クリップクロップ〈オーラリー〉)、ストール(yoshie inaba)、パンツ(ebure) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

ブルーをこよなく愛するイタリア伊達男のように、Tシャツとコットンのストールをグラデーション配色にして小粋に。さらりとエアリーなストールをラフに巻けば、涼しげな雰囲気もキープできます。体が中で泳ぐ、身幅のややゆったりとしたサイズ感もポイントです。

【11】白Tシャツ×白パンツ×白カーディガン

【11】白Tシャツ×白パンツ×白カーディガン
ハイアリンのTシャツ・アリクアムのカーディガン(ストラスブルゴ)、パンツ(ウィム ガゼット 青山店〈ウィム ガゼット〉)、ベルト(エリオポール銀座〈メゾン ボワネ〉)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(ザ・ショーケース GINZA SIX 店〈シェイスビー〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

シャリッとした質感に加え、絶妙なフレンチスリーブのTシャツなら、シャープな着こなしもお手のもの。シワになりにくく、自宅で洗濯も可能な一枚は、ショップスタッフの所持率も高い、隠れた人気アイテムです。

【12】白Tシャツ×白パンツ×白ロングジレ

【12】白Tシャツ×白パンツ×白ロングジレ
トップス(キートン)、ジャケット(三崎商事〈マロ〉)、パンツ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、 バッグ(JIMMY CHOO)、靴(コール ハーン ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

清々しい白だけを重ねることでクールな表情に。オンスタイルには、ラフなTシャツはご法度! 知的なブラウスに合わせたロングジレが、ジャケットの役割を果たす強い味方になってくれます。

レディース夏の白Tシャツコーデ


【1】白Tシャツ×ベージュパンツ

【1】白Tシャツ×ベージュパンツ
Tシャツ(オールウェイズ〈M・fil〉)、パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、ストール(キートン)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

リッチなベージュに切れ味のいい白を効かせることにより、ベーシックカラー同士が生み出す、気負わないラグジュアリーが実現。マットな配色のアクセントとなるメタリック小物は、盛りすぎず、スパイス程度に少量を効かせるのが上品に仕上げるコツです。

【2】白Tシャツ×ゼブラ柄スカート

【2】白Tシャツ×ゼブラ柄スカート
Tシャツ(オールウェイズ〈M・fil〉)、スカート(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、眼鏡(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、ネックレス・ブレスレット・リング・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

冷房のきいたオフィスでの作業には、ピリッと緊張感のあるモノトーンで集中力を高めましょう。究極のバイカラーにマンネリを感じ始めたときこそ、インパクト柄ボトムの出番。迫力のある白の着こなしは、唯一無二の反対色、黒のアクセントカラーによってまた違った表情が楽しめます。

【3】白Tシャツ×オレンジスカート

【3】白Tシャツ×オレンジスカート
Tシャツ(レキップ)、スカート(コロネット〈エアロン〉)、ピアス・ネックレス(マルコ・ビチェゴ ジャパン)、リング(デペッシュモード恵比寿本店〈ペリーニ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

鎖骨をわずかにのぞかせる襟元がフェミニンな雰囲気を醸し出しすTシャツ。まるでブラウスのような上品さは、細番手のコットンが生む光沢感や、袖口をダブルで仕上げることで表現。みずみずしいオレンジ色のミモレ丈スカートとクリーンな白Tシャツのコンビネーションが、夏にふさわしい爽快なイメージを演出してくれます。

【4】白Tシャツ×黒ロングスカート

【4】白Tシャツ×黒ロングスカート
Tシャツ(クリップ クロップ〈オーラリー〉)、スカート(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)、ピアス・チョーカー(ストラスブルゴ〈ソフィー ブハイ〉)、バッグ(ヘレンカミンスキー表参道ヒルズ店)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

トレンド感を取り入れたいときは、マキシ丈のスカートやアンクルストラップのサンダルで、足元重めのバランスを。ジャストサイズの白Tで、上半身はすっきりとまとめるのが正解です。

【5】白Tシャツ×デニムパンツ

【5】白Tシャツ×デニムパンツ
Tシャツ(エンフォルド)、デニム(ヤマツゥ〈コラール〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈グッチ〉)、ネックレス(デペッシュモード恵比寿本店〈グレコ〉)、バッグ(八木通商〈ジェロームドレフュス〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

永遠の定番でもある、白Tとデニムの着こなし。大人が楽しむときは、構築的なデザインの一枚を選び、カジュアルを格上げしましょう。

【6】白Tシャツ×オレンジスカート×ハット

【6】白Tシャツ×オレンジスカート×ハット
Tシャツ(インドゥエリス)、スカート(コロネット〈エアロン〉)、サイモン アルカンタラのピアス・カオリ ミリネリーの帽子(ストラスブルゴ)、バッグ(エリオポール銀座〈フランシス バレンティーヌ〉)、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店) 撮影/小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

クリーンな白のTシャツは、夏の太陽がお似合いです。コットンリネンのスカートやカゴバッグ、ラフィア帽と、天然素材を重ね心地よく。

【7】白Tシャツ×黒ワイドパンツ

【7】白Tシャツ×黒ワイドパンツ
トップスに表情が加わる「裾」のアレンジテクニック

圧倒的なファッションセンスの持ち主で、自らのブランドも手がけるVictoria Beckham(ヴィクトリア・ベッカム)は、一見メンズ風でボクシーなシルエットのTシャツを選びました。きちんとセンタープレスを効かせた黒のパンツにウエストインして、Tシャツルックでもルーズに見せていません。

さらにTシャツの袖をひと折り。お腹のあたりを程よくたるませ、ゆるっとした雰囲気を漂わせています。ルーズすぎない抜け感が備わっているのは、Tシャツの着余り具合とパンツのきちんと感が交わっているおかげです。クラッチバッグで全体のムードを引き締めているのもさすが。

「白Tシャツ1枚」でオシャレ!セレブの休日リッチカジュアル5選

【8】白Tシャツ×ハイライズジーンズ

【8】白Tシャツ×ハイライズジーンズ
ウエスト周りのカムフラージュにも役立つTシャツの「結び技」

ヴィクシーエンジェルでもあるトップモデルのElsa Hosk(エルザ・ホスク)は、白Tシャツの裾を脇のあたりでコブ結びをしています。Tシャツを寄せて、結び目をつくったおかげで、複雑なドレープが生まれたのに加え、トップスの量感がタイトになりました。ハイライズのジーンズは腰から下を包み込んで、上半身の細感を引き立てました。

足元はリボン付きフラットサンダルでのどかな上品さを同居させています。トレンドのマリンキャップもシンプルな白Tに合わせて大人っぽいムードに。ゴールドのチェーンバッグは着姿にスパイスとリッチ感を添えました。小物を上手にスパイスとして使っているところがさすがモデルのテクニックです。

「白Tシャツ1枚」でオシャレ!セレブの休日リッチカジュアル5選

【9】白Tシャツ×白パンツ

【9】白Tシャツ×白パンツ
オールホワイトの引き立て役に「マルチカラーバッグ」を選出

トップモデルのGigi Hadid(ジジ・ハディッド)は、爽やかイメージが強いオールホワイトの装いにまとめ上げました。ピュア感やクリーンさを印象づける白は好感度を引き出しやすい色です。暑い時期には涼やかさも連れてきてくれます。全身をホワイトトーンで整えれば、クリーンなキャラクターイメージを強調できます。

彼女がチョイスしたのは、ボディーにぴったりフィットした白T。きっちりウエストインして、さらに細感を引き出しています。ハイライズ仕立てのブーツカット・デニムも脚長イメージを増幅。微妙に上下で白の風合いを変えているのもメリハリボディーに見せる好判断です。

「白Tシャツ1枚」でオシャレ!セレブの休日リッチカジュアル5選