顔や肩にかかる髪をサッと束ねてスッキリしたいとき、ありますよね。束ねた髪をくるくるっと丸めてピンで留めるシンプルなアレンジなのに、髪をただ引っ詰めただけの貧相スタイルに見える人と、後れ毛まで美しく見える、おしゃれなまとめ髪に見える人がいます。この差は一体、どこから生まれるのでしょうか?

美容室・pinceau(パンソー)代表の山岸亜由美さんは「トップにボリュームを出すだけで、きちんと感のあるまとめ髪になります」と断言。ボリューム感と空気感を出すために、髪を束ねる前にカールアイロンで軽く巻いておくことと、束ねたあとに頭頂部の毛束を引き出して、ふんわりした立ち上がりをつくるのがポイントです。

また、トップの根元をふわっと立ち上げるメリットは、きちんと感を出すだけではありません。

「トップにボリュームが欲しい方はもちろん、髪の根元が見えにくくなるので、白髪カバー効果もあります。髪が伸びてきてサロンへ行きたいけれど時間がなかなか取れない…というときにもオススメのアレンジです」(山岸さん)

毛束からトップの髪を引き出すだけでボリュームアップ!

完成
サイド
バック

 

寺田あやさん(41歳/デザイン会社勤務)のHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★★
  3. 髪の太さ(細→太) ★★★
  4. うるおい(乾→潤) ★★★★
  5. 白髪の量(多→少) ★★★

もともとクセのある寺田さんの髪。実はうねりやクセがあった方が、このまとめ髪をしやすいとか。「クセやうねりが、束ねたときの表情になります。逆にストレートな方は、カールアイロンで巻いておけばニュアンスのあるシニヨンに仕上がります」(山岸さん)

アレンジ前

■1:トップの髪を中間から根元に向かって巻く

頭頂部の髪のみ、毛束を細く取ったら中間から根元に向かって、外巻き、内巻きとランダムに巻いていく。

■2:髪をまとめてポニーテールに

両サイドの耳の先端を結んだラインに結び目が来るように髪を束ねる。

■3:結び目を抑えながら頭頂部の髪を引き出す

片手で束ねたゴムを抑えながら、頭頂部から2~3㎜ずつ毛束をつまんで引き出す。鏡を見て中央がいちばん高くなるようにすること。

■4:毛束の根元から丸めてアメピンで留める

束ねたゴムを基点に根元から毛束を丸め、形が崩れないようにアメピンで留める。

頭頂部の髪を引き出すときは、少しずつつまむのがポイント。「一気に引き出すと、結び目がグズグズになります。バランスを見ながらひとつまみずつ引き出してください」(山岸さん)

pinceau代表・山岸亜由美さん。超朝型で出勤前に掃除も洗濯もすべて済ませているとか。「5時半から1時間かけて軽く走るのが日課になっています。1日1万歩が目標です」

問い合わせ先

  • pinceau(パンソー)
  • 住所/東京都港区元麻布3-11-3 パティオ麻布十番2-2F
  • TEL:03-6804-1256
  • 営業時間:平日10:00~21:00 土・日・祝10:00~20:00
  • 定休日:火曜、第1・3月曜
フランス語で「絵筆」を意味するpinceau。その人の個性や髪質を最大級に生かしたスタイルを提案してくれる

大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑