ビジネスでもOFFでも着こなせるグレージャケットの、黒パンツやジーンズなどを合わせたコーデをご紹介! 夏におすすめのグレージャケットファッションをピックアップしました。

【目次】

グレージャケットのビジネスコーデ


【1】ブルネロ クチネリのグレージャケット×黒スカート

【2】グレージャケット×黒スカート
ジャケット・ブラウス・スカート・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス( フレッド) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

着丈はヒップラインを覆う72㎝のジャケット。ダブルブレストの本格サルトリアルジャケットながら、スパンコールで描かれたウィンドーペンやコットンリネンのさらっとした着心地がジャケット特有の堅さを払拭してくれます。メンズライクなグレーのロングジャケット×とろみスカートの新鮮なコンビネーション。足元はヒールで女らしくまとめるのが正解です。

【2】トム ブラウンのチェックのグレージャケット×白パンツ

【3】グレージャケット×白パンツ
ジャケット(トム ブラウン 青山)、ニット(サザビーリーグ〈エキップモン〉)、パンツ(三喜商事〈アルト〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、時計(パテックフィリップ ジャパン)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

やや長めの着丈のオーバーシルエットに、足首まできゅっと強調するスティックパンツの組み合わせ。フォルムが上品なぶん、素材やきれい色を取り入れれば、おしゃれの幅もぐんと広がります。アウターはツイード地が華やかなグレーのジャケット。袖ぐり、ラペル幅が細身のため、着てみると想像以上にスマート。カジュアルを目指すなら、小物をメンズライクにまとめるのがこなれるコツです。

【3】ebureのグレージャケット×黒スカート

【4】グレージャケット×黒スカート
ジャケット・スカート(ebure)、ニット(Theory luxe)、ピアス(ヴァンドーム青山プルミエール 伊勢丹新宿店〈ヴァンドーム青山〉)、バングル(ヴァンドームヤマダ〈ロバートリー、モーリス〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

グレーのジャケットは軽く爽やかなリネン素材。フロントや袖口のジップが辛口のモード感を醸す一方、ウエストにはハンドワーク風ステッチをあしらって高級感をトッピングしましょう。クールな印象になりすぎないように配色バッグやインパクトパンプスでモードな彩りを添えて。

【4】HAUNTのグレージャケット×ベージュパンツ

【5】グレージャケット×ベージュパンツ
ジャケット(HAUNT代官山/ゲストリスト〈HAUNT〉)、ブラウス(Philo〈MOUJIC〉)、パンツ(ブラミンク)、バッグ(Theory luxe〈Gianni Chiarini〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

わずかに光沢を浮かべたカジュアルな雰囲気のグレーのテーラードジャケットとセミワイドパンツを、茶系のニュアンスを含んだカーキで統一感をもたせた着こなし。グラデーションの色合わせの妙が、趣味のよさを漂わせます。やわらかなアイボリー色のブラウスで抜け感をつくるのもポイントに。

オフィスカジュアルなグレージャケット


【1】ジョルジオ アルマーニのグレージャケット×グレータイトスカート

【1】グレージャケット×グレータイトスカート
ジャケット・スカート・バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ピアス・リング(ダミアーニ銀座タワー)、インナー/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

グレーのジャケットのきちんと感とブラウスのたおやかさが調和したオーガンジー×シルクサテン仕立て。グレーと白のツイードスカートやミントグリーンのバッグ…と淡色でまとめた着こなしに投入して、ラグジュアリーかつクールな印象に仕上げましょう。

【2】ebureのグレージャケット×白ブラウス

【2】グレージャケット×白ブラウス
ジャケット(ebure)、ブラウス(ルック〈スキャパ〉)、スカート(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダスポート〉)、ピアス(ヴァンドームヤマダ〈ロバート リー モーリス〉)、バッグ・靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

グレーのジャケットは黒のレザートリミングが引き締めて。ゆったりとした身ごろと袖でノーカラージャケットをモードに更新しています。端正なブラウス+タイトスカートにはおって、こなれたきちんと感を演出。華奢な小物を合わせれば、仕事の後にエレガントな予定がある日にも向く装いに仕上がります。

グレージャケットと黒パンツ、ネイビーパンツのコーデ


【1】Tジャケットのグレージャケット×ネイビーパンツ

【1】グレージャケット×ネイビーパンツ
ジャケット(三喜商事〈Tジャケット〉)、インナー・パンツ(VINCE 表参道店〈ヴィンス〉)、サングラス(ストラスブルゴ〈オリバー ゴールドスミス〉)、バングル(インターナショナルギャラリー ビームス〈ビルウォールレザー〉)、モローパリのバッグ・バーニーズニューヨークの靴(バーニーズ ニューヨーク) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

驚くほど構築的なシルエットとTシャツのような軽やかさを実現したインナーに、遊びのあるグレー柄のジャケットを合わせてカジュアルに。足元まで、ブルー系の色味でまとめたのがポイントです。

【2】エンポリオ アルマーニのノーカラーグレージャケット×黒パンツ

【2】グレージャケット×黒パンツ
ジャケット・パンツ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、トップス(三喜商事〈ストラネス〉)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ヴァレクストラ ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ カスタマーサービス) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious5月号』小学館、2018年

女らしいノーカラーのコンパクトなグレージャケットは、スカートを合わせると意外とコンサバになりがちなので、ここはあえてパンツを投入。しなやか素材のゆったりフォルムが歩く姿を優雅に演出してくれます。

グレージャケットとパンツコーデ


【1】マディソンブルーのグレージャケット×白パンツ

【1】グレージャケット×白パンツ
カットソー(スローン)、デニム(ゲストリスト〈レッドカード〉)、ジャケット(マディソンブルー)、ピアス・ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(モワナメゾン GINZA SIX)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious6月号』小学館、2018年

上品な光沢とソフトな風合いをもつコットン素材のノースリーブカットソーは、ラフすぎずに夏の休日に理想のこなれ感をもたらす一枚。ホワイトデニムとの清々しい装いに、グレーのジャケットを合わせて大人の風格を漂わせましょう。

【2】フェンディのグレージャケット×グリーンパンツ

【2】グレージャケット×グリーンパンツ
ジャケット・パンツ(フェンディ ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2018年

モードに昇華したストライプを印象づけるグレーのジャケット。光沢とハリのあるラグジュアリーな生地に、パキッとしたストライプを大胆にあしらった一着は、存在感絶大です! 色のおしゃれに惹かれる今、思いきってビビッドなグリーンのパンツと合わせ、爽やかなストライプをかっこよく――そんなイメージで颯爽と着こなしましょう。

【3】ジョルジオ アルマーニのグレージャケット×グレーパンツ

【1】グレージャケット×グレーパンツ
ジャケット・パンツ・インナー・バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、サングラス(ミラリジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、時計(ピアジェ)、スニーカー(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

伸縮性のあるジャージー素材のジャケットとパンツは快適な着心地が魅力! オフィスにぴったりなグレーのジャケパンスタイルは外さない王道コーデです。

グレージャケットとジーンズコーデ


【1】ブルネロ クチネリのチェックグレージャケット×ジーンズ

【1】グレージャケット×ジーンズ
定番白Tシャツ・ジャケット・デニム(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ブレスレット/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2018年

マニッシュなテーラードジャケットに合わせるインナーは、首元がキュッと引き締まったクルーネック「定番白Tシャツ」が断然気分! シックなグレージャケットに、目の覚めるようなクリアな白を合わせるとメリハリが生まれ、都会的な印象に仕上がります。