大人が上品に着こなせるカーディガンの肩掛けコーデをご紹介。夏におすすめのカーディガンの肩掛けスタイルをピックアップしました。

【目次】

肩掛けカーディガンとワンピースのコーデ


【1】シンクロ クロッシングズの白カーディガン×水色ワンピース

【1】白カーディガン×水色ワンピース
コットンベースのカーディガン(シンクロ クロッシングズ 玉川タカシマヤSC〈シンクロ クロッシングズ〉)、コットンベースのストレッチワンピース(REYC)、サングラス(モスコット トウキョウ)、ピアス・ネックレス・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

あっさりしがちな夏のワンピースに優雅さを加えてくれるのが「ロング丈カーディガン」。着丈90㎝以上を目安に選び、ワンピースと丈感をそろえて肩掛けするのが洗練のポイントです。分量感のあるアイテムだけに素材の質感も重要。透け感があり、歩くたびに揺れる軽やか素材を選ぶと、しなやかな女らしさが引き立ちます。素肌が透けるほど薄手の白カーディガンを、ふわりとはおって。Vネックが女らしさを添える、テントラインのワンピースに、清涼感をプラスしましょう。

【2】ジョン スメドレーの黒カーディガン×レッドワンピース

【2】黒カーディガン×レッドワンピース
ワンピース(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、カーディガン(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、ネックレス(ADORE 六本木ヒルズ店〈アントン ヒューニス〉)、ブレスレット・リング(ボン マジック)、バッグ(ロンハーマン〈ラドロー〉)、靴(ベイジュ〈PIPPICHIC〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

レディーライクなAラインのワンピース×肩掛けカーディガン。ジャッキーを連想させるコンサバな組み合わせに、鮮やかな色の要素が加わると、こんなにも新鮮な表情になります。ノースリーブとミニ丈からのぞく、肌の露出も計算のうち。

【3】ミッソーニのボーダーカーディガン×ボーダーワンピース

【3】ボーダーカーディガン×ボーダーワンピース
ワンピース・カーディガン(ミッソーニ 表参道店)、眼鏡(ミラリ ジャパン〈ジョルジオアルマーニ〉)、ブレスレット(シャンテクレール 東京店)、時計(DKSHジャパン〈べダ&カンパニー〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious7月号』小学館、2017年

上品で優雅かつ、ノーストレスなニットワンピース。同柄のカーディガンを肩掛けして、冷房対策とともにさらなる気品を漂わせて。

【4】エスカーダのグレーカーディガン×ペールグレーワンピース

【4】グレーカーディガン×ペールグレーワンピース
ワンピース(アクリスジャパン〈アクリス〉)、カーディガン(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ネックレス『ポセション』・時計『アルティプラノ』・リング『ポセション』(ピアジェ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious7月号』小学館、2017年

控えめながらも、華のある着こなしを意識した肩掛けカーディガンのコーデ。ペールグレーのタンクワンピースに、存在感を放つブレスレットウォッチが光ります。

【5】ドゥロワーの紺カーディガン×紺ワンピース

【5】紺カーディガン×紺ワンピース
カーディガン(ドゥロワー丸の内店〈ドゥロワー〉)、ピアス・バングル・リング(フレッド)、ベルト(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッペザノッティ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

ニットの白トリミング、そしてやや太めの白ベルトの存在が、ネイビーのオールインワンを軽やかに見せてくれます。カーディガンは肩掛けして、さらに、イエローのバッグをオン。鮮やかな色はほんの少しだけ、が効果的です。

【6】ピアッツァ センピオーネの赤カーディガン×白ワンピース

【6】赤カーディガン×白ワンピース
ミラノリブのコットンカーディガン(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、コットンベースのストレッチワンピース(アオイ〈マントゥ〉)、ピアス・リング(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(バリー 銀座店)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

はしごレースがあしらわれた淡いベージュのワンピース。ボレロ感覚の鮮やか色のカーディガンを肩掛けしたら、溌剌とした女らしさが加わります。

白カーディガンの肩掛けコーデ


【1】ペセリコの白カーディガン×ストライプシャツ

【1】白カーディガン×ストライプシャツ
パンツ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、カーディガン(ウールン商会〈ペセリコ〉)、シャツ(アオイ〈ポール カ〉)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ)、時計(IWC)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

遠目にはスカートのようなネイビーパンツにブルーのシルクトップスと白カーディガンを肩掛けして、好感度の高い清涼配色をエレガントに。そこに、ひんやり輝くジュエリーや辛口ウォッチを効かせて、クール&ラグジュアリーに仕上げるのが大人の流儀です。パンツは薄くしなやかなレーヨン素材。右から左に向かって布を重ね、サイドでリボン結びするラップ仕立てがスカートライクな表情の秘密。ひざ上までは裏地を付け、下は透け感を生かして涼しげなボリュームを表現しています。

【2】ロロ・ピアーナの白カーディガン×白シャツ

【2】白カーディガン×白シャツ
ブルゾン(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、スカート(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、Tシャツ(オールウェイズ〈M・fil〉)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(ポメラート・ジャパン〈ポメラート〉)、バッグ(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)、靴(コール ハーン ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

白Tシャツに白カーディガンをさらっと肩掛け。遠くからでも透明感を感じさせるオール白の着こなしは、ひときわ存在感を発揮します。潔い白よりも、ニュアンスある白を重ねることで、モダンな空間でも浮かない品のよさが漂います。

黒カーディガンの肩掛けコーデ


【1】エンポリオ アルマーニの黒カーディガン×白ブラウス

【1】黒カーディガン×白ブラウス
カーディガン・ブラウス(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、パンツ(ショールーム リンクス〈セドリック シャルリエ〉)、TASAKIのネックレス・M/G TASAKIのブレスレット(TASAKI )、時計(ソーウインド ジャパン〈ジラール・ぺルゴ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

ノーカラーブラウス×ワイドパンツの都会的な組み合わせに、ひざまでたっぷりあるロング丈のカーディガンをゆるりと肩掛け。メタリックファイバーが編み込まれたラメのような光沢がリッチな個性を演出してくれます。

【2】クルチアーニの黒カーディガン×チャコールグレーTシャツ

【2】黒カーディガン×グレーTシャツ
Tシャツ(ヤマツゥ〈モンロー〉)、カーディガン(クルチアーニ銀座店)、パンツ(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、サングラス(リエート〈バートン ぺレイラ〉)、ピアス・ブレスレット・バングル・時計・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

こなれ感のあるチャコールグレーのVネックTシャツには、肩掛けしたカーディガンやスポーティーな時計でかっこよく。日本人に合わせて調整したVラインは、深めながらも、インナーが見えにくいつくりに。

【3】クルチアーニの黒カーディガン×黒ニット

【3】黒カーディガン×黒ニット
スカート・カーディガン・ニット(クルチアーニ 銀座店)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ピアス・ネックレス・右手のカフ・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX) 撮影/宮本直孝 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

クルチアーニといえば、上質なニットウエアで名高いブランド。肩掛けカーディガンにぴったりな隠れ名品がひそんでいます。今季は、着こなしに女らしいこなれ感を生み出す、ベージュのスエードスカートを発見! 旬のタイトシルエットで仕立てたスカートは、ラップデザインで足さばきもよく、快適な着心地です。タイト&フィットが基本のクルチアーニのニットスタイルにはもちろん、オンオフを問わず、さまざまな装いで活躍必至のアイテムです。

【4】ジョン スメドレーの黒カーディガン×黒ニット

【4】黒カーディガン×黒ニット
パンツ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉)、カーディガン・ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、ネックレス(エミリオ・プッチ ジャパン)、バングル(showroom SESSION〈マリア ブラック〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(フラッパーズ〈ネブローニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ボディーにつかず離れずでフィットするノータックのテーパードパンツ。素材はシワになりにくいポリエステル・レーヨン。パッと目に飛び込んでくる鮮やかなコーラルピンクのパンツは、引き締め役の黒カーディガンの肩掛けでメリハリをつけて。カーディガンは軽く肩掛けするのがコツ。

さり気ない夏の肩掛けカーディガンコーデ


【1】エストネーションのピンクカーディガン×ピンクニット

【1】ピンクカーディガン×ピンクニット
パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、カーディガン・ニット(エストネーション〈エストネーション〉)、ピアス・バングル(フレッド)、バッグ(エドストローム オフィス〈ジェイ ダブリュー アンダーソン〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

スティックパンツは一見無地、よく見るとベージュにラメ糸を織り込んだグレンチェック柄。日本人体型に合うようにつくられた定番の細身シルエットです。くつろぎの時間には、肩掛けカーディガンが活躍。甘さをたたえた上品配色も魅力です。

【2】クルチアーニの赤カーディガン×赤ニット

【2】赤カーディガン×赤ニット
パンツ(feerique)、カーディガン・ニット(ストラスブルゴ〈クルチアーニ〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、スカーフ・バングル(エルメスジャポン)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(フラッパーズ〈ネブローニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

細身パンツとはいえ、春夏に黒が多めのバランスは重く見えがち。ボトムインしたプルオーバーにスカーフで華やかな立体感を授けたり、カーディガンの肩掛けで動きを出したり、と目線を上に導くのが正解です。パンツは深みのある黒と、リッチなとろみ感が特徴のジャージー素材。幅広のウエストベルト+サイドに斜めに配したボタンが、ウエストから腰周りを引き締めましょう。

【3】Theory luxeのブルーカーディガン×白シャツ×水色スカート

【3】ブルーカーディガン×白シャツ×水色スカート
シャツ(アクアモーレ〈トマソ ステファネリ〉)、カーディガン(Theory luxe)、スカート(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、時計(パテック フィリップ)、バッグ(ジバンシィ表参道店)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

軽やかに揺れる姿が美しいミラノリブで仕立てたサックスのフレアスカート。その愛らしい印象を高めてくれるのが、シンプルな白シャツと肩掛けカーディガンです。バッグはマットなものではなく、インパクトのあるパイソンのネイビーバッグを効かせると、甘すぎないラグジュアリーなトリコロール配色に。

【4】ラルフ ローレンのキャメルカーディガン×キャメルニット

【4】キャメルカーディガン×キャメルニット
ラルフ ローレンコレクションのカーディガン・ニット・パンツ・ラルフ ローレンのバッグ(ラルフ ローレン)、ピアス・パールネックレス(TASAKI〈M/G TASAKI〉)、靴(フラッパーズ〈ネブローニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

ファッションアイコンたちが時代を超えて愛してきたアンサンブルニットやパールネックレス。コンサバティブだからこその安心感も、多くの人に親しまれる理由のひとつです。そんな王道名品を退屈に見せず、絶えず旬を感じさせるのが、おしゃれの楽しさ。長めでゆったりとしたカーディガンを肩掛けし、ロングネックレスをプラスして、今年らしい着こなしに仕上げましょう。