世の中には、まるでお金に愛されているように、お金が自然と集まってくるタイプの人がいますよね。そうなりたいと思ったら、一体どうすればいいのでしょうか? 実は、人間の器ならぬお金の器が大きくすることが必須。そしてそのために、お金持ち独特の価値観を理解し、取り入れる必要があります。

会社の経営者や医師、芸能人など著名人が多く利用する高級フルーツギフトショップ「水菓子 肥後庵」を経営し、富裕層の行動様式などをテーマに情報発信も行う黒坂岳央さんは、「お金持ちの方はとにかく共通して、投資マインドを持っています」といいます。

そもそもの「お金の使い方」は、支払うお金と等価値のモノやサービスを買う消費、支払うお金以下の価値のモノを買う浪費、未来の価値を見越してモノを買う投資、の3つに大別されます。

そのなかで、お金持ちと呼ばれる人々は、そのうち投資に圧倒的にお金を使っているというのです。

「お金持ちは、消費や浪費には驚くほど興味を持ちません。とくに浪費は、年収1億円を超える資産家の方でも月1万円以下、という話もよく聞きます。彼らはとにかく、無駄なものは買いません。その一方で、自己投資や情報への投資は惜しまないのです」(黒坂さん)

自己投資はステップアップのため資格の学校に通ったり、留学したりといった未来の自分自身への投資、情報への投資はコンサルティングなどがよい例です。お金持ちの人々は、みな共通してこうした投資を積極的に行っているといいます。これが投資マインドです。

ただ、未来の価値にお金をかけろと言われても、なかなかピンとこないですよね。そこで今回は、黒坂さんから誰でも簡単にできることを教えていただきました。お金の器を広げるために、さっそく習慣にしていきましょう。

お金持ちがやっている「お金の器の広げ方」5選

■1:苦痛をいとわず格上の人と付き合う

タダでお金持ちと関わろうと思ってはいけません

ビジネスで成功するためには、人間関係が欠かせないですよね。自分より先に成功している人とのコネクションは、重要な武器になり得るもの。実際、黒坂さんも「お金持ち同士で付き合うという傾向は間違いなくあります」と断言。ただし、「『お金持ちと関係をつくることはタダ』だと思ってはいけません」とも言います。

「成功者と一緒にピース写真を撮ることが目的になっている人は、成功しません。成功する人は、自分よりも先に成功した人々の行動習慣や考え方、マインドを学ぼうとします。

最初は考え方のレベルやスケールが違いすぎて、恥ずかしさや苦手意識、苦痛を感じることもあるかもしれません。彼らの話についていくためには、自分のレベルを上げないといけない。マインドを学ぼうと思っていないと、その苦痛に耐えることができないんです」(黒坂さん)

その努力も含めて、タダだと思ってはいけないのです。成功者は、たゆまぬ向上心を持っています。苦痛を乗り越えて手に入れる自分自身の成長には、お金では買えない価値があるのです。

■2:手土産に気を配る

少しの気遣いで人の心をつかむ

お中元やお歳暮、手土産がさほど重視されなくなっている現代ですが、お金持ちはそういった細やかな心遣いを忘れません。相手だけでなく、その奥さんや家族へのお土産を用意するなど、配慮も細やか。

そうした手土産を受け取った相手は、家庭内でも「素晴らしい方とお付き合いしているのね」と喜ばれ、それが巡り巡って一段階深い信用へとつながっていく――このことを、とてもよく理解しているのです。

黒坂さんは、「お金持ちは人の心をつかむことに繊細ですし、よく勉強されています。細かいところに気を遣っていると感じます」といいます。

心を込めて、相手を思って選ぶ手土産は、「あなたを大事に思っている」という信頼のメッセージになります。金額ではなく、相手の好きなものを選んだり、相手の家族が喜ぶものを想像したり、そうした細やかな手土産選びも、お金持ち体質になるためのよい習慣です。

■3:資産(財布の中身)を100円単位で完璧に把握する

お金持ちは突発的な出費をしない

お金持ちに共通しているのが、この習慣だそうです。黒坂さんによると、「みなさん、驚くほど把握しています。『今、財布にどれぐらいあるか』と聞いたら、100円単位で答えられると思いますよ」とのこと。

なぜかといえば、お金持ちは突発的な出費はまったくしないから。必要だから買う、という点が一貫していて、「安いから」と予定外の物を買うことは皆無。逆に価格が2倍でも、迷うことはありません。

「今、財布にいくらあるか答えられない人は、なんとなくお金を使っているのかもしれません。買うつもりはなかったけど半額だったから買う、といった行動が続くと、財布の中身がわからなくなっていくのだと思います」(黒坂さん)

「安いから買う」は賢い買い物のように見えますが、そのせいで買う必要のないものまでかごに入れてしまうと、それは「浪費」です。今、自分の財布にいくら入っているのかわからない、という人は、「安いから」という理由で不要のものを買っていないか、振り返ってみるとよいでしょう。

■4:お金に関する感覚を研ぎ澄ませる

お金持ちは数字で考える投資マインドが身についている

数字に強くなる努力をして、お金に関する感覚を研ぎ澄ませること。これも重要な要素のひとつです。なぜかというと、投資マインドを持っている人は、期待値を目安に投資をするから。

投資における期待値とは、投じたお金に対して戻ってくる「見込み」の金額を表したもの。期待値の高いものへの投資を続けていくと、回数を重ねるほど標準偏差が高くなり、いわゆる勝つほうに進んでいくと言います。

少し難しい話ですが、要するにお金持ちは、そのモノにお金を投じるだけの価値があるかどうかの判断が、非常にシビアで合理的だということ。この感覚は、経験から身につけていくことが十分可能です。どんなに数字が得意ではなくても、自分のお金のことなら苦手意識は少ないはず。

「ビジネスでは驚くほど冷徹な判断を下される方でも、リフレッシュするときには驚くほどお金を使ったりもしています。お金の使い方にメリハリがあるのも、お金持ちの特徴かもしれませんね」(黒坂さん)

前項の「財布の中身を把握している」も含めて、まずはお金に関する感覚を研ぎ澄ますことが、お金持ち体質への第一歩のようです。

■5:モチベーションを高めるためにお金を使う

自分へのごほうびが大事

最後は、お金の使い方。黒坂さんは、「お金持ちは、目標の設定の仕方が普通の人とまったく違います」といいます。目標設定といえば、「今年は英会話を始めよう」「夏までに5キロやせよう」「このビジネススキルを身につけよう」など、やるべきことを挙げる方法が一般的。

ですが、お金持ちの場合、もう一段先に目標を設定します。

「たとえば『1年に1回モルディブに行って豪遊する』という目標を設定して、それまでに何が何でもこのビジネスを仕上げるぞ、という自分自身のモチベーションに利用するんです。これも、自分自身への投資といえます。お金持ちは自分の感情の高ぶらせ方をよく知っていて、そのためにお金を使うんです」(黒坂さん)

毎年目標を立てるのにどうしてもうまくいかないという人は、モチベーションを高めるごほうびを目標に設定して、再チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

投資マインドの実践はハードルが高くても、このなかのどれかならできるはず。ピンときたものから取り入れると、徐々にお金に対する意識が変わっていくのが感じられるはずです。少しずつお金の器を広げて、お金持ちの仲間入りしましょう。

黒坂岳央さん
フルーツギフトショップ・水菓子 肥後庵代表
(くろさか・たけを)シカゴの大学へ留学し会計学を学ぶ。卒業後、ブルームバーグLP、セブン&アイ、コカ・コーラボトラーズジャパン勤務を経て「水菓子 肥後庵」を設立、同社代表。公式ブログのほか、ZUUonline、MONEY PLUS、アゴラ 言論プラットフォームなどのメディアで情報発信するビジネスジャーナリストとしても活躍中。
フルーツギフトショップ・水菓子 肥後庵
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
よりみちこ
TAGS: