秋に人気のカーキコーデをご紹介。秋におすすめのカーキ色のパンツやジャケットを使った大人コーデをピックアップしました。

【目次】

カーキパンツを使ったコーデ


【1】ベルウィッチのカーキパンツ×白ブラウス

遠目に映えるメリハリ配色カーキ×ホワイトが清廉な印象へと導いて
シャツ(アオイ〈マントゥ〉)、パンツ(アマン〈ベルウィッチ〉)、バッグ・靴(JIMMY CHOO)、リング(TASAKI) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ややグレー味を帯びた深みのあるカーキに、シャツ生地の凛とした表情のホワイトが映える小粋なコントラスト。9分丈のタックパンツに、ブラウスのような趣のシャツを合わせたシンプルな着こなしも、センスの光る配色でおしゃれ感満載です。バイカラーのプレシャスレザーバッグやヌーディーなサンダルなど、モードな攻めの小物で盛り上げましょう。

【2】マックスマーラのカーキフレアパンツ×ゴールドベージュニット

オリーブ・カーキ×ゴールドベージュの品よく華やぐ絶妙配色
エス マックスマーラのニット・スポーツマックスのパンツ(マックスマーラ ジャパン)、バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、バングル(ケイテン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

カーキ色の優美なフレアパンツに、繊細なラメがきらめくゴールドベージュのニットをなじませた配色。「色合わせ」の妙が目を引くスタイリングは、ウエストインで脚長効果を強調しています。アイレット(鳩目)付きバッグやパテントパンプスは黒で統一して、全体をコンパクトに引き締めましょう。

【3】シクラスのカーキパンツ×ベージュブラウス

カーキを効かせたまろやかな色調の装いは初秋らしいムードに満ちて
ブラウス(VINCE 表参道店)、ストール(オルドス ファッションジャパン)、パンツ(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、バッグ(アマン〈ペリーコ〉)、ネックレス・ブレスレット(ケイテン)、ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ベージュのニュアンスを含んだカーキを軸に全体を柔和な配色でまとめて。最愛のクリーミーグラデーションにクールなカーキが加わることで、ぐっと今っぽい装いにグレードアップします。

【4】レ・コパンのカーキパンツ×グレーロングカーディガン

ライトグレーの気品を授けるソフトな色調の配色テクニック
トップス(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、カーディガン(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、ネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

カーディガンとパンツの、グレーみを帯びた濃淡カーキを繊細になじませるライトグレーのトップス。丁寧に色を重ねたカーキスタイリングは、大人の気品が香るような佇いです。

【5】ピアッツア センピオーネのカーキパンツ×グレーニット

流行を追いかけるより自分に似合うIラインを磨いたほうがおしゃれ!
パンツ(三喜商事〈ピアッツア センピオーネ〉)、ニット(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、カットソー(ストラスブルゴ〈アントネッリ〉)、ファーストール(ストラスブルゴ〈マンツォーニ〉)、バッグ(サンモトヤマ 銀座本店〈ナンシー・ゴンザレス〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/坂根綾子 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

スティックパンツは濃い目のカーキ色をチョイス。ハリのあるコットンストレッチが気になるレッグラインをカバーしてくれます。旬のロング丈ニットは、コンパクトボトムで引き締めましょう。

カーキジャケットを使ったコーデ


【1】イヴ・サンローランのカーキジャケット×白カットソー

きりっと小気味のいい色合わせでマニッシュなカーキを女らしく
ジャケット・カットソー・パンツ・バッグ・ピアス・バングル(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、サングラス(ケリング アイウエアジャパン〈サンローラン〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ミリタリーカーキの細身ジャケットを主役に。難度高めのアイテムも、モノトーンとのコントラスト配色で、きりっとタイトに着こなすと、凛としてかっこいい佇いが実現します。首元や手首の肌見せで軽やかに女性らしさをプラスして。カーキと相性抜群のコクのある赤の差し色も効果を発揮してくれます。

【2】マディソンブルーのカーキジャケット×黒パンツ

ハンサムで辛口のおしゃれにもひと匙の甘さを添えて
ジャケット(マディソンブルー)、カットソー(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)、パンツ(ゲストリスト〈レッドカード〉)、ピアス(showroom SESSION〈ヒロタカ〉)、バングル(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

ニュートラルアイテムのノースリーブカットソーとデニムに、辛口のカーキジャケットを合わせた装いは、マニッシュな印象。そこにゴールドジュエリーを添えるだけで、ハッとさせるような女らしさが生まれます。

【3】マディソンブルーのカーキジャケット×赤パンツ

思いきって色で遊ぶ日も、「甘×辛」ミックスのセオリーを忘れずに
パンツ(ユナイテッドアローズ 有楽町店)、ジャケット(マディソンブルー)、靴(J.M. WESTON 青山店)、カットソー(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)、ピアス・バングル(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、バッグ(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

鮮やか色のパンツの日は、ほかの色はできるだけ引き算してモノトーンとシックカラーに限定。カットソーやスニーカーなどで白の分量を多めに加え、ジャケットにカーキを投入することで、インパクトの強い色を取り入れた着こなしも、爽やかかつクールな印象に仕上がります。

【4】マディソンブルーのカーキジャケット×白パンツ

夏の仕事スタイルは白パンツを核にジャケットで新鮮に
パンツ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)、カーディガン(スローン)、ジャケット(マディソンブルー)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)、ペンダント・ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

清潔感があって涼しげな白パンツ。カーキのダブルジャケットを投入したら、きちんと感が加わって、着こなしもリフレッシュします。辛口メインの装いに、甘口の黒ニットを添えることで上品な印象に。

カーキトップスを使ったコーデ


【1】Tibiのカーキトップス×ブルータイトスカート

カジュアルなカーキをネイビーの知的な上品さでまとめたスカートスタイル
トップス・スカート(ユニット&ゲスト〈Tibi〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、ネックレス(プレインピープル丸の内〈イムカ ティムカ〉)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

今年らしい新鮮さと洗練につながる、アンバー・カーキとネイビーの色合わせ。巧みなギャザーディテールで、一枚で様になる個性派トップスを、サテン地のスリット入りタイトスカートで女っぷりよく仕上げましょう。落ち着いた色調のマルチカラーバッグの今どき感も着こなしアップデートのカギです。

【2】ブルネロ クチネリのカーキカーディガン×カーキブラウス

メタリックカーキのショッパーバッグ
バッグ・ブラウス・カーディガン・スカート(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス・ペンダント・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

カーキの装いになじみつつ、シックな華を添えるメタリックカーキのバッグ。絶妙な色出し、上質な一枚革で仕立てた軽量なつくりに魅了されます。

【3】マイのカーキトップス×ゴールドジュエリー

Boucheron
ネックレス『デリラ』・ピアス『セルパンボエム』・時計『リフレ』・ゴールドストラップ(ブシュロン)、トップス(1LDK AOYAMA HOTEL〈マイ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

シンプルなカーキのトップスに合わせたいのは、誉れ高きメゾンの職人の手で、まるで命を吹き込まれたかのように、生き生きと輝くゴールドジュエリー。布のようになめらかなドレープが美しく、光を集めて煌く『デリラ』は、どこまでも気高く、優雅です。

秋おすすめのカーキコーデ


【1】セリーヌのカーキスカート×黒ニット

ナチュラル&シックなシンプルスタイルをモードバッグで小粋に!
ニット・スカート・ピアス・バングル・バッグ『クラスプ ミニ』(セリーヌ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

黒ニットとカーキのスカート、「ダークグリーン」のミニショルダーで仕上げた秋配色の着こなし。バッグを斜めがけにすると、さりげない所作に生き生きとしたエレガンスが香り立ちます。

【2】セリーヌのカーキニット×黒パンツ

たっぷりしたフォルムのニットでストイックなパンツスタイルもたちまち今どきに
ニット・シャツ・パンツ・イヤリング・バッグ・靴(セリーヌ ジャパン) 撮影/宮本直孝 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

カーキのニットは、白ブラウスの襟をのぞかせることで顔周りに凛とした清潔感が漂います。ドロップショルダーや、たっぷりとした袖や身ごろ...。程よいオーバーサイズ感は全身バランスを新鮮に見せるだけでなく、カシミヤのふんわりと幸福な質感を教えてくれます。