羽田から飛行機で1時間40分…、向かった先は宮崎県。昨年リニューアルが完了した「フェニックス・シーガイア・リゾート」が、ラグジュアリーな大人のメッカとして盛り上がっているという噂を聞きつけ、早速取材へ行って参りました。

疲れた心と体に沁みる極上のリラクゼーション

リゾート地のお楽しみといえば…、やっぱり温泉&スパ。こちらシーガイアでも、素晴らしいお湯とスパでの施術を堪能させていただきましたので、こちらでご紹介したいと思います。

4つの温泉でミネラル豊富なお湯を楽しんで

まずは、温泉から…。「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」と隣接する温泉施設「松泉宮(しょうせんきゅう)」も見逃せません。前の湯「新月」、奥の湯「月読(つくよみ)」、そして5棟の貸切温泉「離れ湯」、小山薫堂氏がプロデュースする「おゆのみや」と、4つの温泉を楽しむことができます。

前の湯「新月」の内風呂。格子に組んだ宮崎の伝統技術「大島塗り」の天井に目を奪われます。
温泉に向かう道程も趣があってワクワクします。

前の湯「新月」は、湯船からの景色を綿津見(日本神話に登場する海の神)の世界海原に見立てて、露天の先に池があります。海原のような池を眺めながらの入浴は、体を芯からリラックスさせ、心を穏やかに導いてくれます。

朝日に照らされ美しく輝く奥の湯「月読」。
日向神話にちなんだエキゾチックな雰囲気も素敵。

松林の中にぽっかり佇む奥の湯「月読」は、松の香りを吸い込みながらお湯につかると、開放的な気分に。自然のエネルギーをチャージしながら、心身ともにリフレッシュ!

自分だけの空間と時間を楽しめる「離れ湯」。

「離れ湯」それぞれには建物があり、ソファーやシャワールーム、洗面台を完備。うたた寝をしたり読書をしたり…、自分だけの温泉空間を存分に堪能することができます。

日本ならではのお風呂のありがたみを噛みしめつつ、お湯を楽しんで。

「おゆのみや」は、小山薫堂氏が提唱する茶道ならぬ“湯道”をコンセプトにした、お風呂を極めるための公認湯室の第一号。

一千万年も前の地層から湧き出る温泉は、太古の海の化石成分を含むミネラルがとても豊富で、疲労回復や冷え性、関節痛などに効果あり。肌もしっとり整い、何度でも入りたくなるとっても“いい湯”でした。

五感を満たす至福のトリートメントタイムを

続いて「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」の39Fにある「バリヤンツリー・スパ」へ。’94年にプーケットにオープンして以来、数々のアワードを受賞。世界中のセレブを虜にしてきた、アジア初の最高のスパブランドである「バリヤンツリー・スパ」の施術が受けられるのは、日本ではここシーガイアだけ!

リラックスムード漂う「バリヤンツリー・スパ」のフロント。

エレベーターを降りた瞬間から、リラクゼーションの時間がスタート。やわらかな光に包まれ、癒しの音色が流れるそのオリエンタルな空間に、心と体が解きほぐされていくのを実感します。

フットバスのあと、スクラブでマッサージ。

カウンセリングのあと、完全個室のトリートメントルームへ移動。窓の外に広がる黒松林と空と海が、開放的な気分に導いてくれます。ミントを浮かべたフットバスのあと、ヨーグルト・緑茶・オートミール・塩のスクラブで角質ケア。身近な食材を使ったスクラブで、こんなにツルツルになるなんて…!

熟練の手技により、一瞬で深いリラクゼーションタイムに…。

そしていよいよトリートメントへ。「ハイタッチ・ローテック」がモットーのバリヤンツリー・スパでは、機械に頼ることなく、ハンドのみで極上のトリートメントを提供してくれるのです。手の温もりとアロマの香りが相まって、心と体を緊張から解き放ち、とてもフレキシブルな状態に整えてくれます。しっかりレポートするつもりで、ベッドにうつ伏せになったのですが、あまりの心地よさに記憶が…涙。ただ、終わったあとの体のすっきり感、軽やかさ、そして心の充実感は、言葉では言い表せないほど。

リラクゼーション・ラウンジで施術の余韻に浸って…。

トリートメントが終わったあとは、リラクゼーション・ラウンジに移り、季節のフルーツと美味しいお茶をいただきます。天蓋つきのベッドに横たわりながら、眼下に広がる美しい海を眺め、施術の余韻に浸るひとときは、非日常的でこの上なく贅沢。

都会の喧騒を離れて、ゆったりと時間が流れる南国に身を委ね、最高に贅沢な充電の時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

シリーズ「宮崎シーガイアを巡る旅」

問い合わせ先

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2018.10.23 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
新田晃与