レディース黒スカート着こなしまとめ。黒スカートの大人女性にぴったりな着こなしを22選ピックアップしました。シャツやニット、ジャケットなどと合わせて、秋のおしゃれを楽しんでみてください。

2018年秋の黒スカートコーデのトレンド


【1】黒スカート×グリーンブラウス

【2】黒スカート×グリーンブラウス
スカート・ブラウス・サングラス(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、ピアス・リング・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

シルクのノースリーブブラウスとニーレングススカートでつくるシンプルエレガントな装いは、巧みなフリルディテールが着映えのポイントです。ブラウスのグリーンにリンクした、プレイフルな配色のバッグをアクセントに。スカートは、裾まで流れるように計算されたフリルによる、細身のシルエットが体を美しく包み込んでくれます。

【2】黒スカート×白ブラウス

【3】黒スカート×白ブラウス
スカート・ブラウス(ブルネロ クチネリ ジャパン)、バッグ(JIMMY CHOO)、ピアス(ピアジェ)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

適度なハリ感がふんわりとしたシルエットを描くチュールレースのプリーツスカートは、体にしなやかに沿うシルクプルオーバーでコンパクトにまとめると好バランスです。スカートの色は、ブルネロクチネリらしいナチュラルなやわらかさのある墨黒。アンダースカートの上に2枚レイヤードしたチュールレース生地は、プリーツがくずれにくいのもうれしい特徴です。

【3】黒スカート×黒ニット

【4】黒スカート×黒ニット
ニット・スカート・イヤリング・バッグ・靴(ランバンジャパン〈ランバン〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

透ける生地のパネルを重ねたプリーツ風のあしらいに、甘いピンクをシャープに効かせたスカート。黒に効かせる差し色は、少量で大胆なほど効果的で、かっこいい。これ一枚で、ドレスに匹敵する華やかさがあります。

【4】黒スカート×白ブラウス

【9】黒スカート×白ブラウス
スカート(コロネット〈エアロン〉)、ブラウス(ebure)、バッグ(イザベル マラン)、ピアス・ネックレス (ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

動きのあるイレギュラーヘムの個性派スカートに、ベルスリーブのボリュームトップスで軽やかに甘さをプラス。裾と袖にポイントをおいたグラフィカルなシルエットが華やかな着映えをかなえます。ボトムはチューリップ状にスリットの入ったスカートの上に、共布のラウンドヘムのスカートを重ねたデザインです。

【5】黒スカート×黒ニット

【11】黒スカート×黒ニット
ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、スカート(デザインワークス ドゥ・コート銀座店〈ダジリータ〉)、ピアス(showroom SESSION〈ヒロタカ〉)、バングル ( ウノアエレ ジャパン)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(クリスチャン ルブタン ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

デザインスカートにリブのタートルネックを合わせた定番のスタイリング。ハリのあるボンディング素材のスカートを合わせて、黒の質感にもメリハリを加えましょう。

【6】黒スカート×黒ジャケット

【15】黒スカート×黒ジャケット
ジャケット・スカート・ピアス・バッグ(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

アイコニックな「バー」ジャケットの女らしいたたずまいを生かして、デコルテを大胆に開けたもの。正式なドレスアップを思わせるこのハートラインと、ウエスト周りのメリハリシルエットが、黒でくっきりと際立ちます。大ぶりなチェーンの存在感あるバッグで、今どきのバランスを。

【7】黒スカート×黒ニット

【16】黒スカート×黒ニット
ブラミンクのニット・スカート・ジャコメッティの靴(ブラミンク)、TASAKIのピアス・リング・ブレスレット・TASAKI TIMEPIECESの時計(TASAKI)、バッグ(デルヴォー・ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

上質なひとときにふさわしい、なめらかなカシミヤシルクのニットを選んで、シックな黒に。程よく光沢のあるシルクスカートを合わせることで、素材感にメリハリも生まれます。白のバッグやレースアップ靴を差し色にして、涼やかに。

【8】黒スカート×ベージュニット

【21】黒スカート×ベージュニット
ニット(エストネーション)、スカート(アストラット 新宿店)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、ピアス・ネックレス・バングル(ピアジェ)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

フロントを折りたたんだラップデザインに個性が光るハイウエストスカートを、ウエストインで着こなして。上半身コンパクトなバランスを、スカートの黒が強調して、すっきりとスマートな印象に仕上げましょう。スカートは、ドライタッチのコットン混ギャバジンでハリのある生地。適度なボリューム感で、華やぎのあるシルエットがかないます。

秋の黒ロングスカートコーデ


【1】黒スカート×カーキグリーンブラウス

【7】黒スカート×カーキグリーンブラウス
スカート・ブラウス・バッグ・ショルダーストラップ・サングラス・靴(フェンディ ジャパン)、ピアス・リング(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

ベースの黒に溶け込ませるように配した、深いカーキグリーンとのカラーブロッキングが初秋の気分を運ぶプリーツスカート。カーキの色味をつなげたエンブロイダリーレースのコットンブラウスで、フェミニンな女性らしさを高めましょう。スカートは、やや硬めのウール混生地でしっかりと折り目をつけたプリーツがつくる端正なAラインシルエットが、エレガントな雰囲気を醸し出します。

【2】黒スカート×黒ニット×黒ジャケット

【8】黒スカート×黒ニット×黒ジャケット
ジャケット(カオス表参道〈カオス〉)、ニット(サザビーリーグ〈デミリー〉)、スカート(カオス表参道〈ロイドフォード〉)、ブレスレット(ダミアーニ 銀座タワー〈ダミアーニ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

マニッシュなジャケットだけに、思いきりエレガントに仕上げましょう。タートルニット×チュールのロングスカートの組み合わせで、こなれ感がありながら、ドラマティックなオーラを放つドレスアップを。

【3】黒スカート×白ブラウス

【12】黒スカート×白ブラウス
スカート(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ブラウス(アクリスジャパン〈アクリス〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、ピアス・リング(シャンテクレール 東京店)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

パウダリーな表面感のある二重織り生地で仕立てた黒のプリーツスカートと、とろみのある白のシルクブラウス。素材自体に複雑な奥行きがあるから、無難な印象に終わらない洗練モノトーンスタイルが完成します。スカートは、歩くたびにオーガンジー×サテンのアンダースカートが優美にのぞくデザイン。

【4】黒スカート×黒シャツ

【13】黒スカート×黒スカート
シャツ・スカート(マディソンブルー)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、ヒロタカのピアス・マリハのリング(showroom SESSION)、バッグ(RHC ロンハーマン〈ドラゴン〉)、靴(コンバース) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

ワンピース感覚で楽しめる、シャツとサーキュラースカートのコンビは、簡単にセンスアップがかなう頼もしい存在です。エアリーに編み上げられた、細番手のウール素材で、風になびくほどの軽やかさ。厚みのあるボタンや、ハイカットのスニーカーなど、白を効果的に効かせることで、ハッとするほどおしゃれに。

【5】黒スカート×白シャツ

【14】黒スカート×白シャツ
スカート(ブラミンク)、シャツ(サン・フレール〈エルマンノ シェルヴィーノ〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈ペラン〉)、ブレスレット・チャーム・リング(シャンテクレール 東京店)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

繊細な表情を生むレースと、優雅な印象を醸し出すラッフルで女性らしさを強調した着こなしも、モノトーンならきりりとした雰囲気になります。スカートはミモレ丈のトラペーズシルエット。ラッフルがつくる上品な陰影に、ほのかな光沢をもたらすコットンシルク素材です。

【6】黒スカート×黒カットソー×黒カーディガン

【19】黒スカート×黒カットソー×黒カーディガン
カットソー・カーディガン(スローン)、スカート(VINCE 表参道店)、ピアス・バングル・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

ニットやローファーなど、おなじみのアイテムもチェック柄のアシンメトリースカートを合わせることで、たちまち新鮮に。チェックでも黒ベースならば、こんなにもシックに見えるなんて…、この秋の新発見です!

秋の黒レーススカートコーデ


【1】黒スカート×白ブラウス

【1】黒スカート×白ブラウス
スカート(サン・フレール〈エルマンノ シェルヴィーノ〉)、ブラウス(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、ピアス・リング(シャンテクレール東京店)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

ミニマルにまとめた着こなしに、スカートの華やかなレースやブラウスのやわらかな質感が際立って。スカートは、大柄のフラワーモチーフの艷やかなマクラメレースを使った、巻きスカート風の仕立て。生地の重なる部分が斜めに走るラインが美脚を印象づけます。

【2】黒スカート×黒ブラウス

【6】黒スカート×黒ブラウス
ブラウス(Theory〈Theory〉)、スカート(オットデザイン〈ルーム エイト ブラック〉)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

総レースのスカートは、リボンステッチとラッフルの裾あしらいで、ほんのり甘め。シャープさをたたえるノースリーブの黒ブラウスとのコンビで、大人が憧れる絶妙な甘辛バランスが完成します。足元のモードなアンクルストラップのサンダルで、さらに女らしく軽やかな肌魅せを。

【3】黒スカート×黒ニット

【10】黒スカート×黒ニット
ニット・スカート・靴・ピアス・ブレスレット・バッグ(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

繊細なフルレースのスカートは、黒のエレガンスに欠かせないアイテムです。トップブランドの極上レースなら、クラシックななかにも目を奪うモダンな美しさがあり、自信を授けてくれる。タートルニットで縦長すっきりラインを目指しましょう。

【4】黒スカート×黒トップス

【17】黒スカート×黒トップス
スカート・トップス(IZA〈ヌメロ ヴェントゥーノ〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈カルヴェン〉)、ブレスレット(シャンテクレール 東京店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

主役にした着こなしも、控えめな質感で抑えたオールブラックならドレッシーになりすぎず、シックに決まります。足元のフラットパンプスは鮮やかな赤で外しつつ、マットな風合いのスエードを選ぶのが正解。スカートは、中央を星形に抜いたアイレットレースの愛らしさと、片側をティアードにした優雅なアシンメトリーシルエットとの大胆なコントラストが魅力です。

【5】黒スカート×ブルーブラウス

【22】黒スカート×ブルーブラウス
ブラウス(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、スカート(ADORE)、バッグ(ピエール アルディ東京)、リング・時計(ピアジェ)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

スカートをライトグレーから黒に替えると、ピーコックブルーとのディープカラー同士が奥深いリッチ感を生み出して、初秋のムードに。黒のブーティーパンプスで引き締めると、着こなしがまとまります。繊細なコードメッシュの上に、立体的なフラワーレースを刺しゅうしたスカート。ダブルバックルのベルトがカジュアル感を添えてくれます。

秋の黒タイトスカートコーデ


【1】黒スカート×白シャツ

【5】黒スカート×白シャツ
シャツ(ラルフ ローレン〈ポロ ラルフ ローレン〉)、スカート(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ベルト(アマン〈アンボワーズ〉)、ピアス(ベルシオラ)、テーブル(hhstyle 青山ショールーム) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

ジャカード織りで端正なストライプ模様を浮かび上がらせたシルクシャツは、くるみボタンをあしらった肩章やロングカフが、クラシカルなミリタリーテイストを表現。程よくストイックな雰囲気のなかにノーブルな女らしさが漂います。メタルバックルの幅広ベルトでウエストをマークしてモードに攻めてみましょう。

【2】黒スカート×黒ブラウス

【18】黒スカート×黒ブラウス
ブラウス・スカート・バッグ(ランバンジャパン)、ピアス・リング(TASAKI〈TASAKI〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

異なる質感を用いたフリルだけでなく、襟元にパールビジューをあしらった黒のブラウスは、大人の女性を美しく見せる、心強い味方に。全身を黒でまとめることで、華やかなディテールが引き立ち、圧倒的な存在感をもたらします。透け感がありながらも、とろみのあるマットなウール素材なので、フォーマルな場にもマッチ。襟から前立てへと流れるアシンメトリーなフリル部分は、よく見ると異素材合わせに。ハリ感のあるコットンをコンビ使いすることで、ドラマティックなボリューム感を生み出してくれます。

【3】黒スカート×カーキシャツ

【20】黒スカート×カーキシャツ
シャツ(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、ネックレス・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(J.M. WESTON 青山店)、スカート(アノア〈リビアナ・コンティ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

トップスを、グレーの陰影を含んだシックな色味のカーキシャツに差し替えると、ぐっと秋らしいムードに。レザーのタイトスカートの切れのいいシルエットと相まって、大人の女性に似合うカジュアルエレガンスが実現します。