米国売上No.1の掃除機ブランド「Shark」をご存知ですか?

今夏、日本に初上陸し、ダイソンキラーという呼び名も高い米国発の掃除機ブランド「Shark」。日本のフロアケアを約20年見続けてきた「日本の掃除機の革命家」ゴードン・トム氏が自ら指揮を執り、掃除機市場に新たな驚きをもたらす存在として注目を浴びている同ブランドから、2018年9月中旬に新製品が登場しました。

8月より本格的に販売開始されている、コードレススティッククリーナーの「EVOFLEX(エヴォフレックス)」は、伊勢丹新宿店でのスペシャルストアなどで先行販売も行われ、目標台数を大きく上回る反響があったそう。

【関連記事:「シャーク」のコードレススティッククリーナーEVOFLEXがすごい】
【関連記事:先行販売で大ヒット!ダイソンキラーと話題のコードレス掃除機EVOFLEXを使ってみた】

新登場はこちら!ハンディクリーナー「EVOPOWER(エヴォパワー)」

シンプルなデザインや、どんな環境にもフィットするカラーリングがおしゃれですね。

今回登場するのは、日常のこまめなお掃除をラクにしてくれるハンディクリーナー「EVOPOWER(エヴォパワー)」です。こちらもまた、日本人の暮らしにフィットするよう綿密な研究開発が重ねられ「これまでのハンディクリーナーの常識を変える」という“Sharkの心意気”を感じさせてくれる新製品。いったいどんな驚きをもたらしてくれるものなのでしょうか?

ハンディクリーナーの常識を変える「7つの驚き」とは?

みなさんがこれまで見たことがある、使ったことがある「ハンディクリーナー」ってどのようなイメージでしょうか? ハンディクリーナーが活躍するシーンといえば、ぺットの抜け毛、作業ゴミ、車内の清掃、花粉やアレルギー、ハウスダスト対策…など、「こまめに吸い上げクリーンな環境を保つ必要」がありますよね。なので製品開発のコンセプトでは、利便性や機能性の側面をより重視することも多いんですって。

そこであえて! 革新的なアイディアで「これまでの常識を変える驚きをもたらしたい」と考えるのが、Sharkのコアマインド。これまでなかなか取り上げられてこなかった「お掃除の楽しさについて伝えること」を、今回の新製品ではコンセプトにしているんです。

■1: 「サッ」と撫でるように使える!3つのノズル

(写真左から)隙間用ノズル、マルチノズル、布団用ノズル。

さまざまな利用シーンを想定しつくした上で、厳選されたのが「3つのノズル」です。「隙間用ノズル」は車内の清掃をはじめ、すき間や角のある狭いスペースに。「マルチノズル」はペットの毛もラクラクお掃除、小型ブラシが汚れや毛髪を除去し、ダストをしっかり吸引してくれます。「布団用ノズル」はワイドなノズルで、マットレスやカーテンなどにも適しています。細かいホコリから大きなゴミまで吸い取ることが可能。

■2:長く愛用したい!計算されたシンプルなデザイン

『Shark EVOPOWER(シャーク エヴォパワー)W30』 市場想定価格:¥23,000 カラー:グレイ 本体サイズ:高さ419×幅54×奥行61mm 本体重量:約620グラム 最長運転時間:約24分(バッテリー2個使用時) 充電時間 :約2.5時間 付属品:隙間用ノズル、マルチノズル、布団用ノズル、充電ドック(Wバッテリー用)、Wバッテリー 保証期間:2年間

和室や絨毯など、日本家屋のお部屋タイプは実にさまざま。インテリアもバリエーションが豊かですよね。どんなシーンでも、気になるところをスッと撫でるようにお掃除でき、どこに置いてあっても違和感のないシンプルなデザインが印象的です。

■3:500mlペットボトルのサイズ感!パワフルモーター搭載

苦手なお掃除をどんどんしたくなる!?スリムでおしゃれなハンディクリーナー。

想像以上に小さめでスリムなEVOPOWER。重量は約660g。パッと手に取った感触は、中身が入っている状態の500mlペットボトルを持っているような感じです。ズシッと重くはありませんが、バッテリーがある分仕方がないところはありそうですね。こまめなお掃除で筋トレができる!と合理的にかんがえると楽しくなるかも(笑)

■4:電池残量がパッと見やすい!長持ちバッテリー

女性が持って、このスリム感。

シンプルなスティックタイプなので、筐体の表についているON/OFFボタンなども至ってわかりやすくなっています。LEDライトが光って電池残量をお知らせしてくれるので「えっ…! あともうちょっとなのに!」といった突然充電終了のお知らせに、ガッカリさせられることも減りそうです。

■5:使ってみると手放せなくなる!置くだけ充電

充電ドッグにスッと挿しておくだけ!

掃除を始めたら始めたで、調子が出てくると楽しいんだけれど、なかなかそこまでの腰が重くて…という方には、逆に目につく位置や手に取りやすい位置に充電ドッグを置いてしまうのもアリなのでは。

サッと取り出して、シュッと撫でて、サクッとまたドックに戻す。まるで忍者のように「あれ…いつの間にかゴミが消えた…」なんてパフォーマンスができてしまうかも! …なんて、冗談まじりのようですが、それくらいのノリで毎日のお掃除を楽しみたいですよね。

■6:ワンタッチでポイ!手を汚さずに簡単ゴミ捨て

吸ったはいいけれど、面倒くさくて、ダストカップをため込んでしまうことってあります…。

せっかくきれいにしたのですから、最後のダストカップも「ワンタッチでポン」が実践できるのは嬉しい。掃除は汚れやゴミとの闘い! みたいな気合いを入れなくても、スッと手を汚さずに始末もスマートにやれたら最高です。

■7:衛生対策もバッチリ。簡単着脱・水洗いOK!ダストカップ&フィルター

ワンちゃんやネコちゃんの「換毛期」対策にも、効果てきめんです!

ハンディタイプでのお掃除は、人間や生き物の毎日の生活により密着した使い方になりますよね。ダストカップに吸い上げたゴミ自体を放置しておくのは、衛生的にもよろしくなさそう。こまめに着脱して水洗いできるといのうのも高いポイントです!

「EVOPOWER(エヴォパワー)」はどんな人におススメ?

特にペットを飼っている方、アレルギー対策をされている方、介護されてる方、乳幼児の育児をされている方など。ご自宅やオフィスはもちろん、病院や施設などでも。何かしら作業をしながら、片手でもスッとすばやく起動できるので、クリーンな環境を守りたい方へぜひおススメしたいところ。価格的にもバランスがいいので、オフィスの備品や子供部屋にも。ギフトにも喜ばれそうです。

どこで買えるの?

写真左から「W20(ブラック)」市場想定価格:¥18,000、「W30(グレイ)」市場想定価格:¥23,000

持った時の重さは660g。充電時間は約2.5時間で、リチウムイオンバッテリー1個につき約12分の連続使用ができます。W20にはバッテリーが1個、W30にはバッテリーが2個付属(約24分の連続使用可)。本体の基本性能はどちらの型番も同じで、付属アクセサリーのノズル3点セット(マルチ、隙間、布団用)もついてきます。バッテリー収納ポケットと充電ドック部分のみ、サイズや重量が異なります。

国内家電量販店のほか、各WEB SHOP、公式サイト等で販売されています。スペックなどの詳しい情報は公式WEBにて。

※掲載した商品はすべて税抜です。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
TAGS: