気温も高くて、日差しも厳しい残暑の一日。
でも盛夏のころとは光の色が違ってきましたね。
やはり9月ともなると、少しだけ秋の気配が感じられます。

ほんのりとした光沢のブラウスはシルク素材で、風が吹くたびに揺れるフルイド感の演出にひと役買って。ブラウス・パンツ/ブルネロ クチネリ サングラス/ブルガリ バッグ/DRAGON 靴/J&M デヴィッドソン

暑いけれど、暦のうえでは秋。
真夏と同じものは、なんとなく着づらくなるものです。
そこで選んだのが、オフ白の上下。
盛夏が真っ白=ブライトホワイトだったとしたら
晩夏は少しクリーミーなオフホワイトで、
“気持ち秋”を演出してみたつもりです。

とはいえデザインはどちらも涼しさ満点のアイテム。
ブラウスはそでのくりも深く、
胸元からすそにかけてふんわりと広がりながら
イレギュラーなヘムラインを描いています。
このデザインが実に風通しがよく、快適そのもの。

ボトムはコットン素材のワイドパンツ。
ウエストがゴムになっていて楽ちんなだけでなく
ギャザーから生まれたボリュームが
そのまますそに向かってすとんと落ちているので
これまた風通しがよくて、着心地さらさらなんです。

小柄な私にとっては鬼門ともいうべき
上下ともにボリューミーなシルエットですが、
全身の色をオフホワイトで統一したのと
ボディにつかず離れずのトップスの素材感とで、
なんとかすっきり見えているでしょうか?

渋めのゴールドの輝きが着こなしやすさのポイント。このストールのゴールドに合わせて、アクセサリーも少しエスニックテイストのゴールドに統一してみました。ストール/ブルネロ クチネリ

この日も基本的にはオフィスで過ごす時間が長い一日。
極寒(笑)の空調対策は欠かせません。
そこでバッグに突っ込んきたのが
リネンでできたゴールドのポンチョ風ストール。

こちら四角い布の中央に、頭が出せるスリットが
開いているだけのシンプルデザインのため、
ポンチョとしてはもちろんですが
ストールのように巻き付けることも可能。
程よいゴールドの輝きと揺れるフリンジも
アクセントになってくれるから、
夜に予定がある場合にも対応してくれます。
小さく四角く畳んでバッグにポンッと入れておくだけで
さまざまに活躍してくれるから、
夏といえども、ストールの存在は忘れられませんね。

(写真/エディターH&J 文/エディターJ)

関連記事