秋のグレーワンピースコーデをピックアップ。グレーワンピースに合わせたい靴やアウターのお手本コーデが満載です。

【目次】

グレーワンピースに合うアウター


【1】アクリスのグレーワンピース×黒ジャケット

【1】のグレーワンピース×
ワンピース(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ジャケット(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、イヤリング・ペンダント(ピアジェ)、グローブ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(ジャンヴィトロッシ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

フォックスファー付きのジャケットとグレーワンピースで、華のある装いに。ギンガムチェックのパンプスで、ほんのりフレンチシックを意識しましょう。

【2】ハイアリンのグレーワンピース×ライトグレーコート

【2】のグレーワンピース×
ワンピース(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、コート(コロネット〈エアロン〉)、ネックレス・チャーム(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

グレーのワンピースにライトグレーのコートをはおり、グレージュのロングブーツでまとめて颯爽と。統一された色合わせが知性あるムードを演出します。

【3】マックスマーラのグレーワンピース×黒ストール

【3】のグレーワンピース×
ワンピース・ベルト・ストール・バッグ(マックスマーラジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

ワンピース「ザ・ウールマーク・カンパニー」とのコラボレート素材である、ツイード調のウールジャージーを使った七分袖グレーワンピース。体の動きを妨げないストレッチ性のある素材感と巧みなタックディテールで快適な着心地を約束してくれます。ラパンレックスファーを、ちょうど襟あたりにくるようにあしらった黒のカシミヤストールをアウター代わりにはおって。

【4】ポールカのグレーワンピース×白コート

【4】のグレーワンピース×
コート・ワンピース・バッグ(アオイ〈ポールカ〉)、ピアス(ウノアエレジャパン〈ウノアエレ〉)、バングル(ヴァンドームヤマダ〈ロバートリーモーリス〉)、靴(フラッパーズ〈ネブローニ〉) 撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK) BY:『Precious12月号』小学館、2017年

エレガントなボディーラインを強調する細身のグレーワンピースに、体をすっぽりと包み込むボリュームコートをふんわり肩がけ。前立てからつながるボリュームのある襟を少し高めに立てれば、往年の女優さながらのオーラが漂います。

グレーワンピースに合う靴


【1】エストネーションのライトグレーワンピース×黒パンプス

【1】のグレーワンピース×
ワンピース(エストネーション〈エストネーション〉)、イヤリング・リング(TASAKI〈TASAKI〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

ボリュームがある袖、アシンメトリーなデザインの裾、キュッと締まったウエストと、ドレープをドラマティックに魅せる要素が詰まったライトグレーのワンピースにパンプスを合わせて上品に。

【2】ebureのライトグレーワンピース×黒パンプス

【2】のグレーワンピース×
ワンピース(ebure)、ペンダント・バングル・リング・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

アンゴラ混ウールの風合いがこなれた感を印象づけるライトグレーのワンピース。ベルトをサッシュ風にあしらえば、切れ味のいい仕上がりに。足元は黒パンプスでまとめましょう。

【3】ファビアナ フィリッピのグレーワンピース×グレーブーツ

【3】のグレーワンピース×
ワンピース・バッグ・靴(アオイ〈ファビアナ フィリッピ〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

プリーツスカートのグレーのインナーワンピースにロングニットをレイヤードして完成するスタイル。ロング丈でもバランスよく着こなせるよう深く入ったスリットは、デザインと機能性が両立している証です。ニットとジャージーのスカートを重ねた個性的なデザインとブーツで、秋のおしゃれをワンランク上にアップデートさせましょう。

【4】アリュードのライトグレーワンピース×黒ブーツ

【4】のグレーワンピース×
シープスキンのジャケット(バーニーズ ニューヨーク)、ワンピース(三喜商事〈アリュード〉)、ストール (アオイ〈マルゴン〉)、グローブ(ebure〈ガーラグローブ〉)、ピアス(ジュエルズ・オブ・ストラスブルゴ〈サイモン アルカンタラ〉)、バングル(バーニーズニューヨーク〈ソフィー ブハイ〉)、バッグ(ヴァルカナイズ・ロンドン〈アルフィ・ダグラス〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ベージュ~白のミックスニットストールが、ライトグレーのワンピースとジャケットとのなじませ役として活躍。それ以外のブーツなどはあえて黒でまとめ、かっこよく演出しましょう。

【5】エリンのライトグレーワンピース×黒タイツ×黒パンプス

【5】のグレーワンピース×
ワンピース(ビームス ハウス 丸の内〈エリン〉)、ピアス・ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(ピーチ〈ロウナー ロンドン〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/長山一樹 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

コクーンシルエットやフィッシュテールの仕立てが新鮮なライトグレーのタンクワンピース。小物は黒のパテント素材で統一。フラット靴で、気負いのないカジュアル感をキープしつつも、バッグはあえて、クラシックなデザインでクラスアップすることで、大人の洗練を強調できます。手元には、ピンクゴールド×ダイヤモンドのバングルで存在感のある輝きを添えましょう。

ライトグレーワンピースのコーデ


【1】アクリスのライトグレーワンピース×スカーフ

【1】のライトグレーワンピース×
ワンピース(アクリスジャパン〈アクリス〉)、スカーフ(スローン)、バングル(TASAKI〈M/G TASAKI〉)、バッグ(フェンディ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

シンプルなライトグレーのワンピースには、顔色が明るく見える柄スカーフが効果的。モダンなストライプ柄が映え渡ります。

【2】ファビアナ フィリッピのライトグレーワンピース×黒クラッチバッグ

【2】のライトグレーワンピース×
ワンピース・クラッチバッグ(アオイ〈ファビアナ フィリッピ〉)、ピアス・バングル(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

きちんと感が求められる場面でも自信をもって臨めるライトグレーのワンピース。サイドウエストにタックを寄せて流れるようなギャザーを演出することで女らしい雰囲気も醸し出してくれます。さらに直線的で体をすっと包み込むラインや、キリッとした顔周りを印象づけてくれる、やや詰まったラウンドネックなど、計算されたディテールが秀逸です。

【3】マックスマーラのライトグレーワンピース×ファーコート

【3】のライトグレーワンピース×
マックスマーラのコート・ワンピース・バッグ・エス マックスマーラのファーマフラー(マックスマーラ ジャパン)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

シンプルなライトグレーのコートに合わせた、流行のアルパカシャギーのコートを主役にすることで、佇いを最旬に導いて。さらに、シャイニーな靴でモード感と大人の迫力をトッピングしましょう。

【4】シクラスのライトグレーワンピース×ライトグレーコート

【4】のライトグレーワンピース×
コート(コロネット〈フォルテ フォルテ〉)、ワンピース(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ピアス・ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

凹凸のある編み地がやわらかな温もりを醸すライトグレーのニットコートを、ライトグレーのワンピースにはおって。歩くたびにたおやかに揺れるシルエットを、メタリックなパンプスがぴりりと引き締めてくれます。遠目にもクールな華やぎを印象づけましょう。

ダークグレーワンピースのコーデ


【1】ハイアリンのダークグレーワンピース×ベージュパンプス

【1】のダークグレーワンピース×
ワンピース(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、ネックレス・チャーム・チェーンネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(TASAKI〈TASAKI por RELIQUIAE〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

落ち着いたダークグレーのワンピースにはピンクゴールドのネックレスで華やぎを。ベージュの靴とバッグで地味にならないよう、明るく軽快に仕上げましょう。

【2】ハイアリンのダークグレーワンピース×黒ヒール靴

【2】のダークグレーワンピース×
ワンピース(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、ジャケット(トラデュイール)、ストール(ドゥロワー 丸の内店〈ジョシュアエリス〉)、バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

ダークグレーのワンピースにレザージャケットでキリリとした辛口スパイスを添えて、キャリア感を演出。女性らしい一着が新鮮でこなれた表情を演出します。

【3】レ・コパンのカーキ系ダークグレーワンピース×ヒョウ柄パンプス

【3】のダークグレーワンピース×
ワンピース(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ベルト(Theory luxe〈Maison Boinet〉)、ストール(ブルネロ クチネリ ジャパン)、バッグ(コロネット〈ニナ リッチ〉)、ピアス・ネックレス・ブレスレット・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ベージュ色のベルトのスエード、パンプスのポニースキン、ゴールドの艶の多彩な質感が、カーキ系のダークグレーのワンピースに奥行きを与えてくれます。

【4】エンポリオ アルマーニのカーキ系ダークグレーワンピース×黒ジャケット

【4】のダークグレーワンピース×
ジャケット(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、ワンピース(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ピアス・ネックレス・ブレスレット・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のジャケットはしっとりとした上品な光沢感。折り返した袖口がアクセントです。シンプルなカーキ系ダークグレーのワンピースの肩にはおるだけで、この迫力、この存在感! ボタンを留めずに、ラフに着こなすのが正解です。